相思相愛の光景を・・2020/03/29 19:11

相思相愛の光景を・・
伸び上がった茎の先で自信たっぷりに開いたタンポポの花。
春本番の到来を実感させられる光景です。
タンポポに花に潜り込むアブ
明るい黄色は昆虫達へのアピール度抜群。昆虫達の目に止まらぬ筈がありません。
と、言う事で、こんな??な光景を目にする事も度々。
倒立姿勢で花の奥まで体を突っ込んでいるのは、ヒラタアブの仲間と思われます。
これだけ深く潜り込むと、アブの体には花粉がびっしりと付着する筈。
花粉を媒介して欲しい花にとっては、実に望ましい状況でしょうね。
待ちわびた春が来たと、元気いっぱいに咲いた旬の花、そして食欲全開の昆虫達。
両者が織りなす相思相愛の光景を、この先たびたび目にする事になりそうです。

※本日撮影の画像ではありません(3/28と3/27に都内で撮影)

明るい黄色に惹かれて・・2020/03/26 21:32

明るい黄色に惹かれて・・
草むらに活気をもたらす花タンポポ。春本格化と共にその数を増やし始めました。
中には、こんなに賑やかな咲き方を見せるものも・・
陽射しを目一杯浴びようと、陣取り合戦を繰り広げている感じの花三輪。
そもそも、なんでこんなにくっついて開いちゃったの?と言う感じですが・・
タンポポで吸蜜するキタヒメヒラタアブ
どんな形にしろ、開きさえすれば、明るい黄色は昆虫達へのアピール力抜群!。
その色に惹かれて、吸蜜にやって来る昆虫の数、極めて多し。
これは常連客のひとつ・キタヒメヒラタアブ。
シベに口吻を差し向けて、丁寧な吸蜜をしていました。
しばらく観察しましたが、ひとところに留まって動く気配を全く見せず。
まさに至福の時を過ごしている感じでした。

※3/22と3/26に都内で撮影

サクラ咲く場所で・・2020/03/19 20:14

サクラ咲く場所で・・
春先の気象の特性上、仕方ないのかも知れませんが、日毎の気温変動がかなり激しい。
そんな事情もあり、開花したサクラも一気に花盛りと言う流れには至らず。
花の密度はそれなりですが、個々の花は、いまひとつパワフルさに欠ける印象でした。
巣作り中(?)のカラス
満開時には、花を愛でる人で賑わう筈の公園ですが、今日の所はひっそり。
これ幸いと樹下の草地に降り、我が物顔(?)で活動をしていたのが、このカラス。
口に咥えているのは、木の折れ枝でした。巣作りに利用するんでしょうね。
子育てに腐心する母親の愛情を感じる光景でした。
ナノハナで吸蜜するハチ
いっぽう昆虫達の動きは?と目を凝らしましたが、結果的にはまだまだ・・
しかし、ナノハナ咲く場所は例外。蜜を求める訪問客でそれなりに賑わっていました。
これはミツバチより小さなハチ。毛むくじゃらで花粉運搬効率は極めて高そうでした。
ナノハナとしては、待ってましたの訪問客でしょうね。

※3/19に都内で撮影

くせ者の花に来て・・2020/03/18 19:43

くせ者の花に来て・・
殺風景だった草むらに、野に咲く花の彩りが戻り始めています。
これは普通種のひとつ・ヒメオドリコソウの花。
大柄な葉っぱの隙間から、数個の花が遠慮気味に顔を覗かせます。
俯き加減に咲く為、蜜を求める昆虫にとっては、難易度の高い花と言えそうですが・・
ヒメオドリコソウの花とアブのツーショット
花にとまるヒラタアブのこの姿を見れば、そんな事ないよと言う事かも・・
でも、これ、吸蜜中の姿ではありません。
蜜を吸い終わって一休み。汚れた口吻をクリーニング中の一コマです。
で、直前の吸蜜はどの様にしていたかと言うと・・
ヒメオドリコソウで吸蜜するアブ
こう言うポーズをとっていました。
蜜源に向けて、いかにも窮屈そうな、さかさまポーズをとっての吸蜜でした。
頭に血がのぼりそうな気もしますが、人とは違い、その点は心配無用なのかも・・
サービス精神に欠ける花の様だけど、昆虫を惹きつける魅力に溢れている様です。
穏やかな春の野に咲く花にも、かなりくせものがいるんだなぁと感じた光景でした。

※本日撮影の画像ではありません(3/17に都内で撮影)

明日にでも・・2020/03/15 21:30

明日にでも・・
穏やかな晴天に恵まれた日。春の花も揃ってお目覚めかと期待したのですが今一歩。
これは、草むらで目にしたハルジオンの蕾。
開こうとする意欲は十分だけど、もうひとつ踏ん切りがつかない感じでした。
でも、ここまで来れば明日にでも・・
ソメイヨシノの蕾
野の花は既にスタンバイ完了。一方、人の期待を集める、例の枝に咲く花は?・・
既に開花宣言が発表された東京のソメイヨシノ。
私の観察地での現状は、ほぼこの通りでした。
これ以上膨らみ様がない程の肥満体の蕾が、枝にびっしり。
昨日の雨が、ちょっと邪魔をしてと言う事だった様です。
ソメイヨシノの花に止まるアブ
それでも、目を凝らしてみたら・・咲いていました!、貴重な一輪。
やや俯き加減だけど、ここまで開いた事を賞賛したい気持ちに・・
この日を待ちかねていたんでしょうね。早速小さなアブが花芯を目指してふわり・・
蜜を求めて飛び回るアブやハチの数、極めて多し。
それらの期待は、明日にでも叶えられそうな気がします。

※3/15に都内で撮影