今はまだこの程度2017/03/04 18:58

今はまだこの程度
昆虫の姿を目にするのは、ごくたまにって言う段階の今の時期。
割と頻繁に出会える種と言えば、ハナアブの一種・ヒラタアブの仲間でしょうか。
これは、枯れ草に止まっていたフタホシヒラタアブ。
大きな複眼の表面に点々と付いているのは、野の花からの吸蜜時に付いた花粉です。
これは、前脚を擦り合わせて、視界の邪魔をする花粉を清掃中の一コマ。
春爛漫の頃には、もっと盛大な花粉まぶし状態になる筈ですが、今はまだこの程度。
と言うのも・・
半開きのタンポポ
気温の寒暖差が激しい日が続く今、春の花の開花状況もいまひとつって言う感じ。
元気者のタンポポも、今日はここ迄が精一杯の様でした。
この開き方じゃ、アブの顔に花粉をびっしり付けるのは無理だよなぁ・・
蜜をたっぷり吸いたい昆虫、花粉をたくさん運んで欲しい野の花。
双方とも、ポカポカの春の陽気の定着を強く望んでいる筈です。
ほんとうに、もうすぐだとは思うのですが・・

※3/4に都内で撮影