わびさびの風情を・・2021/01/17 23:23

わびさびの風情を・・
陽射しをさえぎる薄雲がかかり続けた日。気温もそれに見合って低めに推移しました。
水辺の枯れ草で見たオオカマキリの卵のう
目にする風景も、わびさびの風情を強く漂わせるものに・・
まさに枯野と言う表現がぴたりと当てはまる雰囲気を漂わせていた水辺の草の繁み。
その環境に違和感なくとけ混んでいたのは、オオカマキリの卵のうでした。
長い冬を外敵の目を逃れながら過ごしていく上での、絶好の擬態色なんですね。
しっかり固定されたオオカマキリの卵のう
葉の殆どを散らし終えたユキヤナギの細枝にもひとつ。
こちらの色合いも、この場の雰囲気に完璧に溶けこんでいました。
さらに感心したのは、細枝への固定技術。
この通り、末端が枝をしっかり抱き込む感じで産み付けられていました。
これなら、木枯しびゅーびゅーでも大丈夫。そんな母心を感じる光景でした。

※1/17に都内で撮影

雪が散らついて・・2021/01/12 15:41

雪が散らついて・・
朝焼けに染まる東の空。しかしこの後の空模様の推移は予報に沿った物になりました。
どんよりとした曇り空から、一時的ですが、細かい雪が散らつく時間帯も・・
積雪迄には至りませんでしたが、東京都区部での、この冬初の降雪だったそうです。
ふくら雀
これは、陽射しは豊かだけど、見合った暖かさに恵まれなかった日に見たスズメ。
いわゆる、ふくら雀と言う耐寒スタイルですね。
おそらく、今日のぷっくり度合いは、これを更に超えた物だったんでしょうね。
チョウセンカマキリの卵のう
雪も散らつくような寒さじゃ、昆虫との出会いは当然の事ながら期待薄。
と言う事で、観察地へ出かけるのはお休みにしました。
これは、過日、ユキヤナギの木で目にしたチョウセンカマキリの卵のうです。
ぽっかり穴のあいた状態から見て、貪欲な野鳥の餌食になった事は明らか。
この木では、今期産み落とされたカマキリ達の卵のうをたくさん確認しています。
それらの安否がとても気がかりになってきました。

※朝焼けは1/12に、他は1/9と1/10に、いずれも都内で撮影

冬木立を眺める2021/01/10 21:17

冬木立を眺める
大きく傾いた西陽を浴びて、冬木立が部分的に鮮やかな薄紅色に染まっていました。
澄んだ空気と早く傾く太陽。そんな今の時期ならではの眺めと言えるでしょうね。
高枝にあったオオカマキリの卵のう
冬木立を眺めるもうひとつの楽しみが、これ。
昆虫達が厳しい寒さの冬を越すために、樹木を利用して残した作品群の観察です。
これは見上げる高さの小枝に産み付けられたオオカマキリの卵のう。
こんな場所に産卵するのは、樹上性ハラビロカマキリの特徴と思っていたんですが・・
オオカマキリもやるんですね。それにしても、良くあそこまで登ったなぁ・・
細枝で目にしたハラビロカマキリの卵のう
こちらは、極く当たり前の風景。
細枝にしっかり固定されたハラビロカマキリの卵のうです。
細くて華奢な枝なので、卵のう狙いの野鳥達が止まりにくいと言う算段でしょうか。
この辺は、樹上性カマキリとしてのノウハウが活かされている感じ。
いずれにしても、無事冬越しをして、幼虫の誕生ラッシュにつながって欲しいもの。

※1/10に都内で撮影

危険が一杯の日々に・・2021/01/09 20:12

危険が一杯の日々に・・
カマキリの母達が好んで産卵をするユキヤナギの木の今日の様子です。
枝に残る葉は残り少な。産み付けられたオオカマキリの卵のうも剥き出し状態でした。
(画像ほぼ中央です)
ユキヤナギの紅葉
これは、ほぼ一週間前(1月3日)に、同じ木で同じ卵のうを撮影した画像です。
紅葉したと思ったらあっという間に散ってしまったんですね。
で、枝に産み付けられた卵のうは、隠蔽効果ゼロの状態になってしまったと言う訳。
この木を産卵場所として選んだのが正解だったのか、疑問に感じてしまうのですが・・
容易に見つけられたオオカマキリ卵のう
しかし、昆虫観察派としては、枝剥き出し状態への変容は歓迎すべき事。
あっ、ここにもあった!と、今迄気づかなかった卵のうを見つける機会が増えます。
これは今日発見した一品。がっしり枝またぎで、巧妙に産み付けられていました。
破壊されたオオカマキリの卵のう
枝剥き出し状態になったのを歓迎しているのは、私だけではありません。
それを物語る光景がこれ。まさに穴だらけ。ボロボロに破壊された卵のうです。
こんなひどい状態にしたのは、カマキリの卵のうを好んで食べる野鳥達。
餌が少ないこれからの時期、目につき易くなった卵のうは絶好の越冬食と言えそう。
卵のうの中に眠る幼い命にとっては、危険が一杯の日々に突入と言う訳ですね。

※枝剥き出しは1/9に、紅葉画像は1/3に、いずれも都内で撮影

他力本願ではなくて・・2021/01/06 16:55

他力本願ではなくて・・
昆虫観察については、一年のうちで最も厳しい時期に入りました。
目を凝らしても動く物の姿はさっぱり・・と言う事で、びくとも動かない物を三つ。
これはクヌギの小枝で良く目にする毛むくじゃらの異様な物体。
枝の一部分の様にも見えますが、これはある昆虫がクヌギに働きかけて造らせた物。
いわゆる虫えい(虫こぶ)で、中には春を待つ幼虫が潜んでいます。
クヌギエダイガフシと呼ばれています。造らせたのはクヌギエダイガタマバチです。
木にとっては迷惑千万なデキモノ。鬱陶しいだろうなと同情したくなります。
ヨモギの葉に造られた虫えい
木だけでなく、野草に働きかけて造らせる虫えいもあります。
これは、既に掲載済み(1/4)のヨモギハベリマキフシの別バージョン。
ヨモギの葉を対象に、ヨモギクダナシアブラムシが造らせた虫えい。
1/4の記事に掲載した物に比べて、色合いが段違いに鮮やかです。
ちょっと見には、早くも咲き出した春の花の様にも見えてしまう程。
推定するところ、割と最近に生成された物かも知れません。
子育てに利用され放題な冬の草木。気の毒に思えてならないのですが・・
ハラビロカマキリの卵のう
他力本願ではなくて、母虫が努力して生成した子育ての為の造作物もあります。
これは、木の細枝に産み付けられたハラビロカマキリの卵のう。
がっしりとした造りで、風が吹こうが、雪が降ろうが、全然大丈夫な感じ。
貪欲な冬の野鳥の目にとまる事なく、無事春を迎えて欲しいものだなぁと・・

※1/5に都内で撮影