物凄い顔に出会った2020/07/04 20:04

物凄い顔に出会った
雨の恵みを受け、旺盛な繁茂ぶりを見せる草むら。そこで出会った物凄い顔。
成熟の域に達したキリギリスのオスです。
幼虫の頃には草食性でしたが、成虫時には凶暴な肉食性に変化します。
その食性変化を端的に表しているのがこの怖い顔と言う訳ですね。
キリギリスのオス成虫
今日のこれは草の葉上にとまっていた為、全身像を出来ましたが、まれな体験かも。
成虫になると、草の繁みの奥に身を潜めて生活する事が多くなります。
姿は見えないけど、チョン・ギースと言う独特の鳴き声が草むらの奥から・・
子供の頃の夏休みの記憶につながる懐かしい音。それを耳にするのも、もうすぐ。
翅が生えかかったキリギリス幼虫
同じ草むらでは、背中に翅が生えかかった終齢幼虫も確認出来ました。
ガッシリとしたこの体形から推測すると、既に肉食性に移行済みかも・・
食べられる側の昆虫たちにとっては、いよいよ油断大敵な日々に突入ですね。

※7/4に都内で撮影

多彩なキャラが・・2020/06/07 20:15

多彩なキャラが・・
草の葉上で、腹ごなしの為の休憩をとっていたキリギリス幼虫。
まだ小さいながら、全身から漂う雰囲気にはぴーんとした緊張感が漂っていました。
若齢幼虫のうちは草食性、そして成長するにつれて他の昆虫等を襲う肉食性に・・
既にその段階に足を踏み入れた頃でしょうか。
ナナフシ、威嚇してるつもり?・・
いっぽうこちらは生涯を通して草食性。心優しき胴長昆虫・ナナフシです。
草の葉上でくたーっと伸び切っているのが常ですが、これは珍しくりきんだ状態。
カメラの接近に気づいて、威嚇のポーズをとっているつもりかも・・
ナナフシの顔に迫る
でも、りきみは長く続かず、すぐに又くたーっと・・
お陰でこんな顔面接写も楽々ゲット出来ちゃうと言うわけ。
多彩なキャラを持つ昆虫たちが顔を揃え始めた草むら。
楽しみがいっぱいの時期にいよいよ突入です。

※6/7と6/6に都内で撮影

淘汰の法則が・・2020/04/04 19:23

淘汰の法則が・・
まずは赤く色づく葉っぱの赤ちゃん。その上に止まっていた昆虫の赤ちゃん。
くたーっとしたリラックスポーズをとっていたのは、ヤブキリの若齢幼虫でした。
今の時期、目を凝らして観察すると、信じられないほど多数の生息を確認できます。
サクラの若葉を食べるヤブキリ幼虫
これは、リラックスするのは後回しにして、今まさにお仕事中の同種幼虫。
止まっていたのはサクラの若葉。”今の時期の葉が一番おいしいのよ” って食欲全開。
幼虫の前方にある大きな食い跡は、この幼虫が残した物と思われます。
食欲全開で食べまくり、皆が揃って成長すれば、草むらはヤブキリの成虫だらけに・・
・・とならないところが昆虫世界の不思議。淘汰の法則が厳然と存在する様です。
さて、この幼虫は、その狭き門を無事くぐり抜ける事が出来るのでしょうか。

※4/4に都内で撮影

脚力だけでは・・2020/03/24 20:53

脚力だけでは・・
アカツメクサの花に止まるいかつい姿の甲虫。
春先の野で多く見られるモモブトカミキリモドキのオスです。
モモブトと言う名前は、オスの後脚付け根に見られる膨らみからの命名ですね。
逞しいこの脚のパワーを活かして機敏に行動かと思えますが、移動は割とモタモタ。
この脚線美は、細い脚を持つメスを惹きつける為のデモンストレーションなのかも。
昆虫界のカッコマンここにありと言う事の様です。
ジャンプ力抜群のヤブキリ幼虫
見せかけだけではない脚力の凄さから言うと、ヤブキリ幼虫のこの脚は別格。
葉っぱの上で踏ん張るこの姿を見ても、跳躍力の優秀さは容易に想像出来ます。
体長に比べ、異様に長いこの後脚をくいっと折り曲げてハイジャンプ!・・
翅が生えてくる迄の命綱とも言える部位がこの脚なのかも・・
しかし今は多数誕生中の幼虫も、季節の進展につれ淘汰され数的に落ち着きます。
自然界の厳しい掟は、優れた脚力だけでは乗り越えられないものなんでしょうね。

※本日撮影の画像ではありません(3/22に都内で撮影)

若草生える場所で・・2020/03/22 19:48

若草生える場所で・・
カラカラに乾いた枯れ草の足元で、若緑色の草が数を増やし始めています。
草むらにおける世代交代の始まりを実感させられる光景です。
この先の展開は想像以上にはやい。そして、それに時を合わせる様に・・
ヨモギの葉に止まるヤブキリ幼虫
緑の復活を待ち望んでいたもの達が、続々と誕生中!。
これは、ヨモギの葉上で目にしたヤブキリの若齢幼虫です。
体色が若い草の緑にそっくりなので見分けが難しいのですが、目を凝らすと結構多数。
いかにもジャンプ力が強そうな後ろ脚を駆使して、葉から葉へ移動していました。
ヤブキリ幼虫の顔面迫写
これはそんな1匹と鉢合わせの図。
目の前に迫ったレンズに、さて、どうしたものかと困惑の表情の様にも・・
注目点は幼虫の前方にある葉っぱの傷。表面が削り取られた様な傷み方をしています。
この様な傷は、他のヨモギの葉でも多数確認出来ました。
自然な推測としては、早く大きくなりたい幼虫達の食欲の成せる結果がこの傷。
若草としては、有り難くない事でしょうが、時節柄致し方ない事なのかも・・
昆虫達の猛食を物ともしないパワーを、伸び盛りの若草は持ち合わせている様です。
なんとも頼もしい。

※3/22に都内で撮影