チャームポイント多し2020/08/09 22:52

チャームポイント多し
鬱蒼と繁る木立の中を住処とするムラサキツバメです。
木の幹色に擬態している感じの地味な裏翅ですが、後端に突き出た突起がお洒落。
出会う度に、かなりウイットに富んだ蝶だなぁと嬉しくなってしまいます。
ムラサキツバメの眼
この蝶の本来のチャームポイントは、翅を開いた時に見える表翅の紫色の斑紋。
その確認は今日出来ませんでしたが、その代わりに別のチャームポイントを・・
それがこれ。大きな複眼の味わい深い色合いです。
光線状態にもよりますが、この様に微妙な色合いを見せる事にきづきました。
改めて、隠し味満載のシジミチョウだなぁと・・
ムラサキツバメの表翅
かなり以前の撮影ですが、表翅の紫色斑紋を記録できた画像を掲載します。
2016年11月6日に撮影した画像です。
秋も深まり、表翅にかなり傷みが生じていた事が残念。
今季は、ここまで待たされる事なく、もっと早くにと言う気持ちです。

※8/9に都内で撮影。参考画像は2016/11/6に撮影。

コメント

トラックバック