トンボたちは今2012/06/01 22:42

トンボたちは今
昆虫の季節の本格化を告げる様に飛び交うトンボたちの姿。
出会えるのは自然が多く保たれた公園限定と言うのが寂しい限りなんですが・・
でも毎年その時期になれば、決まって出会えることが何よりも嬉しい。
▲縄張り防御の為せわしなく飛び続ける習性を持つコシアキトンボ。
珍しく水草に止まった所を一枚。
腰空きと言う名前はお腹の白いバンド模様から来ています。
交尾
▲トンボの世界の時計は超早回り。早くも活発な繁殖活動が始まっています。
これはアオモンイトトンボ(推測)ペアーの交尾シーン。
この姿はハートに例えられます(ちょっと歪んでますが・・)。
産卵
▲水辺の王者ギンヤンマはお尻を水中にさし込んで産卵に大忙し。
同じ池の複数箇所にこうやって産みつけていました。

※5/31と6/1に都内で撮影。

梅雨の足音と共に2012/06/02 22:35

ミズイロオナガシジミ
梅雨の足音が間近に迫る頃に姿を現す蝶・ミズイロオナガシジミ。
今年もクヌギの木の周囲で目にすることが出来ました。
昼間は日陰でぼーっとしていて、夕方になると元気づく変わり者です。
蛾じゃないのにね・・
ミズイロオナガシジミ
名前は水色ですが、むしろ純白に近い翅色が鮮烈。
葉陰に隠れていても結構目立ちます。
ミズイロオナガシジミの顔
ぼーっとしているので、レンズを接近させるのは割と簡単。
・・と言う事で顔面迫写を一枚。

※いずれも6/2に都内で撮影。

数が数だけに2012/06/03 23:11

数が数だけに
街中の公園の池で出会ったカルガモの雛。
ぬいぐるみそのものって言う感じで何とも微笑ましい。
数が数だけに
なにしろ数が数だけに、母鳥は一時も気が抜けない様子でした。
さてこのまま全てが無事成長できるのか?。
天敵のカラスも頻繁に目にする場所だけに気掛かりです。

※6/3に都内で撮影

色々いるゾウ2012/06/04 22:58

色々いるゾウ
大食漢・コフキゾウムシの数がますます増えて来ました。
好物はクズの葉。見る見るぎざぎざの食い跡だらけにしてしまいます。
食欲と共に繁殖力も旺盛。
メスを見かければ、所構わずモーションをかける積極性が凄い。
で、こんな危なっかしい場所での交尾となる事も度々です。
色々いるゾウ
既に交尾中なのに、更にモーションをかける者が現れるからややこしい。
これは重さに耐え切れず、すってんころりんとなってしまった図。
なんか憎めないキャラクターを持つ象虫です。
色々いるゾウ
象虫と言う割にコフキゾウムシの鼻はそれ程長くありません。
イメージ的にはこれ位立派な鼻が欲しいところ。
トホシオサゾウムシ。派手な色も含め結構見応えがあります。
草木の葉が生い茂る頃。この先も色々な象虫に出会えそうです。

※全て都内で撮影

Jet飛来2012/06/05 21:11

Jet飛来
雨こそ降らないものの、梅雨入り近しを思わせるすっきりしない空。
目にする自然も重苦しく沈んだ雰囲気を漂わせていました。
そんな中、小さな蝶の稲妻形の斑紋が一際鮮烈に目に迫って来ました。
地味な印象のセセリ蝶の中では異色の存在とも言えるキマダラセセリ。
毎年この時期なると姿を現す活発な蝶です。
Jet飛来
吸蜜中はこの様に立体的に翅を開きます。
さながらジェット戦闘機って言う感じ。
その印象に違わず飛翔スピードも結構高速です。
※6/5に都内で撮影