真逆な雰囲気を・・2021/01/23 15:24

真逆な雰囲気を・・
すかっと晴れれば気分も爽快に、しかし重苦しい雨空は真逆な雰囲気を漂わせます。
今日は、ほぼ予報通り、そんな空に覆われた一日になってしまいました。
こんな空が明日も続きそう。状況次第では、都内でも雪が降る可能性があるとか・・
それだけは勘弁して欲しいところなんですが・・果たして?・・
明るい褐色に染まる草むら
これは、穏やかな晴天がひろがったきのう目にした草むらの光景です。
季節が進み、一面のみどり転じて、明るい褐色への変貌が完了していました。
これはこれで華やかと目に映るけど、雨空の下では全く違う雰囲気だった筈。
写欲がまったく湧かない眺めになっていた事でしょうね。
晴天下のヒラタアブ
これも昨日撮影した中の一枚。
花壇の花に来て、吸蜜をするヒラタアブの仲間です。
冴えない空の下では、花もこの様にサービス満点度で開いてはくれないだろうし・・
今日は、一体どこに潜んで雨宿りをしていたのやら・・

※1/23と1/22に都内で撮影

寒気がやや緩んで・・2021/01/22 18:13

寒気がやや緩んで・・
うっすらかすみが掛かった青空が拡がり、張りつめていた寒気がやや緩んだ感じ。
ここのところの寒さに縮こまっていた身には、なによりの恵みと感じられました。
スズメ達も・・と言いたい所ですが、そう言う訳でも・・
この通りぷっくり。防寒体勢のふくら雀状態は相変わらずでした。
長い間この体勢で過ごして来たので、そうやすやすとはチェンジ出来ない様ですね。
一輪だけ開いていたユキヤナギの花
植物の方が、気温の変化に敏感なのかも・・そう思えたのがこの光景。
びっしり花芽を付けたユキヤナギの枝。一輪だけですが、白い花が開いていました。
偉大なるパイオニアと言ったところ。でも、さすがにちょっと早過ぎだと思うけど・・
クヌギエダイガフシ(虫こぶ)
クヌギの枝で目にした物騒な形の虫こぶ。
クヌギエダイガタマバチ(蜂)の幼虫が潜むクヌギエダイガフシです。
やがてこの殻を割って成虫が誕生する筈。
寒気の緩みを受けて今日にも・・と言う事はさすがにないでしょうね。

※1/22に都内で撮影

既に春本番?・・2021/01/21 20:32

既に春本番?・・
これ以上身軽になりようもない程にスリムな姿で空に突き上がる落葉樹。
こんな風景を見る限り、春の訪れはまだずーっと先の様に思えるのですが・・
一輪だけ開いていたアカツメクサの花
視線を足元に落としてみたら、そうとばかりは言えないかなと・・
超遠慮気味ですが、ピンク色の蕾が開き掛けていたアカツメクサの花。
辺りをどう見回してみても、この一輪しか確認出来ませんでした。
まさに偉大な先駆者と言ったところでしょうか。
元気に動き回っていたアリ
こちらは、全季節対応可能な働きアリ。
今日も複数が、枯れ草が拡がる場所で、忙しく動き回っていました。
今の時期は食糧探しにも苦労が多いのでしょうが、そんな状況、何するものぞ!・・
アリの世界は既に春本番なんでしょうね。その勤勉さにはほとほと感心させられます。

※1/21と1/20に都内で撮影

寒さにブルブル2021/01/07 18:21

寒さにブルブル
陽射しは豊かでしたが、肌を突き刺す寒さにブルブル。強い風に閉口した日中でした。
タンポポも地上ほぼゼロセンチ。でもここまで開いた事をほめてやるべきでしょうね。
ウスモンミドリカスミカメ
こちらの黄色は、冬の間も花開く寒さに強い花・ユリオプスデージー。
花壇に咲くその花にとまる姿をちょくちょく目にするのがこれ。
カメムシの仲間・ウスモンミドリカスミカメです。
掴み所のないその姿。この手の存在感が希薄な物ほど寒さへの耐性が強いのかも・・
昆虫の世界も、いまひとつ感覚的なズレがありますね。

※1/7に都内で撮影

いざとなったら・・2021/01/01 19:27

いざとなったら・・
願ってもない程の穏やかな晴天に恵まれた2021年元旦。
冬の間も活動を続けるアブ達にとっては、絶好の日向ぼっこ日和だった様です。
日当たりのいい葉っぱに止まって、のんびり翅休めをする姿を多く目にしました。
どの花にしようかな?・・
でも日向ぼっこばかりじゃ、厳しい寒さの冬を乗り越えてはいけない。
咲いている花を見れば、俄然やる気100パーセントモードにスイッチON!。
どれにしようかなと言う品定めにも熱が入っていました。
適度にのんびりしていて、いざとなったら全力集中。
新しい年の写真撮影もそんな感じで続けて行けたらと思っています。
2021年も、どうぞよろしくお願い致します。

※1/1に都内で撮影