憎き野鳥の仕業だけど・・2020/03/02 19:34

憎き野鳥の仕業だけど・・
秋に産み落とされた各種カマキリの卵のう。
長い冬を乗り越えて、新たな生命誕生の時を待つだけと言うケースばかりでは・・
その一例がこれ。細長いヨシの茎に産み付けられたオオカマキリの卵のうです。
ご覧の通り、側面に大きな穴があいた悲惨な状態になっていました。
実はこの卵のう、以前から私の観察対象でこんな事態を全く予測していませんでした。
その経緯を下の画像で説明します。
水草の茎に産み付けられたオオカマキリ卵のう
これは、2/11に撮影した同じ卵のうの画像です。
どこにも損傷が見られない、産み落とされた時のそのままの状態を保っていました。
この観察時には、卵のうを狙う野鳥達も止まれない程の細い茎なので、安泰だなと・・
でも、結果的には、上段の画像の通りの悲惨な状態に・・
どうやら、シジュウカラ等、卵のうに目のない野鳥達の実力を見誤っていた様です。
不安定な細長い茎に脚をかけて止まり、鋭いクチバシでガシガシほじくって・・
中に眠っていた新しい生命のなりゆきは言わずもがなですね。
オオカマキリ卵のうの内部の様子
ひどい奴らだなぁと、野鳥達を憎む気持ちが湧いてきましたが、恩恵と言う面も・・
それがこれ。ほじくり返された穴から覗く事が出来た内部の様子です。
ハチの巣を思わせる様な窪みが整然と並んでいました。成程こうなっているんだ!。
普段目にする事が出来ない、卵のうの内部構造を確認出来たのも野鳥のおかげ。
とは言うものの、やはり野鳥憎しの気持ちは変わりませんね。
他の卵のうにも被害が及んでいないか、心配な気持ちが強く湧いて来ました。

※上段と下段の画像は3/1に、中段の画像は2/11に、いずれも都内で撮影
※中段の画像は、2/12の記事に掲載したものの引用掲載です。

春が来た!迄には・・2020/02/28 20:02

春が来た!迄には・・
キラキラ光る波穏やかな水面。そこに浮かぶ水鳥も、ついウトウト・・
そんな光景に見えますが、肌で感じる空気は、依然ひんやり。
気象学上の冬は、明日2月29日迄とか・・
目と肌との感覚ギャップが埋まるのももうすぐの筈ですが、果たして?・・
(スズガモ)
自信たっぷりに咲くオオイヌノフグリの花
オオイヌノフグリの花は多少寒さの戻りがあろうと、春の訪れを既に確信した模様。
遠慮気味な咲き方から脱却、自信に溢れた集団開花を見せ始めました。
ここに蜜を求める昆虫の姿があれば、咲き甲斐大いにありなんですが残念ながら・・
昆虫達に、春が来た。さぁ頑張るぞ!の気分が昂まる迄にはあと数日が必要かも・・

※2/28に都内で撮影

お手柔らかに・・2020/02/18 20:45

お手柔らかに・・
冬限定で目にする事が出来る野鳥のひとつが、ツグミ。
シベリア方面からの渡り鳥で、春の訪れとともに次第にその数を減らして行きます。
現在良く見かける場所は、若い緑がまばらに地表を覆い隠し始めた樹下等の地面。
この様に、立ち止まり、しばし黙考した後、とる行動は・・
土中の昆虫に狙いを定めて・・
鋭い視線を足元に投げかけて、真剣に何かを探っている様子。
そして、狙いを定めて、鋭いくちばしを土中にぐさっと・・
その目的は、地中に潜む昆虫やミミズなどの捕食でしょうね。
生まれ故郷シベリアへの長旅に備えて、体力増強に余念のない日々に入った様です。
春の訪れを感じてうごめき始めた土中の昆虫にとっては、デビュー直前のとんだ災難。
虫擁護派としてはお手柔らかにと言う思いですが、ツグミ側にも事情があるしなぁ。

※2/18に都内で撮影

ザブン、ザブンと・・2020/02/14 20:36

ザブン、ザブンと・・
4月並みの暖かさに恵まれた日、入江の水面で目にした不思議な光景がこれ。
頭を水中に潜らせた水鳥。何をしているのかのヒントは、脚の先の激しい波立ちです。
激しい波紋を残して水中に消えた!
次の瞬間、こうなりました。
水鳥の姿は水中に没し、激しい波紋だけが水面に残されました。
と言う事で、これはある種水鳥が餌を獲る為に行う潜水泳法の一コマでした。
最初の画像にある足先の波立ちは、深く潜る為の蹴り動作の結果だったんですね。
水中を凝視するオオバン
これは激しいアクションを見せる前の平常時の姿です。
水中の様子を探る感じで、じーっと水面を凝視していました。
しめた!美味そうな餌があるぞ!となった瞬間に、それ行けって、ザブンと・・
この水鳥は、クイナ科のオオバンです。
基本的には水草メインの草食性だそうですが、水中の魚等を獲る事もあるらしい。
そろそろ水ぬるむ頃。ザブン、ザブンの機会が、この先更に増えて行きそうです。

※本日撮影の画像ではありません(2/13に都内で撮影)

絶対安泰とは・・2020/02/12 19:47

絶対安泰とは・・
去年の秋、様々な場所に産み付けられたカマキリの卵のう。
それぞれの運命のゆくえが明らかになる時期に入りました。
例えばこれは、低木の小枝で目にしたオオカマキリの卵のう。
一見すると、無事越冬を終え、あとは孵化を待つだけの様に見えますが・・
破壊されたオオカマキリ卵のう
向こう側に回ってみるとこの通り。
無残にほじくられた形跡がありあり!・・小枝に止まった野鳥の仕業でしょうね。
野鳥達にとっては、カマキリの卵のうは絶好のタンパク源となります。
小枝の丁度いい場所に産み付けられていたので、しめしめと言う事でガシガシ・・
中に潜んで春を待っていた幼体の運命は、言わずもかな。
この枝がいいとした母虫の場所選択が、最悪の結果を招いてしまった様です。
水草の茎に産み付けられたオオカマキリ卵のう
いっぽうこちらは水草の細茎に産み付けられた同種オオカマキリの卵のうです。
どこにも損傷が生じていない完璧な形状を保っていました。
一見頼りなさそうなヨシなどの細茎ですが、枯れて乾燥すると意外な程に腰が強い。
ほぼ垂直に立ち上がっている事もあり、野鳥がとまって食事するには無理が伴いそう。
そんな事を見抜いての産卵だとすれば、すごい先見の明だなぁと・・
とは言え、今の時期の野鳥は、餌が少なく、揃ってお腹をすかしている状態の筈。
この先も絶対安泰とは言えないでしょうが・・

※本日撮影の画像ではありません(2/11に都内で撮影)