複数の目を持つ・・2020/12/26 20:07

複数の目を持つ・・
昆虫の数が減り続けている今、ハエの仲間に関しては、その傾向がゆるやかです。
私にとっては、”お名前は存じませんが” 状態のハエに度々出会います。
気温低下などの変化に柔軟に対応出来る能力としては、ハエがトップクラスかも・・
ハエトリグモのぎらつく目
供給が続く限り、需要も継続する。そんな法則がなりたっているみたい。
需要者側の代表格とも言えるのがこれ。種名はずばり・ハエトリグモ!。
葉上で待ち伏せをして、目前に迫ったハエを毛むくじゃらの前脚で速攻キャッチ!。
ギラつくまん丸の目は、その為の重要な監視ツールなんですね。
その目が二つだけでなく、頭部に複数備わっているところが凄い。
全方位の監視に怠り無しと言う用意周到さです。
ちょっと垂れ目気味の・・
これは頭の側面にある小さめな目。横と後方への監視はこの目が担っているらしい。
私が興味をひかれたのは、その目が漂わす雰囲気。
ちょっと垂れ目気味の真ん丸目で、見方によっては可愛らしいかなと・・
それにしても、複数の目から入る映像情報を、頭の中でどう統合しているのやら・・
興味をひかれる命題ではあります。

※蜘蛛は12/26、ハエは12/23に、いずれも都内で撮影

コメント

トラックバック