謎の物体とは?・・2017/04/22 20:01

謎の物体とは?・・
今の時期の草むらで度々目にするのが、この水滴型の謎の物体です。
何となくウニョウニョ動き出しそうな雰囲気もありますが、触れても全く反応なし。
ここにもあった(ヒラタアブの仲間のサナギ)
ギシギシの葉っぱにもひとつ付いていました。
表面の模様は違いますが、形はほぼ同様の水滴型です。
さてその正体は?って言う事ですが、答えは今の時期の草むらの多数派に関係あり。
ヒメヒラタアブ吸蜜中
多数派の代表格のひとつがこれ。
咲き揃った野の花で度々目にする蜜大好き昆虫・ヒラタアブの仲間です。
あの水滴型の物体は、この種が成虫化する一歩手前のサナギだったと言う訳。
(花はハルジオン、昆虫はヒメヒラタアブと推定)
ヒメヒラタアブ、お腹いっぱい
サナギがあれだけ多いと言う事は、この先も続々と誕生する展開で間違いなし。
野の花にとっても、花粉媒介役として貴重な存在なので、大いに歓迎でしょうね。
で、孵化した成虫には、蜜をたっぷりプレゼントして歓迎の意を表する訳ですね。
このアブなんて蜜を吸いすぎて、お腹がプックリじゃないの・・

※4/22に都内で撮影

緑が復活した草地で2017/04/21 20:04

緑が復活した草地で
枯れ色に覆われた草地にも新たな緑が復活し、活気溢れる雰囲気が漂い始めました。
それを待っていた様に、緑の葉を食する昆虫がデビューするのが、当然の流れ。
今日目にしたこのゾウムシもその一つ。ころっと小粒だけど、食欲は相当な物の筈。
さて、この葉から食べ始めようかなって思案中?・・
(象とは言え、鼻が全然長くないカシワクチブトゾウムシと推定)
散り落ちたサクラの花芯
今の時期、樹下の草の葉上に、こんな紅色の物体が点々と落ちています。
目にも鮮やかなコントラストが印象的。
これは役目を終えて、枝から散り落ちたサクラの花芯部分です。
薄紅色の花びらを失った姿は、何だか別の花の様にも見えますね。
もう暫く枝上に留まっていてもいいのに・・散り際の良さは流石にサクラだなぁ・・

※4/21に都内で撮影

若葉食いが今年も・・2017/04/17 20:37

若葉食いが今年も・・
桜並木の路面に散り落ちた花びらがびっしり。花見頃終焉を明確に告げる光景です。
そして樹上の枝には、若緑の葉が開いて・・
そうなれば、当然の事ながら、あれが・・と言う訳で目を凝らして見たら・・
サクラの若葉にナナフシモドキ
いました!・・
サクラの木が若葉を付ける頃に、決まって姿を見せるヘンテコリンな昆虫!。
超スリムな体形のナナフシモドキ幼虫です。
対角線状に配置しないと画面に入り切らない程にひょろ長い。
ナナフシモドキの頭部
実態を確認する為に、頭部を中心にクローズアップしてみました。
ぴったり密着させて伸ばしているのが前脚。精一杯の擬態なんでしょうね。
そんなに努力しなくても、華奢な体だからそう簡単には見つからないと思うけど・・
このひょろ長昆虫の好物は、今の時期特有の柔らかい若葉。
今年も、ジャストタイミングでの誕生となった様です。
今日目にしたのは一匹だけ。でも桜並木だけでも、相当な数が生息している筈。
それらとの出会いもこの先の楽しみです。

※4/17に都内で撮影

モリモリパクパク2017/04/13 20:21

モリモリパクパク
早く大きくなる為にはモリモリパクパク大食いしなくちゃ・・って言う事でしょうか。
春の草が生え揃った草むらでは、様々な昆虫達の大食漢ぶりを目にする事が出来ます。
これは、タンポポの花が大好物のヤブキリ幼虫。
今日は綿毛を飛ばし切った丸坊主の一輪に止まっていました。
花を食べた後のお口直しにこれもいいのよって言う事?。
しかし、どうやって食べるの?・・
コアオハナムグリお食事中?
一方、花食いの真っ最中だったのが、コアオハナムグリ。
全身花粉まみれと言う状態で、一心不乱に大食い中?・・
って言うか、微動だにしませんでしたので、お腹がくちくて眠りこけたのかも・・
アブラムシを狙うナナホシテントウ幼虫
これは、カラスノエンドウで目にした一触即発の食事風景。
左側の緑色のは草の汁を吸うアブラムシ。右側黒いのはナナホシテントウ幼虫です。
成虫同様、他の昆虫を捕食する肉食性。この後の展開は・・容易に想像出来ますね。
穏やかな雰囲気が漂う春の草むら。しかし実態はそれ程のどかな物ではありません。

※4/13に都内で撮影

ウハウハの時期に・・2017/04/10 20:22

ウハウハの時期に・・
寂しかった草地に活気与える黄色。群れを成して咲くタンポポです。
人にとっては邪魔に感じられた雨ですが、その恵みを受けて元気百倍って言う感じ。
ところでこのシーン、右下の花の中央にちょっと気になるものが・・
タンポポを食すコアオハナムグリ
体を花粉だらけにして食事中のコアオハナムグリ(今季初遭遇)でした。
”花潜り” と言う名前の通り、花に潜り込んで花粉や蜜を漁る食性を持つ小型甲虫です。
これが登場したと言う事は、いよいよ本格的な花の季節に入った事の証明です。
ヤブキリ幼虫
こちらは一足お先にデビューしたヤブキリ幼虫です。
成長につれ肉食性に変わりますが、幼虫時代の今は、もっぱら花をかじる日々。
所でこのショットでの注目点は触覚への小さな付着物。黄色いのが付いてますね。
この色から推測して、タンポポの花粉と思われます。
今は違う花を試食中だけど、その前はタンポポの花にご執心だった様子。
花好き昆虫にとっては、目移りしちゃう様なウハウハの時期に入った様です。

※4/10に都内で撮影