有効な色変わり2019/12/13 20:50

有効な色変わり
一段と加速している冬景色への変貌。
渋い色合に色づいた木の葉が視界を埋め尽くす木立の風景です。
これらの葉も散り落ちて、枝むき出しの冬木立に変わる日も間近と思われます。
オオカマキリの卵のう
これは、そんな色変わりを加速する木立で目にした光景。
低木の小枝に産み付けられたオオカマキリの卵のうです。
当初はもっと淡い色合いでしたが、今はこんがりと焼けた色に変わっていました。
卵のうを狙う小鳥達の視線から逃れる意味では、極めて有効な色変わりですね。
物言わぬ卵のうですが、環境色の変化に対応する進化を着実に進めている感じ。
この低木では、同様の卵のうを複数確認しました。
春にはこの中から幼虫が大挙して誕生し主戦場に・・そんな光景が目に浮かびます。

※樹木は12/13に、卵のうは12/8に、いずれも都内で撮影