バッタ達の現状2020/06/30 19:38

バッタ達の現状
草むらに活気を与える昆虫と言えば、バッタの仲間が筆頭格に挙げられるでしょうか。
屈伸力抜群の脚を使って活発に飛び跳ねる姿は、夏の草むらの風物詩と言えそうです。
私の観察地でよく見かける種は、オンブバッタとショウリョウバッタ。
真夏を間近に控えて、それぞれがどの程度まで成長を遂げているかを確認しました。
まずはオンブバッタから。この通りのチビぶりで、草の緑に埋もれて存在感が希薄。
でも大丈夫。秋遅く迄生き続ける種なのでそんなに急がなくてもと言う事でしょうね。
成虫までまだもう少しのショウリョウバッタ
こちらは日本最大級の体長を誇るショウリョウバッタの現状です。
オンブバッタに比べ、すでに存在感十分の体形に見えますが、まだまだ未完成。
背中に翅が生え揃うまで、もうしばらくお待ちくださいの段階ですね。

※6/28と6/27に都内で撮影

コメント

トラックバック