鮮やか vs シンプル2019/11/14 20:04

鮮やか vs シンプル
傾き始めた陽射しを浴びて、ナンキンハゼの葉が鮮やかな彩りを見せていました。
紅色から黄色そして緑色迄が混在する、何とも賑やかな雰囲気に目を奪われました。
この木に関しては、まさに今が紅葉の見頃と言えそうです。
ヤツデの花
ある意味賑やか過ぎるナンキンハゼの葉に対して、こちらは、花なのに超シンプル。
旬の時を迎えたヤツデの花です。球形にまとまった花形は極めてユニーク。
寒さが厳しくなる今の時期に咲く花ならではの、形態的な工夫なんでしょうか。
ヤツデの花で吸蜜するアリ
ユニークな花形は、蜜を求める昆虫たちにどう受け取められているのやら・・
蜜源がびっしり並んでいるので、吸い放題で最高だよと言いたげなのがアリ達。
今日も多数が訪れていました。
蜜の出が特に良好な箇所では、こんな鉢合わせのシーンも・・”早くどいてよ!”。
この先、当分の間は、大賑わいの盛況が続いて行きそうです。

※11/14に都内で撮影

良からぬ者も・・2019/11/13 20:42

良からぬ者も・・
南アフリカ原産のユリオプスデージー。
花期は11月から翌5月迄とか。花の少ない時期に咲く貴重な花といえそうです。
今年も順調に開花し始めました。・・となれば当然のことですが・・
吸蜜に夢中なミナミヒメヒラタアブ
花の数の減少を嘆いていた昆虫にとっては、正に救いの神的な存在となっている筈。
今日目にしたのは、小さなハナアブ・ミナミヒメヒラタアブでした。
蜜源がびっしり並んでいるので、こたえられないよと言う感じで張り付いていました。
この花がある限り、寒さが厳しくなってもへっちゃらさって言う気持ちでしょうか。
ユリオプスデージーにいたハナグモ(推定)
救いの神的な花ですが、そこには、良からぬ者の姿も・・
それがこれ。早く獲物がやって来ないかと待ち伏せ中の超小型の蜘蛛でした。
網を張らずに、俊敏な動作で獲物をキャッチするハナグモでしょうか。
花芯の大きさと比べても、いかに小さいかが判ります。
蜜に夢中な昆虫達にとっては、さして関心を呼ばないゴミ的な存在かも・・
そこが狙い目の、この小ささ、目立たぬ色合いなんでしょうね。
やるなぁ・・

※11/13に都内で撮影

限界の時期に?・・2019/11/12 20:21

限界の時期に?・・
全盛期とは大きく異なる雰囲気が漂い始めた昆虫の世界。
そんな光景がここにも・・
がっくりうなだれたポーズをとるオオカマキリのメス。
自慢のカマを振るって多数の獲物を捕らえた日々の疲れが、どっと出て?・・
カメラを睨み返すオオカマキリ・メス
それは、こちらの勝手な思い込みだった様です。
カメラの接近に気付き、きーっと睨み返す視線の鋭さは相変わらず。
この分だと、まだまだいけそうかな?・・
息絶えた(?)ジョロウグモ
いっぽうこちらは、もう限界越えの様でした。
エノキの枝からぶらんと吊り下がっていたジョロウグモのメス。
微風を受けてゆらゆら揺れていましたので、既に息絶えた個体だったのかも・・
毎年、この時期になると、多く目にする事になる寂しい光景です。
今年も、いよいよ、そんな限界の時期に差し掛かったんですね。

※本日撮影の画像ではありません(11/10に都内で撮影)

ぴたりとハマる・・2019/11/10 20:42

ぴたりとハマる・・
11月も中旬に近づくと、草むらの雰囲気も大きく様変わりを見せ始めます。
一面の緑が、黄褐色系をメインにした複雑な色の混じり合いに・・
その色は意外と華やか。枯れ色に変わる前の最後の輝きです。
晩秋の景色にハマるアキアカネ
そんな晩秋の風景にぴたりとハマる昆虫といえば、やはりこれでしょうか。
力尽きて倒れたセイタカアワダチソウの茎で翅休めをしていたアキアカネです。
数は大分減ってしまいましたが、この様なリラックスした姿を見るとほっとします。
散々の悪天候が続いたこの秋。それに耐え忍んだ生命力に賞賛を贈りたい気持ちに・・
ハラビロカマキリの卵のう
これを目にした時にも、思わず賞賛の気持ちが・・
ハラビロカマキリの卵のうです。正に非の打ち所のない程の完璧な形でした。
オオカマキリの卵のうは既に目撃済みですが、この種の卵のうは今季初目撃。
ハラビロは、オオカマキリより更に遅くまで生き続ける息の長い種です。
しかし、そろそろ産卵を始めないとと言う時期に差し掛かった様です。
でも、これひとつだけじゃ、メスとしての役目は果たしきれていないかも・・
あとに続いて行われる産卵も、完璧に終わることを祈るばかり。

※11/10に都内で撮影

晩秋の色に見とれる2019/11/09 19:12

晩秋の色に見とれる
寂しい冬景色に向かう段階で、ほんのひと時だけ目に迫ってくる鮮やかな彩り。
キャストは、思い想いの色に染まる樹々の葉、そして風になびいて光る水草の穂。
その演出者は、早くから傾き始める晩秋の陽射しです。
今日はその条件が全て整っていた感じ。しばし見とれてしまいました。
冬姿への変身を急ぐ木
視線を空に向けるとこの通り。地上とはガラリとイメージが違うクールさでした。
その空に向かって突き上がっていたのは、冬姿への変身を急ぐ木。
既に多くの葉を散らして、かなり身軽になっていました。
天候の異変に悩まされたこの秋。しかし、ここに来て帳尻はバッチリ!・・
オオカマキリの卵のう
これも、帳尻はバッチリの一例。
低木の枝に産み付けられたオオカマキリの卵のうです。
見事に整った形状で、母虫の産卵技術の優秀さを物語っていました。
大きさもかなりのもので、この分だと、中には眠る新しい命も相当な数の筈。
多くの昆虫達に恐れられるカマキリの地位、来季も不変と見て良さそうです。

※11/9に都内で撮影