数少ない出会い2017/11/21 20:36

数少ない出会い
私の足音に気づいてピンと飛び跳ね。そんな反応を見せる昆虫もさっぱりだなぁ・・
草むらでの自然観察で、毎年今の時期になると感じる寂しさです。
でも、たまには、ピンと言う反応を見せる希少種との出会いも・・
今日のそれがこれ。まだ緑が残る場所で出会ったホシササキリです。
体のどこにも傷みが見られず、まだ十分現役として通用しそうな雰囲気。
でも、この種の生存期間は11月迄。今日の出会いが見納めとなるかも知れません。
つくづく、惜しいなぁ・・
ミナミアオカメムシ成虫
こちらは、ピンと飛び跳ねず、ノロノロ。
常緑樹の緑の葉上で目撃したミナミアオカメムシです。
カメムシの多くに見られる様に、この種も成虫として越冬が可能。
天気がいい日には、ノロノロとそこいら徘徊を始めるみたい。
ミナミアオカメムシの顔
ノロノロしているのを幸いに、顔面迫写を一枚。
チャーミングな黒い瞳をキャッチする事が出来ました。
それにしても、鮮やか過ぎる位なこの緑の体色。
緑が少なくなる冬の間は、居場所選定に結構苦労するだろうなぁと・・
余計な心配はご無用と言う事でしょうけどね・・

※11/21に都内で撮影

緑にほっと・・2017/11/17 20:12

緑にほっと・・
すかっとした晴天、陽射しも豊かなんですが、気温の上昇は殆ど感じられません。
これは、その空をバックに見上げたハナミズキの木。
枝に葉は残っていますが、既に紅葉ではなく、からからに乾いた枯葉状態。
全てが散り落ちるのも時間の問題と思われます。
枝先に付いている冬芽が弾ける迄の、長い長い冬の眠りが既に始まっていました。
ヒメクダマキモドキ
丸裸の木が増え始めた木立。常緑樹の緑を目にすると、ほっとします。
今の時期まで長生きしている昆虫にとっても、同様ではないでしょうか。
と言う訳で、今日の観察ターゲットは、緑色を失わない木の葉を重点的に・・
やはりいました!。じーっと固まった様な状態のヒメクダマキモドキ。
木の葉の緑に酷似した体色で見分け難いのですが、目を凝らすと、複数が・・
葉の所々に食い跡も見られますので、細々と食事をしながら生き長らえている様です。
ヒメクダマキモドキの顔
これは別の場所にいた個体です。日向に出てきて、虫干し(?)中って言う感じ。
陽射しが豊かで上機嫌と言うより、きつい目つきからは、大分力が入っている感じ。
日に日に強まる寒さに耐えてゆくには、これ位の迫力が必要なのかも・・

※11/17に都内で撮影

晴れの日になぜ傾く?2017/11/13 22:08

晴れの日になぜ傾く?
今の時期、幅広の葉上で良く目にするのが、ヒメクダマキモドキのこんな姿。
晩秋の陽射しを浴びての日向ぼっこと思われます。
注目点は体の傾斜具合。葉に対し垂直にレンズを向けても側面の全体像がばっちり。
こちらも傾いてた
これは近くにいた個体を後面から見たショットです。
葉の表面に対して、体が左に大きく傾いているのが確認出来ます。
だから、真上からの撮影で、体の側面が全部写っていた訳ですね。
生存期間も終盤近く。揃って息も絶え絶えの状態なのかなとも思えるのですが・・
ヒメクダマキモドキの背中
これは、別の日に、日陰になった場所で目にした同種個体です。
葉に対し垂直にカメラを向けたのですが、体は全く倒れていません。言わば正背面図。
と言う事から、日向ぼっこでなぜ体が大きく傾くのかの理由が判明しました。
とにかくこの超スリムな体形です。
体を太陽の方向に傾けないと、陽射しを目一杯受けられないからと言う訳ね。
以上、晴れた日にヒメクダマキモドキの体は何故傾くのかについての考察でした。
全然、大した事もない考察ですが・・

※11/13と11/11に都内で撮影

晩秋の陽射しに・・2017/11/06 21:00

晩秋の陽射しに・・
早く傾き始める陽射しを受けて輝くエノコログサ。
長い間、緑に覆われていた草地にも、晩秋の雰囲気が濃く漂い始めました。
アキアカネは日向で・・
多くの野草は、晩秋になると、いわゆる草紅葉と呼ばれる変色を始めます。
通い慣れた観察地でも、既にその動きが始まっていました。
そんな中で良く目にするのがこれ。繁みの中で翅休めをするアキアカネです。
少し前までは、木の高枝に止まる姿ばかりでしたが、今はこのスタイルが主流。
らしくないなぁと思いつつ、どんな姿であれ、出会い続けられれば嬉しい。
セスジツユムシは日陰に・・
アキアカネは、陽射しの暖かさを求めて日向に・・
一方このセスジツユムシは、むしろ日陰になる場所を選んでいるみたい。
昆虫のキャラクターの違いが、終末期により一層はっきりしてきた感じです。
”そうだね、君はやはりこんな場所の方がお似合いだね” と思いつつシャッターON。

※11/5と11/4に都内で撮影

バッタ目の現状2017/11/02 21:52

バッタ目の現状
冬の足音が近づきつつある今、草むらの常連達も急速に数を減らしています。
特に飛び跳ね系バッタ目の昆虫にその傾向は顕著。寂しい季節の到来です。
そんな中、依然それなりの数を確認出来るのがこれ、オンブバッタです。
お決まりのオンブ態勢継続中のカップルの数も結構多い。
共に命が尽きるまでって言う感じでしょうか。
ヒメクダマキモドキ
オンブバッタが、厳しさを増す寒さの中、生き続けられる要因とは?・・
運動量の少なさではないでしょうか。モソモソと草の葉上を這う緩慢な動作が殆ど。
そんな推測が当たっているとすれば、このヒメクダマキモドキにも共通する様な・・
長い脚を持っていますが、それを使って勢い良く飛び跳ねる姿は殆ど見かけません。
出会う個体の多くは、この様に草の葉の緑に紛れてじーっと静止しているだけ。
目を凝らして見ると、現状まだかなりの数が生息中です。
オンブバッタといい勝負の様に思えますが、最終的な結果は果たして?・・

※本日撮影の画像ではありません(10/31に都内で撮影)