恐怖の日々が・・2019/09/19 20:18

恐怖の日々が・・
エノキの木の繁殖力はかなりのもの。木立の下では何本もの幼木を確認できます。
それらを伝い飛びして、しきりに何かをやっていたのが、このアカボシゴマダラ。
この様に逆さまなりながらも、羽ばたきを止めません。
何ともせわしないアクションでした。
アカボシゴマダラのメス
ようやく目標の物を見つけたみたい。葉っぱの一枚に止まり羽ばたきをやめました。
そして次にとった行動がこれ。お尻の先端を葉っぱの表面に接しさせています。
次の展開は予想通り・・
アカボシゴマダラの産卵
これでした。
お尻の先端から緑色の丸い球体が葉っぱの上にポトンと・・産卵ですね。
せわしなく探し回っていたのは、やがて誕生する幼虫の餌として最適な葉っぱ。
合格点を付けられた葉っぱにとっては、とんだ災難!。
産卵は一回だけにとどまりませんので、食い跡だらけの葉っぱがこの先多数!。
エノキの幼木にとっては、恐怖の日々がいよいよ始まった様です。
食欲の秋来たる!・・
参考に、9月5日に撮影したアカボシゴマダラの幼虫画像を掲載します。
食い荒らしたエノキの葉上で一休み中の一コマです。

※9/19に都内で撮影
※最下段の幼虫は9/5に撮影し、同日ブログに掲載した画像の引用掲載です。