甲虫の夏来たる2020/07/06 21:46

甲虫の夏来たる
昆虫世界の真夏は、各種甲虫の賑わいで本格的に幕を開けます。正に大小様々。
これは小さい方の代表格・マメコガネです。別名ジャパニーズビートル。
日本から北米に渡った個体が農作物に甚大を被害を与えたとして恐れられています。
私の観察地でも、野草の葉を激しく食い荒らすシーンに度々出くわします。
なりは小さいけれど、決してあなどれない存在と言えそうです。
寝こけているアオドウガネ
なりはデカいけど、いつも寝こけているのんびり派・・そんな印象の甲虫がこれ。
葉陰で惰眠をむさぼるアオドウガネです。
昼間は、この様に寝こんでいて、日が暮れた後に活動を始める夜更かしタイプ。
植物への加害度がどれ位なのかは、現場をおさえられないので、いまいち不明。
でも、この図体から推測すると、かなりのものなのかも・・
ジョロウグモの餌食になった甲虫
硬い殻で身を固めている甲虫達は、向かう所敵なしと言う感じですが、さにあらず。
こんな光景に出くわす事も度々です。
ジョロウグモの網に掛かってぐるぐる巻きにされた甲虫。
硬い殻に護られていても、こうなってしまっては、もはや打つ手なしですね。
それしにてもこの蜘蛛、この後、どの様にしてこのカタブツを食すんでしょうか。

※7/4と7/5に都内で撮影

眩しい陽射しを受け・・2020/07/02 20:51

眩しい陽射しを受け・・
梅雨の真っ只中にある事を忘れさせる様な、スカッとした青空に恵まれた一日でした。
これで掛かる雲が入道雲なら完璧に真夏の風景なんですが、その点だけはやや微妙。
ぐっすり昼寝中のアオドウガネ
当然ですが、陽射しの眩しさは相当なもの。
それを避ける様に、アジサイの葉陰方向に顔を向けて熟睡中の甲虫がいました。
昼間はひたすら眠りこけ、日が沈む頃に起き出して活動を始めるアオドウガネ。
典型的な夜型昆虫ですね。正に昼寝のプロフェッショナル!。
寝ぼけて転げ落ちない様に、葉の端に脚を引っ掛ける態勢もバッチリでした。
ハラビロカマキリの幼虫
ヒマワリの葉上にいたハラビロカマキリ幼虫は、昼寝なんかしていられない。
陽射しギラギラの今が稼ぎ時。臨戦態勢のポーズで獲物を待ち受けていました。
葉上にくっきり印されたシャドーもやる気十分な雰囲気。さすがだなぁと・・

※7/2に都内で撮影

メタリックに輝く・・2020/07/01 20:24

メタリックに輝く・・
大型甲虫の魅力として挙げられるのが、メタリックに輝く体色でしょうか。
中でも最近目撃機会が増えたリュウキュウツヤハナムグリの輝きは別格です。
同じ種なのに、その色合いにバリエーションが存在して、更に楽しめます。
これは最も頻繁に目にするタイプ。緑色基調に金色が混じって、何ともきらびやか。
見る角度や光線状態によって色合いが微妙に変化するところも中々です。
銅金色のリュウキュウツヤハナムグリ
いっぽうこちらはピカピカに輝く銅色のモノトーンタイプ。
金属感はより一層高まった印象を受けます。
この種には、更にもうひとつのカラーバリエーション・紫銅色が存在するらしい。
今季中にそれにも出会えるか?・・目を凝らしての探索がこの先も続きます。

※6/30に都内で撮影

恐るべき子象達が・・2020/06/26 20:44

恐るべき子象達が・・
草の葉の先端まで来て、やや戸惑い気味のポーズで固まっていた小さなゾウムシ。
数あるゾウムシの中でも、体の丸っこさでは高ランクに位置するスグリゾウムシです。
ころっとした可愛らしい姿は、まさに子象の昆虫版と言ったところでしょうか。
スグリゾウムシ成虫
これは別の葉で目撃した同種個体。前のめりの姿勢で固まっていました。
どちらも活発な動きを見せる事はなくモタモタ。とても臆病なやつらの様にも・・
しかし、食欲が全開になれば、好物の葉っぱを凄い勢いでムシャムシャの筈。
その対象は名前にあるスグリやミカン系の葉っぱらしい。
食べられる側からは、恐るべき子象達が続々誕生中と言う困った状況でしょうね。

※6/26に都内で撮影

クネクネ転じて・・2020/06/23 21:58

クネクネ転じて・・
圧倒的な存在感。そんなイメージを抱かせる甲虫がこのリュウキュウツヤハナムグリ。
見る角度によって違う色合いに輝くメタリックカラーに目を奪われます。
リュウキュウツヤハナムグリの顔
面構えの迫力もかなりのもの。
大きい体を持て余してか、ぼーっと静止している事が多いので、顔面迫写も簡単です。
ピカピカに輝く猛牛って言うイメージでしょうか。
地面を這っていた不気味な幼虫
この種に頻繁に出会う観察地で目にしたちょっとグロな物体がこれ。
木屑などが降り積もった地表をクネクネと這って移動していました。
形状から見て、甲虫の仲間の幼虫と思われます。
この地での生息数の多さから見て、リュウキュウツヤハナムグリの幼虫かも・・
”クネクネ転じてピカピカに” って、どうしてもイメージ的に繋がらないのですが・・

※成虫は6/21に、幼虫は6/15に、いずれも都内で撮影