八月の空よ・・2017/08/15 19:28

八月の空よ・・
空模様のぐずつきが解消しません。この先も数日は傘マークがずらりと・・
夏休みのピークである今の時期に、この巡り合わせと言うのは珍しい事かも・・
草の葉を傘にして雨宿り中のハラビロカマキリ幼虫も、全然調子が出ない様子。
雨の日は、獲物の動きもさっぱりだし、ほんと何とかならないかねぇ・・
ハラビロカマキリの幼虫
どの幼虫も、ほぼ同様の逆さまポーズで、じーっと固まっていました。
顔に大きな水滴が付いても、それを振り払う気力もなし?・・
お気の毒だねぇって言う事で、同情ショットを一枚。
生憎な天気続きだけど、これを乗り越えれば晴れて成虫デビューの秋が来るよ。
雨でも鳴き止まない者たちの抜け殻
ハラビロカマキリ幼虫は、揃って一時休止中。
一方、樹下に残されたこの抜け殻の主たちは、雨が降ろうがいっさい関係なし。
雨音に負けない位のボリュームで、各種セミたちの合唱が続いていました。
いまが全盛期と鳴いているセミたちに、秋の日の訪れは無し。
鳴きやんだらそれで終わりって言う悲壮感さえ感じられました。
八月の空よ、少しはセミたちにも味方してやれよ・・

※本日撮影の画像ではありません(8/14に都内で撮影)

勝手なセリフを・・2017/08/04 19:22

勝手なセリフを・・
自然観察中に出会う小さな生き物たち。
ふとしたシーンに、こんな事思っているんじゃないの?って想像する事があります。
と言う事で、今日撮影した2枚に、そんな勝手なセリフを当てはめてみました。
まずは、小さなハラビロカマキリ幼虫から・・
「薄暗くて気味悪い場所だけど、お腹も空いたし、入って行くしかないかなぁ」
空を見上げるハエトリグモ
じーっと空を見上げていたハエトリグモ。空を行き交うトンボを見て、
「あんなのつかまえられたら、いいんだけどなぁ」

※8/4に都内で撮影

いい気になるのが・・2017/07/25 20:26

いい気になるのが・・
樹下の草地でふと視線を落としたら、こんなシーンが目に飛び込んで来ました。
葉っぱの上のハラビロカマキリ幼虫とオンブバッタ幼虫のツーショット。
カマキリの恐ろしさを知ってか知らずか・・バッタは逃げる素振りも見せません。
”君の目の前にいるのは、決してお友達じゃないんだよ!” とハラハラ・・
しばらくこんな状態が続きましたが・・
オンブバッタ幼虫、危うし!
やはりなる様になるのが、この世の道理。
本性を露わにしたカマキリが突然バッタにかじりつきました。
そしてガリガリ・・
幼いバッタの命も、もはやこれ迄かと思ったのですが・・
ハラビロカマキリ幼虫・抗議の視線
レンズの接近に気づいたのでしょうか。
カマキリが気をそらした瞬間に、バッタがさっと飛び跳ねて逃げ去りました。
どうやら、かじられた傷は浅かった模様。
で、カメラに向けてのこの視線。”いいところだったのに、邪魔しやがって!”・・
昆虫の世界にずかずか入り込むカメラマンは、秩序を乱す邪魔者に違いありません。
でも、当人、人助けならぬ虫助けをしたと、いい気になるのが困ったところ。

※7/25に都内で撮影

ドジ踏んだ2017/07/23 19:46

ドジ踏んだ
太い木が立ち並ぶ木立の中で目にした、ちょっと??な光景。
空間に浮かぶハラビロカマキリ幼虫・・って言う様にも見えるのですが・・
蜘蛛の網に掛かったハラビロカマキリ幼虫
この場の状況を説明するとこの通り。
細くて見えにくいのですが、枝に張られたクモの網に掛かった幼虫でした。
右奥には、この網の主・ジョロウグモ幼体の姿が確認出来ます。
で、早速殺戮行動に入るかと思ったのですが、暫く見ていてもこの対峙関係は不変。
クモとしても、獲物の素性が判っているだけに無闇に手を出せないと言う事?・・
逆に襲われる可能性も否定出来ませんからね。
いずれにしても、こんな緊迫シーンを生み出した責任はハラビロ君側にあり。
枝を渡り歩いている時に、脚を踏み外したんでしょうか。
ハラビロカマキリ幼虫とアリ
ドジなハラビロ君ではなくて、本来あるべき姿が決まっているシーンも一枚。
草の葉に逆さまに止まって獲物に狙いを定めるの図ですね。
このシーンで注目しているのは、いま何かと話題のアリの仲間の様でした。
でも、中々手を出しません。
”あんなに小さい奴じゃ、腹の足しにもならんからね” って言う事らしい。
このシーンから推測して、例の外来種の駆除をカマキリ達に期待するのは無理みたい。

※7/23に都内で撮影

こけおどし2017/07/13 19:44

こけおどし
目にした瞬間、恐ろしいアシナガバチの一種かと身構えてしまう様なこの姿。
実態は、人への攻撃性は皆無のカミキリムシ・ヨツスジトラカミキリです。
この派手な斑紋は、他の昆虫たちにも、相当の警戒心を抱かせる筈。
”うわっ、やばい奴がいるぞ、近づかない様にしよう” って・・
つまり、こけおどしのカラーリングで身を護る作戦なんですね。
恐ろしげな物影
葉っぱの上にも、鎌首を持ち上げた様な恐ろしげな物影が・・
こちらも、”近づかない方がいいな” って言う事になりそう。
ハラビロカマキリ幼虫
横にまわって見るとこの通り。
今の時期、草の葉の上などでよく目にするハラビロカマキリの幼虫でした。
成虫時には、まっすぐになりますが、幼虫時には、皆このお尻上げポーズを・・
昆虫の中では強者の立場にある種ですが、体がミニミニの今は、まだまだ。
威勢のいい姿で相手を威嚇する。必要に迫られたこけおどし作戦なんでしょうね。
無事成虫になる為には、いろいろと大変です。

※7/13に都内で撮影