母虫の知恵が・・2018/02/10 20:31

母虫の知恵が・・
真冬の野では、次世代に生を託した母虫の苦心作を多く目にする事が出来ます。
それぞれが、冬の風景に巧妙に紛れて、ぼーっとしていると気づかない程。
例えばこれはミノガ(蛾)の幼虫が潜む通称ミノムシ。
葉や木屑等を寄せ集めたバリアを構築し、それを細糸で細枝に括り付けています。
ちょっと見には、地上に落ちる事なく枝上に留まった枯葉にしか見えません。
冬に活動が活発化する野鳥達の捕食行動から、いかにして、幼い命を守りきるか・・
母虫としての、知恵が全て結集された作品だなと感じました。
ハラビロカマキリの卵嚢
これは樹木の細枝に産み付けられたハラビロカマキリの卵嚢です。
がっちりした太幹に産卵される事が多いのですが、これは敢えて頼りない場所に・・
ミノムシ同様に枯葉への擬態?、或いは鳥はこの細枝には止まれないだろう?・・
何気ない光景ですが、これにも母虫の巧みな知恵を感じてしまいました。
オオカマキリのダブル産卵
この卵嚢を産み落としたのはオオカマキリの母虫です。
木を好むハラビロカマキリとは違って、野草を産卵場所に選ぶのがこの種の特徴。
で、このギシギシの茎を選んだと言う訳ですね。
それにしても、一気に二つも横並びで産んじゃうとはねぇ・・
ぼーっとしてた私でも気づいた程ですから、枯野での目立ち具合はかなりのもの。
大丈夫かなぁって言うのが、率直な感想でした。
さて、春の陽が降り注ぐ中、この双子卵嚢は無事孵化の時を迎えられるのやら・・

※2/10に都内で撮影

頼り甲斐のある・・2018/02/04 19:35

頼り甲斐のある・・
空に突き上がる大木。雪が降ろうが寒風にさらされようが、我関せずの逞しさです。
そんな木は、冬の眠りの最中にある生き物達にとって頼り甲斐抜群の存在と言えそう。
これはサクラの太幹で目にしたカタツムリ。抜け殻みたいですが、中身はばっちり。
この様に安定した場所に張り付いて、長い冬を越して行こうと言う算段です。
旬の時期とも言える梅雨時迄、長い間だけどお世話になりますって言う事みたい。
ハラビロカマキリの卵嚢
同じサクラの幹には、樹木依存の定番とも言えるハラビロカマキリの卵嚢も・・
びくともしない感じでしっかり産み付けられていました。
地表からの高さも、並の積雪量なら全然大丈夫って言うレベルでした。
念には念をいれて・・産み落とした母虫の周到さを強く感じました。
幹を這うアリ
冬の眠りのベストロケーションは大木・・って言うだけではないみたい。
眠らずに活動継続中の生き物にとっても、頼りになる存在の様です。
これは幹の表面をチョロチョロ歩き回っていたアリ。他にも数匹を目撃しました。
一体何をやっているのやら。表面から甘い汁でもしみ出してるの?・・
真相は判りませんが、ここにいる理由は当然ある筈。俄然興味が湧いてきました。

※2/4に都内で撮影

未来・過去・近未来2018/01/28 20:52

未来・過去・近未来
一面の枯れ色。見所は殆ど無しって言う感じですが、目を凝らせばそれなりに・・
多く目につくのが、息を潜めて春を待つ昆虫たちの越冬態です。
中でもカマキリの仲間のそれは、割と容易に発見が可能。
然るべき所にしっかり産み付けられた卵嚢を目にする事が出来ます。
これは、枯れたセイタカアワダチソウの茎で見たオオカマキリの卵嚢。
まるで、枯れ草の一部と見紛う程のはまり具合で周囲の環境にとけこんでいました。
アブラゼミの亡骸
カマキリの卵嚢は、やがて訪れる春に中から多数の幼虫が誕生する未来志向の物体。
一方、これは、とうに過ぎ去った日々の記憶をいまに伝える遺物です。
枯れ草に引っかかっていたアブラゼミの亡骸。
夏の陽を浴びて盛大な鳴き声をあげていた頃の姿そのままと言う所が、何とも悲しい。
ユキヤナギの冬芽が割れて・・
そんな物を目にした後、これを見つけた時は、ほっとしました。
枝にびっしり並んだユキヤナギの冬芽。幾つかは早くもこんな姿を見せていました。
固く閉じていた芽が割れて、フレッシュなグリーンがお目見えです。
カマキリの卵嚢に比べれば、こちらは、遥かに近い未来を予告するもの。
今はとても寒いけど、ほっと一息つける日もそう先の事ではないよと伝えている感じ。
縮こまってばかりはいられないなと元気付けられました。

※1/28に都内で撮影

最強と言っておこう2018/01/27 20:04

最強と言っておこう
池の畔には雪の名残が依然それなりの深さで・・そして池には薄氷が張ったまま。
降雪後初めて訪れた観察地で、昼過ぎに見た光景です。
こんな光景を作り出す寒気もそろそろピーク越えと言われていますが、果たして?・・
オオカマキリの卵のう
気がかりは、ここを住処とする昆虫たちの、降雪後の安否状況でした。
まず注目したのは、各所に産み落とされたカマキリの仲間の卵のうです。
これは、ユキヤナギの植え込みで多数目にするオオカマキリの卵のう。
結論的には、雪の影響を全く感じさせず、すべて安泰でした。
細くて柔軟性に富むユキヤナギの枝は、雪の重みで折れてしまう事もなし。
親虫の産卵場所選びはズバリ的中でしたね。
寒さに強いハエの仲間
カマキリの卵のうは黙して動かず。いっぽうライブで活動中の昆虫たちは?・・
さすがに、この寒さの中で、それを目にするのは相当に難しい。
しかし目を凝らせばって言う事で、何とか見つけたのがこれ。
常緑樹の葉に止まるマイクロサイズのハエでした。
今の時期、餌にも事欠くと思えるけど、ばっちり現役続行中!。
底力の凄さは相当なものですね。とりあえず、ハエの仲間 最強と言っておこう。

※1/27に都内で撮影

とんだ災難2018/01/13 20:55

とんだ災難
風が強い日には、丸裸の枝がボウボウと冬特有の寂しい音をたてる冬木立。
今日はそんな事もなく、しーんと静まりかえっていました。
しかし、時折、カサカサと響く乾いた音が耳に届きました。
”ははん、あれだな!” って言う事で、じーっと目を凝らして見たら・・
シルエット、さて正体は?・・
目に飛び込んで来たのが、このシルエット。
私にとっては、予測が的中して、やったね!の瞬間でした。
でも、この角度では詳細が判らないので、そーっと向こう側に立ち位置の移動を・・
ハラビロカマキリの卵のうを食べるコゲラ
何とか気づかれずに、順光状態になる位置に回りこめました。
その結果、ゲット出来たショットがこれ。音の発生源は、ずばりコゲラでした。
木の幹をコツコツ叩いて穴を開け、中に潜む昆虫を捕食するキツツキの仲間です。
でも、今日の獲物は、少し趣きが違いました。
くちばしでほじくっていたのは、幹に産み付けられたハラビロカマキリ卵のうでした。
コゲラにとっては、幹に穴を空けなくてもOKなので、やったね!気分だった筈。
今までの観察散歩でも、この様に派手に破壊された卵のうを度々目にして来ました。
その犯人はこいつだったのかぁ・・また一つ謎が解けたぞ!って、スッキリ!。
それにしても、春を待つカマキリ幼体にとっては、とんだ災難ですよね。

※1/13に都内で撮影