ちょっと異質な秋風景2019/09/13 21:02

ちょっと異質な秋風景
イチョウの木の下に、鮮やかな緑色の葉がたくさん落ちていました。
先日の台風15号がもたらした強風に煽られた結果と思われます。
黄色に染まったイチョウの葉と、澄んだ青空との鮮やかな対比は秋の風物詩。
今年は、かなり迫力に欠けるものになってしまいそう。
早くも落ちてしまった銀杏
落ちたのは葉だけでなく、まだ未熟な状態の実までも・・
身近に手に入る秋の実りとして、一部愛好家に人気抜群の銀杏。
今年は、収穫にだいぶ影響が出てしまいそうです。
秋の草に止まるヤマトシジミ
草地に目を移してみたら、強い風が吹いたって全然平気さの逞しい風景が・・
なよなよと風になびく秋の草。例年通りの旺盛な繁り具合を見せていました。
超細身で柔軟な物が多いので、強風を受けても軽く受け流すだけ。
外見は頼りないけど素性は極めてタフ。秋の草の底力を見せつけられた感じ。
そんな草の穂先で一休み中だったのは、シジミチョウの仲間のヤマトシジミでした。
派手な色合いとは無縁だけど、質素な秋の草とはベストマッチと感じました。

※9/13(銀杏と蝶)と9/12(落葉)に、いずれも都内で撮影

コメント

トラックバック