厳しいですね。2022/01/28 14:50

厳しいですね。
気温の低下を助長する感じの薄雲。今の時期を象徴する風景と言えそうです。
こんな空の下での自然観察では、手応えを期待する方が無理と言うもので・・
たぶん腹ぺこ状態のフタホシヒラタアブ
寒さに閉口して短時間での観察になりましたが、手応えはそれ相応どまりでした。
動く昆虫として確認出来たのは、僅かにこのフタホシヒラタアブだけ。
オオイヌノフグリの花を巡っての飛翔を続けていました。
しかし、どの花も、陽射しの弱さを受けて蜜の出がかんばしくない様子。
今日はダメだなぁと言う事で、枯れ草に止まって一休みの繰り返しでした。
今日はこのまま、腹ペコ状態で暮れてしまうかも・・
野鳥に食い荒らされたカマキリの卵のう
樹木の枝の付け根で目にしたハラビロカマキリの卵のうです。
角度によって状況が変わりますが、この方向からだと、ほじくり跡がはっきり。
冬越しをするカマキリの幼虫にとって最大の脅威・野鳥による攻撃の痕跡です。
安定感抜群の箇所に産み付けられていたのですが、逆にそれが仇になったみたい。
厳しいですね。

※1/28に都内で撮影

こんな日は・・2022/01/06 13:37

こんな日は・・
予報通り、昼前から東京都区部でも、細かい雪が降り始めました。
これは、12時55分に目にした窓外の光景。
あっと言う間に街路樹の枝や葉が白く雪化粧する程の激しい降り方でした。
この後の推移が大いに気になるところです。
街路樹も雪化粧
上の画像から約2時間半後に撮影した街路樹の様子です。
路面への積雪はありませんが、樹々の枝はすっかり雪化粧。
まだ降り止む気配が見られませんので、このまま夜へ?・・
それにしても、もろモノクロの風景ですね。
早咲きのウメの花
こんな日は家でじっといるのが得策と言う事で、撮影済み画像から三点。
まずは、早咲きをする木の花・ウメ。
まだ蕾の状態がほとんどなんですが、ここまで開花したものもボチボチと・・
春の訪れを感じると言うのには無理があるけれど、この姿には元気づけられます。
ロウバイの花開く
こちらも早起きをする花・ロウバイ。毎年ウメの花と先を争う様に開き始めます。
ウメの花と同じく、肉厚な花びらが特徴。
厳しい気象条件に耐えていくには、これくらいの頑丈さが必須なんでしょうね。
花壇の花で吸蜜するクロヒラタアブ
どちらの木の花でも、吸蜜を目的とした昆虫の来訪は確認出来ませんでした。
今その姿を目にしたいのなら、公園の花壇に目を向けるのが手っ取り早い。
一例がこれ。定番の吸蜜ポーズを見せるクロヒラタアブです。
この花壇では、これ以外にも数種のヒラタアブの仲間に出会えました。
寒さに強い昆虫の代表格は、この仲間で決まり!と言う事でしょうか。

※1/6と1/5及び1/4に都内で撮影

時の経過の無情を・・2022/01/04 15:16

時の経過の無情を・・
あっと言う間に過ぎ去った感じの正月三が日。
今日も天気の傾向は変わらず。澄み切った空の下、寒気が肌にピリピリの日中でした。
その雰囲気の象徴が葉を全て散らした落葉樹。寒風への対策が完了したんですね。
ボロボロに壊れたクモの網
いっぽうこちらは常緑低木・ナワシログミで目にした光景です。
ボロボロに壊れたクモの網。なぜ、私がこんな物に関心を寄せたのかと言うと・・
遅くまで生存していたジョロウグモ・雌
同じ網で、昨年暮れ・12月27日に目にした光景です。
ボロボロに壊れた網を直そうともせず、必死にしがみついていたジョロウグモの雌。
私的には、これ迄見かけた中でもっとも遅い時期まで目撃できた個体でした。
まさに驚異的な長寿命!。
しかし、さすがに時の経過に抗しきれず、フェードアウトに至った様です。
昆虫側に味方したい私ですが、時の経過の無情に、複雑な想いを抱きました。
吸蜜中のオオフタホシヒラタアブ
実力No1とも言える大型の蜘蛛がいなくなったのは、ある種昆虫にはもっけの幸い。
冬の間も活動するこれも、これからはノビノビと飛び回れるわ!って言う想いか・・
とは言え、花の数が極端に少なくなってしまうのが、この先の自然界の現実です。
その状況に耐えて冬を乗り越えられるか?。厳しい事には変わりないでしょうね。
(オオフタホシヒラタアブ)

※1/4と、昨年暮れ12/27に都内で撮影

今日も晴天!2022/01/03 15:11

今日も晴天!
東京の正月三が日、日中に限れば、これ以上望み様もない程の晴天に恵まれました。
その空を斜めに横切って行ったジェットライナー・787。
かなり高空を飛行している様で、ジェットエンジンの音が全く聞こえませんでした。
客席からの見晴らしも超クリアーだったでしょうね。羨ましい!。
見事に膨らんでいたスズメ
目を地上に移したら、陽射しは豊かなれど、寒さは超弩級だよを物語る光景が・・
丸裸になったサクラの枝に止まっていたスズメ。
羽根を大きく膨らませて寒さに耐えていました。いわゆる、ふくら雀ですね。
自前のダウンジャケットにくるまってヌクヌクという感じでしょうか。
寒いけど頑張ってね!と言う想いで見つめました。
日向ぼっこ中のオオハナアブ
もともと体形が太っちょのオオハナアブは、寒くてもヘッチャラさかな?。
しかし、食糧を求めて飛び回る事はせず、日向ぼっこに専念みたいでした。
咲く花の数も少ない今の時期、まさに今が踏ん張りどころと言う事かも・・
こちらも、頑張ってね!ですね。

※1/3に都内で撮影

やったね!シーンは・・2022/01/02 13:26

やったね!シーンは・・
東京では年明け2日目も、元旦同様、澄み切った青空に恵まれました。
その空を悠々と飛翔していたのはトンビ。
上空から獲物をウォッチして、あれだって言うのが見つかれば、降下してキャッチ!。
かなり優れた視力の持ち主の様ですね。
でも、そんなやったね!シーンは目撃出来ず。
厳しい寒さの為、地上に棲む獲物達の動きもさっぱりみたいでした。
アシナガバチ=タイガーカラー
ターゲットがさっぱりな状況を残念に思っていたのは、撮影者も同じ。
と言う事で、2022年・トラ年に因んだ昆虫画像を2枚。(昨年11月に撮影)
トラのそれに近い、黄色と黒のツートーンカラーを持つ大きなハチ。
攻撃性を持つアシナガバチです。
でも、こうして花からの吸蜜に夢中になっている間は大丈夫。
しかし、うっかり深追いし過ぎると、ブスッとやられる可能性も・・
アシナガバチのお尻=トラの顔?・・
花に潜り込んでいるのを幸いに、接近してのお尻ショットを一枚!。
アングリ口をあけたトラの顔の様に見えなくもないかなと・・
かなり無理なコジツケですよね。

※トンビは1/2に、ハチは2021/11/14に、ともに都内で撮影
※中段に載せたハチ画像は、2021/11/14の記事に掲載分の引用です。