桜並木のもろもろ2018/12/07 21:53

桜並木のもろもろ
葉を散らし尽くした木が増えて、すっかり寂しくなった桜並木。
そこで目にした、ちょっと嬉しい光景がこれ。
画像ほぼ中央、小枝で翅休めするアキアカネの目撃でした。
ここ数日は目撃機会ゼロ。既に絶滅したかと思っていただけに、ほっと一息。
ヨコヅナサシガメの幼虫
アキアカネとの遭遇は、空を見上げた時、偶然そこにいたと言う感じでした。
今の時期、昆虫との確実な出会いを期待するなら、枝よりも幹に注目する方が効率的。
樹上での越冬生活に入った個体に出会う可能性が大きくなります。
これはその一例。太幹の上をゆっくり歩いていたヨコヅナサシガメの幼虫です。
黒光りする体色が何とも不気味ですが、事実こいつは油断できない相手。
うっかり触れようものなら、ぐさっと刺される危険性が大。痛さは相当な物らしい。
木肌のゴツゴツに紛れて見分け難いのですが、集団で越冬中なので、要注意!。
幹の穴からニョキっと・・
幹に開いた大きな穴で目にしたこれは一体なに?・・
穴からニョキっと突き出た細長い物体に、興味を抱いて一枚!。
触覚らしきもの、動いた!
ぶらんと突き出ているのでなく、この様な動きを見せていました。
興味を惹かれる物体でしたが、指を突っ込んで確認する勇気は無し。
と言う事で、今日は、この2枚を撮影するところ迄。
さて穴の中に何が潜んでいるのやら?。とんでもない物でなければいいけれど・・

※ヨコヅナサシガメは12/5に、その他は12/7に、いずれも都内で撮影

紅葉のサクラの木で・・2018/12/03 21:41

紅葉のサクラの木で・・
サクラ並木の紅葉もフィナーレ目前。
燃え尽きる寸前の炎が見せる最後の輝きでしょうか。
曇天の下でもこれだけの彩りで目に迫ってきました。
サクラの幹にぽちっと・・
そんなサクラの木の一本で昆虫の姿を発見!。それも幼虫でした。
時期からみて期待はしていなかっただけに、驚きの気持ちを強く抱きました。
で、その記録写真を1枚・・なんですが、一体どこにいるの?でしょうね。
実はこの画像は、カメラの接近に気づいて上へ上へと逃げ始めた時点の一枚です。
画像ほぼ中央に写っていますが、木肌の凸凹に紛れて何が何やらかも・・
イチモンジカメムシの幼虫(推定)
逃げ去る前に撮影したターゲットの詳細画像がこれ。
体形から察してカメムシの仲間の幼虫に間違いなし。
この体色から判断すると、イチモンジカメムシの幼虫とみていいでしょうか。
この種はエダマメやサヤインゲンなどの豆類を食害する農業害虫とされています。
その幼虫がなぜ今サクラの木に?。首をひねりたくなる遭遇と言えるかも・・
草萌える時期になったら、近くの草地のマメ科の草を観察して見ようかなと・・

※12/3に都内で撮影

タデ食う虫も・・2018/10/29 20:54

タデ食う虫も・・
お赤飯に見たてて遊んだ幼い日の思い出につながる野の花・イヌタデ。
秋の野に咲く花の中で、可愛らしさと言う点では高ランクに位置しそうです。
そんな花に来る常連の昆虫たちも、姿形が可愛らしい物ばかりかと言うと・・
イヌタデの花に止まるカメムシ
そうとは言い切れないところが面白い。
その一例がこれ。何やら無骨な雰囲気の昆虫が2匹止まっています。
この花の常連客と言っていい存在です。
ヒゲナガカメムシ
詳細を確認するとこの通り。カメムシの仲間のヒゲナガカメムシでした。
名前の通りヒゲも長いけど、更に特徴的なのがその前脚。
まるで力こぶが盛り上がった様な面白い形をしています。正に筋骨隆々。
このマッチョな体で、花の汁をチューチュー・・
イメージ違いも甚だしいなぁと感じるのですが・・
イヌタデの花にいた甲虫
こちらも、花のイメージにはそぐわないかなぁ・・
黒光りのするころっとした体形の甲虫。
これはカメムシの様に花の汁を吸うのではなく、花をかじるタイプでしょうか。
そう言った点からは、花にとっては嬉しくない訪問客かも知れません。
タデ食う虫も好き好き・・
さて、次の訪問客は?。出来れば花に似合った可愛らしい奴をが願いだけど・・
(ルリゴミムシダマシと推定)

※本日撮影の画像ではありません(10/28に都内で撮影)

腕力抜群?2018/10/10 19:55

腕力抜群?
秋の草むらを賑わす代表的な花のひとつがイヌタデ。別名アカマンマ。
お赤飯を連想させる色形から、親しみを込めて付けられた俗称です。
茎の先にびっしりと連なった小粒な花は、昆虫たちにとっても人気抜群。
今日も多数が吸汁の為に訪れていました。
中でも目立ったのが、画像左側先端に止まっている奴。詳細は下の画像で・・
イヌタデの花にいたヒゲナガカメムシ
カメムシの仲間・ヒゲナガカメムシでした。
髭長と呼ばれる通り、長い触角が特徴ですが、更に目立つのがその前脚の形。
力こぶを思わせる盛り上がりが、マッチョな雰囲気を漂わせていました。
花を好む心優しい昆虫にそんな腕力が必要なのかなと・・
ヒゲナガカメムシの幼虫
反対側に回り込んでみたら、同種の幼虫がいました。
成虫と同じく、小粒な花に首ったけって言う感じ。
さて、前脚の形は?・・まだ成虫ほどではありませんが、それでもこんもり。
マッチョ予備軍としての資格は十分な様です。
それより面白いと思ったのは、下半身のストライプ模様でした。
何となく、熟しきっていない植物の実を思わせる様にも・・
なお、成虫時には伸びきった翅に隠されてしまう為、この模様は確認出来ません。
今の時期限定の密かな楽しみと言ったところでしょうか。

※10/10に都内で撮影

草むらに秋の気配が・・2018/09/03 20:17

草むらに秋の気配が・・
草むらの様子がたいぶ変わってきました。
多く目につくのが、なよなよと秋の風になびく細身の野草群。
代表種のひとつがこのメヒシバ。イネ科植物の特徴を備えたしなやかな姿です。
でも大きく膨らむイネと違って、豊かな秋の実りと言う感じはしないのですが・・
メヒシバに止まるヒゲナガカメムシ
しかしある筋には、絶大な人気を誇っている模様。
それがこのヒゲナガカメムシ。吸汁のため穂先に止まる姿をちょくちょく目にします。
どこに汁が含まれているの?って言う感じの貧弱な実ですが、迷う事なく・・
イヌタデに来たヤマトシジミ
ままごと遊びの定番食材だったアカマンマ=イヌタデも秋の草むらの定番種です。
花なのか実なのか良く分かりませんが、蝶達は蜜の在処をしっかり把握済みみたい。
今日は、ヤマトシジミが吸蜜に訪れていました。
ごく普通種のシジミチョウですが、こうして見ると中々趣のある斑紋だなぁと・・
シンプルイズベスト。秋の草むらの雰囲気にぴったりと感じます。

※9/3に都内で撮影