目を凝らせば結構・・2018/01/05 20:49

目を凝らせば結構・・
昨日迄の快晴とは打って変った暗い曇り空。午後にはポツポツと雨も降り出しました。
そんな空の下、草むらには彩りを失った寂しい冬景色がひろがっていました。
目を惹くのはクネクネ曲がって伸びるクズのつる。収拾が付かない程の乱雑さでした。
他の草が枯れて倒れた今、その繁茂力の凄さが、なお一層強調されている感じ。
くるくるくるっと・・
頼り甲斐のありそうな草があれば、くるくるくるって言う所が凄い。
オジロアシナガゾウムシの虫瘤
そんなパワフルなクズをちゃっかり利用する昆虫がいる所が自然界の面白さ。
目を凝らすと、この様に部分的にぷっくり膨らんだつるを見つける事があります。
これはクズが自前で作った物ではなくて、ある昆虫が働きかけて作らせた虫瘤。
その昆虫は、ゾウムシの仲間・オジロアシナガゾウムシです。
これに産卵されたつるが異常反応をして膨らみ、育児スペースを提供する形に・・
そんなちゃっかり屋に利用されてもぐんぐんつるを伸ばすクズも相当なもんですね。
枯れ茎で見たオオカマキリ卵のう
オオカマキリは、ゾウムシみたいな悪さはしないけど、草の特性をしっかり利用。
これは、セイタカアワダチソウの茎に、昨年秋、産み付けられた卵のうです。
枯れきって倒れても、頑丈な茎は、春までしっかり草むらに残り続けます。
その事をしっかり見越しての産卵場所選びだったんですね。
虫瘤や卵のう、見どころがさっぱりな筈の草むらですが、目を凝らせば結構・・

※1/5に都内で撮影

雨さえやめば・・2017/10/20 22:04

雨さえやめば・・
爽やかな秋晴れは今日もお預け。しかし、時折薄日が射す時間帯もありました。
雨の時にはさっぱりだった昆虫達の活動も、その時間帯に限って復活です。
依然花盛り続行中のセイタカアワダチソウに来ていたのは、モンシロチョウ。
意地悪な雨にも負けず、綺麗な翅を保ち続けている事に、ほっと一息。
ニラの花にいたヤマトシジミとコアオハナムグリ
ニラの花も今が花盛り。秋を生きる昆虫たちを惹きつけてやまない様です。
これは仲良く(?)食事中のヤマトシジミとコアオハナムグリ。
このシーンの両者にも、体の傷みは全く確認出来ません。
雨に耐える力は、人が思う程にやわではないのかも・・
小さなカタツムリ
”あれっ!、止んじゃったの、困るよう” って言いたげな奴も・・
同じニラの花に所在無さげに止まっていたチビカタツムリでした。
自慢のツノも縮んでしまい、本調子とは言えない感じ。
おかげで、ツノの先端にあるまんまる目をじっくり観察する事が出来ました。
こうしてみると、結構かわいいですね。

※10/20に都内で撮影

雨空続きの秋に・・2017/10/17 19:49

雨空続きの秋に・・
傘マークの付かない日がない位の湿っぽい秋になっています。
秋の野を彩る花にとっても、今ひとつ調子が出ない日々ではないでしょうか。
すっくと立つセイタカアワダチソウも、雨に濡れると全然らしくない姿に・・
重くうなだれる姿を見せるばかり。しかし、こんな状態を歓迎する者の数も多し。
例えばこれ。密集した花を傘代わりにして休息中のコアオハナムグリです。
”これ以上の雨宿り場所はないよ” って言う感じでしょうか。
コセンダングサの花
一方、うなだれポーズが出来ない花は、晴れ待ち顔で、ただ雨空を見上げるだけ。
小さなハナアブたちに人気抜群のコセンダングサの花も、こんな感じ。
コセンダングサのヒッツキ虫
小粒な黄色は、秋の野にぴったりはまる彩りなんですが、ちょっと困った点も・・
コセンダングサ、それ迄の優しげな雰囲気から、こんなトゲトゲしい姿に激変します。
所謂 ”ひっつき虫” の一種。人の服や動物の体毛に引っ付いて生息範囲を広げる作戦。
今年も、本性をむき出しにしたその姿を見かける様になって来ました。
これも又、秋の野ならではの風物詩なんですが、やはり歓迎出来ませんね。
チクチク痛いしね。

※本日撮影の画像ではありません(10/15に都内で撮影)

陽射しよカムバック!2017/10/15 20:11

陽射しよカムバック!
しとしと雨が降り続いた1日。気温もかなり低めで秋の深まりを実感させられました。
当然の事ながら、昆虫達も活発な動きは見せず。ただ雨がやむのを待つだけ。
これは花盛りのセイタカアワダチソウで目にしたキタキチョウ。
翅全体が、雨を弾く鱗粉に覆われている為、とりあえずこうしていれば大丈夫みたい。
しかし、これ以上強い雨に変われば・・ハラハラドキドキの翅休めでしょうね。
コアオハナムグリの雨宿り
得意のポーズ・花に潜って雨をやり過ごそうとしていたのは、コアオハナムグリ。
でも肝心のヒメジョオンの花が雨に濡れて、全然らしくない姿に変わっていました。
まさに ”破れ傘” って言う感じで、雨よけの効果は期待できそうにありません。
いくら硬い殻をまとっているとは言え、体が冷えてしまうとダメージが大きそう。
予報では、この先も、傘マークがずらりと並んでいます。
昆虫同様、観察者としても、秋の陽射しよカムバックって言いたい気持ちに・・

※10/15に都内で撮影

季節を進める雨が・・2017/10/13 19:53

季節を進める雨が・・
季節の歩みを一気に進める感じの雨が、降ったり止んだり・・
落ち葉が積もった地表には、晩秋の象徴・ドングリが沢山落ちていました。
時期外れの高温に見舞われた昨日。そしてその翌日には晩秋の気配すら・・
今年の気象状況は、やはりちょっとおかしいなぁ・・
コアオハナムグリの雨宿り
草の葉陰で雨宿り兼昼寝中のコアオハナムグリも、水没寸前の可哀想な状況に・・
そろそろ起き出して、場所替えをしないとヤバイかもね・・
秋の野に咲く花に止まり、採餌する姿を頻繁に目にする小型甲虫です。
まだまだフェードアウトするには早過ぎる。
雨が止んで秋の陽射しが再び・・観察者同様、それを待ち望んでいる筈です。

※10/13に都内で撮影