春を呼ぶ黄色が・・2020/02/15 20:53

春を呼ぶ黄色が・・
春を呼ぶ黄色が眠い目をこすりながらお目覚め・・そんな風に感じたのがこの光景。
たった一株だけでしたが、ナノハナの開花を確認出来ました。
蜜を求める昆虫達を呼び寄せるにはアピール度がまだ足りない様ですが、それでも・・
周りには、早く開きたくてウズウズと言う感じの蕾がたくさん。
蝶やハチ達が忙しく飛び交う日もそう先の事ではない筈です。
タンポポの花が三つ・・
草地でも、春を呼ぶ黄色がお目覚めです。
これ迄は一輪だけぽつんと言う感じで試し咲きをしていたタンポポも、今日はここ迄。
今一つシャキッとしない開き方だけど、3つの蕾の意思が一致して、さぁ開くぞと・・
そんな頑張りが感じられて、愛おしい気持ちになりました。
ユキヤナギの枝にあるハラビロカマキリ卵のう
ハラビロカマキリの卵のうが陣取るユキヤナギの枝。
その枝にびっしりと整列する葉芽も、早く開きたくてウズウズと言うフェーズに・・
それらの葉が一斉に開けば、今は目立ち過ぎているこのハラビロカマキリ卵のうも・・

※2/15に都内で撮影

絶対安泰とは・・2020/02/12 19:47

絶対安泰とは・・
去年の秋、様々な場所に産み付けられたカマキリの卵のう。
それぞれの運命のゆくえが明らかになる時期に入りました。
例えばこれは、低木の小枝で目にしたオオカマキリの卵のう。
一見すると、無事越冬を終え、あとは孵化を待つだけの様に見えますが・・
破壊されたオオカマキリ卵のう
向こう側に回ってみるとこの通り。
無残にほじくられた形跡がありあり!・・小枝に止まった野鳥の仕業でしょうね。
野鳥達にとっては、カマキリの卵のうは絶好のタンパク源となります。
小枝の丁度いい場所に産み付けられていたので、しめしめと言う事でガシガシ・・
中に潜んで春を待っていた幼体の運命は、言わずもかな。
この枝がいいとした母虫の場所選択が、最悪の結果を招いてしまった様です。
水草の茎に産み付けられたオオカマキリ卵のう
いっぽうこちらは水草の細茎に産み付けられた同種オオカマキリの卵のうです。
どこにも損傷が生じていない完璧な形状を保っていました。
一見頼りなさそうなヨシなどの細茎ですが、枯れて乾燥すると意外な程に腰が強い。
ほぼ垂直に立ち上がっている事もあり、野鳥がとまって食事するには無理が伴いそう。
そんな事を見抜いての産卵だとすれば、すごい先見の明だなぁと・・
とは言え、今の時期の野鳥は、餌が少なく、揃ってお腹をすかしている状態の筈。
この先も絶対安泰とは言えないでしょうが・・

※本日撮影の画像ではありません(2/11に都内で撮影)

立春の日に・・2020/02/04 20:34

立春の日に・・
立春と言う事でそれらしい被写体を探したのですが、すっきりしない空の為か今一つ。
僅かにそれを感じさせてくれたのが、草むらで目にしたホトケノザの花。
春一番乗りで咲き始める野の花の面目躍如、シャキッとした姿で起立していました。
ここに蜜を求める昆虫の姿があれば、やったね!なんですが、そこ迄は無理でした。
ハラビロカマキリの卵のう
蕾をびっしり付けたユキヤナギの枝には、本当の春はまだまだ先と言いたげな物が・・
去年の秋にハラビロカマキリ・雌が産み落とした卵のうです。
枝にしっかりと固定されており、産卵スキルの優秀さを今に伝えていました。
中に眠る幼体は、硬い殻に護られて、安心して誕生の時を迎えられそうです。
ユキヤナギの枝に花一輪
同じユキヤナギの木では、たった一輪だけですが、白い花の開花を確認出来ました。
枝一面に開いた白い花の様子を、雪になぞらえて付けられた名前が雪柳。
その迫力ある眺めへの第一歩が踏み出された事は間違いありません。
立春過ぎの安定した春の陽射しに期待ですね。

※2/4に都内で撮影

危険度に差が・・2020/01/26 19:44

危険度に差が・・
現役で活動中の昆虫の姿はさっぱり。
今の時期の昆虫観察は、次世代に命を託した卵等への注目がメインとなります。
中でもカマキリが産み落とした卵のうは、比較的目につき易く格好の観察対象です。
これは、細枝に2つ、仲良く並んで産み付けられたハラビロカマキリの卵のう。
時期が来て孵化が始まれば、かなり賑やかな事になりそうだと思ったのですが・・
破壊されたハラビロカマキリの卵のう
接近して観察してみたら、この通り。
遠目には完全な形に見えたのですが、この通りの惨状を呈していました。
側面からガリガリほじくられて、破壊された痕跡がありあり。
おそらく、カマキリの卵のう漁りに夢中な小鳥の仕業でしょうね。
中に眠っていた幼体の命は言わずもがな・・なんとも残念な気持ちで見つめました。
繁みに潜むオオカマキリの卵のう
ハラビロカマキリの卵のうは、あけっぴろげ過ぎて、危険度大だったなと・・
その点、ナワシログミの枝で目にしたオオカマキリの産物は秘匿性が数段上。
冬の間も枝に残る葉に隠れて、ひっそり。
しっかり固定されたオオカマキリの卵のう
おまけに、枝への固定方法が実に念入り。
この通り、枝をしっかり抱き込む形で産み付けられていました。
これを産み落とした母虫は産卵のエキスパートだったんですね。
これなら風が吹いても、雪が降っても・・
中から幼虫がウジャウジャ誕生する光景は、既に保証済みと見て良さそうです。

※1/26に都内で撮影

観察地で今日・・2020/01/25 19:59

観察地で今日・・
いつもの観察地で、以前から注目し続けて来た物の、今日の様子を掲載します。
まずは、ハラビロカマキリの卵のうから。
観察地を取り囲むフェンスに植えられた低木の小枝に産み付けられています。
私の注目点はその小枝の様子。卵のうギリギリの箇所でバッサリ。
この植え込みは伸び過ぎを防ぐ為、定期的な手入れ(刈り込み)が行われています。
推測ですが、作業した人が卵のうの存在に気づいて、ここ迄でやめとこうと・・
そんな気遣いを感じたのですが・・もしその通りなら、ほっこりするなぁと・・
あとは、卵のう収集家の目に止まって、持ち去られる事がない様に祈るばかり。
イラガの繭
こちらは、ハンノキの枝に鎮座するイラガ(蛾)のまゆ。
見事だなぁと感心する位のしっかり感で枝に張り付いています。
これなら、もしかするとと言われている雪が降っても、大丈夫かも・・
ボロボロに壊れた蜘蛛の網
最後はユキヤナギの枝に注目。その対象はボロボロに壊れた蜘蛛の網です。
でも、蜘蛛の季節もとうに終わった今では、なんて言う事もない眺めの様ですが・・
実はこれ、つい最近その役目を終えた網なんです。その事を下の画像で説明します。
ジョウロウグモ雌との最後の遭遇
これは1/19に同じ網で目にした光景。ジョロウグモのメスが止まっています。
ジョロウグモの活動期はとっくに終わっていた筈。恐るべき長寿ぶりだなぁと・・
しかし、これが私にとっての、この蜘蛛との最後の出会いとなりました。
この一週間のどこで息絶えたのか判りませんが、空っぽの網を見れば一目瞭然。
どちらかと言えば憎まれ役の蜘蛛。でも経過を知っているだけに寂しい気持ちに・・

※最下段の画像は1/19に、他は本日1/25に、いずれも都内で撮影