謎の物体とは?・・2017/04/22 20:01

謎の物体とは?・・
今の時期の草むらで度々目にするのが、この水滴型の謎の物体です。
何となくウニョウニョ動き出しそうな雰囲気もありますが、触れても全く反応なし。
ここにもあった(ヒラタアブの仲間のサナギ)
ギシギシの葉っぱにもひとつ付いていました。
表面の模様は違いますが、形はほぼ同様の水滴型です。
さてその正体は?って言う事ですが、答えは今の時期の草むらの多数派に関係あり。
ヒメヒラタアブ吸蜜中
多数派の代表格のひとつがこれ。
咲き揃った野の花で度々目にする蜜大好き昆虫・ヒラタアブの仲間です。
あの水滴型の物体は、この種が成虫化する一歩手前のサナギだったと言う訳。
(花はハルジオン、昆虫はヒメヒラタアブと推定)
ヒメヒラタアブ、お腹いっぱい
サナギがあれだけ多いと言う事は、この先も続々と誕生する展開で間違いなし。
野の花にとっても、花粉媒介役として貴重な存在なので、大いに歓迎でしょうね。
で、孵化した成虫には、蜜をたっぷりプレゼントして歓迎の意を表する訳ですね。
このアブなんて蜜を吸いすぎて、お腹がプックリじゃないの・・

※4/22に都内で撮影

今季初顔合わせ2017/04/12 22:11

今季初顔合わせ
気温もぐーんと上昇し、春本番の雰囲気が草むらに濃厚に漂っていました。
そうとなれば、この場所のレギュラーメンバーとの今季初顔合わせも続々と・・
まずはかなりのコワモテ。今にも襲いかかろうと言う雰囲気させ感じられるこれは・・
フタモンアシナガバチ
黒と黄色の警戒色を身にまとったフタモンアシナガバチです。
アシナガバチの中では小形で、人を刺す危険は少ない様ですが、それでもこの色!。
レンズを近づけるのも、恐々って言う感じに、どうしてもなってしまいます。
マルカメムシとご対面
こちらとの顔合わせについては恐怖心ゼロ。ただし匂いには要注意ですけどね。
ルビー色の小さな垂れ目が可愛らしい(?)マルカメムシです。
マルカメムシ
平面図も一枚。
ころんとした超短縮形の体が特徴です。昆虫界の麦チョコ!。
成虫のまま集団で越冬する生態を持っていますが、今日のこれは単独行動。
春の暖かさに誘われて、そこいら散歩に、いざ出発となった様です。

※4/12に都内で撮影

恵みの花で・・2017/04/04 20:44

恵みの花で・・
春らしい陽気に包まれた草むらの主役といえば、なんと言ってもタンポポの花。
今年も数多くを確認できる時期に入りました。
快活な雰囲気が漂う姿を愛でるのもいいけれど、この花にはもう一つの注目点が・・
これはその一例。花の中心やや右側に確認出来る緑色の物体です。
”ははん、今年も始まったな” って言う事で、注目して見ると・・
ヤブキリ幼虫の食事風景
誕生後間もないヤブキリ(キリギリスの仲間)幼虫でした。
”この花好きやねん” って言う感じで、花にしがみついてムシャムシャ。
成長すると他の昆虫を襲って食べる獰猛な性格に変わりますが、今は草食性。
格好のベビーフードに恵まれて幸せいっぱいって言う感じでしょうか。
黄色い花に緑のワンポイントがぽつん。この先も多く目にする事になりそうです。
アシブトハナアブ
人気抜群の花には、見ごたえのあるデカブツも来訪します。
花芯に顔を突っ込んで食事に夢中だったのは、太っちょ体型のアシブトハナアブ。
美味しい蜜にありつけて満足満足って言う感じでしょうか。
いよいよ動き出した昆虫の世界。
恵みの花・タンポポの果たす役割はますますひろがって行きそうです。

※4/4に都内で撮影

今はノープロブレム2017/04/02 20:21

今はノープロブレム
春に咲く野の花がいよいよ本調子の咲き方を見せ始めました。
草むらの太陽とも言うべきタンポポも全開・・となれば当然の事ながら・・
蜜を求めるハナアブたちがひっきりなしに訪れていました。
これは細くて小さいヒラタアブの仲間。
林立するシベの口吻を押し当てて、ブッチュー!。
ハルジオンの花全開
これ迄は躊躇している様な開き方だったハルジオンも、今日は全開状態に・・
この花も、早春の蜜供給源としては、実に有難い存在。
待ってたんだヨォ・・って言う感じで、ブッチュー!。
(ナミホシヒラタアブ・推定)
蜘蛛の赤ちゃん
昆虫たちの動きが活発になれば、当然それを狙うハンターが登場するのが道理。
ただまだ幼体のものが多く、大物を捕らえる迄には至らずって言う感じ。
これは葉っぱの表面に薄い網を張って待機中のコクサグモ幼体。
網に付いた水滴との比較からも、いかに小さいかが分かります。
でもやがて赤ちゃん色の赤から擬態色に変身、体も大きくなって大人の蜘蛛に・・
それ迄には、もう少し時間がかかりそう。
花の蜜に夢中のアブたちにとっては、今のところはノープロブレム?・・

※4/2に都内で撮影

何ともじれったい2017/03/29 22:10

何ともじれったい
昨日に比べ更にレベルアップの気温上昇を感じた日。
これならばきっとと思って、出かけたサクラ並木ですが、状況はこの通り。
このショットでも花の姿は皆無。道行く人の関心も頭上には向かわずって言う感じ。
しかし、撮影者の義務として(??)、あたりをじっくり観察してみたら・・
サクラの開花状況
ほんの少数ですが、ここ迄開花準備の進んだ枝も確認出来ました。
花の体裁を見せているのは6輪だけ。後は咲きたくてウズウズって言う状態でした。
サクラの花に来たアブ
その枝に、翅を震わせて近づいて来たのは小さなハチ。
しかし蜜の出が良さそうな花を品定めするにも、”これじゃぁね” って言う気持ち?。
今日の様な気温がもう数日続けば、一気に花盛りとなる事は間違いなし。
蜜大好き昆虫たちにとっては、何ともじれったい日々が続いている様です。

※3/29に都内で撮影