ラッキーな体験2018/07/10 21:39

ラッキーな体験
真夏の陽射しが照りつける草地で出会った物凄いやつ。
レンズを睨みつける視線、今にも襲いかからんとしている感じの挑戦的なポーズ。
こんな威圧感たっぷりの風貌を持つ昆虫とは?・・
キリギリスの雌・成虫
側面図で正体は明らかに・・逞しく成長したキリギリスの雌・成虫でした。
お尻には鋭い産卵管が生えています。これを見る限り、繁殖能力も万全と思われます。
この日はたまたま枯れ草が積もった場所での出会いでしたので、観察的にはラッキー。
通常は夏草の繁みの中に潜んでしまう為、オスの鳴き声でその存在を知るのみ。
例の、チョン、ギースですね。
さて、こうして、立派な成虫の姿を見るにつけ、思い出すのは、5月のあの日・・
キリギリスの若齢幼虫
・・って言う事で、5月の草むら散策で出会った幼虫画像を一枚。
現状と比較にならない位に小さいし、背中にはまだ翅も生えていません。
後脚だけが頼りって言う感じで、草むらをピンピンと飛び跳ねていました。
これが約2ヶ月の時を経て、上に掲載した通りの見違える様な姿に・・
成長のパワフルさをつくづく思い知らされました。
ただ気になるのは成虫の数。幼虫時はそこら中に沢山でしたが、今はごくたまーに・・
脱皮を繰り返す成長の過程で、外敵に襲われる等の試練に見舞われたのでしょうね。
そう言った意味で、あのきつい視線に睨まれるのは、凄くラッキーな体験かなと・・

※本日撮影の画像ではありません。
成虫は7/8に、幼虫は5/5に、いずれも都内で撮影。
なお、幼虫画像は、5/5の当ブログ記事に掲載した物の引用掲載です。

生暖かい風が・・2018/06/27 21:36

生暖かい風が・・
南から吹く生暖かい風が、夏本番近しを告げている様に感じられた一日。
そんな季節の進展に乗り遅れまいとする幼い命の姿を、随所で目にしました。
例えばこれ。脚や触覚の長さがアンバランスに感じられる緑色の幼虫。
ツユムシの仲間・ヒメクダマキモドキの若齢幼虫です。
この種の成虫は、夏のずーっと先、秋の終盤まで長く生存し続けます。
今の時点では、まだそんなに焦る事はないさ・・って言う事でしょうか。
それにしても、この小ささで、本当に間に合うのかなぁ・・
尺取り虫移動中
別の葉っぱの上では、独特なアクションで移動中のこんなチビの姿が・・
いわゆる尺取り虫・蛾の仲間の幼虫と思われます。
この幼虫が、成虫になってからの生存期間がどれ位なのかは分かりません。
クニャクニャ運動の激しさから推測して、そんなにのんびりしていられないのかも・・
おいしい葉っぱをいっぱい食べて、早く成虫にならないとね・・

※6/27に都内で撮影

出会いの時も・・2018/05/26 20:04

出会いの時も・・
葉っぱの繁みの中をノソノソと動き回るものあり。
こちらの接近を察知して避難を始めたヤブキリ幼虫でした。
これはメス。それを証明するのはお尻に生えた長い産卵管。刀みたいな鋭利さでした。
ここ迄成長すれば、成虫への最終脱皮も間近と思われます。
成長したヤブキリのオス幼虫
これは、別の場所にいた同種ヤブキリのオス幼虫です。
体のでっぷり具合から見て、上掲のメスと同じ成長段階に達した個体と思われます。
メスでも確認できましたが、背中にはちょこっと翅が生え始めていました。
メス、オスともほぼ同じ様な成長具合。出会いの時も刻一刻と迫っている筈です。
ヤブキリの幼虫
この草地で、生まれたてのヤブキリ幼虫に初遭遇したのは3月24日でした。
これがその際のショット。ご覧の通り今日出会った幼虫との体格差は歴然です。
これから今日の姿に至るまでに要した期間は2カ月。
速いと見るか遅いと見るかは微妙ですが、季節の確かな進展を実感させられました。

※成長した幼虫は5/26に、若齢幼虫は3/24に、いずれも都内で撮影。
なお、若齢幼虫の画像は、当ブログの3/24記事に掲載したものの引用掲載です。

脚も使いよう2018/05/05 19:43

脚も使いよう
昆虫の脚は6本。それぞれが草むらで生きて行く為の大切な役目を担っています。
ただそれぞれの種によって、その使い方にはバリエーションがある様です。
そんな事に興味を持って、観察してみたら・・
まずはオオカマキリ幼虫から。まだ翅が生えていない今の時期、移動は脚だけが頼り。
このシーンは、後脚を大きく開いて、草の穂を伝って移動中の一コマです。
細くて頼りない感じですが、獲物に飛び掛かる際にもこの後脚の屈伸パワーが重要。
そう言う点では、全く問題のない健脚なんでしょうね。
キリギリス幼虫の後脚に注目
キリギリス幼虫の場合は、いかにも屈伸パワーがありそうな後脚を持っています。
事実、ピーンと飛び跳ねる距離は、並大抵ではありません。
成虫になると一応翅が生えますが、その必要はないんじゃないかと思える程です。
体清掃中のスズメバチ
これは後脚のちょっと変わった使い方の例。細い草の葉で目にしたスズメバチです。
何やらおかしな様子なので、体調が悪化し、息も絶え絶えなのかと思いました。
でもよく見たら、餌探しで汚れた体表面を清掃中である事が判明。前脚でゴシゴシ・・
その際、体をフリーにする為に、後脚一本だけで葉にぶら下がっていたと言う訳。
なるほど、こう言う脚の使い方もあるんだと、納得!・・

※5/5と5/4に都内で撮影

真夏に一歩・・2018/04/28 20:41

真夏に一歩・・
真夏に一歩足を踏み入れた様な暖気に包まれた日。照りつける陽射しも強烈でした。
と言うシチュエーションで良く目にするのがこれ。葉っぱ越しの昆虫のシルエット。
さて、葉っぱの向こうに隠れているものは?・・
実体を見なくてもほぼ判明ですね。ひょろっと長い触覚が何よりの判断材料。
キリギリスの仲間・ヤブキリの幼虫でした。
今日の暖かさを受けて、大きくなる為の脱皮を急がなくちゃって言う気持ちかも・・
アオスジアゲハの求愛飛翔
澄んだ空を見上げたら熱い恋のバトルシーンが・・アオスジアゲハの求愛飛翔でした。
通常は1対1なんですが、この場合はメス1に対してオス2の組み合わせ。
”モテすぎて困っちゃうわ”って言う展開ですね。
さて、この決着は?・・残念ながら遠ざかってしまい確認出来ませんでした。
シオカラトンボ・今季初遭遇
地上に目を落としたら、夏のトンボの代表種・シオカラトンボの姿が・・
でも、これってムギワラトンボじゃないの?って疑問が湧いて当然です。
この種のメス(通称ムギワラトンボ)の特徴は褐色系の体色。これもその通りでした。
しかし未成熟なオスも同様の体色を持つと言う事で、判断が難しい。
さて、この一頭、やがて塩辛色に変色して、麦わら色のメスを追っかけるのやら・・
その答えが出るのもそう先の事ではない筈です。それにしても、ややこしい。

※4/28に都内で撮影