ご苦労様と・・2019/12/28 20:57

ご苦労様と・・
観察地のごく限られたエリアですが、季節の進展にそぐわない感じの場所があります。
そこで今日ゲットした画像がこれ。緑の草の葉に止まるオンブバッタの幼虫です。
初夏の頃に誕生し、秋遅くまで生き続けるバッタですが、今の時期にこの姿とは・・
以前から注目していましたが、今日も無事目撃する事が出来ました。
もしかすると、このまま年越しするかも。そうであってくれればと願い、一枚!。
(左に小さなハエが写っていますが、こちらは冬の間も現役続行の筈です)
オオカマキリの卵のう
元気に生き続けるオンブバッタ幼虫は、いわば例外的とも言える存在。
今の時期の昆虫観察は、卵や蛹の形で冬越しをする物への注目がメインとなります。
その主要ターゲットのひとつがこれ。各種カマキリが産み落とした卵のうです。
これはユキヤナギの小枝で目にしたオオカマキリの卵のう。
どっしりとした釣鐘形がこの種の卵のうの特徴。これは正に理想的な形ですね。
ちょっとおかしな形のオオカマキリ卵のう
近くの小枝には、もう一つ産み付けられていました。でも、これは形が何だか変!。
サイズもだいぶ小さいし、形も上下に押しつぶされた様にひしゃげています。
私の勝手な推測ですが、正常な形に産みつけようとしたけど、材料が底をついて・・
もしかすると、これが、この母虫の最終作品だったのかも知れません。
既に命は尽きてしまったかも知れませんが、ご苦労様と言いたい気持ちに・・

※12/28に都内で撮影