食べられる物なら何でも・・2019/09/14 21:08

食べられる物なら何でも・・
夏の暑い時期には、なりを潜めていましたが、ここに来てアリ達の動きが活発です。
今よく目にするのがこれ。枯葉が積もった地表を行き来する働きアリ達の行進。
ひと時も休まず、速い足取りで、目指す方向に向けて延々と続いています。
なお、この行進には当然目的がある訳で・・そのいくつかを画像で紹介します。
アカメガシワの葉で吸蜜するアリ
これはアカメガシワの葉で目にした光景。
3匹のアリが、葉の付け根あたりに張り付いて、しきりに何かをしていました。
大体想像がつきますが、これはアリ達の吸蜜風景。
アカメガシワのこの部分には蜜を供給する蜜腺が存在しているらしい。
一体どこに?って言う感じですが、アリ達はしっかり熟知しているんですね。
ヘクソカズラの花にいたアリ
こちらも吸蜜風景ですが、人の目にもたいへん判りやすい。
アリが覗き込んでいるのは、ヘクソカズラの花の花芯。ズバリ蜜の供給源ですね。
”今日は蜜の出がいいや” と大喜びの瞬間でしょうか。
大物食材を運搬中のアリ
アリの食性はマルチ。植物、動物を問わず、食べられる物なら何でもの貪欲さです。
で、これは動物食。口でくわえ、渾身の力を込めて運んでいたのはゲジゲジみたい。
巣穴に運んで、保存食として蓄える為の運搬作業と思われます。
大物をゲットしてウハウハの気分?・・重いけど、頑張って運ばなくちゃ!・・

※9/14(行進とゲジゲジ)、9/6(アカメガシワ)、9/13(花)に、都内で撮影