ニイニイゼミが鳴いた日に・・2020/06/29 20:11

ニイニイゼミが鳴いた日に・・
私として、今季初めてセミ(ニイニイゼミ)の鳴き声を耳にした日。
いよいよ季節が次のフェーズに足を踏み入れた事を実感させられました。
そんな日に、雑木林の樹下で多く目にしたのがこんな光景。
まさに伸び盛りの草の蔓(つる)・・くるくるっと巻いて更に上へ・・
さてどっちに伸びようか?・・
中には、ちょっと迷い気味と言う雰囲気の蔓も・・
さて、この先どっちに伸びたらいいものやら?・・
クズの蔓上のマルカメムシ
こちらも旺盛な伸び具合を見せるクズの蔓。
その上を器用に伝い歩きしていたのは、ころっとした体形のマルカメムシでした。
この種の好物はずばりクズの蔓が内包する汁。
ほんと、いい季節に入ったなと大喜びの毎日でしょうね。
卵のうを抱きかかえる母蜘蛛
樹上で鳴き始めたセミ、汁を求めて早足で歩きまわるカメムシ。
雑木林にも、真夏の雰囲気が濃く漂い始めました。
そんな中、エノキの幼木で目にしたこの光景には、全く変化なし。
6/27の記事で紹介した、白い卵のうの中に眠る幼蜘蛛の卵を護る母蜘蛛です。
この通り、卵のうを大事そうに抱きかかえるポーズを崩していませんでした。
母親としての使命を全うしようとするその姿に改めて感動させられました。
さて、卵のうから多数の幼蜘蛛が這い出すのは、一体、いつ?・・
セミ達の鳴き声が更にボリュームを増す頃でしょうか。

※6/29に都内で撮影

泡から生まれた・・2020/06/06 20:47

泡から生まれた・・
今の時期、草の茎や蔓などで度々目にする泡の塊。
アワフキムシの幼虫が潜む言わばベビーベッドなんですが、これはその中でも最大級。
この泡は幼虫が排出するオシッコが変じた物で、護身的な意味合いを持つらしい。
いったいどんな幼虫が潜んでいるのか、大いに気になるところですが・・
ヒメジョオンの茎に・・
その正体を目にする機会に中々恵まれず、気を揉んでいたのですが・・
道端に咲くヒメジョオンの茎で、その願いが叶いました。
下方に見える小さな黒い物体がそれ。
いったい何だろうと近づいて見たら・・
アワフキムシの幼虫
これでした。茎にまとわりつく泡の残骸から姿を現した黒い物体。
つぶらな(?)目も確認出来ますので、外界デビューを果たした幼虫に違いない。
でも、観察している間は、全く動きは無し。
体が固まりきるまでは、こうしてじっとしているしかないみたい。
アワフキムシ幼虫の抜け殻
これは本日(6/6)に、別の草の葉裏で目にした物体。
その形からみて、アワフキムシ幼虫の抜け殻に違いない。
アワフキムシの食性は、植物に取り付いて、汁を吸い出すこと。
旺盛な繁り具合を見せる草木に時期を合わせ、多数が成虫化を果たしている模様。
その成虫に出会う機会も間近に迫っている筈です。

■追記:アワフキムシの観察は、同じ場所で以前から続けています。
下に掲載したのは5/18に撮影した画像で、泡から抜け出そうと苦闘中の幼虫です。
努力の甲斐あって、成虫への脱皮をする段階まで漕ぎ着けたと言うわけですね。
誕生間近なアワフキムシ

※6/5と6/6に都内で撮影。最下段の参考画像は5/18に撮影。

泡々の中に・・2020/05/18 23:00

泡々の中に・・
重苦しい空から細かい雨が断続的に降り、早くも梅雨入り?したかと思える様な一日。
やがて旬の時を迎えるガクアジサイの花もより一層完成形に近い姿を見せていました。
白い泡々に注目
こちらも、梅雨入りの雰囲気が漂い始める頃に、度々目にする変な物体。
アワフキムシの仲間の幼虫が潜む泡々。幼虫が自らの排泄物を利用して作る巣です。
この泡々では二つの黒点が確認出来ますので、2匹の幼虫が潜んでいるみたい。
でも、どんな幼虫なのかは、全く見当がつきません。
誕生間近なアワフキムシ
と言う事で、辺りに目を凝らして見たら、より具体的なこの泡々を見つけました。
上方に、泡から突き出た足らしき部分が確認出来ます、
泡に邪魔されてはっきりしませんが、どうやら左側が頭の仰向け姿勢だったみたい。
孵化間近の段階に達した幼虫の様ですが、観察している間はこれ以上の進展は無し。
天気も良くないし、泡から抜け出すのは明日にしようかなと逡巡中だったのかも・・
でも、ここまでくれば、明日にはケロっとした顔(?)の成虫の姿が・・
この付近には同様の泡々が沢山存在します。暫くは要巡回エリアにしようかなと・・

※5/18に都内で撮影

食欲全開!2020/05/08 21:19

食欲全開!
めざましい速さで濃さを増しつつある草木の緑。
この時を待っていましたとばかりに、昆虫達の動きが活発化しています。
活発と言っても、このキジラミの場合は、ヤツデの若葉に取り付いてじっと動かず。
太い葉脈から汁を吸い出す事に専念中でした。
のこのこ歩き回らなくても、ここにいさえすればお腹がいっぱい。
怠け者昆虫にはこたえられない食事環境の様です。
ヤツデの葉にいたアリ
大柄なヤツデの葉は、昆虫達それぞれに適した食事場所を提供している様です。
このアリは上向きの姿勢で口吻を葉っぱに接しさせて食事中でした。
体が柔らかいので、多少無理っぽいこんなポーズもへっちゃらさと言う感じ。
アジサイの葉で食事中のアリ
アジサイの葉では、無理っぽくないポーズで食事中のアリも目にしました。
至るところに大食漢・アリの姿あり。いよいよ超多忙な時期に入った様です。

※5/8に都内で撮影

ヤツデの若葉にて・・2020/04/13 17:55

ヤツデの若葉にて・・
冬の間も青々とした大柄な葉をつけ続けた低木・ヤツデ。
タフなその葉も世代交代の時期に入った様です。これは先日目にした生まれたての葉。
まだヨレヨレですが、この先順調に行けば、シャキッとした手の字型に・・
再び寒風が吹きすさぶ来冬迄の、長い長い人生・否・葉生がいよいよスタートです。
ヤツデの若葉から吸汁するヤツデキジラミ
その若葉で目にした、ちょっと気がかりな光景が、これ。
ヤツデの葉に寄生する定番昆虫とも言えるヤツデキジラミの成虫2匹でした。
今の時期の瑞々しい葉っぱの汁が一番おいしいのよって言う事で葉脈から吸汁中。
汁を吸うだけならまだしも、ヤツデの葉に被害を及ぼすスス病の原因にもなるとか・・
誕生早々、厄介な奴に取り憑かれたこの葉っぱ。この先の生育がかなり気がかりです。
仲良く並んで・・
これは2月8日に同じヤツデで目にした光景。(同日記事に掲載した画像の引用)
成熟した葉っぱの葉脈に取り付いていたヤツデキジラミの幼虫2匹。
食性は成虫同様、葉脈から汁を吸い出す事。これは、それを実行中のシーンでした。
この時の幼虫ペアーが成長し、若葉に乗り移って猛食を開始?・・
そんな展開を推理してしまいました。そうだとすれば、ほんと迷惑な奴らだなぁ・・

※4/10と2/8に都内で撮影