落下物の効用2017/03/11 20:58

落下物の効用
若草が生え始めた草地で目にした変なもの。
この形から大体察しは付きましたので、そーっとひっくり返してみたら・・
アシナガバチの巣
予測通り、巣穴がハニカム状にびっしりと並んだアシナガバチの巣でした。
既に用済みの巣らしく、中に幼虫の姿はありませんでした。
ところで・・後になって気づいたのですが、画像を拡大して確認してみたら・・
アシナガバチの巣にナナホシテントウが・・
巣穴のひとつ(画像中央やや上)に、赤地に黒点の見慣れた模様が・・
成虫で越冬中のナナホシテントウでした。
この種は、枯れ落ち葉の陰や樹皮の裏に潜り、暖かい春の訪れを待つ習性を持ちます。
この巣穴はまさにその習性にぴたりマッチしていたみたい。
更に、テントウの下方に小さなカタツムリ(茶色)の姿も確認出来ます。
この巣、冬越しの生物にとっての絶好の共同住宅として再利用されている様です。
白日のもとに・・
これは去年の12/11に撮影し、当ブログに掲載した画像です。
形から見て、今日目にした巣と同一のものと思われます。
木の細枝に固定されていたのですが、強い北風に煽られて枝が折れ落下したらしい。
そのことが、ヌクヌクの場所を求めていた生物に幸いしたと言う訳ですね。
自然界の巡り合わせって、結構うまい具合にシンクロしているんだなぁと・・

※3/11に都内で撮影。最下段の参照画像は2016/12/11に撮影