梅雨晴れも今日迄?2017/06/20 20:27

梅雨晴れも今日迄?
梅雨晴れの陽射しを受け、翅休め中のベニシジミの影が葉っぱの上にくっきり。
しかし、こんな光景も目に出来るのも今日の内。
梅雨前線の移動で、東京でも明日にはそれなりの雨が降り出すらしい。
ガクアジサイにいたハラビロカマキリ幼虫
ガクアジサイの花では、ハラビロカマキリの幼虫がスタンバイ中でした。
こちらも、今日の内にそれなりの獲物をゲットしておかないと・・
雨が降り出したら、まったく仕事にならんからね・・
ハラビロカマキリ幼虫の睨み
フォーカス合わないなぁって、まごついていたら、きつく睨まれてしまいました。
”ハンティングの邪魔するな!あっち行けっ!” って言う感じ。
体はまだヒョロヒョロで頼りないけれど、気の強さだけは既に一人前(?)。
毎度の事ながら、この視線、ほんと、たまらんなぁ・・
怒られてるんだけど、ちょっと嬉しい気持ち・・
逆光で見る蜘蛛
このハンターも、雨は願い下げの筈。
今日の内に千客万来を願いたい気持ちでしょうか。
でも、見るところ、網にかかる獲物はさっぱり。
そろそろ焦れ始めてる頃かもね・・

※6/20に都内で撮影

全てが順調にとは・・2017/06/06 19:54

全てが順調にとは・・
オオカマキリに遅れをとったハラビロカマキリ幼虫の孵化も、いよいよ本格化の模様。
草むらでは、幼虫世代特有のお尻くいっと上げポーズを多く目にする事が出来ました。
ハラビロカマキリ幼虫の眼力
顔面ショットもゲット!。
この眼力、他の昆虫に恐れられる狩猟者としての資質は、既にバッチリだね・・
と思われたのですが・・
ハエトリグモ、ハラビロカマキリ幼虫を捕食
悲しいかな、この様な意外なシーンに出くわす事も・・
ハエトリグモに捕らえられ、絶命した幼虫です。
この蜘蛛自体かなり小形なのですが、それでも現状対抗出来るすべはないみたい。
一つの卵鞘から多数が誕生する幼虫ですが、全てが順調に成虫へとは行けない流れ。
その第一段階とも言える自然淘汰が、早くも始まっていたんですね。
生息数のバランス維持の為に働く自然の掟、やはり相当に厳しい。

※6/6に都内で撮影

アリの世界もアリ2017/06/01 19:28

アリの世界もアリ
普通種の代表とも言える昆虫がアリ。そこいらじゅうにウジャウジャいます。
見慣れた種の筈なのに、その素性は意外と知られていない様にも・・
最近撮影した画像の中から数点ピックアップして、その一端を・・
まずは、葉っぱに熱烈キッスをする大形のアリ。
葉っぱの表面にある蜜腺から沁みだす蜜を吸いとろうとしているシーン。
マッチョな体形に似合わぬ繊細な食事風景だなぁと・・
アリの共食い
同じく大形アリの食事風景ですが、こちらは全然繊細じゃぁない。
今まさにかぶりつこうとしているのは、ミニサイズのアリでした。
大きさはかなり違いますが、いわば共食いって言う訳。
チビアリにとっては、こんな凶暴な奴がいたんじゃ、おちおち散歩も出来ないよ。
違和感アリのアリ
お腹が赤っぽいアリもいるんだなぁと、一枚!・・
って言うか、それは全くの勘違い。足の数(8本)を見れば一目瞭然なんですが・・
アリグモの顔
正面から見るとこの通り。アリがこんなギョロ目を持っている筈もない。
こいつの正体は蜘蛛。アリに擬態して獲物をゲットするアリグモの一種でした。
これは、”獲物よ、いつでもいらっしゃい” のポーズですね。
小さなアリを襲っていた大形アリも、こいつに襲われたら、なす術無しでしょうね。
イモムシとアリのコラボ
ちょっとコミカルなシーンも一枚。
コンクリ塀の上をニョロニョロ這っていたイモムシとチビアリのコラボシーンです。
チビがイモムシのお尻にちょっかいを出していました。こいつ、うまそうだなぁ・・
イモムシはそれを察知して、頭を振って、イヤイヤ!・・
イモムシはこの後、塀から転げ落ちて、難を逃れました。
この場合は一匹だけだったからいいけれど、チビアリも集団で結束すれば・・
何はともあれ、いろいろあります。
小さくて目が疲れるけど、アリの世界の実態観察、これからも大いにアリだなぁと・・

※6/1と5/30と5/29に、いずれも都内で撮影

良いお湿りじゃあ・・2017/05/10 19:03

良いお湿りじゃあ・・
久しぶりに降った雨らしい雨。
カサカサに乾いた自然には丁度良いお湿りになった様です。
しかし雨上がりの草地では ”全然良いお湿りじゃあないよ” って言いたげな奴も・・
ベール状の網を張って獲物を待つクサグモの幼体。
水滴をびっしり宿した網の中でひっそり。当然の事ながら収穫はゼロでした。
雨上がりに見たクサグモ幼体
この草の葉にも一匹いました。こちらも今日はさっぱりだなぁって言う感じ。
天気が回復して、獲物である昆虫たちの動きが活発になる事を願っている筈。
クサグモ幼体の網の中
これは晴れた日に見たベール内の様子です。
いわばカスミ網とも言えるベールのだまし効果は抜群の様です。獲物がどっさり。
昆虫ファンとしては憎むべき奴だけど、狩りの手法の見事さに感心する事しきりです。

※5/10と5/9に都内で撮影

目つきが違う2017/04/20 19:43

目つきが違う
サクラの木の住人(?)・ナナフシモドキ幼虫です。
ここのところ数回撮影させて貰っている、いわば顔なじみの存在。
これ迄は、くたーっと伸びきった、やる気が感じられない姿ばかり。
でも今日の様子はだいぶ違いました。食物である若葉をもとめてフラフラと移動中。
この種の食事時間帯である夜まで待てないと言う事でしょうか。
確かに、早く大きくなる為には、昼夜を問わず食いまくらないとね・・
※ 因みに、画像上方が頭部です。
ナナフシモドキ幼虫の目
食欲全開で、目つきもギンギラギン・・って言う訳でもないですね。
体長比小さ過ぎる頭に、これまた小さな緑色の目がぽちっと・・
”おいしい葉っぱをバリバリ食うぞ!”って言う気力は全く感じられませんでした。
ハエトリグモの目
一方こちらは、間違いなく食欲全開の目つき。
網を張らない蜘蛛・ハエトリグモ。草の葉上で獲物ゲットのスタンバイ中でした。
このまん丸でギラギラな目。ナナフシモドキとは大違いで、迫力十分。

※4/20に都内で撮影