大いなる活躍を・・2020/05/03 22:32

大いなる活躍を・・
緑色の葉をつけるナツミカンで目にした赤いギョロ目。二紋型のナミテントウでした。
ここにいる目的は、当然の事ながら好物のアブラムシ退治の筈。
アブラムシは様々な植物に寄生して害を及ぼす厄介者。
ミカン系の木にも専属(?)の種がいるらしい。その退治に勇躍登場と言う訳ですね。
テントウムシの幼虫
ナス科の敵・ニジュウヤホシテントウなんて言うワルもいますが、基本的には益虫。
いい季節を迎えて伸び盛りの植物にとっては、強力な援軍です。
その期待に応えて、幼虫も続々と登場中!・・
その姿がこれ。端的に言うと脚が生えてる毛虫と言う感じ。
これがあのころっとした、円満な形の成虫に?・・
何はともあれ、植物の為にも大いなる活躍を期待したいところではあります。

※5/2に都内で撮影