たまったもんじゃない!2021/04/09 15:54

たまったもんじゃない!
春の野に咲く花の代表種のひとつ、ハルジオンが順調に開花を進めています。
花を食する昆虫たちにとっては、人気抜群の存在。
様々な種類が訪れてモリモリ食べまくる光景を、頻繁に目にします。
これはコアオハナムグリ。小粒ながら、いかにも甲虫らしいガッシリとした体形。
花びらにかじりつく食事法なので、花がみるみる破壊されて行きます。
花にとっては、とんだ災難!。
蕾をかじるモモブトカミキリモドキ
まだ開かぬつぼみにも、訪問客の姿が・・
一見カミキリムシ。でもカミキリじゃないので、名前がモモブトカミキリモドキ。
今の時期、花の種類を問わず、ムシャムシャ食べまくる姿を頻繁に目にします。
咲いていようが、つぼみであろうが、腹に入っちゃえば同じさって言う事?。
そりゃ、判るけどね・・
葉っぱもイケるよのヤブキリ幼虫
花もいいけど、葉っぱもね・・って、猛食ぶりを見せていたのは、ヤブキリの幼虫。
穴だらけになった葉っぱを頻繁に目にしますが、こいつの仕業だったんだ!・・
春の野草にとっては、ほんと、たまったもんじゃないですね。

※4/9に都内で撮影
※Nikon Z50 / Micro NIKKOR 40mm 1:2.8G with FTZ Mount Adapter

善玉と悪玉が・・2021/04/07 16:00

善玉と悪玉が・・
若緑色が目に眩しく映る草の葉上に鮮やかな紅色の物体が・・
多様な斑紋を持つナミテントウの1バリエーション・紅型・赤無地タイプでした。
野草にとっての大敵アブラムシ退治の為に、頼れる善玉・勇躍参上の図と言う訳。
ナミテントウのチャーミングな顔
ミニトマトを連想させる背中の色も面白いけど、顔つきの方もなかなか・・
まんまるな黒目をぱっちり開いて、どんなに小さなアブラムシも見逃さないぞ!・・
生まれたての春の野草達にとっては、何とも頼もしい助っ人の登場と言えそうです。
春の野の花を破壊するヤブキリ幼虫
いっぽうこちらは、野草にとっては迷惑極まりない悪玉的存在。
花びらを、かたっぱしから食い漁るので、オニノゲシの花もこんな哀れな姿に・・
今まさに犯行中だったのは、キリギリスの仲間・ヤブキリの幼虫でした。
登場当時よりも、一段階成長した感じのガッシリ体形に・・
その分、食欲の方も一層レベルアップしている様です。
それにしても、少しは手加減と言うものがあっていいと思うけどねぇ・・

※4/7に都内で撮影

形勢逆転の草むらで・・2021/04/01 16:06

形勢逆転の草むらで・・
枯れ色と若草色の形勢逆転も間近。そんな雰囲気が漂い始めた今の草むらです。
キリギリスの若齢幼虫
そんな風景にぴたりはまる物と言えば、ズバリこれでしょうね。
人の気配を敏感に察知してピンピン飛び跳ねて逃げるキリギリス族の幼虫達。
とにかく元気いっぱいで抜群の跳躍力を発揮しています。
成長すると、繁みの奥に隠れてしまうので、その姿を存分に楽しむのも今の内。
(キリギリスの若齢幼虫)
多紋型のナミテントウ
ちょっと元気のない草に止まっていたのは、多紋タイプのナミテントウでした。
これまで見かけるのはナナホシテントウばかりでしたが、いよいよ多様化の様相に・・
さて、今シーズンは、どれだけのバリエーションに出会えるのやら・・
ツバメシジミに今季初遭遇
ルリシジミ、ヤマトシジミ、ベニシジミ・・
シジミチョウの仲間との出会いに、もうひとつ新顔が追加されました。
今季初遭遇のツバメシジミ。お洒落な尾状突起をツバメの尾翼に見立てての命名です。
今日のところは、望ましいアングルでの撮影が叶いませんでしたが、その内きっと・・

※4/1に都内で撮影

ピンキーな・・2021/03/29 19:16

ピンキーな・・
今の時期の草木の葉色は、若緑色と言うイメージですが、そればかりでは・・
この様に、薄紅色に染まっている物も結構多い。
そのままズバリ、葉っぱの ”赤ちゃん” と言えるでしょうか。
それほど時をおかずに、本来の緑色に変わって行く筈です。
この鮮やかさを愛でるのも今のうち。
キリギリスの若齢幼虫
こちらは、若草色の草の葉に止まっていた、元気な飛び跳ね族。
お尻が鋭角的に尖っていますので、本家・キリギリスの幼虫と思われます。
注目点はその体色。
この画像でも何となく判りますが、更に接近してみると・・
薄紅色が特徴のキリギリス若齢幼虫
この通り、触覚、脚、目、背中が、ほんのり薄紅色に染まっていました。
キリギリスの ”赤ちゃん” にふさわしいピンキーな体色と言えるのかも・・
さて、この幼虫、成長につれてどんな色合いに変わって行くのやら。
このまま大きくなったら、画期的な様に思えるのですが、果たして?・・

※3/29に都内で撮影

例年通りの春本番?・・2021/03/27 16:20

例年通りの春本番?・・
満開になった東京のサクラ。その木の下は花見をする人で賑わっていました。
いつも通りの光景ですが、今年は大きな特徴が・・人々の多くがマスク姿だと言う事。
いまひとつ盛り上がりに欠ける花見となっている様に感じました。
こんな窮屈な花見は今年限り。ぜひそうであって欲しいものですね。
ヤブキリ幼虫の長い長いセンサー
人の世の混迷をよそに、昆虫の世界は、例年通りの春本番を迎えています。
今日も多く目にしたのは、今の時期の定番・キリギリスの仲間の幼虫たち。
これは完璧なサイドショット。触覚の長さに感心する事しきりでした。
このシーンでは前にだらんと垂らしていますが、空に向けてピンと跳ね上げる事も・・
自らの身を護る為の重要なセンサーなんですね。でも、鬱陶しくないのかなぁ・・
(ヤブキリの若齢幼虫)
イモムシを運ぶ働きアリ
こちらは、何やら重そうな物を運搬中の働きアリ。巣穴に向けてワッセワッセ・・
くわえているのは、ある種昆虫のイモムシの一部の様でした。
アリ集団にとっては貴重な栄養源となる筈。
まさに渾身の力を振り絞って、自らに課せられた任務を遂行中なんですね。
かなり残酷な光景でしたが、その頑張りには感心する事しきりでした。

※3/27に都内で撮影