晩秋を象徴する・・2022/11/30 15:31

晩秋を象徴する・・
雨の名残の水溜りに沢山の落ち葉が・・
晩秋を象徴する光景と言えるでしょうね。
元気のないコバネイナゴ
草むらでは、タイムリミットギリギリの昆虫を目にする事が出来ました。
クズの葉上にいたコバネイナゴ。うなだれポーズで元気がありません。
生存期間は11月までとされていますので、そろそろ限界に近づいているのかも・・
凶暴なアカサシガメ・手出しは禁物!
別の葉上には、かなり派手目な赤いカメムシが・・
威圧感を感じさせるその姿。獰猛な性格で知られるアカサシガメです。
他の昆虫を捕らえてその体液を吸う荒技の持ち主とか。
うっかり指でつかもうものなら、ぶっとい口吻を突き刺す攻撃をしてくるらしい。
成虫での越冬が可能な種。
昆虫観察にとって退屈な冬ですが、興味本位で手を出すのはやめた方がいい様です。
(注記)顔先端下部のくいっと曲がった部位が問題の凶器です。
先端の細い部位が、ブスッとやる針みたいですね。

※11/30に都内で撮影

■追記■
マリア・ジビーラ・メーリアン
あるWeb記事で目にしたドイツの女性画家の名前です。
今から300年ほど前の人で、昆虫をメインに多くの作品を残したそうです。
細密なタッチで描かれた作品の素晴らしさ、その観察力の凄さに感動しました。
今では、マクロレンズを付けたカメラの助けを借りてお手軽に・・なんですが・・
改めて、気を引き締めて被写体に接しなければと強く感じました。
上記の名前でWeb検索すると、情報が得られると思います。ご参考までに・・

南向きの場所で・・2022/11/09 13:22

南向きの場所で・・
昨日に続き、明るい陽射しに恵まれた日。
樹々の葉の緑も鮮やかって言いたい所ですが、これは木にまとわり付いたクズの葉。
その繁殖力の凄さたるや!。取り憑かれた木の悲鳴が聞こえてきそうです。
日向にいたアキアカネ
豊かな陽射しを浴びる南向きの仕切り板は、昆虫達にとって絶好の日向ぼっこ場所。
気持ち良さそうな(?)表情を見せて止まっていたのは、アキアカネのオス。
めったに出会えない程、数が減りましたが、それでも良く目を凝らせば・・
”この先も今日みたいな天気が長く続くといいね” と言う思いを込めて一枚。
それにしても、仕切り板にくっきり描かれた翅の影の大きさたるや!・・
涼を求めて平地から高原へ・・長旅を果たす実力の一端を改めて実感しました。
ウシカメムシの幼虫
同じ仕切り板には、こんな角張った奴も・・
ウシカメムシの幼虫。背中両端のエッジを牛の角にみたてての命名でしょうね。
成虫の状態で冬を越せる、寒さに強いやつ。
順調な成長ぶりで、寒さがつのる冬本番への準備が順調に進んでいる様です。

※11/9に都内で撮影

寒気の強まりを・・2022/10/27 16:29

寒気の強まりを・・
寒気の強まりを肌で感じる時期になりました。特に朝夕の冷え込みはかなりの物。
草むらの昆虫達の動きにもブレーキがかかり始める頃でしょうか。
草の葉に止まりじーっとしていたのは、キタテハ。
陽射しのぬくもりを期待しているのでしょうが、薄雲越しでは明らかにパワー不足。
勢い良く開くはずの翅も、なんだか力のない感じでした。
アキノゲシの花、咲いてて良かった!
冴えない空の下でも、アキノゲシの花はそれなりに元気な開き方を見せてました。
その花に来て吸蜜に夢中だったのは、ヒメヒラタアブ。
アブにとっては、咲いてて良かった!って言う気持ちでしょうね。
毛むくじゃらのカメムシ幼虫
葉っぱの先っぽに止まっていた毛むくじゃらのヘンテコなやつ。
防寒仕様の幼虫と言ったところでしょうか。
今この姿と言う事は、寒さが一層厳しくなるこの先に耐えうるスペックなのかも。
でも、適度に急いだ方がいいと思うけどね・・
(マルカメムシの幼虫と推測)

※10/27に都内で撮影

入室はご遠慮を・・2022/10/24 12:59

入室はご遠慮を・・
重く照れ込める雲。時折雨もぱらつく生憎の空模様となりました。
正午近くになっても、気温は一向に上がらず。
このまま冬がスタートするのだけは勘弁してほしいけど、どうなんでしょう?。
部屋に入りたい(?)蜘蛛
帰宅し、玄関のドアを開けようとしたら、こんな光景が・・
細身の蜘蛛がドア横に張り付いて固まっていました。
室内に入りたいんだけど・・って言ったところでしょうか。
その気持ちは十分判るけどね・・
キマダラカメムシも・・
近くには、キマダラカメムシの姿も・・
強烈な匂いを出すことで知られるカメムシです。
こちらも、入室はご遠慮を・・
元気復活!の晴れ空が早く戻るといいねって願いながら一枚!。

※10/24に都内で撮影

あいにくの展開?・・2022/09/17 16:34

あいにくの展開?・・
日の出からそれ程時間がたっていない頃に眺めた東の空。
青空がうっすらと顔を覗かせていますが、不穏な雲が邪魔をしていました。
大型台風の進路も大いに気になるところ。爽やかな秋空は当分お預けでしょうか。
あいにくの展開ですね。
ハラビロヘリカメムシの幼虫
いま草地で多く目にするのが、各種カメムシの幼虫たち。
草の葉っぱに擬態している様にも見えるこれはハラビロヘリカメムシの幼虫です。
ちょっとユーモラスな雰囲気も漂いますが、クズの葉を食い荒らす大食漢とか。
この他にも各種カメムシの幼虫を見かける機会が増えています。
秋の植物にとっては、ガクブルの展開でしょうね。
シオカラトンボ、だいぶお疲れ?・・
夏を精一杯生きてきた昆虫達にも、その疲れがどっと出始める頃でしょうか?。
元気に活動していたシオカラトンボですが、この様に休息する姿を度々目にします。
避暑地の高原から帰省するアキアカネに、主役の座を譲る日も間近でしょうか。

※9/17に都内で撮影