陽射しが戻った日に・・2017/08/17 20:45

陽射しが戻った日に・・
八月らしからぬ空模様の連続が、昆虫達にどう影響しているのか気になるところ。
少し陽射しが戻った日、通い慣れた草地でその動向を探ってみました。
まずは、割と平気なんだねって、ほっとできた光景から・・
不順な天候は影響なし。無事成長を果たしたオンブバッタのカップルです。
背中にちょこんと乗っかっているのがオス。乗っかられているのがメス。
晩秋まで生き続ける息の長いバッタです。
メスのお疲れ様態勢は、この先も長く続いて行きます。たいへんだねぇ・・
ヤマトシジミ
草の葉の上に、正におニューって言う感じのヤマトシジミが止まっていました。
質素な中にも自己主張を込めた斑紋。シンプル イズ ビューティ って言う感じ。
秋の野に咲く花の常連客。吸蜜する姿を目にするのもそう先の事ではない筈です。
アオドウガネ熟睡中
少しだけど陽射しが戻ったんだから、動き回った方がいいんじゃないの?・・
そんな気もしますが、このカタブツは葉っぱにつかまって熟睡中でした。
ネボスケ甲虫・アオドウガネ。昼間に見かけるのは、殆どこんな姿ばかり。
眠りこけてる
これなんて、葉っぱに潜り込んで眠りこけていました。頭隠して尻隠さず・・
久しぶりに戻った陽射しを避けるなんて、ほんと勿体ないなぁ・・
この種は、甲虫の多くに見られる夜間活動派。陽が沈んでから動き出します。
でも、ここのところの天気はとても不安定。今夜だって分からないよ・・

※8/17に都内で撮影

もっと情熱的な・・2017/08/10 21:12

もっと情熱的な・・
昨日に比べれば、だいぶましですが、それでも暑い事には変わりなし。
自然散歩では、どうしても直射日光を避けられる林間に足が向いてしまいます。
そこで目にしたのがこのシーン。交尾中のアブラゼミのカップルでした。
普段のイメージとは大違い。
やかましい鳴き声はたてず、お互いに逆向きで妙によそよそしい。
長い地中生活を終えて地上に出て来た最終目的は、この状態に至る事の筈。
もっと情熱的な雰囲気を漂わせていてもいいと思うけどなぁ・・
イチモンジセセリの食事
そんなシーンが進行中の木の下では、夏ならではの食事を実行中の昆虫が・・
地味目な小形蝶・イチモンジセセリでした。注目点は、その食事法。
長い口吻(ストロー)が、葉っぱの上の白いゾーン(汚れ?)に向けられています。
もうひとつの注目点は、お尻の先っぽ。こちらも同じゾーンに向けられています。
さて、この白いゾーンとは?・・端的に言うと野鳥が排泄したウンコが乾いた物。
それに向け、お尻からオシッコをふりかけて液状にし、口吻で吸おうと言う算段。
含有成分のナトリウム等は、暑い中活動する上での必須な栄養成分の様です。
いわば自前のスポーツドリンクって言う訳。糞をしてくれた鳥に感謝しなくちゃね・・

※8/10に都内で撮影

間に合うの?2017/08/08 20:18

間に合うの?
ノロノロ台風の影響が薄れ始めた午後。
青空に向かって背高ノッポの夏草が突き上がっていました。
あれ位の風なんてへっちゃらさって言いたげな雰囲気も・・
ヒメクダマキモドキの幼虫
吹けば飛ぶようなミニミニ幼虫も、葉っぱの上で涼しい顔。
キリギリスの仲間・ヒメクダマキモドキの幼虫です。
自慢の長い後ろ脚で踏ん張れるから、強い風が吹いたって平気なのさ・・
それにしても、今の時期に、依然この小ささ!。
やがて訪れる秋の昆虫ラッシュタイムに間に合うの?って余計な心配を・・
アカボシゴマダラの産卵
エノキの幼木では、アカボシゴマダラが産卵を繰り返していました。
虫食いだらけの葉は避けて、出来るだけ新鮮な葉に向けてお尻をくいっと・・
はやいもので、暦の上では、既に立秋(2017年は8月7日)を過ぎました。
次世代に命をつなぐ蝶たちの産卵行動にも、一層拍車がかかりそうです。

※8/8に都内で撮影

旬の花に来て・・2017/07/29 20:29

旬の花に来て・・
夏を彩る花と言えば、まずヒマワリが思い浮かびますが、それだけでは・・
雰囲気はかなり違いますが、水辺に咲くミソハギも抜かす事が出来ません。
盆花として用いられる事からも判るとおり、宗教的な意味合いが強い花。
色自体は華やかだけど、小粒な花が醸し出す雰囲気は、意外な程に物静か。
亡き人を想う気持ちに静かに寄り添う優しささえ感じられます。
ミソハギの花とベニシジミ
小粒な花には小柄な蝶が似合う。今日はベニシジミが来て吸蜜を繰り返していました。
まさにジャストフィットな組み合わせ。
きつい真夏の陽射しの下でも、ここだけは、優しい雰囲気が漂っていました。
ヤブガラシの花にて
目立たないけれど、ヤブガラシの花のオレンジ色も真夏を象徴する彩りです。
こちらにも可愛らしいシジミチョウがと言いたい所ですが、今日は全く別キャラが・・
窮屈な格好で花に止まり、蜜をむさぼっていたのは、かなり無骨なデカブツ。
シロテンハナムグリでしょうか。
木の幹から出る樹液に群がる姿が今の時期の通例ですが、今季はどうも不作みたい。
仕方なく、野の花の蜜あさりに作戦変更した様です。
私的には、全然似合ってない組み合わせだなぁと・・

※7/29に都内で撮影

見習うべきは・・2017/07/28 19:47

見習うべきは・・
じりじりと照りつける陽射し。それを避ける様に身を隠す昆虫を多く目にします。
このアオスジアゲハもその一例。
木立の中、日陰になる場所を探している感じで飛びながら、ここにひらりと・・
樹木の葉に止まるこんな姿は産卵時限定と思っていましたが、これは明らかに翅休め。
元気な蝶たちも、人間同様に暑すぎるのは苦手な様です。
ブチヒゲカメムシ成虫
この暑い時期をあえて選んで成虫化する昆虫も多数。
代表種は各種セミたちですが、カメムシの仲間・ブチヒゲカメムシもその一つ。
やや装飾過剰気味ですが目を惹く事は間違いなし。ついレンズを向けたくなります。
私が今日レンズを向けたのは、そんな理由だけではなくて・・
その訳は下の画像で・・
ブチヒゲカメムシ幼虫
同じ草むらで昨日撮影した同種の幼虫です。
場所的に見て、この幼虫が脱皮して上の成虫になった可能性が大と推測。
その誕生祝いとして、レンズを向けたくなったと言う訳。
本格化した暑さの勢いに促されて、成虫に・・
そんな動きを見せる昆虫は、この種だけではない筈です。
と、言う事で、熱中症に気を使いながらの昆虫観察散歩を励行中!。
身の安全を考慮すれば、アオスジアゲハの行動を見習うべきなんでしょうが・・

※7/28と7/27に都内で撮影
※SONY α7II / FE 90mm F2.8 Macro