見かけによらない2018/07/06 21:25

見かけによらない
”梅雨はまだ終わっていないよ” と言いたげな、雨降らしの空に覆われた東京。
真夏スタートを感じていた昆虫たちも、やや戸惑い気味でしょうか。
これは、雨滴を宿した葉の上にいたハラビロカマキリ幼虫。
こんな日は、獲物となる昆虫の動きもさっぱりで、ほとほと困り果てた様子でした。
イトカメムシがアリを捕食
”名ハンターも、降る雨には勝てないんだな” と思っていたら、こんな光景に遭遇!。
見るからにひ弱そうなイトカメムシ。その細長い口吻の先っぽにいたのはアリでした。
首尾よくアリを捕獲して、その体液を吸い取っている瞬間だったと言う訳。
植物の汁を吸う事をメインとし、時にアブラムシ等の小昆虫も狙うとされるこの種。
基本的に、あまり大した採餌能力は持っていないと思っていたのですが・・
動きの機敏なアリをキャッチ出来るなんて、イメージ違いもいいとこ!。
イトカメムシ
参考に、イトカメムシの普段の姿を示す画像(7/3の当ブログに掲載済)を再掲します。
見るからに弱々しいこのヤセッポチがねぇ・・
私にとって、”虫は見かけによらない” の具体例がまたひとつ増えました。

※7/6に都内で撮影、参考画像は7/2に同じく都内で撮影

名は体をあらわす?・・2018/07/03 20:59

名は体をあらわす?・・
甲羅をまとった亀の様な形をしているので、カメムシ。
しかし、中には、そんな通念を打ち消す様なへんてこりんな奴もいます。
例えばこれ。今の時期、草の葉の上などで良く目にする存在感極めて希薄な奴。
超スリムな体、脚や触覚もこれ以上細くなり様もない位に細い。
付けられた名前はイトカメムシ。ずばり名は体をあらわすの典型でしょうね。
イトカメムシのディテール
ぽちっとした黒い目が、ちょっぴりチャーミング?・・
さて、眼光鋭い(?)この目を見開いて探し回っている物とは?・・
基本的には植物の汁を吸う食性だそうなので、美味しい汁のありかでしょうね。
でも、こいつ、アブラムシ等の昆虫から体液を吸い取る食性も持っているらしい。
そう言う点からは、肉食性昆虫のひとつと数えてもいい様です。
頼りない姿からは想像できない様な獰猛な奴?。
でもイメージ的には、どうしてもつながらないなぁ・・

※本日撮影の画像ではありません(7/2に都内で撮影)

カラーコーディネート2018/06/26 21:08

カラーコーディネート
様々な色合いで目を楽しませてくれるカメムシの仲間。
今日、草の葉で目にしたこれも、抜群なカラーコーディネートぶりを見せていました。
クールなブルーグリーンに、ホットなオレンジレッドの配色が、実にオシャレ。
樹木の果実に取り付いて果汁を吸う食性のセカツノカメムシ。
葉っぱの緑、果実の赤、そんな環境にうまく融けこむ為の擬態なのかも知れません。
セアカツノカメムシの顔
梅雨時の今、今日の陽射しが、よほど気持ち良かったみたい。
じーっと動かずの日向ぼっこポーズを崩しません。それを幸いに、前に回って観察。
このアングルでは、果実に突き刺すであろう細いストロー(口吻)も確認出来ました。
かなりロングサイズなので、様々な果実への適応性はかなりな物の筈。
そんな吸汁シーンも、ぜひ目撃したい気持ちになりました。
ニイニイゼミの抜け殻
セアカツノカメムシがいた草の近くで目にしたのがこれ。
一転して物凄く地味な色合いって言うか、ずばり、泥の色そのものでした。
セミの季節の到来を、真っ先に告げるニイニイゼミの抜け殻です。
このセミの特徴は、この様に泥だらけになった抜け殻を地上に残す事。
さて、この殻から這い出た成虫は?。じーっと耳を澄ませましたが、あたりは静寂。
しかし、明日も晴れれば、きっとでしょうね。いよいよセミの季節が始まりました。

※6/26に都内で撮影

雨宿りで出会った・・2018/05/30 20:54

雨宿りで出会った・・
ほぼ予報どおりの時間に、重苦しい雲がひろがり、ポツポツと雨が降りだしました。
樹々の緑も暗くしずみこんで・・梅雨時特有の風景が早くも完成した感じ。
ナミアゲハ成虫
雨宿りは樹々が密集する木立の下。そこには既に先客がいました。
ヤマブキの葉に止まっていたのは、くっきりしたモノトーンが印象的な蝶。
黄色味を含まない夏型の翅色を持つナミアゲハでした。
まだ伸びきらない翅端部や尾状突起から判断して、羽化したての個体と思われます。
誕生直後に雨の洗礼とは!。今夜更に強まる筈の雨に耐えられればいいのですが・・
アカサシガメ成虫
背中に雨粒を乗せて葉上を歩いていたのは、カメムシの仲間アカサシガメでした。
小昆虫などを捕らえて体液を吸う獰猛な性格のカメムシです。
頭部にだらんと垂れた先尖りの口吻で、ぐさっとやるんでしょうね。
木立の中で雨宿りをする昆虫達にとっては、油断大敵な存在と言えそうです。
こちらは、雨が降り出して、シメシメだったかも・・

※5/30に都内で撮影

未完成の夏景色2018/05/20 18:57

未完成の夏景色
毎年梅雨入り前の今の時期になると、植物の成長に一気に拍車が掛かります。
大柄な葉っぱの中からひょろっと突き上がっていたのは、伸び盛りのクズのつる。
しかし、この程度の伸び上がり方は、まだまだ序の口です。
旺盛な生命力で、この先、その勢力を脅威的に拡大して行く筈。
いわば、未完成の夏景色と言ったところでしょうか。
クズのつるで吸汁するマルカメムシ
旺盛な生命力を見せる植物には、そのパワーに依存する昆虫の姿あり。
これはその一例。集団でつるに止まり吸汁に専念中のマルカメムシ成虫。
クズが繁茂するところ、必ずその姿ありと言った感じの見慣れた光景です。
まさにベストパートナーって言う感じ。あくまでも一方的なものでしょうが・・
カタツムリ表舞台に
こちらは大分バラけた集団ですが、それでも季節の進展を明確に示す光景です。
同じ草に止まるカタツムリ3つ。
梅雨入り近しの気配を感じて、表舞台に登場となったみたい。
シトシトジメジメの頃。しかし、それを待ち望む者もいるのが自然の奥深さですね。

※本日撮影の画像ではありません(5/19に都内で撮影)