油断は厳禁!2020/09/21 20:12

油断は厳禁!
ギラギラと灼きつく様な夏の陽射しは似合いそうもない花・ツユクサ。
樹下の草地でひっそりと開き始めていました。
それぞれの季節にはそれぞれの雰囲気に合う野の花あり。これもその典型ですね。
オオカマキリ成虫
秋は静かに深まっていく・・とばかりは言えない所が昆虫世界の多様さです。
月日を経て成熟したハンター達が、その実力を発揮して狩りに精を出し始めています。
これはクズの葉上で目にしたオオカマキリ成虫。
脚の踏ん張りもバッチリ!・・獲物が目前に現れれば即ジャンプしてゲット!。
この体格から察するに、既に犠牲になった昆虫の数も多しと思われます。
翅休め中のアカボシゴマダラ
ギラつかない陽射しを受け、葉上でゆったりと翅休めをするアカボシゴマダラ。
でも油断は厳禁!。背後から名打てのハンターが迫っているかも知れませんからね。

※9/21に都内で撮影

そうそううまくは・・2020/09/20 20:30

そうそううまくは・・
花壇の花にイチモンジセセリが多数吸蜜にやって来ていました。
単独行動もありますが、よく見かけたのが、この様なカップル接近の構図でした。
上方大きいのが雌、下方小さいのが雄。
吸蜜に夢中な雌、一方雄の関心事はもっぱら雌のお尻の様です。
イチモンジセセリの求愛行動
雄はとうとう雌のお尻に向けて顔を突っ込んでしまいました。
これは、この蝶の雄がよく見せる求愛行動と言われています。
ストレート過ぎるよなぁと思いますが、こう迄しないと雌の関心をひけないのかも。
で、このカップルのケースは、雌は吸蜜終了後、つれなく飛び去ってしまいました。
そうそううまくは行かない様ですね。
(花はランタナ)

※9/20に都内で撮影

天高くの季節に・・2020/09/18 19:50

天高くの季節に・・
”天高く” の季節に入った事を実感させる爽やかな空がひろがりました。
浮かぶ雲も変化に富んでおり、見飽きる事がありません。
さらにこんな日は、人工的な雲(画像左端近く)も出現するので、目が離せません。
飛行機雲一直線!
青空を切り裂く様に、くっきりとした航跡を描く飛行機雲。
これも、秋から冬にかけての風物詩と言えそうです。
双発のジェットエンジンは快調。西の方角に向けて一直線に進んで行きました。
ナミアゲハの吸蜜風景
地上に目を移せば、ナミアゲハのせわしない吸蜜風景が・・
ぷっくり膨らんだお腹は、食欲の秋来るを告げている様に感じました。
(花はランタナ)

※9/18に都内で撮影

無事を祈るばかり2020/09/12 23:13

無事を祈るばかり
ヒマワリは枯れてしまったし、今が旬の花と言えば一体何なんだろうと戸惑う頃。
そんな季節の変わり目に、薄紅色の花を咲かせていたのはキョウチクトウでした。
しなやかな花びらを持つお淑やかな花ですが、要警戒!。
かなり有毒成分を持っているらしい。
キョウチクトウの花に来たアリ
虫も警戒して近づかないのかと思ったけど、さにあらず。
小さなアリがやって来て、花びらの上をウロウロし始めました。
食料にありつけそうな場所には、必ずと言っていい位に出没する貪欲派。
君子危うきに近寄らずって言う格言が通用するかは大いに疑問でした。
ただただ無事を祈るばかり。

※9/10に都内で撮影

せわしない昼下がり2020/09/07 20:55

せわしない昼下がり
遠くを通過中の大型台風の影響でしょうか。不安定な空がひろがりました。
霧雨状の細かい雨を降らせる雲が次々と湧き上がる、せわしない昼下がりでした。
ナミアゲハの吸蜜風景
雨の止み間をついて、花壇の花に来て忙しく吸蜜を繰り返していたのはナミアゲハ。
どこにも傷みの見られない翅は、成虫デビュー後間もない事の証でしょうか。
ランタナの花に止まるコアオハナムグリ
硬い殻をまとっているから、多少の雨は気にしない。
そんな感じで花に止まっていたのは、小型の甲虫・コアオハナムグリ。
小粒なランタナの花にジャストフィットな組み合わせと感じました。

※9/7に都内で撮影