出来るだけ先延ばしで・・2018/04/18 20:43

出来るだけ先延ばしで・・
樹々の若葉が目に眩しく映える時期に入りました。
多少の行きつ戻りつはあるものの、季節は順当な歩みを続けている様です。
いよいよこの先は、風薫る爽やかな日々の連続と思えるのですが・・
動き出した季節は、人が思うよりも更に速いスピードで進んでいるみたい。
それを実感させられたのがこれ。若い葉の中央部に姿を現したアジサイの蕾でした。
小さな粒々がびっしり。満開になった時の様子を想像させる様なその姿。
風薫る頃の先には、鬱陶しい雨の季節が控えている事を予告している感じでした。
確かにその通りだけど、君の花見頃は出来るだけ先延ばしの方がいいよ・・
ムシヒキアブ
そんなアジサイの葉の一枚に止まっていた、見るからに恐ろしい姿の昆虫。
他の昆虫を捕らえ、口吻を突き刺して体液を吸い取ってしまうムシヒキアブでした。
凶暴性と言う点ではトップクラスに位置するワルでしょうね。
昆虫の種類・数が順調に増えつつある今に合わせて、勇躍登場となった様です。
この先どれだけ多数の昆虫が餌食になる事やら。
自然の摂理だから致し方ないけれど・・

※4/18に都内で撮影

平田家は大忙し2018/04/17 19:41

平田家は大忙し
卯の花の咲く頃には少し早い気がしますが、タニウツギの蕾が続々と開き始めました。
新緑に良く映える紅色。蜜を求める昆虫達の目に止まらない筈がありません。
やって来ていたのは、背中のストライプ模様がくっきりのホソヒラタアブ。
この姿勢をずーっと保ったまま、吸蜜に夢中でした。
ミナミヒラタアブ
これは、昨日、チューリップの花壇で見た光景です。
タニウツギの花にいたのに比べると、大分小さいし背中の模様もやや異なります。
小さくて可愛らしいから、姫と言う表現を当てはめて、ミナミヒメヒラタアブ。
いずれにしても、花の蜜に目がないヒラタアブの仲間である事に違いありません。
一斉に花開く時期を迎え、平田家は今まさに大忙し。
”ほんと、いい季節がやって来たなぁ” って言う感じでしょうか。

※4/17と4/16に都内で撮影

春ですね2018/04/10 20:18

春ですね
穏やかに晴れ渡った空、浮かぶ雲も春らしい優しげな雰囲気を漂わせていました。
そんな空に少しでも近づこうとしているのでしょうか。
ヘラオオバコも背伸びをしてユラユラ・・
眺めていると何か眠気を誘われる様な・・すっかり春ですね。
カタバミに止まるヤマトシジミ
こんな日は草むらの住人(?)たちもご機嫌。
ヤマトシジミはお気に入りの花・カタバミに来て吸蜜をしていました。
カタバミは、この蝶の産卵、誕生、生育を手助けした野草です。
”やっぱり生まれ故郷はいいね” って言う事みたい。
幼虫に葉をバリバリ食われるカタバミの気持ちは?・・かなり微妙かなぁ・・
ホソヒメヒラタアブ
花に来るアブたちも今日は大忙し。
吸蜜の合間には、草の葉に止まって一休み 兼 日光浴を楽しんでいました。
これはホソヒメヒラタアブ。休憩中は、吸蜜作業で汚れた体の清掃にも余念なし。
これは、前脚を使って、大きな複眼の清掃を済ませた瞬間のショットです。
前脚を擦り合わせるのが最終工程って言う訳。
前脚は車の場合のワイパーにあたる大切な部位。いつも綺麗にしておかないと・・

※4/10に都内で撮影

どなたの落し物?2018/04/02 21:05

どなたの落し物?
サクラの花とともに、後戻りしない本当の春がやって来た様です。
穏やかな陽射しのもと、草むらにもそんなほんわかムードが漂い始めました。
春は恋の季節と言う事で、こんなシーンも・・
そんな危なっかしい場所でなくてもと思いますが、愛があればって言う事ですね。
(ナナホシテントウの交尾)
複眼清掃中のヒラタアブ
ヒラタアブは春の花での吸蜜に大忙し。その合間をみてはこんな姿勢で一休み。
注目点は前脚の動作。大きな複眼をスリスリしていました。
花に潜り込んでの吸蜜なので、複眼に花粉が付いて視界が悪くなる事が度々。
で、この様に、前脚をワイパーにして掃除する必要があるって言うわけ。
面倒だけど、蜜探しに苦労していた時期の事を思えば、何でもないや・・
草むらに落ちていた羽根
同じ草むらで、こんな落し物を見つけました。
どなたの落し物かは判りませんが、繊細な美しさに、早速指で摘んで一枚!。
野鳥も厚着の冬姿から身軽な夏姿に衣替えを始めた様で、これはその結果らしい。
この手の落し物探しも、この先の草むら散歩での楽しみとなりそうです。

※4/2に都内で撮影

しめしめ、いいヤツが・・2018/03/30 20:38

しめしめ、いいヤツが・・
これ迄は花開いても来客の数はいま一つだったタンポポですが、だいぶ様変わり。
蜜を求めてやってくる昆虫の数、極めて多しと言う状況になって来ました。
これは、シジミチョウの仲間・ヤマトシジミの吸蜜です。
長い口吻(ストロー)を花の中に差し込んで、美味しそうに(?)チューチュー。
何の不自然さも感じない、良く見慣れた春の野の風景なんですが・・
タンポポで吸蜜するアリ
蜜を求めてタンポポを訪れるのは、もちろん蝶だけではありません。
良く見かけるのがこれ、花の上をちょこまか動き回る小さなアリです。
でも、この場合は蝶に比べて、何とも窮屈そうな体勢になっていますね。
びっしり並んだ花びらの中に顔を突っ込んで、蜜のありかを探っている感じ。
蜜を出す蜜腺は、どうやら花びらの奥の方に潜んでいるみたい。
蝶は長い口吻を蜜源に差し向ければいいけれど、それを持たない昆虫は・・
このアリの様に、花に潜り込む食事スタイルをとるしかない様です。
タンポポで吸蜜するハチ
このハチの場合も然り。花に頭を突っ込んで、今まさに吸蜜中のワンシーンです。
注目点は体に付いた黄色い粒々。体表面に生えた繊毛に付着した花粉です。
タンポポにとって、昆虫に期待するのは、繁殖の為に必要な花粉の媒介役。
このハチはアリに比べて体も大きいし、運んでくれる花粉の量も桁違いに多そう。
タンポポは、”しめしめ、いいヤツがやって来た” って言う気持ちでしょうか。
こんな平和な共存関係を目にする様になったのも、春本番到来の証しと言えそうです。

※3/30に都内で撮影