見つめる目2017/05/08 21:00

見つめる目
草むらで目を皿にして昆虫を探し回る私。反対に目を皿にして私を見つめる者あり。
そんな事を思わせるこのショットですが・・
ナミテントウ
その正体はこれ。
草の葉に止まり、一休み中のナミテントウ・二紋型でした。
目の様に見えたのは、頭部にくっきり刻印(?)された白い斑紋だったと言う訳。
目の様な斑紋を付けて敵をあざむくのは、昆虫が良く採る防御法です。
目だと思って攻撃しても、全然的外れだったと言う訳ね。
確かにこのデカ目は効果ありそう。
ナミテントウの脱皮
最近数を増やして来たナミテントウですが、まだこんなもんじゃ済まない感じ。
成虫になる為の変身の術を行使中の場面にも度々出会います。これはその一例。
様々な斑紋のパターンを持つナミテントウ。さて、これはどんなパターン?・・
ヒメカメノコテントウの交尾
テントウムシ達の主食は各種アブラムシです。
草の繁茂が目覚ましい今の時期、その退治に超多忙となっている様です。
当然現在の数では足りずに、後継者の育成が喫緊の課題。
で、こんな光景がそこここで・・これはヒメカメノコテントウの交尾シーン。
他のテントウに比べてかなり小柄だけど、主食は同様にアブラムシです。
アブラムシの攻撃に参っている野草達にとっては、歓迎すべき光景でしょうね。

※本日撮影の画像ではありません(5/7に都内で撮影)

コメント

トラックバック