様々な災難を・・2017/08/13 21:05

様々な災難を・・
今の時期、自然観察散歩で度々目にするのが、この恐ろしげなシルエット。
何かを探している様子で、そこいらじゅうを飛び回っています。
さて、このシルエットの正体とは・・
捕食中のキアシナガバチ
樹下のクズの葉に一匹止まっていました。
そして目にしたのは、目を覆いたくなる様な残酷シーン。
昆虫の正体は、キアシナガバチ。かなり大形のアシナガバチです。
さて、この葉っぱの上で一心不乱に進めていた行動とは・・
口元にあるのは、原形をとどめない昆虫の残骸。オンブバッタの幼虫と思われます。
それを捕らえて噛み砕き、団子状に加工した上で、巣に持ち帰ろうと言う算段。
イモムシ等が標的になり易い様ですが、まだ動きの鈍い幼虫も狙われ易いみたい。
秋の昆虫ラッシュタイムを目前にした幼虫には、正に天から降ってきた災難。
因みにスズメバチとは違い、巣に近づかない限り、人を攻撃する事はない様です。
しかし、こんな光景を間のあたりにすると、やはり恐怖心が湧き上がりますね。
ヤブキリ・雄・成虫
草むらに目を移すと、秋の活況期に間に合いましたって言う感じの成虫の姿が・・
これは、キリギリスの仲間・ヤブキリ・雄・成虫です。
一寸太りすぎだよって言いたくなる姿を目にすると、脳裏には思わずあの光景が・・
ヤブキリ幼虫の食事風景
それがこれ。今年の4月4日に、同じ草むらで目にしたヤブキリの若齢幼虫です。
まさに誕生したて。目にも止まらぬ小ささで、草から草へ飛び跳ねていました。
その数、結構多数。これらが全て、成虫になったらえらい事だなぁと・・
しかしそうはならないのが自然界の摂理。今日見た様な成虫に出会うのは稀な事。
アシナガバチに限らぬ、様々な外敵によって淘汰されてしまった様です。
秋の空気を味わえるのは、様々な災難を乗り越えた限られた個体だけなんですね。
自然はやはり厳しい。

※8/13に都内で撮影(ヤブキリ幼虫は4/4に撮影し当ブログに掲載済みの画像です)

顔見て笑えない2017/08/11 20:24

顔見て笑えない
雨上がりの草むら、アカツメクサに止まっていた、ある昆虫の顔面接写です。
睨みつける様な鋭い目つきが印象的。
私はこれを見た瞬間、以前この場所で目にしたある顔がフラッシュバックしました。
この顔に見覚えありって言う訳。その根拠となる画像を下に掲載します。
顔見て笑うな!
7/30に、この草むらで見たおかしな顔の幼虫。同日の当ブログに掲載した画像です。
その際の記事タイトルは「顔見て笑うな」。
”鼻毛を伸ばした間抜けなおっさん” なんて言うひどい印象コメントまで付けました。
キリギリスの仲間・サトクダマキモドキの終齢幼虫。
これを見る限り、冒頭に載せた画像との類似性は疑いようもありません。
外敵に襲われる事もなく、無事最終脱皮を終えて、成虫になれたんですね。
で、笑いたくなる様だったおかしな顔は、一体どう変化したのか・・
少なくとも鼻毛みたいだった触角は、ぴーんと前に伸びて、凛々しくなったかな・・
サトクダマキモドキ成虫・メス
少し離れてみるとこの通り。お尻には成熟の証・立派な産卵管も確認出来ます。
この角度から見ると、目つきも、かなりきつめで威圧的。
とても顔見て笑える様な雰囲気ではありませんね。
成虫化を祝したい気持ちの反面、ちょっと寂しいなぁとも・・

※8/11に都内で撮影(参照画像は7/30に同じ場所で撮影)
※共通データ:SONY α7II / FE 90mm F2.8 Macro

間に合うの?2017/08/08 20:18

間に合うの?
ノロノロ台風の影響が薄れ始めた午後。
青空に向かって背高ノッポの夏草が突き上がっていました。
あれ位の風なんてへっちゃらさって言いたげな雰囲気も・・
ヒメクダマキモドキの幼虫
吹けば飛ぶようなミニミニ幼虫も、葉っぱの上で涼しい顔。
キリギリスの仲間・ヒメクダマキモドキの幼虫です。
自慢の長い後ろ脚で踏ん張れるから、強い風が吹いたって平気なのさ・・
それにしても、今の時期に、依然この小ささ!。
やがて訪れる秋の昆虫ラッシュタイムに間に合うの?って余計な心配を・・
アカボシゴマダラの産卵
エノキの幼木では、アカボシゴマダラが産卵を繰り返していました。
虫食いだらけの葉は避けて、出来るだけ新鮮な葉に向けてお尻をくいっと・・
はやいもので、暦の上では、既に立秋(2017年は8月7日)を過ぎました。
次世代に命をつなぐ蝶たちの産卵行動にも、一層拍車がかかりそうです。

※8/8に都内で撮影

顔見て笑うな!2017/07/30 20:31

顔見て笑うな!
草むらで目にしたおかしな顔。
キリギリスの仲間・サトクダマキモドキの幼虫です。見れば見る程、へんな顔。
触角を後ろに畳んでいる様子が、鼻毛を伸ばした間抜けなおっさんと言う風にも・・
と言う事で、その特徴に着目して、顔面接写を一枚。
”ひとの顔を見て笑うな!”って怒られそうですが・・
ツチイナゴの幼虫
クズの葉に止まっていたこの子は、シクシク泣き虫かも・・
目の下に涙の跡があるから・・って言うのは、こちらの勝手な解釈。
眼下の筋模様が特徴のツチイナゴ幼虫です。
毎年今の時期に誕生し、成虫として越冬、来季に繁殖行動をして一生を終えます。
実に息の長いイナゴ。泣き虫と言うイメージとは大違い。逞しい生命力の持ち主です。
なお、成虫になると冬枯れの野に紛れる褐色系に色変わりしてしまいます。
フレッシュなグリーンの体色を目にするのも今のうち。
キリギリス・メス成虫
まだ幼虫時代を過ごす種が多い中、ご本家キリギリスは既に究極の成熟体形に・・
これはメス。お尻には立派な産卵管も確認出来ます。
春の野でタンポポなどの花をかじっていた幼虫時代のひ弱なイメージとは大違い。
威圧感さえ感じさせる姿に、しばし見とれてしまいました。

※7/30に都内で撮影

林縁の草地で・・2017/07/04 21:47

林縁の草地で・・
接近中の台風の影響でしょうか。湿気を含んだ重々しい空気が漂っていました。
人にとっては不快であっても、昆虫達にとっては、さして支障無しなのかも・・
林縁の草地では、真夏の主役たちが賑やかな顔見せを披露してくれました。
これは最終脱皮を終えたヤブキリ成虫。草の繁みの間を伝ってノソノソ・・
本家キリギリスとは違って、樹上での生活を旨とする種です。
さて、どの木に登ろうか思案中?・
カナブン(推定)
メタリックな光沢を放っていたのは、灯火飛来の常習犯・カナブン。
樹下の薄暗い場所にいると、一層その存在感が際立ちます。
こうして自然の中で目にすると、なんとも格好いい。
でも、今夜あたり飛ぶんでしょうね。遠くに見えるあの灯りをめざして・・
ホシベニカミキリ
草の緑に映えていたのは、ホシベニカミキリの紅色。
登場当初は、葉から転げ落ちたりのドジぶりが目立ちましたが、今日はしっかり。
この様な場所での行動にもだいぶ慣れてきた様です。
いまの時期は産卵の最盛期とか。ドジばかり踏んではいられないって事らしい。
ベニイトトンボのメス
成熟した重々しい昆虫達を見た目には、ベニイトトンボの軽快感が心地よい。
何より、このまん丸目のチャーミングさと言ったら・・
観察している立場が逆転して、観察されている様な気が・・

※7/4に都内で撮影