数少ない出会い2017/11/21 20:36

数少ない出会い
私の足音に気づいてピンと飛び跳ね。そんな反応を見せる昆虫もさっぱりだなぁ・・
草むらでの自然観察で、毎年今の時期になると感じる寂しさです。
でも、たまには、ピンと言う反応を見せる希少種との出会いも・・
今日のそれがこれ。まだ緑が残る場所で出会ったホシササキリです。
体のどこにも傷みが見られず、まだ十分現役として通用しそうな雰囲気。
でも、この種の生存期間は11月迄。今日の出会いが見納めとなるかも知れません。
つくづく、惜しいなぁ・・
ミナミアオカメムシ成虫
こちらは、ピンと飛び跳ねず、ノロノロ。
常緑樹の緑の葉上で目撃したミナミアオカメムシです。
カメムシの多くに見られる様に、この種も成虫として越冬が可能。
天気がいい日には、ノロノロとそこいら徘徊を始めるみたい。
ミナミアオカメムシの顔
ノロノロしているのを幸いに、顔面迫写を一枚。
チャーミングな黒い瞳をキャッチする事が出来ました。
それにしても、鮮やか過ぎる位なこの緑の体色。
緑が少なくなる冬の間は、居場所選定に結構苦労するだろうなぁと・・
余計な心配はご無用と言う事でしょうけどね・・

※11/21に都内で撮影

晴天よ、長く・・2017/11/19 20:08

晴天よ、長く・・
不順な天候続きでしたが、秋から冬への遷移はほぼ正常に進んでいる様です。
草むらには、先端から白く泡立ち始めたセイタカアワダチソウ。
そして樹々の葉も、思い思いの色に色づき始めました。
ヨシの穂光る水辺
水辺では背高なヨシの穂が、西陽を浴びて輝きながら、風に揺れていました。
毎年、この時期になると目にする光景。いわば晩秋の定番とも言える眺めです。
一見華やかに見えますが、この後に訪れるのは、枯れ色に覆われた冬景色。
数日の冷え込みから考えて、そんなに先の事ではないでしょうね。
アキアカネ垂直止まり
「まだ頑張っていたんだね」そう声を掛けたくなるものにも出会えました。
水辺に打ち込まれた木杭で翅休めをするアキアカネ。
そのポーズは、この通りの陽射しを背にしての垂直止まりでした。
陽射しを全身で浴びる為の必然的な体勢と思われます。
アキアカネの日向ぼっこ
こちらは、鉄製の構造物に腹ばいでへたり込む様に止まる個体。
表面からの輻射熱で暖をとろうとしている様です。
こんな姿を目にすると、穏やかな晴天よ、この先も長く続けと念じたくなります。

※11/19に都内で撮影

緑にほっと・・2017/11/17 20:12

緑にほっと・・
すかっとした晴天、陽射しも豊かなんですが、気温の上昇は殆ど感じられません。
これは、その空をバックに見上げたハナミズキの木。
枝に葉は残っていますが、既に紅葉ではなく、からからに乾いた枯葉状態。
全てが散り落ちるのも時間の問題と思われます。
枝先に付いている冬芽が弾ける迄の、長い長い冬の眠りが既に始まっていました。
ヒメクダマキモドキ
丸裸の木が増え始めた木立。常緑樹の緑を目にすると、ほっとします。
今の時期まで長生きしている昆虫にとっても、同様ではないでしょうか。
と言う訳で、今日の観察ターゲットは、緑色を失わない木の葉を重点的に・・
やはりいました!。じーっと固まった様な状態のヒメクダマキモドキ。
木の葉の緑に酷似した体色で見分け難いのですが、目を凝らすと、複数が・・
葉の所々に食い跡も見られますので、細々と食事をしながら生き長らえている様です。
ヒメクダマキモドキの顔
これは別の場所にいた個体です。日向に出てきて、虫干し(?)中って言う感じ。
陽射しが豊かで上機嫌と言うより、きつい目つきからは、大分力が入っている感じ。
日に日に強まる寒さに耐えてゆくには、これ位の迫力が必要なのかも・・

※11/17に都内で撮影

色変化が足早に・・2017/11/16 21:02

色変化が足早に・・
緑から枯れ色への変化が足早に進む草むら。
晩秋を生きる昆虫達にとっては、焦りを強く感じる頃でしょうか。
例えばこのオンブバッタ。枯れ色に上手く紛れる体色だけど、それだけじゃね。
食料となる草が枯れてしまっては、もう生きてはいけないよぉ。
枯れかかった草にオンブバッタが・・
そんな当惑の表情(?)を浮かべて、枯れかかった草に止まっていました。
何とかしてあげたいけれど、これだけはね。
ヤマトシジミの日光浴
近くの草の葉では、ヤマトシジミが翅をフルオープン。
今日の陽射しの恩恵を、生き延びる為のパワーとして蓄えたい気持ちなのかも。
お陰で普段はじっくり見られない表翅の斑紋を観察出来たんだけど・・
しかし、これもまた、いまの時期ならではの寂しい光景と言えそうです。
タンポポ
いま、草むらで最も活気がある物と言えばこれでしょうか。
綿毛を飛ばし続けているタンポポ。
殆ど全シーズン対応可能なタフな奴。冬の間も所々で黄色い花を咲かせ続けます。
しかし、これだけじゃ、昆虫達の冬越しをサポートしきれる筈もありません。
やはり多くの昆虫が冬の間、姿を消すのは自然の摂理なんでしょうね。
手持ち無沙汰の寂しい時期が、もう、すぐそこです。

※11/16に都内で撮影

亀のバリエーション2017/11/14 21:39

亀のバリエーション
最近撮影した画像から、カメムシの仲間・3種を選んで掲載します。
まずは、集団でいる事が多いマルカメムシから・・
この種は成虫のまま越冬が可能。葉の裏などに身を寄せ合って冬を越します。
体長約5ミリと小柄ですが、カメムシ特有のあの匂いは、相当強烈。
遠くからでも、その存在を窺い知れる程。匂いによる自己主張ですね。
ヨコヅナサシガメ
匂いは殆ど発しないけど、直接的な攻撃に要注意なのが、これ。
他の昆虫等を襲い体液を吸う食性を持つヨコヅナサシガメです。
その攻撃対象は人にも・・うっかり指で掴もうとすると、グサッとやるらしい。
冬の間は太い木の幹等に群れていますが、あまり興味を示さない方がいいみたい。
ヨコヅナサシガメのシルエット
冬木立ちの中で、このシルエットを見かけたら要注意!!。
ミナミアオカメムシ成虫
典型的なカメムシ体形を持つこれはミナミアオカメムシです。
イネ科の植物に被害を及ぼすワルらしい。
冬になりイネ科植物が枯れた後も成虫のまま越冬し、春を迎えるそうです。
その越冬の様子について、私は未確認。この冬には目撃したいなぁと・・

※本日撮影の画像ではありません(11/13、11/12、11/6に都内で撮影)