北風さえおさまれば・・2024/03/09 14:48

北風がおさまれば・・
春めいた陽射しが降り注ぐ入江。さざ波がキラキラと輝いていました。
そのさざ波は、北から吹き付ける強目な風によるもの。
ひんやりとした冷気を含んでいて、肌にピリピリ。
待ち遠しい春の訪れ、まだまだ先かなぁと感じました。
満開状態のナノハナ畑
岸辺の斜面では、ナノハナが、満開状態になって輝いていました。
一足早く春本番を感じさせる光景。
これだけ見事に咲けば、蜜や花粉を求める蝶やハチなどの姿が・・
それを期待しましたが、今日のところは、さっぱりでした。
北風さえおさまれば・・それを望むのは、まだ気が早すぎる様ですね。

※3/9に都内で撮影

青空に映える若緑2024/03/03 14:57

青空に映える若緑
澄み切った青空に映えていたフレッシュグリーン。
春の訪れを真っ先に告げるヤナギの若芽です。
様々な樹木が冬の眠りから覚める頃。
先陣を切って開いたその姿に、思わず見とれてしまいました。
タテハチョウ登場
枯れ草が敷き詰められた草地で、タテハチョウに出会いました。
翅を開いて、陽射しの暖かさを少しでも多く享受しようとしていたみたい。
見応えのある蝶との出会い。いよいよ春の昆虫ステージが開幕ですね。

※3/3に都内で撮影

慌てる必要はないよ・・2024/02/20 14:37

慌てる必要はないよ・・
穏やかな陽射しが降り注ぐ草地。目にする昆虫達もイキイキとしていました。
オオイヌノフグリの花では、キタキチョウが吸蜜に没頭中。
花が、ぽろっともげない様に、丁寧なポーズでの吸蜜でした。
花の数がまだまだの今、大切な物を傷つけちゃいけないと言う心遣いですね。
ナナホシテントウ、採餌行動開始。
落ち葉を伝って、ナナホシテントウが、忙しく歩き回っていました。
野草達の大敵・アブラムシ退治のフェーズに入った様ですね。
一休み中のナナホシテントウ
でも、見ている限り、収穫の方はイマイチみたい。
陽当たりのいい葉上で、日向ぼっこを繰り返していました。
春はこれからが本番。そんなに慌てる必要はないよって言う事らしい。

※2/20に都内で撮影

待ち遠しい・・2024/02/09 12:26

待ち遠しい・・
寒さに負けない花・白梅が、元気な姿を見せていました。
その花に来て吸蜜に熱中していたのは、こちらも寒さに強い小鳥・メジロ。
まさにひとりじめ状態。吸い放題の贅沢気分を満喫している様子でした。
咲き始めたナノハナ
まだ本格的にではありませんが、ナノハナも開き始めました。
この姿から見て、試し咲きの段階でしょうか。
もう少し気温が上昇すれば、一斉に・・
その頃には、お似合いのパートナーとも言えるモンシロチョウの姿も・・
とても待ち遠しい。

※2/9に都内で撮影

咲いててよかった・・2023/12/26 17:01

咲いててよかった・・
事情により自然観察はお休み。昨日の撮影分から2画像を掲載します。
葉を散らし尽くした丸裸の木を多く目にする時期に入りました。
葉を付けている時には無理だった 素 の姿を確認出来るのも楽しみです。
この木は、ほぼ左右対称形。Xmasツリーに向いていたかも。
コセンダングサは貴重な蜜源
私の観察地では、多数派とも言えるコセンダングサの花。
その数もすっかり減ってしまいました。
この花の蜜が好物のウラナミシジミにとっては、厳しい時期に入った様ですね。
花を見つけるのに苦労している様子でした。
頑張って咲き続けてよ。そんな声を掛けたい気持ちでしょうね。

※12/25に都内で撮影