晩秋の色に見とれる2019/11/09 19:12

晩秋の色に見とれる
寂しい冬景色に向かう段階で、ほんのひと時だけ目に迫ってくる鮮やかな彩り。
キャストは、思い想いの色に染まる樹々の葉、そして風になびいて光る水草の穂。
その演出者は、早くから傾き始める晩秋の陽射しです。
今日はその条件が全て整っていた感じ。しばし見とれてしまいました。
冬姿への変身を急ぐ木
視線を空に向けるとこの通り。地上とはガラリとイメージが違うクールさでした。
その空に向かって突き上がっていたのは、冬姿への変身を急ぐ木。
既に多くの葉を散らして、かなり身軽になっていました。
天候の異変に悩まされたこの秋。しかし、ここに来て帳尻はバッチリ!・・
オオカマキリの卵のう
これも、帳尻はバッチリの一例。
低木の枝に産み付けられたオオカマキリの卵のうです。
見事に整った形状で、母虫の産卵技術の優秀さを物語っていました。
大きさもかなりのもので、この分だと、中には眠る新しい命も相当な数の筈。
多くの昆虫達に恐れられるカマキリの地位、来季も不変と見て良さそうです。

※11/9に都内で撮影

コメント

トラックバック