巧みに融け込む2020/11/18 20:18

巧みに融け込む
若緑が萌える春とは違い、枯れ色を含めた様々な色の混在が今の時期の草地の特徴。
そんな環境に巧みに溶け込むのが、今を生きる昆虫達に求められる特性でしょうか。
その一例がこのオオカマキリ・雌。
褐色+緑色の配色で、デカい割りには、周辺環境との見分けが付きにくい。
残された使命は、最適な場所を丹念に探し歩いて、立派な卵のうを産み付ける事。
目のいい野鳥の攻撃を避ける為にも、この巧みな塗り分けが効果的なんでしょうね。
とんがり頭の・・
草の陰からヌーっと顔を覗かせた、とんがり頭の変なやつ。
こちらは全身褐色で、冬枯れの野への対応バッチリと言う感じ。
クビキリギス
キリギリスの仲間のクビキリギス。
カマキリ達とは違い、成虫のまま冬を越せる耐寒性能抜群なやつ。
こうして緑が残っている環境にいると、それなりに目立ってしまうのは致し方ない所。
周囲が枯れ色一色に染まる時までは、忍びの術を駆使する必要がある様です。
そんなに待たなくても・・でしょうね。

※11/17に都内で撮影

なんでこんな所に?・・2020/07/13 19:58

なんでこんな所に?・・
レンズに向けてきつい視線を投げかけるキリギリスのメス。
背景が真っ白な事もあり、なんとも不思議な光景に見えますが・・
工事用パネルに止まるキリギリス
種明かしはこれ。
観察地の草原を仕切るように設置された工事用の隔壁パネルに止まる個体でした。
昆虫観察をする上では、邪魔者でしかないパネルですが、思わぬ場面効果が・・
それにしても、垂直に立ち上がったパネルに止まって、良く落ちないもんだなと・・
6本脚のふんばり能力は並大抵ではないですね。
しかし、なんでこんな不似合いな場所に止まっていたんだろう?・・

※7/12に都内で撮影

物凄い顔に出会った2020/07/04 20:04

物凄い顔に出会った
雨の恵みを受け、旺盛な繁茂ぶりを見せる草むら。そこで出会った物凄い顔。
成熟の域に達したキリギリスのオスです。
幼虫の頃には草食性でしたが、成虫時には凶暴な肉食性に変化します。
その食性変化を端的に表しているのがこの怖い顔と言う訳ですね。
キリギリスのオス成虫
今日のこれは草の葉上にとまっていた為、全身像を出来ましたが、まれな体験かも。
成虫になると、草の繁みの奥に身を潜めて生活する事が多くなります。
姿は見えないけど、チョン・ギースと言う独特の鳴き声が草むらの奥から・・
子供の頃の夏休みの記憶につながる懐かしい音。それを耳にするのも、もうすぐ。
翅が生えかかったキリギリス幼虫
同じ草むらでは、背中に翅が生えかかった終齢幼虫も確認出来ました。
ガッシリとしたこの体形から推測すると、既に肉食性に移行済みかも・・
食べられる側の昆虫たちにとっては、いよいよ油断大敵な日々に突入ですね。

※7/4に都内で撮影

多彩なキャラが・・2020/06/07 20:15

多彩なキャラが・・
草の葉上で、腹ごなしの為の休憩をとっていたキリギリス幼虫。
まだ小さいながら、全身から漂う雰囲気にはぴーんとした緊張感が漂っていました。
若齢幼虫のうちは草食性、そして成長するにつれて他の昆虫等を襲う肉食性に・・
既にその段階に足を踏み入れた頃でしょうか。
ナナフシ、威嚇してるつもり?・・
いっぽうこちらは生涯を通して草食性。心優しき胴長昆虫・ナナフシです。
草の葉上でくたーっと伸び切っているのが常ですが、これは珍しくりきんだ状態。
カメラの接近に気づいて、威嚇のポーズをとっているつもりかも・・
ナナフシの顔に迫る
でも、りきみは長く続かず、すぐに又くたーっと・・
お陰でこんな顔面接写も楽々ゲット出来ちゃうと言うわけ。
多彩なキャラを持つ昆虫たちが顔を揃え始めた草むら。
楽しみがいっぱいの時期にいよいよ突入です。

※6/7と6/6に都内で撮影

淘汰の法則が・・2020/04/04 19:23

淘汰の法則が・・
まずは赤く色づく葉っぱの赤ちゃん。その上に止まっていた昆虫の赤ちゃん。
くたーっとしたリラックスポーズをとっていたのは、ヤブキリの若齢幼虫でした。
今の時期、目を凝らして観察すると、信じられないほど多数の生息を確認できます。
サクラの若葉を食べるヤブキリ幼虫
これは、リラックスするのは後回しにして、今まさにお仕事中の同種幼虫。
止まっていたのはサクラの若葉。”今の時期の葉が一番おいしいのよ” って食欲全開。
幼虫の前方にある大きな食い跡は、この幼虫が残した物と思われます。
食欲全開で食べまくり、皆が揃って成長すれば、草むらはヤブキリの成虫だらけに・・
・・とならないところが昆虫世界の不思議。淘汰の法則が厳然と存在する様です。
さて、この幼虫は、その狭き門を無事くぐり抜ける事が出来るのでしょうか。

※4/4に都内で撮影