ぴたりとハマる・・2019/11/10 20:42

ぴたりとハマる・・
11月も中旬に近づくと、草むらの雰囲気も大きく様変わりを見せ始めます。
一面の緑が、黄褐色系をメインにした複雑な色の混じり合いに・・
その色は意外と華やか。枯れ色に変わる前の最後の輝きです。
晩秋の景色にハマるアキアカネ
そんな晩秋の風景にぴたりとハマる昆虫といえば、やはりこれでしょうか。
力尽きて倒れたセイタカアワダチソウの茎で翅休めをしていたアキアカネです。
数は大分減ってしまいましたが、この様なリラックスした姿を見るとほっとします。
散々の悪天候が続いたこの秋。それに耐え忍んだ生命力に賞賛を贈りたい気持ちに・・
ハラビロカマキリの卵のう
これを目にした時にも、思わず賞賛の気持ちが・・
ハラビロカマキリの卵のうです。正に非の打ち所のない程の完璧な形でした。
オオカマキリの卵のうは既に目撃済みですが、この種の卵のうは今季初目撃。
ハラビロは、オオカマキリより更に遅くまで生き続ける息の長い種です。
しかし、そろそろ産卵を始めないとと言う時期に差し掛かった様です。
でも、これひとつだけじゃ、メスとしての役目は果たしきれていないかも・・
あとに続いて行われる産卵も、完璧に終わることを祈るばかり。

※11/10に都内で撮影

コメント

トラックバック