危険がいっぱい!2018/04/23 21:03

危険がいっぱい!
ジョロウグモやコガネグモ等大形の蜘蛛はまだですが、小型のは続々と登場中。
それぞれの持ち場で、工夫を凝らした方法で、昆虫の捕獲を狙っています。
そんなやつらを見つけるのも今の時期の楽しみと言う事で、目を凝らしたら・・
タンポポの綿毛に紅色の怪しい物影が・・超ミニサイズの蜘蛛でした。
色、形からみて、クサグモの一種の幼体と判断しました。
この種は細かい網を張って獲物を捕らえる、いわば正統派の蜘蛛の筈。
でもこれは面倒な網張り作業を省きタンポポの綿毛で代用しようと言う算段か・・
確かに頭がいいけれど、それに引っかかるうっかり者がいるかどうか?・・
ここは手抜きをせずに、地道に網張りをする努力をした方がいいと思うけどね。
クサイチゴの花にいたササグモ
こちらはクサイチゴの花弁に止まるササグモ。網を張らない待機型の蜘蛛です。
所で、撮影後に気づいたのですが、上方に小さな甲虫が止まっていました。
でも、この蜘蛛はそれに全く関心を示さず。硬くて歯がたたないって言う事?。
どうやら狙っているのは、花芯に吸蜜に来る小型のアブやハチあたりらしい。
ハエトリグモの一種
これは木の幹に止まっていたハエトリグモの一種。これも網を張らない待機型です。
クサグモもササグモも目立つ事に割と無頓着と思えますが、この蜘蛛は違います。
この角度だとそれなりに目立ちますが、実際は幹のゴツゴツに紛れて判別が難しい。
その点をしっかり認識して、この場所で待ち伏せをしている様です。
捕らえるのは、餌あさりに疲れて幹で一休みのハエやアブでしょうか。
始動直後の昆虫社会。まだ場慣れしない昆虫達には、そこいら中危険が一杯です。

※4/23、4/22、4/20に、いずれも都内で撮影

やられ強い花?2018/04/22 20:40

やられ強い花?
今の時期の草むらで目立つ花と言えば、ハルジオンが筆頭格に挙げられるでしょうか。
とにかく凄い勢いの群生ぶりで、白あるいは薄紅色の彩りを披露しています。
その彩りに惹かれてやって来る昆虫の数も極めて多し。
今日はアオスジアゲハの吸蜜風景を目にする事が出来ました。
誕生後間もないと思われるのですが、既に翅には欠損部が生じていました。
花の数が多いので、飛び回るのに大忙し・・その結果と言う事の様です。
花芯をかじるコアオハナムグリ
こちらも大忙し。黄色い花芯に取り付いて猛食中のコアオハナムグリです。
この種の甲虫の食事法は、この様に花芯部分をガリガリかじる事。
正に花をぶっ壊すと言った感じです。花にとっては全然嬉しくない訪問客かもね・・
イモムシも愛好者?
甘いケーキみたいな花芯の愛好者は、甲虫だけにとどまりません。
こんなへんてこりんなのもご執心の様子。種類は不明ですが小さなイモムシでした。
これが孵化して誕生する成虫も、きっとハルジオンの花が大好きな筈。
果たしてそれが花にとって歓迎出来る訪問客なのかは判りませんが・・
徹底的にやられたハルジオンの花
とにかく春の昆虫たちにとってのアイドル的存在と言えそうです。
結果として、こんな惨状を呈する花も数多く見受けられる事になります。
全く手加減と言うものがありませんね。
それでも毎年春になると花盛りとなるハルジオン・・まさにやられ強い花なのかも。

※4/22に都内で撮影

出来るだけ先延ばしで・・2018/04/18 20:43

出来るだけ先延ばしで・・
樹々の若葉が目に眩しく映える時期に入りました。
多少の行きつ戻りつはあるものの、季節は順当な歩みを続けている様です。
いよいよこの先は、風薫る爽やかな日々の連続と思えるのですが・・
動き出した季節は、人が思うよりも更に速いスピードで進んでいるみたい。
それを実感させられたのがこれ。若い葉の中央部に姿を現したアジサイの蕾でした。
小さな粒々がびっしり。満開になった時の様子を想像させる様なその姿。
風薫る頃の先には、鬱陶しい雨の季節が控えている事を予告している感じでした。
確かにその通りだけど、君の花見頃は出来るだけ先延ばしの方がいいよ・・
ムシヒキアブ
そんなアジサイの葉の一枚に止まっていた、見るからに恐ろしい姿の昆虫。
他の昆虫を捕らえ、口吻を突き刺して体液を吸い取ってしまうムシヒキアブでした。
凶暴性と言う点ではトップクラスに位置するワルでしょうね。
昆虫の種類・数が順調に増えつつある今に合わせて、勇躍登場となった様です。
この先どれだけ多数の昆虫が餌食になる事やら。
自然の摂理だから致し方ないけれど・・

※4/18に都内で撮影

平田家は大忙し2018/04/17 19:41

平田家は大忙し
卯の花の咲く頃には少し早い気がしますが、タニウツギの蕾が続々と開き始めました。
新緑に良く映える紅色。蜜を求める昆虫達の目に止まらない筈がありません。
やって来ていたのは、背中のストライプ模様がくっきりのホソヒラタアブ。
この姿勢をずーっと保ったまま、吸蜜に夢中でした。
ミナミヒラタアブ
これは、昨日、チューリップの花壇で見た光景です。
タニウツギの花にいたのに比べると、大分小さいし背中の模様もやや異なります。
小さくて可愛らしいから、姫と言う表現を当てはめて、ミナミヒメヒラタアブ。
いずれにしても、花の蜜に目がないヒラタアブの仲間である事に違いありません。
一斉に花開く時期を迎え、平田家は今まさに大忙し。
”ほんと、いい季節がやって来たなぁ” って言う感じでしょうか。

※4/17と4/16に都内で撮影

そろそろ嫌われ者?2018/04/16 20:57

そろそろ嫌われ者?
鮮やかな若緑の葉の上に、違和感を感じさせる黒っぽい甲虫が止まっていました。
近づいて見たらこれ、コガネムシの一種・ビロードコガネ成虫でした。
その名の通り、つや消しの体表面の質感が、いかにもビロードの布地っぽい。
思わず触ってみたくなりましたが、ぽろっと転げ落ちて、バイバイ・・
今季初、それなりに見応えのある甲虫との出会いはあっけなくジ・エンドに・・
花のシベをかじるヤブキリ幼虫
地味な色調の画像の後は、かなり派手目のを一枚。
赤いチューリップの花に止まるヤブキリ幼虫です。
初期の頃に比べると、体もでっぷりして、成長の跡がありあり。
知恵もだいぶついて、花の中でも特に美味しい部分が解って来たのでしょうか。
で、花芯のシベをムシャムシャ。でも、そこは花にとって肝心かなめの部分です。
花は、”そこをかじられちゃ困るんだけどなぁ” と言う気持ちに違いありません。
春に咲く花のお友達って言う感じだった幼虫達ですが、そろそろ嫌われ者に?・・

※4/16に都内で撮影