秋の草が大好き!2019/09/06 20:34

秋の草が大好き!
風に揺れるエノコログサの穂先で目にした、ちょっと違和感を感じさせる物体。
風に飛ばされて来て、刺毛に引っかかった枯れ草の断片の様にも見えたのですが・・
エノコログサに止まるヒゲナガカメムシ幼虫
詳細を確認するとこの通り。淡褐色の体色を持つ小さな昆虫でした。
画像上側が頭。小さ過ぎてはっきりしませんが、2本の触覚も確認出来ます。
さて、こいつの正体は?って言う事なんですが、その答えは意外と簡単!。
エノコログサ 昆虫 と言う言葉で検索すると、上位にヒットする昆虫の幼虫でした。
その名はヒゲナガカメムシ。秋の草が大好きな吸汁性のカメムシです。
幼虫も成虫も食性は同じ。秋の草が繁り始める時期に合わせての誕生ですね。
参考に、イヌタデに止まる成虫の画像を下に掲載します。
イヌタデにいたヒゲナガカメムシ
去年の10/10に撮影し、同日ブログ記事に載せた画像です。
イヌタデ(アカマンマ)に止まって吸汁をする成虫です。
この種の好みは、イヌタデやエノコログサなど粒々の実をつける秋の草。
この先、目撃頻度がさらに増えていきそうです。

※9/6に都内で撮影
※成虫画像は去年の10/10に撮影し、同日の記事に載せた画像の引用掲載です。

秋の野に咲く花で・・2019/09/07 20:56

秋の野に咲く花で・・
クズのつるは旺盛な繁茂力の象徴です。
他の野草や樹木に絡まって伸びあがりながら、生息範囲をひろげて行きます。
その一例がこれ。草の茎にくるくると絡まりながら、上を目指していました。
秋の草は背高の物が多い。背伸びをしたいクズにとっては好条件なんでしょうね。
絡まれた方はたまったもんではありませんが・・
クズの花
生命力の強い野草は、咲かせる花も押し出しが強い・・と言う事でこれがクズの花。
”可憐な” とは程遠い猛烈なパワーで目に迫って来ます。
野に咲く情熱の花と形容したくなる様な・・
クズの花で吸蜜するチャバネセセリ
情熱の花に来てクールな吸蜜を繰り返していたのは、チャバネセセリ。
花の形が特殊なので、口吻(ストロー)を器用に曲げ伸ばしての吸蜜でした。
花の数が多いのでウハウハって言う感じでしょうか。
ヤブガラシの花で吸蜜するアオスジアゲハ
秋の野に咲く花は、吸蜜させる相手を選ぶ傾向が強いのかも・・
例えばこのアオスジアゲハ。クズではなくヤブガラシの花のお得意さんでした。
クズの花はうつむき加減に咲きますが、こちらは真っ正直に上向き。
更にしっかりした足場もありますので、大型蝶でも難なく吸蜜が可能と言う訳。
野に咲く花はしたたか。花粉を運んでくれるならどんな蝶でもいいよではないみたい。

※9/7に都内で撮影

雲同士が喧嘩を・・2019/09/08 20:14

雲同士が喧嘩を・・
澄んだ青空を背景に、雲同士が喧嘩をしている感じ。何とも不穏な雰囲気でした。
関東に接近中の大型台風の予兆の様にも感じられました。
今夜は、猛烈な風だけでなく、強い雨への厳重な警戒が呼びかけられています。
猛威のピークは夜半頃とか・・大事にいたらない事を祈るばかり。
雨待ち顔の(?)カタツムリ
雨待望派のこちらは、早く降り出さないかなぁって言う気持ち?・・
秋の気配が濃厚に漂い始めたいま、目撃機会が俄然増えてきたカタツムリです。
今夜は間違いなく期待が叶えられる筈だけど、並大抵の降り方じゃないみたいだよ。
ハラビロカマキリの成虫
草の葉の裏側で仰向けポーズをとっていたのはハラビロカマキリ成虫でした。
超ミニサイズの幼虫時代から随分長い時間が掛かったけど、目出度く完成です。
幼虫とは比べものにならない程のがっしりとした体形。
今夜の台風にも耐えて、秋の昆虫達に恐れられる存在として、この先君臨して行く筈。
とりあえず小物からゲットしてみようかと、この葉裏に潜んでいるのでしょうか。

※9/8に都内で撮影

台風一過の空が・・2019/09/09 21:16

台風一過の空が・・
深夜に東京湾を通過した台風15号。猛烈な雨と風の凄さはズバリ予報通りでした。
しかし通り過ぎてしまえばこの通り。秋らしい雲と青空が頭上にひろがりました。
ただし気温の方は真夏並み。これもまた台風の置き土産と言う事なんでしょうね。
ウスバキトンボがすいすい
そんな空を軽快に行ったり来たり・・
移動性のトンボ・ウスバキトンボの飛翔が活発でした。
天高くトンボ飛ぶ交う秋。このシーンの主役の座はやがてアキアカネが引き継ぐ筈。
今日の様な暑さは閉口だけど、爽やかな秋風に吹かれながら眺める日ももうすぐ?。
日陰に逃げた(?)オオカマキリ成虫
暑さに耐えきれず木陰に逃げ込みました。そこには私と同じ嗜好の昆虫が・・
日陰となる場所をゆっくりと歩いていたデカブツ。
このシルエットからも明白な通り、立派に成長したオオカマキリ成虫でした。
昨夜の嵐によく耐えられたねと声をかけたくなりましたが・・
オオカマキリ成虫のきつい視線
返って来たのはこんなきつい視線でした。代弁すると、獲物探しの邪魔をするな!。
幼虫時代から気の強さは相当なものでしたが、それに更に拍車がかかった感じ。
カマキリは、やはりこれでなくちゃと思うけど、そうまで凄みをきかせなくても・・

※9/9に都内で撮影

嵐のあとに・・2019/09/10 20:16

嵐のあとに・・
猛烈な風と雨をもたらした台風15号の爪痕が、通い慣れた観察地でも数多く。
これは、太枝がもぎ取られる様に折れてしまったクリの木です。
物凄い音をたててバリバリっと・・やはり並大抵の破壊力ではなかったんですね。
折れ枝にとまるオンブバッタ
被害はクリの木だけにとどまらず、雑木林の多くの木に及んでいました。
樹下の地表には多種多様な折れ枝が散乱していました。
その中の一本に、ちょこんと止まっていたのは、オンブバッタの成虫。
嵐をどの様にやり過ごしたかは?ですが、”何でもなかったよ” の涼しい顔?・・
秋の終盤まで活動を続けるバッタです。台風への耐性は意外と強いのかも・・
クビキリギス幼虫
草の葉に紛れる様な姿でじっと静止していたのは、クビキリギスでした。
まだ翅が伸びきっていないので、これから成虫への変身を遂げる幼虫ですね。
キリギリスの仲間の中では珍しく、成虫のまま冬を越す長寿命でタフなやつ。
あの程度の嵐でへこたれる様じゃ、クビキリギスの資格なしって言う事?・・

※9/10に都内で撮影