秋の野に咲く花で・・2019/09/07 20:56

秋の野に咲く花で・・
クズのつるは旺盛な繁茂力の象徴です。
他の野草や樹木に絡まって伸びあがりながら、生息範囲をひろげて行きます。
その一例がこれ。草の茎にくるくると絡まりながら、上を目指していました。
秋の草は背高の物が多い。背伸びをしたいクズにとっては好条件なんでしょうね。
絡まれた方はたまったもんではありませんが・・
クズの花
生命力の強い野草は、咲かせる花も押し出しが強い・・と言う事でこれがクズの花。
”可憐な” とは程遠い猛烈なパワーで目に迫って来ます。
野に咲く情熱の花と形容したくなる様な・・
クズの花で吸蜜するチャバネセセリ
情熱の花に来てクールな吸蜜を繰り返していたのは、チャバネセセリ。
花の形が特殊なので、口吻(ストロー)を器用に曲げ伸ばしての吸蜜でした。
花の数が多いのでウハウハって言う感じでしょうか。
ヤブガラシの花で吸蜜するアオスジアゲハ
秋の野に咲く花は、吸蜜させる相手を選ぶ傾向が強いのかも・・
例えばこのアオスジアゲハ。クズではなくヤブガラシの花のお得意さんでした。
クズの花はうつむき加減に咲きますが、こちらは真っ正直に上向き。
更にしっかりした足場もありますので、大型蝶でも難なく吸蜜が可能と言う訳。
野に咲く花はしたたか。花粉を運んでくれるならどんな蝶でもいいよではないみたい。

※9/7に都内で撮影