日陰に逃げ込む2018/07/21 20:24

日陰に逃げ込む
強すぎる陽射しは、真夏を生きる昆虫達にとっても過酷な仕打ちとなっている様です。
普段は活発に飛び回る蝶も、日陰に逃げ込んでひっそりの光景を多く目にしました。
樹下のほの暗い草地で翅休め中だったのはアオスジアゲハ 。
周囲の暗さに紛れ込みそうでしたが、この蝶ならでは青緑色の斑紋だけがくっきり。
ひときわ鮮明に感じられました。
ルリシジミの翅休め
同じ様な環境下で目にしたのは、シジミチョウの一種・ルリシジミでした。
こちらもクールタッチな白い翅色が、暗い環境下で際立っていました。
この蝶の翅の美しさは、こんな場所でこそ鮮明に感じられるのかも知れません。
しかし蝶にとっては ”ここでじっとしていたんじゃお腹が空いちゃうのよ” かも・・
炎天下のクマバチ
強い陽射しもなんのその!・・炎天下の草地を忙しく飛び回っていたのがこれ。
いかにも暑苦しい体色のクマバチ(キムネクマバチ)でした。
ややしおれ気味のアカツメクサの花であろうとお構いなし。
独特のしがみつきポーズで吸蜜を繰り返していました。
凄いバイタリティ!・・日陰でひっそりの蝶達も少しは見習ったらどうかと・・
でも無理は禁物ですよね。今日も熱中症関連の報道が続々でした。

※7/21に都内で撮影

猛暑の昼下がりに・・2018/07/20 19:58

猛暑の昼下がりに・・
じりじりと照りつける陽射し、容赦のない暑さが今日も継続しました。
これは昼下がりの駐車場で目にした光景。車の下の日陰に逃げこんでいたカラス。
くちばしが開いていますが、やかましくカーカーと鳴いている訳ではありません。
息も絶え絶えの体調を象徴していたみたい。
色が黒いから、陽射しをもろに浴びると体温が急上昇してしまうのかも。
真夏は大変だね・・
アブラゼミ
暑ければ暑いほど元気づくのが、今の時期の昆虫界の主役・セミの仲間達です。
今日の暑さを受け、合唱音のボリュームが一段とアップしていました。
そんな合唱団の一員として重要な位置を占めるのが、このアブラゼミ。
終盤に差し掛かると、翅が傷んだ個体も多く見かけますが、今は完璧におニュー。
鳴き声に張りがあるのも当然ですね。
アオバハゴロモ成虫
アブラゼミはちょっと暑苦しい体色。一方こちらは目に心地良く映るクールタッチ。
セミの親戚・カメムシ目ヨコバイ亜目に属するアオバハゴロモです。
木の幹に止まるポーズは本家セミ達と同様。但しこちらはいっさい鳴きません。
草木の茎や幹に止まり、汁を吸う日々を静かにおくっています。
鳴くエネルギーを使わないだけ、楽な生き方かも。
実情は判りませんが・・

※7/20に都内で撮影

日本発の猛食家2018/07/19 20:25

日本発の猛食家
連日の猛暑に食欲も減退気味ですが、それとは真逆の猛食ぶりを示す痕跡も・・
正に穴だらけ。葉脈を避けて柔らかい部位だけをムシャムシャって言う食べ方ですね。
さて、この特徴的な食べ方をする昆虫の正体は?・・
葉っぱを食害中のマメコガネ
近くの葉っぱで、犯行場面をキャッチする事が出来ました。
穴あけ職人は、小型のコガネムシ・マメコガネでした。
今の時期、様々な植物の葉や花に群れて猛烈な食欲を披露している農業害虫です。
その罪状は渡来先の米国でも、つとに有名。果樹園などに甚大な被害を与えたらしい。
渡来元が日本である事から、ジャパニーズ・ビートルと呼ばれて恐れられたのだとか。
そう言う事で有名になるのは、決して誇れる事ではないような・・
でも、当人(?)は反省の色も見せず、この夏も猛烈な勢いで食いまくっています。

※7/19に都内で撮影

暑中お見舞いを・・2018/07/18 20:45

暑中お見舞いを・・
暑中お見舞い申し上げますと言う言葉が、これ程ぴたりはまる夏も珍しいのでは?・・
”生命の危険に関わる暑さ” と言う恐ろしい警告を頻繁に耳にする日が続いています。
と言う事で、当ブログからも、取り急ぎ、暑中お見舞いのご挨拶を・・
制作者の代理としてご挨拶に登場願ったのは、今が旬のゴマダラカミキリ君です。
ただ、適役と言えるかどうか?・・”暑苦しい顔でごめんね” と言った所でしょうか。
姿はクールなミンミンゼミ
セミの声も涼しげとは言い難い。暑さをより一層盛り上げる効果音の様に思えます。
代表種のひとつがこのミンミンゼミ。数あるセミの中でもボリューム度は抜群です。
で、そのお姿はと言うと、この通り。透き通った翅、青緑色を配した体色。
目で見る限りは、結構クールだねって言う印象です。
でも、いかんせん、声の方がね・・

※ミンミンゼミは7/18に、ゴマダラカミキリは7/16に、いずれも都内で撮影

夏の思い出につながる・・2018/07/17 20:06

夏の思い出につながる・・
水草の葉に垂直に止まっていたデカブツ。正に真夏到来を実感させられる光景です。
日本に生息するバッタの中での最大種・ショウリョウバッタのメス。
このバッタは、私にとって、幼い頃の原っぱ遊びの思い出につながる昆虫と言えます。
キチキチ音を響かせて飛ぶ姿が、巨大な入道雲とオーバーラップして浮かぶ様な・・
但しキチキチ音をたてるのはオス限定。メスに対するアピール効果狙いなのかも・・
バッタの世界もいろいろ大変そうです。
オンブバッタの幼虫集団
ショウリョウバッタは夏の終わり頃には、次第に数を減らして行きます。
一方、ちょっと似のオンブバッタは、秋の終わり頃まで生き続ける先の長い種。
従って、成長度合いにもかなり差異が生じる事になります。
これがオンブバッタの現状。草の葉の大きさと比べて、いかに小さいかが判ります。
この日目にした幼虫集団は、同じ親から生まれた子供たちの様に思えます。
今はこうして仲良く群れているけれど、やがて散り散りに・・
全員が健やかに成長する事を祈るばかり。

※本日撮影の画像ではありません。
(ショウリョウバッタは7/15に、オンブバッタは7/16に、共に都内で撮影)