日陰に逃げ込む2018/07/21 20:24

日陰に逃げ込む
強すぎる陽射しは、真夏を生きる昆虫達にとっても過酷な仕打ちとなっている様です。
普段は活発に飛び回る蝶も、日陰に逃げ込んでひっそりの光景を多く目にしました。
樹下のほの暗い草地で翅休め中だったのはアオスジアゲハ 。
周囲の暗さに紛れ込みそうでしたが、この蝶ならでは青緑色の斑紋だけがくっきり。
ひときわ鮮明に感じられました。
ルリシジミの翅休め
同じ様な環境下で目にしたのは、シジミチョウの一種・ルリシジミでした。
こちらもクールタッチな白い翅色が、暗い環境下で際立っていました。
この蝶の翅の美しさは、こんな場所でこそ鮮明に感じられるのかも知れません。
しかし蝶にとっては ”ここでじっとしていたんじゃお腹が空いちゃうのよ” かも・・
炎天下のクマバチ
強い陽射しもなんのその!・・炎天下の草地を忙しく飛び回っていたのがこれ。
いかにも暑苦しい体色のクマバチ(キムネクマバチ)でした。
ややしおれ気味のアカツメクサの花であろうとお構いなし。
独特のしがみつきポーズで吸蜜を繰り返していました。
凄いバイタリティ!・・日陰でひっそりの蝶達も少しは見習ったらどうかと・・
でも無理は禁物ですよね。今日も熱中症関連の報道が続々でした。

※7/21に都内で撮影

腹ばい錐の余地もなし2018/07/15 21:37

腹ばい錐の余地もなし
クヌギやコナラ等の幹から沁みだす樹液に群がる昆虫達。
そんな光景を目にするのも、今の時期の昆虫観察の楽しみです。
今日見たこれは今季最大級のラッシュ状態。噴出ポイントに群がる甲虫たちです。
色とりどりのカナブンやハナムグリ達が、ごく限られた噴出ポイントに殺到中でした。
正に立錐(りっすい)の余地もなし・・って言うか、腹ばい錐の余地もなしの状態。
幹上方に止まっているのは、これ又、樹液に目がない蝶・アカボシゴマダラでした。
甲虫達の迫力に気後れして、近づくのをためらっている様子。
樹液を求めるアカボシゴマダラ
しかし、いつまでもためらっていたら、樹液を吸い尽くされてしまいそう。
・・と言う事で、意を決して、甲虫集団の上にふわりと着地しました。
早速、黄色いストロー(口吻)を伸ばして、樹液吸いのチャレンジを開始。
でも予想以上に甲虫達のガードが固かったみたい。いくら探れどポイントヒットせず。
暫くチャレンジしていましたが、諦めて近くの草の葉に引き揚げてしまいました。
なお樹液大好き昆虫としては、あの乱暴者・スズメバチも筆頭格に挙げられます。
今日は姿を見かけなかったのですが、もしあいつがこの場に現れていたら?・・
少し違う展開になっていたかも知れません。その修羅場は次回に期待と言う事で・・

※7/15に都内で撮影

真夏モードに・・2018/07/01 21:10

真夏モードに・・
背丈を競う様に突きあがる夏草。草の繁みの奥からはキリギリスの声も響いて・・
梅雨明けの発表と共に、草むらの風景が一気に真夏モードに突入した感じです。
ヤブガラシで吸蜜するアオスジアゲハ
旺盛な繁茂力を見せるヤブガラシの花に来て吸蜜していたのは、アオスジアゲハ。
青緑色の斑紋が、夏の陽を浴びて一層の輝きを見せていました。
元気な花に、元気な蝶。この組み合わせも真夏を象徴する風景と言えそうです。
アイノカツオゾウムシ(推定)
元気いっぱいと言えるかどうか・・微妙だったのが、この鼻長昆虫でした。
ゾウムシの仲間・アイノカツオゾウムシと思われます。
細い草の茎を、ヨタヨタと、危なっかしい足取りで行ったり来たり・・
ぎこちない足取りだなぁと、ハラハラして見ていたら、案の定、ポロリと落下!・・
その瞬間、翅が開いてふわりと・・但し、大した飛翔距離じゃありませんでしたね。
こんなドジな奴に出会えるのも、昆虫の数が増えてきた事の恩恵です。
暑さ負けしない様に注意しながら観察を続けたいと思います。

※7/1に都内で撮影

やりますねぇ・・2018/06/30 21:29

やりますねぇ・・
樹木の幹から沁みだす樹液を求めて、各種甲虫が集まる時期に入りました。
樹液を出す木は限られており、どうしても争奪戦の様相を呈する事になります。
これはカナブンの仲間のそれ。激しい場所取り合戦に見えますが、まだマシな方。
樹液争奪戦
甲虫以外にも樹液を求める昆虫の種類は多い。
そんなのがやって来ると、争奪戦の様相がガラリと一変します。
これはその一例。甲虫の群れに割り込んだのは、猛者スズメバチでした。
言わずと知れた乱暴者。先客の甲虫に頭突きを食らわせて、そこどけって言う態度。
樹液を横取りするゴマダラチョウ
他の甲虫はスゴスゴと退散してしまいましたが、しぶとく居座る剛の者もあり。
さすがのスズメバチも、硬い殻を着た甲虫が相手だと思う様にはいかないか?・・
”こいつ頭にくるな!” って言う事で、背中に乗りかかってどかせようとしています。
この争いをチャンスと見て ”今の内に吸っちゃおう” とするチャッカリ者も登場!。
数ある蝶の中でも、樹液大好き度では名前の通った、ゴマダラチョウでした。
口吻を伸ばしてチューチュー。”お二人さん、いつ迄も喧嘩しててね”って言う感じ。
やりますねぇ、ゴマダラ君!・・

※6/30に都内で撮影

トロピカルな・・2018/06/25 21:06

トロピカルな・・
濃さを増す木々の緑の間を縫って飛ぶ、大きな黒い蝶。
木立の中の自然観察散歩では、以前から気になる存在でした。
でも、じっくり観察できる機会には中々恵まれず、ただただデカい蝶だなぁと・・
そんな難物が突然目の前にひらりと・・今日の暑さに飛び疲れての休憩だったのかも。
残念ながら、このアングルでは葉っぱに邪魔されて、その全容は確認出来ずでした。
しかし、トロピカルなと表現したくなる斑紋の美しさは、十分堪能できたかなと・・
この後、向こう側に回り込もうとする私の動きに気づいて、飛び去ってしまいました。
さて、次の出会いはいつになるやら・・
(ナガサキアゲハのメス)

※6/25に都内で撮影