かなり時期外れ2014/05/02 22:21

かなり時期外れ
キィーキィーキィーと言う甲高いさえずりが響き渡っていました。
声の主はメスのモズ。いわゆるモズの高鳴きって言うやつですね。
でもモズの高鳴きの季節感は晩秋から初冬。かなり時期外れだなぁと。
5月の爽やかな空気の中、気分が良くなって大声あげたくなったのかも・・
アオスジアゲハ
こちらは時期外れじゃなくて今が旬。ハルジオンが花盛りとなって来ました。
様々な昆虫にとって人気抜群の花。アオスジアゲハもこの花にぞっこんです。
ここと思えばまたあちら。花の数が多いので目移りが激しいみたい。
アオスジアゲハ
この蝶の魅力は、黒地に走る鮮烈な水色の斑紋。
5月の明るい陽射しを受け、なお一層鮮やかに感じられました。

※5/2に都内で撮影

ほら、あそこに・・2014/05/03 20:04

ほら、あそこに・・
緑の多い公園では、初夏の自然を楽しむ子供たちの歓声が響いていました。
草むらで水辺で、見所はいっぱい。
ほらあそこにオタマジャクシがいるよ・・どこどこ?・・って言うところかな。
今の自然はこんな感じ
樹々の新緑、草地に咲くハルジオンそして背丈を伸ばし始めた水草の繁み。
明日迄は穏やかな陽射しに恵まれて、この瑞々しい眺めを楽しめそうです。
アジアイトトンボのオス
一体どれだけの数が生まれたの?って言う程に大量。
身体は華奢だけど、アジアイトトンボが草むらを席巻している感じです。
今日も、細長い身体に似合う細長い草を伝って軽快に飛び回っていました。
アジアイトトンボのメス
更に新しい生命も続々と誕生中です。
これは羽化して間もないと思われるメス。
まだ乾ききっていない感じの翅。透明でなく白く輝いていました。
飛び方も翅をバタバタさせて、とてもぎこちない。
クズの葉にいたコフキゾウムシ
草むらを埋め尽くす程に繁茂するクズ。今年も若緑色の葉が開き始めました。
クズの葉大好き昆虫と言えば、何と言ってもこのコフキゾウムシ。
ぴたりと時期を合わせて登場です。勿論葉っぱをムシャムシャと食べる為。
でもそれだけでなくこんな事も欠かせない仕事。登場早々とても忙しい。

※5/3に都内で撮影

時計は早回り2014/05/04 20:07

時計は早回り
爽やかな五月の空の下、ギンヤンマのカップルの産卵を初目撃しました。
誕生後それほど時間が経っていないと思われますが、既にこの行動。
トンボの世界の時計は、かなり早回りで進んでいる事を実感しました。
この顔に見覚えあり
草の陰からこちらをうかがう怪しげな顔。
この顔に見覚えあり。赤い口がユニークなキリギリスの仲間クビキリギスです。
クビキリギス
全体像はこの通り。
キリギリス属と言えば小ちゃな幼虫ばかりが目につきますが、この種は特異。
成虫のまま越冬出来る種なので、今の時期でもこれだけ貫禄十分と言う訳。
伴侶を見つけて、交尾と産卵の大仕事に取りかかるのも間近と思われます。
爽やかな空
萌える緑、爽やかな青空。GWらしい極上の眺めを目にする事が出来ました。
次に待ち受ける雨の季節。出来るだけ先送りを望みたい気持ちです。

※5/4に都内で撮影

旬の花は白2014/05/05 23:34

旬の花は白
初夏の野を彩るのは、樹々が咲かす白い花。
ノイバラの花も一斉に咲きそろい始めました。
少し無骨なその姿からは、野に咲くバラの力強さが感じられます。
ニセアカシアにいたハナムグリ
ニセアカシアの木が咲かせる花も白。漂う香りも清々しい。
この香りに誘われて、沢山の甲虫たちが集まっていました。
多数派はハナムグリの仲間。ガリガリと花弁をかじって壊してしまいます。
そして多く目にするのがこんな光景です。食事兼交尾。何とも慌ただしい。
ナツミカンの花にも
ナツミカンの白い花ではコアオハナムグリが食事中でした。
白い花の咲くところ、必ずと言っていい程に、花を破壊する甲虫の姿あり。
折角咲いた旬の花、あまり派手に壊すなよと言いたくなります。

※5/5に都内で撮影

雨の季節に向かって2014/05/06 21:14

雨の季節に向かって
GWを華やかに彩ったツツジの花。
そろそろ咲き疲れの傾向も見られ始めたので、今のうちに一枚。
重苦しい曇り空をはね除ける様な鮮やかさを見せていました。
アジサイ
ツツジのあとを受け、旬の花の座を占めるのがアジサイ。
開花時の様子が窺い知れる迄に成長してきました。
アジサイ
中には早とちりで開いてしまった蕾も・・
それにしてもこの色、いかにも雨が似合いそう。
雨の季節に向かって自然の変容が既に始まっている事を実感しました。

※5/6に都内で撮影