夏日の草むらで・・2017/04/16 20:09

夏日の草むらで・・
今日は、東京でも今年初の夏日を記録したそうです。
そんな熱気に包まれた草むらで目にした ”やっぱりね!” の光景がこれ。
4/14の当ブログ記事にも掲載したオオカマキリ卵鞘です。
一昨日には数匹だけだった孵化幼虫ですが、今日は卵鞘の上にウジャウジャ・・
”卵鞘の大きさから推して、孵化はまだまだ続くぞ” と言う私の予測がズバリ的中。
暖かさに誘われて、この通り、孵化ラッシュとなった様です。
オオカマキリの幼虫
卵鞘直下の草の繁みでは、こんな光景も・・
独り立ちをした幼虫たちが、新しい生活の場を求めて続々と移動を始めていました。
同じくいま誕生中のキリギリス属の幼虫は、始めは草食性でやがて肉食性に・・
でも、カマキリ属の幼虫は、そんな過程を経ずに、最初から肉食性オンリー。
そこのところが何とも恐ろしい。
蜘蛛に捕らえられたマルカメムシ
のどかな雰囲気が漂う筈の春の草むらですが、そればかりでも・・
小さなクモに捕らえられて、細い糸でぐるぐる巻きにされた昆虫の姿が・・
その形から判断して、マルカメムシの成虫と思われます。
いよいよ、こんな光景をごく当たり前に目にする時期に入ったんだなぁと・・
カマキリの誕生も含め、食われる立場の昆虫にとっては要警戒の時期に突入です。
(蜘蛛は、ナガコガネグモ・雌の幼体と推定)

※4/16に都内で撮影

初めての夏日に・・2017/04/15 19:59

初めての夏日に・・
幾ら何でも早すぎると思うけど、各地で気温20℃以上の夏日を記録したそうです。
とぼとぼ歩きの草むら散歩でも、じっとりと汗ばむくらい。
と言う事になれば、当然の事ながら、昆虫達の動きも活発に・・
かなり忙しそうに飛び回っていたのがこれ。草むらのお転婆娘・ベニシジミ。
鮮やかな翅色は、今日みたいなカーッと照りつける陽射しがお似合いですね。
キリギリスの幼虫
草の葉から草の葉へ・・ピンピン飛び跳ねていたのが、キリギリスの仲間。
これ迄はヤブキリばかりでしたが、今日はご本家キリギリスの幼虫にも初遭遇!。
真夏の象徴・チョン・ギースと言う鳴き声を耳にするのは、まだだいぶ先の事。
しかしそれに向かって、季節が一歩前進した事は間違いありません。
ヨコヅナサシガメの終齢幼虫
成虫化一歩手前まで来た幼虫達にも、気温上昇は強力な援軍となったみたい。
これはハンノキの幹を這っていたヨコヅナサシガメの終齢幼虫です。
多数がそこいら散策を実行中。餌となる昆虫探しに熱が入っていた様です。
今日の様な暖かい日が数日続けば、一気に成虫化する事は間違いなし。
襲われる側の昆虫達にとっては、油断大敵な日々が間近に迫っています。

※4/15に都内で撮影

今季初顔合わせ2017/04/12 22:11

今季初顔合わせ
気温もぐーんと上昇し、春本番の雰囲気が草むらに濃厚に漂っていました。
そうとなれば、この場所のレギュラーメンバーとの今季初顔合わせも続々と・・
まずはかなりのコワモテ。今にも襲いかかろうと言う雰囲気させ感じられるこれは・・
フタモンアシナガバチ
黒と黄色の警戒色を身にまとったフタモンアシナガバチです。
アシナガバチの中では小形で、人を刺す危険は少ない様ですが、それでもこの色!。
レンズを近づけるのも、恐々って言う感じに、どうしてもなってしまいます。
マルカメムシとご対面
こちらとの顔合わせについては恐怖心ゼロ。ただし匂いには要注意ですけどね。
ルビー色の小さな垂れ目が可愛らしい(?)マルカメムシです。
マルカメムシ
平面図も一枚。
ころんとした超短縮形の体が特徴です。昆虫界の麦チョコ!。
成虫のまま集団で越冬する生態を持っていますが、今日のこれは単独行動。
春の暖かさに誘われて、そこいら散歩に、いざ出発となった様です。

※4/12に都内で撮影

目に眩しい若緑2017/03/23 20:49

目に眩しい若緑
長く続いた枯れ色の季節ともそろそろお別れ。
草木の葉の若緑が目に眩しく映る時期に入りました。
その代表的な眺めがこれ。ヤナギの枝で目にする芽吹きの連なりです。
風に吹かれてゆらゆら・・眺めているだけで、本当の春到来を実感出来ます。
ミナミアオカメムシ成虫
昆虫の世界も若緑の季節?・・って言うか、これはかなり特殊なケースですね。
太い木の幹に止まっていたミナミアオカメムシ成虫。
幹の色との対比で、その鮮やかさが一層ひきたっていました。
ちょっと目立ち過ぎじゃないのと言いたいくらい・・

※本日撮影の画像ではありません(3/22に都内で撮影)

ちょっぴり春気分2017/02/04 20:37

ちょっぴり春気分
穏やかな陽射しに恵まれ、肌を刺す様な寒さに震える事もありませんでした。
ちょっぴり春気分を味わえたそんな日、水辺のハンノキの太枝にもやや変化が・・
太枝の窪みに身を寄せ合って越冬中のヨコヅナサシガメの幼虫集団です。
これ迄は一塊になって寒さに耐えていたのですが、今日はややバラケ気味。
中には、群れから離れてご近所散歩(?)を始めるものも・・
ユキヤナギの枝にオオカマキリ卵鞘
ユキヤナギの枝にも僅かですが、春の気配が漂い始めていました。
固く閉じていた冬芽もだいぶ膨らんで、今にも開きそうな物さえ・・
ここはとても陽当たりの良い場所。
今は沈黙を守っているオオカマキリの卵鞘の中でもそろそろ動きが・・
さすがにそれはせっかち過ぎる想いでしょうか。

※2/4に都内で撮影