晴れた日は食欲全開!2019/10/26 20:19

晴れた日は食欲全開!
久しくご無沙汰だった、スカッとした秋晴れの空が戻って来ました。
草むらにも明るい陽射しが燦々と降り注いでいました。
となれば、そこに住む昆虫達は俄然食欲全開・・そんな光景が草むらの至る所で・・
これはその中でも最も過激な食事風景。穴だらけにされたクズの葉です。
その上に群れを成して止まっていたのは、クズクビボソハムシ。
最近中国から渡って来た外来種で、クズの葉対象に甚大な被害を与えているとか・・
従来からクズの葉を好む昆虫は多くいたけれど、こうまで過激なのは初めて。
繁茂力旺盛なクズですが、この新たな展開には、困ったなぁと溜息かも・・
アリを攻撃するナナホシテントウ
植物の敵と言えば、アブラムシの仲間も決して看過できない一大勢力と言えます。
そして、それを退治する頼もしい助っ人とも言える存在がテントウムシの仲間達。
これは、毎度おなじみのナナホシテントウ。
今日もアブラムシ退治に大忙しかなと思ったのですが、食べている物が何か変。
接近して確認したら、この通り、アリでした。
アブラムシとアリの共生関係は良く知られていますが、それを仇に思っての攻撃?・・
私としては、今まで見た事がなかった光景だけに、ちょっとびっくり!。
草の穂先で戸惑うカタツムリ
晴れた日には昆虫達の食欲も全開ですが、雨の日大好きなカタツムリも同様?・・
食料探しに大忙しと言う感じで、動き回っていたのがこれ。
でも、晴れた日には、感覚がややおかしくなってしまうのでしょうか。
草の穂先まで来て、さてどうしたものか?と、戸惑っている様に見えました。
このままぽとりと地上へ落下はきついので、Uターンせざるを得ないでしょうね。
やはり、君の場合は、雨の日限定。今日みたいな晴れ日はじっとしてた方がいいね。

※10/26に都内で撮影