日陰に逃げ込む2018/07/21 20:24

日陰に逃げ込む
強すぎる陽射しは、真夏を生きる昆虫達にとっても過酷な仕打ちとなっている様です。
普段は活発に飛び回る蝶も、日陰に逃げ込んでひっそりの光景を多く目にしました。
樹下のほの暗い草地で翅休め中だったのはアオスジアゲハ 。
周囲の暗さに紛れ込みそうでしたが、この蝶ならでは青緑色の斑紋だけがくっきり。
ひときわ鮮明に感じられました。
ルリシジミの翅休め
同じ様な環境下で目にしたのは、シジミチョウの一種・ルリシジミでした。
こちらもクールタッチな白い翅色が、暗い環境下で際立っていました。
この蝶の翅の美しさは、こんな場所でこそ鮮明に感じられるのかも知れません。
しかし蝶にとっては ”ここでじっとしていたんじゃお腹が空いちゃうのよ” かも・・
炎天下のクマバチ
強い陽射しもなんのその!・・炎天下の草地を忙しく飛び回っていたのがこれ。
いかにも暑苦しい体色のクマバチ(キムネクマバチ)でした。
ややしおれ気味のアカツメクサの花であろうとお構いなし。
独特のしがみつきポーズで吸蜜を繰り返していました。
凄いバイタリティ!・・日陰でひっそりの蝶達も少しは見習ったらどうかと・・
でも無理は禁物ですよね。今日も熱中症関連の報道が続々でした。

※7/21に都内で撮影

真夏モードに・・2018/07/01 21:10

真夏モードに・・
背丈を競う様に突きあがる夏草。草の繁みの奥からはキリギリスの声も響いて・・
梅雨明けの発表と共に、草むらの風景が一気に真夏モードに突入した感じです。
ヤブガラシで吸蜜するアオスジアゲハ
旺盛な繁茂力を見せるヤブガラシの花に来て吸蜜していたのは、アオスジアゲハ。
青緑色の斑紋が、夏の陽を浴びて一層の輝きを見せていました。
元気な花に、元気な蝶。この組み合わせも真夏を象徴する風景と言えそうです。
アイノカツオゾウムシ(推定)
元気いっぱいと言えるかどうか・・微妙だったのが、この鼻長昆虫でした。
ゾウムシの仲間・アイノカツオゾウムシと思われます。
細い草の茎を、ヨタヨタと、危なっかしい足取りで行ったり来たり・・
ぎこちない足取りだなぁと、ハラハラして見ていたら、案の定、ポロリと落下!・・
その瞬間、翅が開いてふわりと・・但し、大した飛翔距離じゃありませんでしたね。
こんなドジな奴に出会えるのも、昆虫の数が増えてきた事の恩恵です。
暑さ負けしない様に注意しながら観察を続けたいと思います。

※7/1に都内で撮影

梅雨時の風物詩2018/06/18 21:49

梅雨時の風物詩
しきりに鳴き交わすさえずりに気づいて、見上げた先は電線でした。
”電線にスズメが三羽とまってさ” ではなくて、三羽のツバメでした。
梅雨時になると決まって姿を現わす、南方からの渡り鳥。
こうして羽休めで一服した後は、空中をさまよう昆虫の捕食に再び飛び立つ筈。
その飛翔速度は猛速。数を増した昆虫達にとっては、恐るべきハンターの出現ですね。
今年もカレンダーどおりの登場。季節の歯車が正確に回転している事を実感しました。
ヒルザキツキミソウにいたアリ
ツバメは梅雨時の今を象徴する野鳥。
一方このヒルザキツキミソウは、野に咲く、梅雨時の風物詩と言えるでしょうか。
淡いピンク色が、鬱陶しい今の時期の空気の中では一際爽やかに感じられます。
今年も綺麗に咲いたなぁと見つめたら、黒っぽいオマケが付いていました。
花芯に近づく小さなアリ。湧き出る甘い蜜を吸おうと言う魂胆の様でした。
それにしても、季節を問わず良く働きますね。まさに皆勤賞もんだなぁ・・

※6/17と6/18に都内で撮影

降り続いた雨に・・2018/06/11 20:23

降り続いた雨に・・
沖合を通過した台風の影響による雨が降り続いた一日。
いかにも梅雨時らしい光景を、そこここで目にする事が出来ました。
草木に宿る水滴の輝き。伸び盛りの植物にとって、正に恵みの雨となった様です。
コアオハナムグリの雨宿り
旬の花・ガクアジサイの彩りも一層の冴えを見せていました。
そんな一株に、ちょっと違和感を感じる色合いの物体が・・
近づいて見たら、これ。水滴を背中に沢山背負ったコアオハナムグリでした。
硬い殻を纏っていても雨に濡れるのは苦手。こうして固まっているしかないみたい。
花をムシャムシャ食いする通常の姿に戻るのは、明日以降になりそうでした。

※6/11に都内で撮影

愛のハートマークが・・2018/06/07 20:59

愛のハートマークが・・
梅雨入りの発表があった日の翌日は、本当にそうだったの?って思わせる様な晴天。
雨が似合う花・アジサイも、強い陽射しを浴びて今ひとつ情緒に欠ける感じでした。
花としても、こんな筈じゃなかったのにって、戸惑っていたかも・・
水滴にぼんやりと・・
それでも、昨日の雨の名残を所々で目にする事が出来ました。
草の葉にとどまっていた、雨滴の塊もそのひとつ。
どうって言う事もない光景ですが、良く目を凝らすと、こんな面白い現象も・・
水滴の表面に、愛のハートマークがぼんやり浮かんでいました。
どうしてこう見えたのかは判りませんが、何となく幸せな気分に・・
ナミテントウ猛食中
雨空の下ではさっぱりだった昆虫達の活動も、明るい陽射しを浴びて再開です。
これは、ヒメジョオンの花にいたナミテントウ。
同じく活動を再開したアブラムシの退治に大忙しと言う感じでした。
梅雨の晴れ間は、まさに食い溜めのチャンスなんでしょうね。

※6/7に都内で撮影