芳しくない推移2022/11/13 15:27

芳しくない推移
晴れ空から曇り空へ・・天気の芳しくない推移を感じた午後。
草むらで、エックス型の網を張る小さな蜘蛛を目にしました。
網の中央にはコガネグモの幼体がスタンバイ中。
エックス型に倣ったポーズで獲物の到来を待ち受けている様子。
でも、掛かっているのは、食い気を満足させる様な大物ではなくて小さなハエだけ。
せっかく苦労して張ったのになぁって言う思いでしょうか。
あいにくな空模様をうらむしかない様ですね。
好天の日、吸蜜に熱中するアブ
穏やかな陽射しに恵まれた昨日、コセンダングサで目にした光景です。
花粉まぶしになりながら吸蜜にせいを出す太っちょなアブ。
天気さえ良ければ、今日も同様なシーンを目撃できた筈。
獲物狙いの蜘蛛達もウハウハだったでしょうけどね。
サザンカの花芽ふくらむ頃
道端のサザンカのつぼみが大きく膨らんでいました。
もうすぐ赤い花びらが顔を覗かせそうな雰囲気。
寒さに負けない冬の花・季節は着実に歩みを進めている様です。

※11/13と11/12(アブ)に都内で撮影

晴れの特異日に・・2022/11/03 14:08

晴れの特異日に・・
晴れの特異日と言われる文化の日。まさに、その看板に偽り無し!。
澄んだ青空が拡がり陽射しも燦々。用心して身に着けた上着が邪魔な程でした。
昆虫達の動きも活発で、ジョロウグモもウハウハ気分と思いきや、結果は・・
掛かっているのは細かいゴミばかり。こんな筈じゃなかったと言う想いでしょうね。
コセンダングサで吸蜜する蝶
蜘蛛をがっかりさせるのは、昆虫達の数の著しい減少傾向です。
しかし、良く目を凝らせば、居る事はいるんです。
ただ、蜘蛛の網にやすやすと引っかかる様な初心者ばかりではなくなったのかも・・
これはコセンダングサで吸蜜するキタテハ。花から花へ軽快に飛び回っていました。
キンケハラナガツチバチ
繊毛だらけの体に黄色い花粉がびっしり。
セイタカアワダチソウの花に抱きついて熱愛ポーズを見せていた大きなハチ。
花にとっては、願ってもないお客様と言えるでしょうね。
在来のススキを打ち負かす勢いで繁茂エリアを拡大したのはこのハチのお陰かも・・
日本の秋を象徴するススキを愛する者としては、複雑な想いですけどね。
(キンケハラナガツチバチ)

※11/3に都内で撮影

入室はご遠慮を・・2022/10/24 12:59

入室はご遠慮を・・
重く照れ込める雲。時折雨もぱらつく生憎の空模様となりました。
正午近くになっても、気温は一向に上がらず。
このまま冬がスタートするのだけは勘弁してほしいけど、どうなんでしょう?。
部屋に入りたい(?)蜘蛛
帰宅し、玄関のドアを開けようとしたら、こんな光景が・・
細身の蜘蛛がドア横に張り付いて固まっていました。
室内に入りたいんだけど・・って言ったところでしょうか。
その気持ちは十分判るけどね・・
キマダラカメムシも・・
近くには、キマダラカメムシの姿も・・
強烈な匂いを出すことで知られるカメムシです。
こちらも、入室はご遠慮を・・
元気復活!の晴れ空が早く戻るといいねって願いながら一枚!。

※10/24に都内で撮影

秋空にマッチする?・・2022/10/03 17:01

秋空にマッチする・・
澄んだ秋の青空を見上げると気分がスッキリします。
そんな空にフィットするのは、高枝に止まるアキアカネのシルエット。
いよっ、千両役者!って声を掛けたくなります。
ジョロウグモの複雑な求愛シーン
澄んだ秋空をバックに、こんなシーンを目にする事も度々。
キラキラ光る蜘蛛の網に止まるジョロウグモ。
昆虫擁護派としては、まったく歓迎出来ない光景です。
これは、1匹のメスにラブアタックをしかける3匹のオスの関係図。
それぞれが、巨大なメスから適度な距離を保っています。
近寄り過ぎるとメスに食われる危険が!
穏やかな表情の秋空にマッチするシーンとは言えないですね。

※10/1に都内で撮影

こう言う空を・・2022/09/25 14:16

こう言う空を・・
こう言う空を待ってたんだよ!・・そんな感じの秋空が拡がりました。
昆虫世界の秋の主役たちも元気倍増!。アキアカネの動きも活発でした。
枝で一休み中の個体に向けてチョッカイを仕掛ける光景も度々。
ラブアタックでしょうか?。
ツバメシジミは吸蜜に夢中
シジミチョウ達も晴天の下、食欲倍増!。
鋭く尖ってチクチクしそうな草で吸蜜をしていたのは、ツバメシジミでした。
こんな窮屈な逆立ちポーズをとってでも、吸いたくなる美味しさなんでしょうか。
滞在時間はとても長目でした。
蜘蛛同士の殺し合い?・・
好天を受けて、昆虫達の動きが活発!。
それを狙うクモ達も俄然やる気を出してる・・と思ったのですが、意外な光景が・・
どうしてこうなったかは謎ですが、小さなクモに捕らえられたジョロウグモです 。
既に息絶えている様子でした。同族の蜘蛛を専門に襲う蜘蛛なんでしょうか。
なんとも怖い光景でした。

※9/25に都内で撮影