梅雨明けの日に・・2020/08/01 20:53

梅雨明けの日に・・
関東地方の梅雨明けが発表された日。
見上げる空もダイナミックな真夏の表情に変わっていました。
気温も一気に上昇。マスクをかけたままでは、かなり息苦しさを感じる程でした。
炎天下のシオカラトンボ
枯れ枝の先に止まっていたこちらは、真夏の暑さを大歓迎の様子。
獲物の収穫量も上々の様で、大食い後の腹ごなしの為に一休みと言う感じでした。
(シオカラトンボ)
アカボシゴマダラ雌の産卵行動
アカボシゴマダラのメスが、日陰になる雑木林の中を忙しく飛翔していました。
そして時折見せるポーズが、このくいっとした形のお尻曲げ。
幼虫の食草であるエノキの葉に向けての産卵ですね。
様々な樹木の葉が雑多に茂るこの場所ですが、エノキの葉の特定には全く迷いなし。
母虫としての任務を忠実に果たそうとする真剣さに満ちた光景でした。

※8/1に都内で撮影

暑さに順応するには・・2020/08/02 21:39

暑さに順応するには・・
8月1日、関東地方が梅雨明けしたとの発表があった日の空。
真夏の訪れを歓迎している様な昆虫の姿が目に飛び込んで来ました。
湧き上がる夏雲を背景にして飛翔していたのは、3羽のアオスジアゲハ。
さらにギンヤンマと思われる大型トンボも加わって・・
真夏の昆虫ステージの開幕にふさわしいシーンと感じました。
チョウトンボの暑さ対策ポーズ
これ以降の3枚は、本日・8月2日に撮影した画像です。
ジリジリと照りつける真夏の陽射しに対処する昆虫の姿のスナップショットです。
これは、水草の葉上で急角度のお尻あげポーズをとっていたチョウトンボ。
強烈な陽射しの直射を出来るだけ少なくしようと言う工夫ですね。
シオカラトンボも暑さ慣れの段階?・・
このシオカラトンボは、日陰になる場所に逃げ込んで暑さしのぎをしていました。
真夏に生きるトンボとは言え、暑さに順応する迄には少し時間が必要なのかも・・
日蔭に逃げこんでいたベニイトトンボ
ベニイトトンボ(雌)も、シオカラトンボに、右に同じくと言う感じ。
でも、体が長過ぎて、お尻部分まで日陰に隠れきれない所がちょっと気の毒でした。

※8/1と8/2に都内で撮影

意外な程にクール2020/08/03 20:25

意外な程にクール
夏の暑さを盛り上げる音といえば木立から耳に届くセミの声が筆頭格かも・・
ミーン・ミンミンと鳴き叫ぶミンミンゼミのあの声が、まず頭に浮かびます。
その姿はこの通り。声から思い浮かぶ熱いイメージとは違って、意外な程にクール。
そのギャップに戸惑いをおぼえるのですが、今年も例年通り。
かなり賑やかな合唱音が、木立の中に響き渡り始めました。
湿った泥面に着地していたアオスジアゲハ
こちらも、クールな翅色に反して、その行動はかなり熱い!。
強い陽射しが降り注ぐ中、水分を多く含んだ泥面に着地していたアオスジアゲハ。
何ともそぐわぬ光景ですが、これは体力を維持する上での必須な行動です。
泥に含まれるミネラル分を摂取して、真夏の暑さに耐えていこうと言う作戦。
蝶よ花よと言う通念とはかけ離れますが、これも又盛夏を象徴する光景なんですね。

※8/3と8/2に都内で撮影

我が世の夏には・・2020/08/04 19:17

我が世の夏には・・
東京では梅雨明けの発表が、はっきりとした季節の区切りとなった様です。
目にする風景は、完璧な真夏モードへ・・
今日も盛大な入道雲の湧き上がりを確認出来ました。夏はやはりこれですね。
アブラゼミに起きた悲劇
木立から耳に届くセミたちの鳴き声も一段とボリュームアップしています。
揃って ”我が世の夏” を歌い上げている感じ。とは言え、我が世の夏には危険が一杯。
その一例がこれ。カマキリに捕らえられ絶体絶命のピンチにあるアブラゼミです。
長い地中生活を終え、地上デビューを果たした途端にこの結末とは!・・
少しは事情を考えろよと言いたくなりますが、カマキリにはカマキリなりの・・

※8/4に都内で撮影

仲良しの間柄?・・2020/08/05 23:23

仲良しの間柄?・・
木の葉の先端に、身を寄せ合う様な形で残されていたセミの抜け殻。
地中にいる時から仲良しの間柄だったんでしょうか。
何はともあれ、揃って地上デビューを果たせて、めでたしめでたし!。
蜘蛛の網に掛かってしまったセミ
地上デビューは果たせたものの、予期せぬアクシデントに見舞われるセミも・・
蜘蛛の網に残されていた片翅がその一例です。
木から木へ飛び移ろうとした時に、運悪く引っかかってしまったらしい。
地上での生活を無事全うする事はそうたやすいことではないんでしょうね。
気の毒になぁと言う気持ちで見つめました。

8/5と8/2に都内で撮影