早くも草いきれ2015/04/23 21:01

早くも草いきれ
文句のない晴天。降り注ぐ陽射しは、夏を思わせる程の強さでした。
早くも草いきれさえ感じさせる草原で出会ったのはベニシジミ。
かなり時期を逸した感じですが、私にとっては今季初遭遇。
しかし既に翅がボロボロ。私の知らない間に活発に動き回っていた様です。
かなりのお転婆娘なんでしょうね。
ヤブキリ幼虫の脱皮
春から夏へ・・季節の歩みに遅れない様に、昆虫達の誕生ラッシュが続いています。
すこし日陰になる場所で目にしたのは、ヤブキリ幼虫の脱皮シーン。
発見時には、体がほぼ抜けきっていましたので、無事完了って言ったところ。
多くの仲間が飛び跳ねるステージに、勇躍デビューするのも目前です。
オオカマキリの幼虫
名前はオオカマキリだけど、今の時期の幼虫はまさにチビカマキリ。
頭デッカチの貧弱な身体つきですが、気の強さだけは、既に成虫並みです。
カメラを近づけても、尻込みして逃げる様なそぶりは決して見せません。
オオカマキリの卵鞘
これは近くの枯れ草で目にしたオオカマキリの卵鞘。
下にぶら下がっているのは幼虫の脱皮殻です。
この様子から見ても、相当の数の幼虫がここから巣立っていった事が推測出来ます。
他の昆虫にとっては、捕食されない様に要注意の時期が、いよいよ到来です。

※4/23に都内で撮影