目立つ目立たない2018/03/06 20:15

目立つ目立たない
”花もいいけど、蕾もね” って言う感じ。低木・ボケの蕾が大きく膨らんでいました。
ちょっぴり桃を思わせるチャーミングさで、目立ち度抜群。
さてこの蕾が割れて紅色の花がデビューするのは?・・もう秒読み段階かも・・
ナズナ(ペンペングサ)の花
蕾の時から目を惹くボケの花。一方こちらは、咲いても目立ち度はミニマムな花。
今の野で目を凝らして見ると結構な数を確認出来るナズナ(ペンペングサ)です。
一番先端にまとまって付いている白いのが花。三味線のバチみたいな三角形が果実。
何とも頼りない姿。しかし強い春風に吹かれても持ちこたえる強靭さを持っています。
野に咲く花はこれ位のしたたかさを持っていないとダメなのかも知れません。
花粉を運んでくれる小さな昆虫の目にとまりさえすれば、それでいいのさって・・
タンポポに止まる小さなハエ
しかし、どの野の花も、揃ってナズナの生き方にならっている訳ではありません。
タンポポなんて、目立ち度抜群の黄色で昆虫へのアピールに力を入れています。
これはその一例。まだ開く途中の段階ですが、早くも来客の姿を確認できました。
画像中央やや左に止まっている小さなハエ。形より色に惹かれてやって来た様です。
”早く開いて、蜜を吸わせてよ” って・・

※3/6に都内で撮影

見かけによらない2018/02/24 19:26

見かけによらない
ぽかぽか陽気一歩手前と言う感じで、数日続いた寒さが少し緩んだ日。
早春の野に咲く花・オオイヌノフグリの花色も、濃さを増して鮮やかでした。
これまでの遠慮気味の咲き方とは正反対。フルオープンでお日様パワーを享受中。
と言う事になれば、当然・・
オオイヌノフグリの花とホソヒラタアブ
元気な花は蜜の出もたっぷり。それを見逃す筈もない昆虫達の動きが活発でした。
中でも多く見られたのが、小型のハナアブ・ホソヒラタアブでした。
飛びながら蜜の出の良し悪しを品定め。これだと決まったら、即吸蜜開始です。
吸蜜中のホソヒラタアブ
至福のときを過ごす表情(?)を正面からアップで・・
花としては、蜜を吸わせてあげるから、他の花に花粉を沢山運んで行ってねの筈。
このアブも、口元や複眼に白い花粉を若干付けていますね。
でも、この程度じゃ、花の要望に十分応えられていないかなぁ・・
ツマグロキンバエ
こちらは、吸蜜を終えて一休み中のツマグロキンバエです。
体全体に繊毛がびっしりですので、花粉の付着は極めて良好の様でした。
花としては、シメシメ・・
無骨な姿で、可憐な花には不似合いと感じるけど、役立ち度は相当な物かも・・
虫は見かけによらないの一例かも知れません。

※2/24に都内で撮影

最強と言っておこう2018/01/27 20:04

最強と言っておこう
池の畔には雪の名残が依然それなりの深さで・・そして池には薄氷が張ったまま。
降雪後初めて訪れた観察地で、昼過ぎに見た光景です。
こんな光景を作り出す寒気もそろそろピーク越えと言われていますが、果たして?・・
オオカマキリの卵のう
気がかりは、ここを住処とする昆虫たちの、降雪後の安否状況でした。
まず注目したのは、各所に産み落とされたカマキリの仲間の卵のうです。
これは、ユキヤナギの植え込みで多数目にするオオカマキリの卵のう。
結論的には、雪の影響を全く感じさせず、すべて安泰でした。
細くて柔軟性に富むユキヤナギの枝は、雪の重みで折れてしまう事もなし。
親虫の産卵場所選びはズバリ的中でしたね。
寒さに強いハエの仲間
カマキリの卵のうは黙して動かず。いっぽうライブで活動中の昆虫たちは?・・
さすがに、この寒さの中で、それを目にするのは相当に難しい。
しかし目を凝らせばって言う事で、何とか見つけたのがこれ。
常緑樹の葉に止まるマイクロサイズのハエでした。
今の時期、餌にも事欠くと思えるけど、ばっちり現役続行中!。
底力の凄さは相当なものですね。とりあえず、ハエの仲間 最強と言っておこう。

※1/27に都内で撮影

日の短さに・・2017/12/01 20:47

日の短さに・・
林床にひっそりと咲くツワブキの花。花が少ない今の時期に出会える貴重な彩りです。
見方によっては、冬に咲くヒマワリって言う趣も・・大分物静かですけどね。
ツワブキの花芯に止まる
花が開けば、蜜を求める昆虫の姿が・・なんですが、流石に今の時期は期待薄。
今日見かけたのは、花芯に止まるこの小さなハエ(アブ?)だけでした。
冷え込みが増す中、活動を続けられるのはこの種のミニ昆虫に限られるんでしょうか。
いよいよ、良く目を凝らさないと・・って言う時期に入った様です。
早く傾く陽
ツワブキの群落で観察を続けていたら、早くも陽が大きく西に傾き始めました。
冬姿に変身済みの木立が背後からの光を受け、シルエットで浮かび上がりました。
師走特有の気ぜわしさは、こんな日の短さに急かされるせいもあるんでしょうか。
少なくとも、のんびり気分の自然観察は無理っぽくなって来ましたね。

※12/1に都内で撮影

秋のヒマワリで・・2017/09/23 20:37

秋のヒマワリで・・
秋の野に咲く花といえば、淑やかで物静かって言うイメージですが、これは違います。
黄色い大輪の花を咲かせるキクイモ。
秋に咲くヒマワリと言われる通り、陽性なイメージで秋の野を明るく彩ります。
これだけ目立てばアピール効果は抜群。多くの昆虫を惹きつけてやみません。
この画像では2匹が吸蜜中。左がツマグロキンバエ、右がキタヒメヒラタアブです。
どちらも花の蜜が大好物。まさに至福の時来たるって言う心境でしょうか。
イチモンジセセリの吸蜜
黄色い花粉を顔面にいっぱい付けて吸蜜をしていたのは、イチモンジセセリでした。
長い口吻(ストロー)を蜜源に差し向けて、チューチュー。
この花が咲くのを心待ちにしていたんだよぉ・・って言う表情かな。
ハナグモ
しかし、自然界の厳しい鉄則はこの花にも適用されます。
蜜に惹かれてやってくる昆虫を待ち受ける隠密の姿も確認できました。
長い脚を広げて、さぁ、いつでもいらっしゃい状態だったのは、緑色のハナグモ。
こちらも、この花が開くのを心待ちにしていたんでしょうね。
でも、得意のハンティングスキルを駆使するのは、適度にね・・
食い荒らされたキクイモの花
この花を訪れる昆虫の殆どは、シベから出る蜜を求めてと言う事で間違いなし。
しかし、そればかりではない事を証明するシーンがこれ。
こんな風に、見事に破壊された花びらを、目にする事も度々です。
こんなひどい事をしでかした犯人(?)は?・・
今日の所は、犯行現場をおさえる事は出来ませんでしたが、近い内にきっと・・
それにしても、ひどい事をするもんだなぁ、ボロボロだよ・・

※9/23に都内で撮影