いまの草むらで・・2017/05/04 20:44

いまの草むらで・・
いま、草むらでは、この先の季節に向けて、新顔の登場が続々と・・
今日は、オオカマキリ幼虫の散歩風景に出会いました。
この種幼虫はこれ迄も数度目にしたのですが、どれもが季節を先取りし過ぎた感じ。
その後、消息がばったり途絶えました。寒さの戻りに耐えられなかったのかも・・
今日目にしたこれは、季節の進展に順当に従った感じ。
この先、夏に向けて、他の昆虫から恐れられる存在に着実に成長して行く筈です。
カラスノエンドウにたかるアリ
オオカマキリ幼虫が散歩を始めた草むらで、いま良く目にする光景がこれ。
花盛りとなっているカラスノエンドウの繁みで度々目にします。
小さなアリの群れが、花ではなく、茎を伝って行ったり来たり・・
一体何をしているの?って言う感じですが、その答えはこの画像の中央付近にあり。
一匹のアリが茎の分かれ目にある黒い穴みたいのを覗き込んでいます。
花外蜜腺に惹かれるアリ
さらに確認してみるとこの通り。
別のアリが、黒い穴に顔を近づけて何かしようとしています。
黒い穴は ”花外蜜腺” と言われる器官で、ここからは甘い蜜が噴出するらしい。
その事を知って、アリが、蜜を欲しさに黒い穴目指して殺到していたと言う訳。
この器官の目的は、カラスノエンドウにとっての害虫・アブラムシ撃退対策だとか・・
つまり蜜でアリを誘い込んで、アブラムシを退治して貰おうと言う魂胆ですね。
で、そのもくろみ通りに事が運んでいるのか?・・それはかなり微妙な様にも。
それを物語る光景にも、近々出会えそうです。

※5/4に都内で撮影

コメント

トラックバック