夏を待ちかねて・・2020/07/05 19:23

夏を待ちかねて・・
梅雨明けの時期が気になり始める頃。
真夏を象徴する花・ヒマワリも、ここまで開いてその時を待ちかねている様子でした。
怪しい物影が・・
その花の下部に怪しい物影がちょこんと・・
さっきまで降っていた雨を避ける為にここに逃げこんだハラビロカマキリ幼虫でした。
ヒマワリの花の裏に潜むハラビロカマキリ幼虫
ハンティングポーズをとっていますが、ここに潜んでいたのでは収穫はさっぱり。
夏の陽射しを浴びて全開となるヒマワリの花の上が、本来の待機場所の筈です。
蜜や花粉を求めてやってくる昆虫を、自慢のカマを振るって速攻ゲット!。
そんな光景を目にする日も、もはや間近でしょうね。

※7/5に都内で撮影

眩しい陽射しを受け・・2020/07/02 20:51

眩しい陽射しを受け・・
梅雨の真っ只中にある事を忘れさせる様な、スカッとした青空に恵まれた一日でした。
これで掛かる雲が入道雲なら完璧に真夏の風景なんですが、その点だけはやや微妙。
ぐっすり昼寝中のアオドウガネ
当然ですが、陽射しの眩しさは相当なもの。
それを避ける様に、アジサイの葉陰方向に顔を向けて熟睡中の甲虫がいました。
昼間はひたすら眠りこけ、日が沈む頃に起き出して活動を始めるアオドウガネ。
典型的な夜型昆虫ですね。正に昼寝のプロフェッショナル!。
寝ぼけて転げ落ちない様に、葉の端に脚を引っ掛ける態勢もバッチリでした。
ハラビロカマキリの幼虫
ヒマワリの葉上にいたハラビロカマキリ幼虫は、昼寝なんかしていられない。
陽射しギラギラの今が稼ぎ時。臨戦態勢のポーズで獲物を待ち受けていました。
葉上にくっきり印されたシャドーもやる気十分な雰囲気。さすがだなぁと・・

※7/2に都内で撮影

きつい目つきで・・2020/06/19 21:10

きつい目つきで・・
このまま全てが成虫になったら、そこら中カマキリだらけなっちゃうんじゃないの?。
そんな思いを抱かせる程、大量の幼虫を確認出来ます。
その全てがレンズを向けるこちらに対して、きつい目つきで睨み返す気の強さ。
これがカマキリ幼虫の魅力でもあるんですが・・
(ハラビロカマキリ幼虫)
振り向きざまにも・・
振り向きざまの睨みのきつさも相当なもの。
無遠慮にレンズを近づけるこちらが悪いのですが・・
(オオカマキリ幼虫)

※6/18に都内で撮影

時々息抜きを・・2020/06/18 20:46

時々息抜きを・・
ヒマワリの葉上で得意のハンティングポーズを見せるハラビロカマキリの幼虫。
くいっと曲げたお尻の様子からも、獲物が目前に来れば直ぐに飛びかかる準備万端。
でも、ずーっとそのポーズだと、疲れちゃうんじゃないの?と余計な心配を・・
くたーっとしたポーズのハラビロカマキリ幼虫
その点はご心配なくと言う事みたい。
こんな、くたーっとしたポーズで時々息抜きの時間をとっている様でした。
そりゃそうだよなぁと素直に納得できる光景でした。

※6/18に都内で撮影

名刀の趣を持つ・・2020/06/15 20:07

名刀の趣を持つ・・
切れ味鋭い名刀の趣。そんな事を感じさせる昆虫と言えばカマキリが筆頭格かも・・
これはオオカマキリの幼虫。まだ小柄ですが、威圧感は早くも成虫並み。
獲物の姿が視野に入れば、速攻で飛び掛かれるポーズで睨みを効かせていました。
今はまだ未装備ですが、やがて翅も生えて更に機動力がアップします。
ハラビロカマキリの幼虫
こちらは、まだまだ小さいハラビロカマキリの幼虫。
この種の特徴と言えるのが、幼虫時に限って見られるお尻の反り返りポーズ。
成虫時にはオオカマキリ同様ストレートな体形になるのですが、今はもっぱらこれ。
自分を襲おうとする敵に対する威嚇の意味があるのでしょうか。
確かに威勢のいいこの姿を目にすると、おぉーってなってしまいますね。
中々の役者ぶりではあります。

※6/15に都内で撮影