まずはミニから・・2020/02/19 20:21

まずはミニから・・
春霞?・・そんな薄ぼんやりとした空に筋状の優しげな雲が浮かんでいました。
澄み切った冬の青空ともお別れ。そんな事を思わせる穏やかな風景でした。
キカタバミの花開く
地表に目を落としたら、やや遠慮気味ながら、小さな春の彩りが一輪だけ・・
敷き詰められた枯れ落ち葉の隙間から顔を覗かせたキカタバミの花。
穏やかな陽射しに誘われて、眠たい目をこすりながらお目覚めの様子でした。
この花は、ヤマトシジミ(蝶)にとってホスト的な存在です。
蜜を吸う事は勿論、葉に産卵し、やがて誕生する幼虫の食草としても活用されます。
今日のところはその姿はありませんでしたが、花が開いたとなれば、遅からず・・
クロミャクイチモンジヨコバイ
ヤマトシジミとの初遭遇はお預け。その代りにこの元気者との出会いが実現しました。
こちらの接近に気付いて、ピンと飛び跳ね、近くの落ち葉に着地!・・
セミの親戚筋にあたるヨコバイの一種・クロミャクイチモンジヨコバイでした。
こうして見るとかなり存在感がありますが、実際は目に止まらない程の小ささです。
大物の登場はもう少し先。春の昆虫ステージは、まずこの手のミニから幕開けですね。

※2/19に都内で撮影

意外とすんなりと・・2020/02/10 21:47

意外とすんなりと・・
春の訪れを期待する気持ちが、日増しに強まっています。
そんな想いにこたえてくれるこの眺め。菜の花畑の今日の様子です。
まだちょぼちょぼって言う感じの背の低さですが、伸びる意欲は十分な雰囲気。
ナノハナ・開きかけた蕾も・・
中には、ここまで成長した姿を見せる物もありました。
茎の先に蕾がびっしり。一つだけですが、黄色い花弁を開きかけた物も・・
こう言うのを目にすると、畑一面が黄色に染まる日もそう先の事ではないかなと・・
ひらひらと舞うモンシロチョウ・・そんな春景色への期待が一層たかまりました。
東の空に浮かぶ月
歌の上ですが、菜の花畑と言えば、おぼろ月夜と言うイメージが頭に浮かびます。
で、その主役の今は?と言う事で、東の空を眺めたらこの通り。
おぼろに霞んではいないけど、満月に近い月がぽっかり浮かんでいました。
今週後半は、季節外れの暖かさになるとの予報も・・
意外とすんなりと春がスタート。そんな展開を期待したい所ですが、さて?・・

※2/10に都内で撮影

冬芽を楽しむ2020/01/18 19:43

冬芽を楽しむ
春を待つ気持ちをストレートに表している感じの樹々の冬芽。
それぞれの個性に見入るのも、冬の自然観察の楽しみの一つです。
まずはこれ。枝先につくハナミズキの花芽。玉ねぎを連想させる形が面白い。
さて、この芽が割れて顔を覗かせるのは、赤い花?白い花?・・
ドウダンツツジの冬芽
こちらは、先っぽ尖りの赤い集団。低木ドウダンツツジの冬芽です。
揃って空に突きあがる姿は、春を待つ気持ちをストレートに表している感じ。
タブノキの冬芽
こちらは豪華な黄金色。常緑樹タブノキの冬芽です。
冬芽は、葉に隠れて明確に露出していませんが、葉の付け根に注目するとこの通り。
冬の寒さへの備えは万全。これ以上閉まりようが無い程の圧縮度で固まっています。
これなら雪が降ろうが、強い北風が吹こうが、大丈夫と言うわけですね。
タブノキはアオスジアゲハが産卵目的で良く訪れる木。
その光景も早く目にしたいけど、まだまだずーっと先のことでしょうね。

※本日撮影の画像ではありません。
(上段の2画像は1/17に、最下段の画像は1/13に、いずれも都内で撮影)

冬の雨が止んで・・2020/01/08 20:51

冬の雨が止んで・・
ほぼ予報どおり。それまでの雨が止んで、天気が急速に回復しました。
戻ってきた陽射しを浴び、入江のカモが大きく羽ばたいて羽根を乾燥中?。
いくら水鳥とは言え、雨に濡れたままでは、気持ち良くないのかも・・
オニタビラコの蕾
道端では、オニタビラコのつぼみのこんな姿が・・
天気の回復を受け、いざっ!開こうとしたけれど、やっぱり止めとこうかな・・
春の訪れを告げる野の花のひとつですが、さすがにまだ時期尚早かも・・
でも、その意気や良しと感じた光景でした。
幼いアブラナの葉
春を待つものの姿がここにも・・
小さな菜園で目にしたアブラナの葉の赤ちゃんの行列です。
瑞々しい若緑と、雨を受けて湿った地面との対比がくっきり。
モンシロチョウを惹きつけるナノハナを咲かせる迄には、まだ長い時間が必要。
しかし、そこに至る歩みが着実に進んでいる事は間違いありません。
楽しみに待ちたいと思います。

※1/8に都内で撮影

君はいったい誰?・・2019/12/14 19:57

君はいったい誰?・・
地表に落ちたイチョウの葉上で日向ぼっこ中だったこの蝶。
シジミチョウの仲間である事は判るのですが、種の特定は困難でした。
翅はボロボロ、斑紋も殆ど消えかかっているし・・君はいったい誰?って言う感じ。
僅かに残る斑紋から、とりあえず、普通種のヤマトシジミとしておきました。
秋の陽を浴びての元気な活動の結果と言えるこの姿、正に賞賛に値しますね。
正体不明のチビ昆虫
朽ちた木材上をゆっくり歩いていたこの極小昆虫も、賞賛に値するなぁと・・
ここまでボロボロだと、種の特定は全く困難です。
でも生き続ける意欲は十分。向かう先にはおいしい餌が一杯待ち受けているのかも・・

※12/14に都内で撮影