梅雨晴れも今日迄?2017/06/20 20:27

梅雨晴れも今日迄?
梅雨晴れの陽射しを受け、翅休め中のベニシジミの影が葉っぱの上にくっきり。
しかし、こんな光景も目に出来るのも今日の内。
梅雨前線の移動で、東京でも明日にはそれなりの雨が降り出すらしい。
ガクアジサイにいたハラビロカマキリ幼虫
ガクアジサイの花では、ハラビロカマキリの幼虫がスタンバイ中でした。
こちらも、今日の内にそれなりの獲物をゲットしておかないと・・
雨が降り出したら、まったく仕事にならんからね・・
ハラビロカマキリ幼虫の睨み
フォーカス合わないなぁって、まごついていたら、きつく睨まれてしまいました。
”ハンティングの邪魔するな!あっち行けっ!” って言う感じ。
体はまだヒョロヒョロで頼りないけれど、気の強さだけは既に一人前(?)。
毎度の事ながら、この視線、ほんと、たまらんなぁ・・
怒られてるんだけど、ちょっと嬉しい気持ち・・
逆光で見る蜘蛛
このハンターも、雨は願い下げの筈。
今日の内に千客万来を願いたい気持ちでしょうか。
でも、見るところ、網にかかる獲物はさっぱり。
そろそろ焦れ始めてる頃かもね・・

※6/20に都内で撮影

待ち受け場所は?・・2017/06/09 20:15

待ち受け場所は?・・
同じ卵鞘から孵化し、思い思いの場所に散っていったハラビロカマキリ幼虫。
今日は、ドクダミの花に止まっている一匹を目撃しました。
まさに今の時期の旬の花とのコラボシーンと言う訳。
さて、お決まりのファイティングポーズを決めて待ち受ける獲物とは?・・
ドクダミの花とアリ
まだ超小形なベビー体形なので大物は無理。さしあたり狙いはこれ辺りでしょうか。
特異な形の花なので、訪れる昆虫は割と限られますが、アリは常連とも言える存在。
ブラシ状に連なった黄色の小花から沁みだす蜜を狙ってと言う事らしい。
でも、蜜に夢中になり過ぎて油断をすると・・小さいながら恐るべき鎌が・・
アジサイに止まるハラビロカマキリ幼虫
この幼虫は、旬の花の代表とも言えるアジサイに止まってスタンバイ中。
でも、何となく手持ち無沙汰な感じに見えたのですが・・
アジサイに止まるシラホシハナムグリ
アジサイの花って、咲いている数が多い割に、訪れる昆虫はそれ程多くない感じ。
葉や花に毒があると言う話もありますので、その辺が関係しているのかも・・
ハラビロカマキリ幼虫にとっては、それほど旨味のない待ち受け場所かも・・
でも、たまにはこんな手応え十分の奴がやって来る事もあります。
シラホシハナムグリ。でもデカいし硬いし、さすがにこれには手が出せませんね。
ハラビロ君、やっぱりドクダミあたりに場所替えした方がいいと思うよ・・

※6/9に都内で撮影

梅雨入りの日に・・2017/06/07 20:48

梅雨入りの日に・・
関東もいよいよ梅雨入りしたとの発表がありました。
日中には降雨はありませんでしたが、空気の重さは確かにそれを実感させるもの。
このハラビロカマキリ幼虫も、雨の降り出しが近い事を感じているのでしょうか。
葉っぱの裏側に張り付いて、ひっそりと忍びの構えをとっていました。
動物的・否・昆虫的勘が働いてって言うやつでしょうか。
クロオオアリの女王蟻
じとーっと肌にまとわりつく重い空気、迫り来る雨の予感。
そんな多雨の時期に入ると、必ず目にする様になる光景があります。
今日は、旬の花・ガクアジサイの蕾の上で目撃しました。
真新しい翅を持ったクロオオアリの女王アリ。
今の時期になると、それ迄の巣を離れ、良き伴侶に出会う為の結婚飛行に旅立ち・・
さて、孤独なこの女王に、この先どんな運命が待ち受けているのやら・・
キボシツツハムシ
小さいけれど派手派手!・・そんなキャラクターを持つキボシツツハムシです。
このハムシとの出会いも、割と今の時期に限られる様に感じます。
たった一匹だけでしたが、今年もその通りの展開に・・
”それにしても、小さいけど目立つなぁ” が、いつもどおりの感想でした。

※6/7に都内で撮影

全てが順調にとは・・2017/06/06 19:54

全てが順調にとは・・
オオカマキリに遅れをとったハラビロカマキリ幼虫の孵化も、いよいよ本格化の模様。
草むらでは、幼虫世代特有のお尻くいっと上げポーズを多く目にする事が出来ました。
ハラビロカマキリ幼虫の眼力
顔面ショットもゲット!。
この眼力、他の昆虫に恐れられる狩猟者としての資質は、既にバッチリだね・・
と思われたのですが・・
ハエトリグモ、ハラビロカマキリ幼虫を捕食
悲しいかな、この様な意外なシーンに出くわす事も・・
ハエトリグモに捕らえられ、絶命した幼虫です。
この蜘蛛自体かなり小形なのですが、それでも現状対抗出来るすべはないみたい。
一つの卵鞘から多数が誕生する幼虫ですが、全てが順調に成虫へとは行けない流れ。
その第一段階とも言える自然淘汰が、早くも始まっていたんですね。
生息数のバランス維持の為に働く自然の掟、やはり相当に厳しい。

※6/6に都内で撮影

旬花旬虫に出会う2017/06/04 20:24

旬花旬虫に出会う
淡いピンクのヒルガオの花。今年もそれなりの数を確認出来る様になりました。
ヒラヒラの薄い花弁から察しがつく様に、とても傷みやすい花。
もう少し経つと、甲虫類にかじられて穴だらけになった姿を目にする様になります。
完全な姿に心癒されるのも、今のうち。
キマダラセセリ
今の時期を象徴する野の花がある様に、梅雨入り頃限定で多く目にする蝶がいます。
それがこのキマダラセセリ。
姿は典型的なセセリチョウ体形ですが、鮮やかな黄色が周囲の緑に映えて印象的。
キマダラセセリのシャープな斑紋
これに出会ったら、蝶がリラックスして翅を開く瞬間まで待った方がいい。
こんな稲妻状のシャープな斑紋を目にする事が出来ます。
梅雨入り時期の鬱陶しい空気の中で目にすると、何となく気分がスカッとします。
ハラビロカマキリの幼虫
梅雨入り頃に誕生して、秋が深まる頃まで生存するのが、ハラビロカマキリです。
くいっとお尻を曲げた幼虫時限定のこの姿は、今年も例年通り。
”威勢が良くて、中々よろしい” って言う感じ。
旬花旬虫に出会えた草むら散歩。この分だと梅雨入り時期も平常通りでしょうか。

※6/4に都内で撮影