深まる秋ならではの・・2019/10/19 20:04

深まる秋ならではの・・
それぞれの季節には、それぞれの雰囲気にマッチする野草の姿があります。
風の季節・秋に似合うのは、その風の猛威にも負けない物腰の柔らかい草。
ちょっぴりススキ似だけど、それよりずーっと小型のこれはコブナグサです。
これ以上細くなりようもない位の茎の先で、控えめな穂先がユラユラ・・
物静かな雰囲気を漂わす秋の草。
今にも降り出しそうな暗い曇天の下、その個性が一層強調されている様に感じました。
アキノウナギツカミの花
水辺で目にしたアキノウナギツカミの花も極めて控えめ。
蕾が開けば、淡い紅色が顔を覗かせますが、それでも雰囲気的には大同小異。
そんなに控えめで、花粉を媒介して欲しい昆虫を惹きつけられるの?と心配になる位。
オオカマキリのメス成虫
控えめな野草を目にした後で出会ったこれの存在感には、かなり圧倒されました。
クズの葉上で睨みをきかしていたオオカマキリのメス成虫。
お腹がぷっくり膨らんでいましたので、産卵を控えた個体と思われます。
物腰の柔らかい野草、成長しきって威圧感たっぷりの昆虫。
それらが共存する今の時期の草むら。深まる秋ならではの特性と言えそうです。

※10/19に都内で撮影

要警戒の日々が・・2019/10/17 20:11

要警戒の日々が・・
緑の葉を付けたまま、地表に落下した折れ枝が散乱していました。
今、木立の中では、この様な台風19号の爪痕を数多く目にします。
これでは、例年どおりの鮮やかな紅葉は期待薄かなと思ってしまうのですが・・
更に気掛かりなのは、ここに棲む昆虫達の動静。雨と風に耐えられたのかなと・・
ハラビロカマキリの無事を確認
その心配を打ち消してくれるものが、低木の葉っぱの上に・・
得意のファイティングポーズをとっていたのは、ハラビロカマキリの成虫でした。
緑色の体色を活かして、獲物の到来を待ち受けていたみたい。
ハラビロカマキリ成虫の目力
じーっと動かないのを幸いに、さらに接近してみました。
で、この鋭い目力の集中攻撃を受けてしまったと言うわけ。
カマキリの魅力は、やはり、物怖じしないこの気の強さですね。
なにはともあれ、無事を確認出来て一安心。
・・と言うか、同じく嵐に耐えた他の昆虫達にとっては、要警戒の日々が続きそう。

※10/17に都内で撮影

捕食者たちは今・・2019/10/15 19:43

捕食者たちは今・・
秋の草の穂先を行ったり来たり・・ナナホシテントウが忙しく動き回っていました。
その目的は、草の穂先に付いた迷惑者・アブラムシの退治ですね。
草にとっては頼もしい援軍登場と言う場面でしょうか。でも、1匹だけではねぇ・・
ぐったりしてたオオカマキリ
他の昆虫を捕らえて食べる捕食者と呼ばれる昆虫の中でも、カマキリの技はダントツ。
特大のカマを振り回して、鮮やかなハンティングぶりを披露しています。
暑さに息を潜めていた昆虫世界に賑わいが戻って来た今は、超多忙期と言えそう。
で、こんなポーズを見せる事も・・”疲れたわぁ” って言う感じでぐったり。
ここは、持ち前のファイティングスピリットを復活させて、もう一仕事!・・
(オオカマキリ成虫)

※10/15(テントウ)と10/13(オオカマキリ)に、いずれも都内で撮影

台風一過の空が・・2019/09/09 21:16

台風一過の空が・・
深夜に東京湾を通過した台風15号。猛烈な雨と風の凄さはズバリ予報通りでした。
しかし通り過ぎてしまえばこの通り。秋らしい雲と青空が頭上にひろがりました。
ただし気温の方は真夏並み。これもまた台風の置き土産と言う事なんでしょうね。
ウスバキトンボがすいすい
そんな空を軽快に行ったり来たり・・
移動性のトンボ・ウスバキトンボの飛翔が活発でした。
天高くトンボ飛ぶ交う秋。このシーンの主役の座はやがてアキアカネが引き継ぐ筈。
今日の様な暑さは閉口だけど、爽やかな秋風に吹かれながら眺める日ももうすぐ?。
日陰に逃げた(?)オオカマキリ成虫
暑さに耐えきれず木陰に逃げ込みました。そこには私と同じ嗜好の昆虫が・・
日陰となる場所をゆっくりと歩いていたデカブツ。
このシルエットからも明白な通り、立派に成長したオオカマキリ成虫でした。
昨夜の嵐によく耐えられたねと声をかけたくなりましたが・・
オオカマキリ成虫のきつい視線
返って来たのはこんなきつい視線でした。代弁すると、獲物探しの邪魔をするな!。
幼虫時代から気の強さは相当なものでしたが、それに更に拍車がかかった感じ。
カマキリは、やはりこれでなくちゃと思うけど、そうまで凄みをきかせなくても・・

※9/9に都内で撮影

雲同士が喧嘩を・・2019/09/08 20:14

雲同士が喧嘩を・・
澄んだ青空を背景に、雲同士が喧嘩をしている感じ。何とも不穏な雰囲気でした。
関東に接近中の大型台風の予兆の様にも感じられました。
今夜は、猛烈な風だけでなく、強い雨への厳重な警戒が呼びかけられています。
猛威のピークは夜半頃とか・・大事にいたらない事を祈るばかり。
雨待ち顔の(?)カタツムリ
雨待望派のこちらは、早く降り出さないかなぁって言う気持ち?・・
秋の気配が濃厚に漂い始めたいま、目撃機会が俄然増えてきたカタツムリです。
今夜は間違いなく期待が叶えられる筈だけど、並大抵の降り方じゃないみたいだよ。
ハラビロカマキリの成虫
草の葉の裏側で仰向けポーズをとっていたのはハラビロカマキリ成虫でした。
超ミニサイズの幼虫時代から随分長い時間が掛かったけど、目出度く完成です。
幼虫とは比べものにならない程のがっしりとした体形。
今夜の台風にも耐えて、秋の昆虫達に恐れられる存在として、この先君臨して行く筈。
とりあえず小物からゲットしてみようかと、この葉裏に潜んでいるのでしょうか。

※9/8に都内で撮影