狼藉者は?2014/04/30 22:55

狼藉者は?
寂しかった草地に野の花の彩りが戻って来ました。
代表的な花がハルジオン。キク科らしい形の花を沢山咲かせています。
でも気になるのは、こんな風に食い荒らされた花を多く見かける事。
当然、自然にこうなる訳じゃなくて・・
コアオハナムグリ
花を破壊する狼藉者はおそらくこれ。
ここに来て急に数を増やし始めたハナムグリの仲間たちです。
この様に花に乗っかって、花弁や花芯をむしゃむしゃと食べてしまいます。
これは小形のコアオハナムグリ。小さいけれど食欲は極めて旺盛です。
ハナムグリ
これは大形のハナムグリ。
ちょうど花をかじっているシーンを撮影出来ました。
ホソヒラタアブ
ハルジオンの花にとって、ハナムグリの仲間達は迷惑な訪問者でしょうね。
歓迎すべきは、穏便に蜜を吸って花粉を媒介してくれる種類の筈。
これはホソヒラタアブ。花の大きさにもジャストフィットする小さなアブです。
野の花の開花に伴って沢山誕生中の様です。

※本日撮影の画像ではありません(4/29に都内で撮影)