安否確認の結果・・2020/03/07 21:09

安否確認の結果・・
春の始めの観察の対象の一つが、秋に産み付けられたカマキリ卵のうの安否確認です。
食料が不足する冬の間、野鳥にとって格好の栄養源とされており、餌食になる物多数。
それらは、一様に、鋭いクチバシでほじくられた痛々しい姿を晒しています。
これは、ハラビロカマキリが産み落とした卵のう。完膚なき迄の破壊ぶりでした。
大穴があいたハラビロカマキリの卵のう
そして、ここにも、同様の被害を受けたハラビロカマキリの卵のうが・・
破壊されたオオカマキリ卵のう
ユキヤナギの枝にも・・これはオオカマキリの卵のうです。
今日の短時間の観察だけでも、こうした被害を受けた卵のうを5つ確認しました。
卵のうの中で、誕生の時を待っていた生命の運命は当然の事ながら・・
参考に、野鳥が卵のうを襲う現場を押さえた画像を下に掲載します。
ハラビロカマキリの卵のうを食べるコゲラ
キツツキの仲間・コゲラが、ハラビロカマキリの卵のうを襲っている場面です。
キツツキは、木の幹をコツコツやって餌を捕獲するイメージですが、卵のうも・・
硬い木の幹を相手にするよりは、よほどお手軽な食事法と言う訳ですね。
冬に活動する野鳥の数は極めて多い。
でも、全滅はせず、旬の時が来れば、草むらの強者として活動する多数のカマキリ達。
ちょうどいいところでバランスが保たれている様にも思えます。

※最下段の画像は2018/1/13に、他の画像は本日3/7に、いずれも都内で撮影

憎き野鳥の仕業だけど・・2020/03/02 19:34

憎き野鳥の仕業だけど・・
秋に産み落とされた各種カマキリの卵のう。
長い冬を乗り越えて、新たな生命誕生の時を待つだけと言うケースばかりでは・・
その一例がこれ。細長いヨシの茎に産み付けられたオオカマキリの卵のうです。
ご覧の通り、側面に大きな穴があいた悲惨な状態になっていました。
実はこの卵のう、以前から私の観察対象でこんな事態を全く予測していませんでした。
その経緯を下の画像で説明します。
水草の茎に産み付けられたオオカマキリ卵のう
これは、2/11に撮影した同じ卵のうの画像です。
どこにも損傷が見られない、産み落とされた時のそのままの状態を保っていました。
この観察時には、卵のうを狙う野鳥達も止まれない程の細い茎なので、安泰だなと・・
でも、結果的には、上段の画像の通りの悲惨な状態に・・
どうやら、シジュウカラ等、卵のうに目のない野鳥達の実力を見誤っていた様です。
不安定な細長い茎に脚をかけて止まり、鋭いクチバシでガシガシほじくって・・
中に眠っていた新しい生命のなりゆきは言わずもがなですね。
オオカマキリ卵のうの内部の様子
ひどい奴らだなぁと、野鳥達を憎む気持ちが湧いてきましたが、恩恵と言う面も・・
それがこれ。ほじくり返された穴から覗く事が出来た内部の様子です。
ハチの巣を思わせる様な窪みが整然と並んでいました。成程こうなっているんだ!。
普段目にする事が出来ない、卵のうの内部構造を確認出来たのも野鳥のおかげ。
とは言うものの、やはり野鳥憎しの気持ちは変わりませんね。
他の卵のうにも被害が及んでいないか、心配な気持ちが強く湧いて来ました。

※上段と下段の画像は3/1に、中段の画像は2/11に、いずれも都内で撮影
※中段の画像は、2/12の記事に掲載したものの引用掲載です。

まだ2月ですからね・・2020/02/23 19:40

まだ2月ですからね・・
明るい陽射しの下、私の動きに反応して、飛んだり降りたりを繰り返す蝶がいました。
成虫での越冬も可能なキタテハでした。
今日の陽射しを受け、待ちに待った春が来た!とエンジンスタートの模様。
草地の様子はご覧の通り、依然枯れ色主体ですが、若草の緑もチラホラと・・
今はキタテハの占有地ですが、他の蝶達のデビューも間近に迫っている気がします。
若草にとまるオンブバッタ幼虫
若草が生える場所でじっと目を凝らしたら、葉から葉へぴんと飛び跳ねるものが・・
若草の緑に同化する体色を持つオンブバッタの幼虫でした。
観察地のごく限られたエリアですが、冬の間も同種幼虫が生息する場所があります。
今日の出会いもズバリそこでの事。
今日目にした幼虫は、食草が乏しい厳しい時期を乗り越えたツワモノですね。
出来ればこのまま順調に成長して成虫に・・あながち無理な望みではないかなと・・
ユキヤナギの枝も様変わり
こちらも以前から注目しているもの。
ユキヤナギの枝に産み付けられたオオカマキリの卵のうです。
今日は周囲の様子に大きな変化が生じていました。
早咲きの白い花や、大きく膨らんだ蕾が、待ちに待った春の訪れを告げている感じ。
卵のうの中に眠る幼体も、その気配を感じて・・と言うわけにはいかないかな・・
まだ2月ですからね。

※2/23に都内で撮影

春を呼ぶ黄色が・・2020/02/15 20:53

春を呼ぶ黄色が・・
春を呼ぶ黄色が眠い目をこすりながらお目覚め・・そんな風に感じたのがこの光景。
たった一株だけでしたが、ナノハナの開花を確認出来ました。
蜜を求める昆虫達を呼び寄せるにはアピール度がまだ足りない様ですが、それでも・・
周りには、早く開きたくてウズウズと言う感じの蕾がたくさん。
蝶やハチ達が忙しく飛び交う日もそう先の事ではない筈です。
タンポポの花が三つ・・
草地でも、春を呼ぶ黄色がお目覚めです。
これ迄は一輪だけぽつんと言う感じで試し咲きをしていたタンポポも、今日はここ迄。
今一つシャキッとしない開き方だけど、3つの蕾の意思が一致して、さぁ開くぞと・・
そんな頑張りが感じられて、愛おしい気持ちになりました。
ユキヤナギの枝にあるハラビロカマキリ卵のう
ハラビロカマキリの卵のうが陣取るユキヤナギの枝。
その枝にびっしりと整列する葉芽も、早く開きたくてウズウズと言うフェーズに・・
それらの葉が一斉に開けば、今は目立ち過ぎているこのハラビロカマキリ卵のうも・・

※2/15に都内で撮影

絶対安泰とは・・2020/02/12 19:47

絶対安泰とは・・
去年の秋、様々な場所に産み付けられたカマキリの卵のう。
それぞれの運命のゆくえが明らかになる時期に入りました。
例えばこれは、低木の小枝で目にしたオオカマキリの卵のう。
一見すると、無事越冬を終え、あとは孵化を待つだけの様に見えますが・・
破壊されたオオカマキリ卵のう
向こう側に回ってみるとこの通り。
無残にほじくられた形跡がありあり!・・小枝に止まった野鳥の仕業でしょうね。
野鳥達にとっては、カマキリの卵のうは絶好のタンパク源となります。
小枝の丁度いい場所に産み付けられていたので、しめしめと言う事でガシガシ・・
中に潜んで春を待っていた幼体の運命は、言わずもかな。
この枝がいいとした母虫の場所選択が、最悪の結果を招いてしまった様です。
水草の茎に産み付けられたオオカマキリ卵のう
いっぽうこちらは水草の細茎に産み付けられた同種オオカマキリの卵のうです。
どこにも損傷が生じていない完璧な形状を保っていました。
一見頼りなさそうなヨシなどの細茎ですが、枯れて乾燥すると意外な程に腰が強い。
ほぼ垂直に立ち上がっている事もあり、野鳥がとまって食事するには無理が伴いそう。
そんな事を見抜いての産卵だとすれば、すごい先見の明だなぁと・・
とは言え、今の時期の野鳥は、餌が少なく、揃ってお腹をすかしている状態の筈。
この先も絶対安泰とは言えないでしょうが・・

※本日撮影の画像ではありません(2/11に都内で撮影)