やられ強い花?2018/04/22 20:40

やられ強い花?
今の時期の草むらで目立つ花と言えば、ハルジオンが筆頭格に挙げられるでしょうか。
とにかく凄い勢いの群生ぶりで、白あるいは薄紅色の彩りを披露しています。
その彩りに惹かれてやって来る昆虫の数も極めて多し。
今日はアオスジアゲハの吸蜜風景を目にする事が出来ました。
誕生後間もないと思われるのですが、既に翅には欠損部が生じていました。
花の数が多いので、飛び回るのに大忙し・・その結果と言う事の様です。
花芯をかじるコアオハナムグリ
こちらも大忙し。黄色い花芯に取り付いて猛食中のコアオハナムグリです。
この種の甲虫の食事法は、この様に花芯部分をガリガリかじる事。
正に花をぶっ壊すと言った感じです。花にとっては全然嬉しくない訪問客かもね・・
イモムシも愛好者?
甘いケーキみたいな花芯の愛好者は、甲虫だけにとどまりません。
こんなへんてこりんなのもご執心の様子。種類は不明ですが小さなイモムシでした。
これが孵化して誕生する成虫も、きっとハルジオンの花が大好きな筈。
果たしてそれが花にとって歓迎出来る訪問客なのかは判りませんが・・
徹底的にやられたハルジオンの花
とにかく春の昆虫たちにとってのアイドル的存在と言えそうです。
結果として、こんな惨状を呈する花も数多く見受けられる事になります。
全く手加減と言うものがありませんね。
それでも毎年春になると花盛りとなるハルジオン・・まさにやられ強い花なのかも。

※4/22に都内で撮影

春ですね2018/04/10 20:18

春ですね
穏やかに晴れ渡った空、浮かぶ雲も春らしい優しげな雰囲気を漂わせていました。
そんな空に少しでも近づこうとしているのでしょうか。
ヘラオオバコも背伸びをしてユラユラ・・
眺めていると何か眠気を誘われる様な・・すっかり春ですね。
カタバミに止まるヤマトシジミ
こんな日は草むらの住人(?)たちもご機嫌。
ヤマトシジミはお気に入りの花・カタバミに来て吸蜜をしていました。
カタバミは、この蝶の産卵、誕生、生育を手助けした野草です。
”やっぱり生まれ故郷はいいね” って言う事みたい。
幼虫に葉をバリバリ食われるカタバミの気持ちは?・・かなり微妙かなぁ・・
ホソヒメヒラタアブ
花に来るアブたちも今日は大忙し。
吸蜜の合間には、草の葉に止まって一休み 兼 日光浴を楽しんでいました。
これはホソヒメヒラタアブ。休憩中は、吸蜜作業で汚れた体の清掃にも余念なし。
これは、前脚を使って、大きな複眼の清掃を済ませた瞬間のショットです。
前脚を擦り合わせるのが最終工程って言う訳。
前脚は車の場合のワイパーにあたる大切な部位。いつも綺麗にしておかないと・・

※4/10に都内で撮影

爽やかブルー2018/04/09 20:48

爽やかブルー
若緑の葉を付け始めた木の上に広がる空。
陽射しを邪魔しない薄雲の向こうに爽やかなブルーが広がっていました。
澄み切った冬の青空とは明らかに違う優しげな雰囲気。
まさに風薫る頃近しを告げている様に感じました。
ツバメシジミの表翅
爽やかブルーは、晴れた日の草地にも・・
お日様の方向に向けて翅全開、日向ぼっこ中のツバメシジミの表翅です。
枯れ色が若干残る地表との対比で、その鮮やかさが一層際立っていました。
コンパクトサイズだけど、翅色のバリエーション極めて多しのシジミチョウの仲間。
それらの顔見せが続いています。いよいよ楽しみな時期に入りました。

※4/9と4/8に都内で撮影

しめしめ、いいヤツが・・2018/03/30 20:38

しめしめ、いいヤツが・・
これ迄は花開いても来客の数はいま一つだったタンポポですが、だいぶ様変わり。
蜜を求めてやってくる昆虫の数、極めて多しと言う状況になって来ました。
これは、シジミチョウの仲間・ヤマトシジミの吸蜜です。
長い口吻(ストロー)を花の中に差し込んで、美味しそうに(?)チューチュー。
何の不自然さも感じない、良く見慣れた春の野の風景なんですが・・
タンポポで吸蜜するアリ
蜜を求めてタンポポを訪れるのは、もちろん蝶だけではありません。
良く見かけるのがこれ、花の上をちょこまか動き回る小さなアリです。
でも、この場合は蝶に比べて、何とも窮屈そうな体勢になっていますね。
びっしり並んだ花びらの中に顔を突っ込んで、蜜のありかを探っている感じ。
蜜を出す蜜腺は、どうやら花びらの奥の方に潜んでいるみたい。
蝶は長い口吻を蜜源に差し向ければいいけれど、それを持たない昆虫は・・
このアリの様に、花に潜り込む食事スタイルをとるしかない様です。
タンポポで吸蜜するハチ
このハチの場合も然り。花に頭を突っ込んで、今まさに吸蜜中のワンシーンです。
注目点は体に付いた黄色い粒々。体表面に生えた繊毛に付着した花粉です。
タンポポにとって、昆虫に期待するのは、繁殖の為に必要な花粉の媒介役。
このハチはアリに比べて体も大きいし、運んでくれる花粉の量も桁違いに多そう。
タンポポは、”しめしめ、いいヤツがやって来た” って言う気持ちでしょうか。
こんな平和な共存関係を目にする様になったのも、春本番到来の証しと言えそうです。

※3/30に都内で撮影

サクラにシンクロ2018/03/19 21:09

サクラにシンクロ
まだ枝に数個ずつですが、ソメイヨシノの花が開き始めました。
逆戻りしない春を人々に告げる花の顔見せですが、空模様の方がどうも意地悪。
どんよりとした曇り空で、夕方からは雨も降り出しました。
明日以降も数日間はこんな天気が続きそうとの予報が出ています。
中々うまい具合にいきませんね。
ルリシジミ
季節にはっきりと区切りをつけるサクラの花。
それは昆虫の世界を観察していても、はっきりと感じる事が出来ます。
毎年、サクラの開花とシンクロする感じで登場するのが、クールな印象のルリシジミ。
まだ枯れ色が多く残る草地をヒラヒラと飛翔していました。
でもまだ本調子ではないみたい。枯れ草に止まって一休みの繰り返しでした。
でもこのシジミチョウが登場したと言う事は、いよいよ・・

※3/19と3/18に都内で撮影