冬支度が足早に・・2022/10/09 13:04

冬支度が足早に・・
秋が足早に進んでいるなぁと感じたのが、この光景。
舗装面の凹みに溜まったドングリです。風に吹かれてここに集結と言う事みたい。
近づく冬に備えて、樹々の冬支度が急速に進んでいる事を実感しました。
器用に歩くナナホシテントウ
昆虫達は依然、秋モードの真っ只中です。
餌(アブラムシ)を求めて、細い草の穂を器用に歩いていたナナホシテントウ。
足を踏み外してポロリ!なんて言う姿は期待できないでしょうね。
落ちたら落ちたで、パッと翅を開いて飛べばいいんだからね・・
オジロアシナガゾウムシ
クズの茎にしがみつく態勢で止まっていたのは、オジロアシナガゾウムシ。
こちらは、ちょっとみっともない姿かなぁ・・
どこから液を吸おうか熟慮中だったのかも知れませんが、ふと、そんな感じが・・

※10/9に都内で撮影
※PENTAX K-70 / SMC PENTAX-DA 1:2.8 35mm Macro Limited.

グズ付き気味の空が・・2022/10/07 12:47

グズ付き気味の空が・・
クズつき気味の天気が今日も継続しました。
降りかたに強弱はありますが、雨粒が絶え間なく落ちてくる日中。
草の穂に宿る水滴もかなりの大きさになっていました。
クズクビボソハムシ
雨が降っても、旺盛な食欲にさしたる変化なし。
そんな感じで、クズの葉に止まっていたのは、クズクビボソハムシ。
その食い跡、ぜんぶ君がつけたの?って聞いてみたい気持ちになりました。
クズの葉にとっては、天気に関係なく受難の日々が当分続きそうです。

※10/7と10/6(ハムシ)に都内で撮影

冴えない空の下・・2022/09/23 14:18

冴えない空の下・・
爽やかな秋の青空を期待したい時期なんですが、残念ながら・・
灰色の空越しに太陽がぼんやりかすむ、冴えない空がひろがりました。
食欲いまいちのクズクビボソハムシ
そんな空の下では、草むらの元気者達もいまひとつ食欲がわかない様子。
クズの葉上にいた大食漢・クズクビボソハムシの食い跡も、この程度でした。
こいつにとりつかれると、葉っぱは見る見るレース模様状態に・・
遅かれ早かれ、そうなることに変わりはないでしょうが・・
アオドウガネの食欲は夜になってから
夜行性のアオドウガネにとって、陽射しの有無は関係ないらしい。
自分が作った喰い跡近くで、ぐっすり熟睡中でした。
それにしても、破壊的とも言える食いっぷり。
少しは手加減しろよ!って言いたくなってしまいます。

※9/23に都内で撮影

セミの声が途絶えた。2022/09/14 14:12

セミの声が途絶えた。
夏型の雲と秋型の雲の共演。空を見上げたらそんな風景が・・
暑さはまだ夏のままですが、転換点に差し掛かった事は間違いない様ですね。
サクラの落ち葉
木立の中で気付いたのは、昨日までは耳に届いたセミの声がバッタリ途絶えた事。
オオトリを務めたツクツクボウシも寿命を迎えてしまった様です。
足下に目を落としたら、サクラの落ち葉がそれなりの数確認出来ました。
まさに散り始め。この先更に数を増して、枯葉の絨毯を演出する筈。
クズクビボソハムシの交尾行動
昆虫たちにとって、次世代に命をつなぐ大切な時期にさしかかりました。
これはクズの葉上で目にしたクズクビボソハムシの繁殖行動です。
注目点は、カップルの周囲にある喰い跡(穴)の数。
この種の食欲からすれば、この程度で済む筈もなく!。
繁殖行動が一段落したら・・その成り行きは確認する迄もないでしょうね。

※9/14に都内で撮影

変わり目を実感2022/09/12 13:33

変わり目を実感
秋雲になりきれず、夏雲にもなりきれず・・そんな中途半端な雲が浮かぶ空。
季節の変わり目を実感させられる風景と言えそうです。
空気の方はまだまだ夏型、日向ではじっとりと汗をかくほどでした。
食事中に眠ってしまった甲虫
旬の花・ヘクソカズラ(ひどい名前ですね)に止まっていた甲虫。
花をかじるポーズのまま眠り込んでしまったみたい。
すこし涼しくなってから食べようと言う事かも・・
いずれにしても、取りつかれた花にとってはとんだ災難!。
(コアオハナムグリ)
アリの勤勉な動き
勤勉な動きを見せていたのは、大小様々なアリ達。
今日もフィールドの掃除役としての勤勉な働きぶりを見せていました。
これはアブラゼミの片翅を運搬中の一匹。
セミの季節の終焉近しを告げる光景と言えそうです。
今日耳にしたのはツクツクボウシの声だけ。
それもかなりトーンダウンしていました。

※9/12に都内で撮影