師走突入を実感2012/12/01 21:22

師走突入を実感
ぴーんと張り詰めた寒気に、師走突入の実感を強く抱かされた日。
寒空に浮かび上がっていたのは、多くの葉を散らした公園樹でした。
公園樹の色づき
まだ葉を散らしていない樹々も早晩丸裸に・・
最後の彩りを競う樹々。まるで油絵の様だとしばし見入ってしまいました。
セピア色に染まる
肌に感じる空気の冷たさとは裏腹に、目にする色彩は十分に暖かい。
感覚的なギャップの大きさに戸惑いを覚えます。
オナガガモ
冬の間、公園の池に定住するオナガガモの群れ。
いくら冬鳥とは言え、本格的な寒気に慣れる迄には時間が必要な様です。
しーんと静まりかえって水に漂っていました。
ハラビロカマキリ
気になるのは秋を生きて来た昆虫たちの動向です。
これは昨日11/30に目撃したハラビロカマキリ。私にとっては顔馴染みの個体です。
枯れ色のクヌギの葉に巧く紛れたその姿。いつまで見続けられるのか気掛かり。
明日は、所により雪が散らつくかもと予報されている位ですから・・

※12/1と11/30に都内で撮影

冷え込みに拍車が・・2012/12/02 23:07

冷え込みに拍車が・・
12月に入った途端、冷え込みに一段と拍車が掛った気がします。
気になるのは、ここに来て顔なじみとなったハラビロカマキリ・メスの状況です。
流石にこの寒さには耐えられないのでは・・いつものクヌギの木を目指しました。
ちょっと苦労しましたが、無事出会えました。
これ迄は葉に止まる姿ばかりでしたが、今日は葉の奥に隠れた枝にちょこんと・・
寒風の直撃を避ける為の場所替えでしょうか。
それともこの枝を産卵場所に決めたのかも。
しばらく待機しましたがその動きはなし。今後が気になるところではあります。
ハラビロカマキリ
無事出会えた記念に接近写を一枚。
”私の事にそう関心を寄せないでよ” って言う表情かも。
秋の昆虫ステージの最終盤に出会ったこのメス、気になって仕方ありません。
ハラビロカマキリの卵のう
他のメスはそれぞれが最適な場所を選び、無事産卵を終えてしまったと言うのに・・
この卵のうも、小枝の付根のしっかりした場所に産みつけられていました。
あののんびり屋のメスは果たして?・・
イボタ蝋
イボタノキの枝に何やら怪しげな物体が付着していました。実はこれも昆虫の仕業。
カイガラムシの一種イボタロウムシが分泌した蝋質物体の塊です。
この物質は ”イボタ蝋” として、潤滑の用途に利用されるらしい。
すべりが悪くなった敷居などに塗り込むと効果てきめんなんだとか。
やってみようかな・・
モズのはやにえ
一方これは野鳥の仕業です。いわゆる ”モズのはやにえ” 。
捕らえた獲物を一時的に保存して、後でゆっくり食べようとするモズの貯食行動です。
ここで犠牲になったのはケラ。鋭く尖ったカラタチの棘に突き刺さっていました。
目を背けたくなる光景ですが、これも冬の野では当たり前の一コマです。

12/2に都内で撮影

上着の襟をたてて2012/12/03 20:43

上着の襟をたてて
公園樹の落葉がピークの時を迎えています。
上着の襟を立て物思いにふけりながら落葉を踏みしめて歩く。
イメージ的には一寸格好いいかもですが、実態は寒さに縮みあがってぶるぶると・・
敷き詰められた落葉
ここ数日で急激に下がった気温。過激な季節の進展に戸惑いを覚えます。
カエデの落葉
地表に落ちた後、暫くは樹上での鮮やかさを残すカエデの葉。
しかし、からからに乾いた枯れ葉に変わるのもあっと言う間です。
秋の名残が足早に消え去って行きます。
イラガのまゆ
昆虫観察もいよいよ閑散期に突入です。
対象を卵やさなぎ、まゆ等、越冬態に絞らざるを得ない時期になりました。
ビワの木の枝に取り付いていたこれはイラガのまゆ。
このまゆから生れ出るのは、毒蛾の代表格・イラガ。
鳥の卵のミニチュアみたいで可愛いねなんて、親近感を持つのは厳禁です。

※12/2と12/3に都内で撮影

二頭の龍が・・2012/12/04 21:25

二頭の龍が・・
夕方近くの空。二頭の龍が身をくねらせて天に昇っていきました。
これは毎年寒さが厳しさを増す時期になると目にする光景。
火力発電所の煙突から出る暖気が上空で冷やされて出来る巨大な水蒸気の柱です。
今日の出方もかなり盛大。寒気の強まりを実感させられました。
ツタの紅葉
遠目にもかなり目立っていましたので、何だろうと近寄ってみたらこれでした。
建物の壁を這うツタ。カエデの紅葉にひけをとらない程の見事な色づきでした。
若干異様な感じがするのは否めませんが・・
マユミの実
花が自然界の彩りの主役だった時期はとうに過ぎ、今は木の実が代役を務める頃。
これはマユミの実。小さなこの実には二重の楽しみがあります。
季節が進みピンク色の実が割れると、中から赤い種子が顔を覗かせます。
今はまだ少数ですが、この先ぱかんぱかんと盛大に割れ始める筈です。
サルスベリの実
これはサルスベリの実。夏に咲く花は鮮やかな色合いですが、実は何とも渋い色。
冬枯れの野にぴたりマッチしている感じです。
この実はスズメ等小鳥の大好物。集団でついばむ光景も近々目に出来そうです。

※12/4に都内で撮影

空振りだけでは・・2012/12/05 19:58

空振りだけでは・・
褐色の葉を沢山付けたクヌギの大木。ここの所私が通いつめている木です。
目的は、この木で生き続けている褐色型ハラビロカマキリとの出会い。
今日もそれを期待して目を凝らしましたが、空振りでした。
ハラビロカマキリの卵のう
先日褐色型に出会った枝の周辺を見回してみました。その結果がこれ。
ハラビロカマキリが産み落とした複数の卵のうです。
全てがあの褐色型の産物かは?ですが、私としてはそう信じたい気持ちになりました。
あれだけ慎重に産卵場所選びをしていたんだもの。無事目的を果したに違いないと・・
褐色型ハラビロカマキリ
これは三日前の12/2に出会った顔なじみの褐色型です。
どうやらこれが最後の出会いになってしまった様です。
今日はまぁまぁの暖かさだったけれど、厳しい寒さの日が間に挟まったからなぁ・・
ハラビロカマキリの目撃ももはやこれ迄かと思いましたが・・
ハラビロカマキリ緑色型
同じ木の別の箇所に目を移したらこれがいました。緑色型のハラビロカマキリ。
私にとっては新たな出会いです。
お腹がぷっくり膨らんでいましたので、これから産卵と言う段取りの様です。
さてこの個体とは、後どれ位の期間出会いを続ける事が出来るでしょうか。
かなり心細い気がするのですが・・
アキアカネ
手応えが少なくなった昆虫観察ですが、思わぬ出会いにほっとする瞬間があります。
ここ数日はさっぱりだったアキアカネ。
たった一頭だけでしたが日光浴中の個体に出会えました。
翅の傷みもそれ程ひどくはなく、まだ十分行けそうな感じでした。
これが最後の出会いにならないことを祈るばかり。
ショウリョウバッタモドキ
もうひとつの嬉しい出会いはショウリョウバッタモドキでした。
人の接近に気づいて逃げさる動作はのろのろ。
およそバッタらしくなかったけれど、それでも出会えただけで幸せでした。

※12/5に都内で撮影