血筋は争えず・・2021/01/20 21:29

血筋は争えず・・
草むらの色もいまや褐色系が主流。カラカラに乾いた無機質な世界が拡がっています。
これはこれで趣きのある眺めと言えるかも知れないけれど・・
昆虫観察にとっては、殆ど成果を期待出来ない厳しい状況です。
(エノコログサ)
ハエが手を擦り・・
そんな状況下、ごく限られた範囲ですが、緑の草が点在する箇所もあります。
そしてそこには、少数ながら、寒さに負けず頑張っている昆虫の姿が・・
これは超小型のハエ。草の葉の表面組織と比較しても、その小ささが歴然です。
でも、やっているポーズは前脚(手)を揃えてスリスリ。
こんなに小さくてもやるんだなぁと・・
やはり血筋は争えずと言う事なんですね。なんかほっとしました。

※1/20に都内で撮影

春よ来い2021/01/18 20:13

春よ来い
昨日の曇天から一変、陽射しの暖かさにほっと一息つけた日中でした。
空に浮かぶ雲も、冬のそれとはかなり違う雰囲気。
”春よ来い” と手招きしている坊やの様にも見えたのですが・・
緑の草がんばる
草むらではこんな様子を目にする事が出来ました。
覆いかぶさる枯れ草に負けまいと、頑張る緑の草。
形勢の逆転は、まだまだ先の事でしょうが、何となくそんな気がして一枚!・・
日向ぼっこ中のハエ
寒さの多少のゆるみでは、息を潜めている昆虫への力づけにはならないみたい。
今日目にしたのは、小さなハエの仲間達だけ。
その様子も、この様に陽当たりのいい場所を選んでの日向ぼっこばかりでした。
まだまだですね。

※1/18に都内で撮影

落葉樹の樹下で・・2021/01/05 18:25

落葉樹の樹下で・・
大きな落葉樹の樹下の今の様子です。
自らが散らした落ち葉が、下草の緑を覆い隠すほど大量に降り積もっていました。
身軽になって厳しい寒さの冬を乗り越える。落葉樹の生活パターンがこの冬も・・
日向ぼっこ中のハエ
降り積もった落ち葉は、成虫で越冬する昆虫にとっては、絶好の日向ぼっこ場所です。
それを実践していたのがハエ。ボケていますが奥にも止まっていますので、計2匹。
曇りのち晴れ・・ほぼ同じポーズで、戻って来た陽射しの暖かさを享受していました。
息絶えていたカメムシ幼虫
黒っぽい体色のカメムシも同様と言う感じですが、事態を確認したら大違い。
指で触れて見ても全く動きません。既に息絶えて乾きかけた個体でした。
背中の翅が未熟な事から見て、成虫になりきれなかった幼虫と判断しました。
食糧である葉に張り付いたまま樹下に落ちた。何ともやりきれない成り行きだなと・・

※1/5に都内で撮影

例年より早く?・・2021/01/02 19:10

例年より早く?・・
都内からでも雪を頂いた富士山の姿を遠望出来る。
空気が澄み切った今の時期ならではの特典でしょうね。
池に張ったシャープな氷
観察地の池に張る氷もいよいよ本格的になって来ました。
水草の枯れ茎の根本から、放射状のシャープな線がきりりと・・
朝方の冷え込みがかなりの物だった事を物語っていました。
やっと出会えた小さなハエ
さて、お目当ての昆虫の姿は?と言うと・・
僅かに手応えを感じたものと言えば、葉上で日向ぼっこをしていた小さなハエだけ。
この冬は、閑散期が、例年より早く訪れた様にも感じられるのですが・・

※1/2に都内で撮影

いよいよ冬本番2020/12/30 19:52

いよいよ冬本番
冷たい雨も昼頃にあがりましたが、気温の方は低めをキープしたまま。
明日以降は好天続きの予報ですが、気温の著しいアップは望めそうにないかも・・
いよいよ冬本番ですね。
白梅に止まるツマグロキンバエ
そんな中、少数ながら白梅の開花を確認出来ました。
この寒さの中、よくぞ!・・そう声をかけてあげたい気持ちになりました。
花びらに止まって甘い蜜を物色中だったのは、ツマグロキンバエ。
冬の間も、ちょくちょく目にする耐寒性抜群のハエ。
厳しい時期に入った筈ですが、食糧のありかはバッチリ把握済みの様です。
綿にくるまった蜘蛛の卵のう
ユキヤナギの小枝で不思議な物体を目にしました。
枝にしっかりくくりつけられた白い綿状の塊。蜘蛛の卵のうと思われます。
この膨らみ具合から見て、誕生を待つ幼い生命がたくさん眠っている筈。
綿にくるまってヌクヌク。中はとても居心地がいい状況でしょうね。
昆虫たちにとっての恐るべき宿敵。その位置付けは、来シーズンも不動の様です。
(フクログモの卵のうと推定)

※12/30に都内で撮影