えらく時期外れの・・2019/12/01 20:11

えらく時期外れの・・
カラカラに乾いてうなだれた野草。
一面、緑に覆われていた草むらも、終末期の様相を見せ始めています。
再び緑が蘇るまでには、気が遠くなる程の長い時間が必要。
自然観察にとっては、最も厳しい時期に差し掛かったと思えるのですが・・
褐色タイプのオンブバッタ幼虫
まだ、諦めるのは早過ぎだよと言いたげな者の姿が・・
・・と言うか、えらく時期外れの昆虫に出会って、びっくり!。
ぴんと跳びはねて、枯れ落ち葉に止まったのは、オンブバッタの幼虫でした。
オンブバッタ幼虫が大挙して誕生するのは、初夏の頃と言うのが通例です。
厳しい寒さの冬が目前に控えている今に?・・どう見てもおかしいなぁと・・
緑色タイプのオンブバッタ幼虫
草むらの中でも、このエリアに限っての特異現象なんでしょうか。
前日には、緑色タイプの幼虫の存在も確認しています。
このエリアに限っては冬知らず?・・そんな筈はないと思うのですが・・
過去にも同様の目撃をしていますが、いつも間にか波が引く様にバッタリ。
気候を含めた自然の節理には逆らいきれないのが、野に生きる者の宿命と思われます。
せめて、命尽きる迄は、元気に跳びはねろよ!・・そんな気持ちで見つめました。

※緑色タイプのバッタは11/30に、他の画像は12/1に、いずれも都内で撮影

コメント

トラックバック