危険がいっぱい!2018/04/23 21:03

危険がいっぱい!
ジョロウグモやコガネグモ等大形の蜘蛛はまだですが、小型のは続々と登場中。
それぞれの持ち場で、工夫を凝らした方法で、昆虫の捕獲を狙っています。
そんなやつらを見つけるのも今の時期の楽しみと言う事で、目を凝らしたら・・
タンポポの綿毛に紅色の怪しい物影が・・超ミニサイズの蜘蛛でした。
色、形からみて、クサグモの一種の幼体と判断しました。
この種は細かい網を張って獲物を捕らえる、いわば正統派の蜘蛛の筈。
でもこれは面倒な網張り作業を省きタンポポの綿毛で代用しようと言う算段か・・
確かに頭がいいけれど、それに引っかかるうっかり者がいるかどうか?・・
ここは手抜きをせずに、地道に網張りをする努力をした方がいいと思うけどね。
クサイチゴの花にいたササグモ
こちらはクサイチゴの花弁に止まるササグモ。網を張らない待機型の蜘蛛です。
所で、撮影後に気づいたのですが、上方に小さな甲虫が止まっていました。
でも、この蜘蛛はそれに全く関心を示さず。硬くて歯がたたないって言う事?。
どうやら狙っているのは、花芯に吸蜜に来る小型のアブやハチあたりらしい。
ハエトリグモの一種
これは木の幹に止まっていたハエトリグモの一種。これも網を張らない待機型です。
クサグモもササグモも目立つ事に割と無頓着と思えますが、この蜘蛛は違います。
この角度だとそれなりに目立ちますが、実際は幹のゴツゴツに紛れて判別が難しい。
その点をしっかり認識して、この場所で待ち伏せをしている様です。
捕らえるのは、餌あさりに疲れて幹で一休みのハエやアブでしょうか。
始動直後の昆虫社会。まだ場慣れしない昆虫達には、そこいら中危険が一杯です。

※4/23、4/22、4/20に、いずれも都内で撮影

共存関係?・・2018/03/28 20:28

共存関係?・・
今を盛りと咲くヤマブキの花。明るい黄色がかなりの迫力で目に迫って来ました。
ところで、いくつかの花にはちょっと気になるオマケが・・
画像左側に写っている緑色の物体。良く見ればバッチリ蜘蛛の形をしていますね。
植物の一部分の様な体色で獲物をあざむく、ワカバグモでした。
”蜜を求める虫よ、いつでもいらっしゃい” のポーズで待機中。
花は沢山シベを立ち上がらせて、花粉媒介役のアブやハチに対してウェルカム!。
そんな気持ちの花にとっては、この蜘蛛はどう見ても邪魔者ですね。
”早くあっち行け” って言う気分だったかも・・でもこいつ、絶対どきませんね。
カラスノエンドウとアリ
こちらは、花と昆虫の ”仲良し・共存関係” の一例です。
野草カラスノエンドウで良く目にする光景。花の周囲を動き回るアリです。
茎や葉の上を行ったり来たりしながら、必死に何かを探しているみたい。
で、このアリは ”この花はダメだわ、次行ってみよう” となって降下中。
カラスノエンドウで吸蜜するアリ
これは、目的の物が見つかって、集団行動中の一コマです。
アリが探し回っていたのは、花外蜜腺と呼ばれる蜜を分泌する器官。
この花ではその器官が豊富に蜜を供給中だった様です。”おいしいね” って、皆満足。
アブラムシ等の害虫をアリに退治させる事がこの草の目的。
蜜はその為の誘惑手段と言う訳ですね。
でも、その狙いがズバリ的中しているかと言うと・・どうも疑わしい。
”害虫を食べるより蜜の方がいいや” って、吸い終わると即退散の例が多いみたい。
花と昆虫の共存関係の具体例と言えるかどうかは、ちょっと微妙ですね

※3/28と3/27に都内で撮影

超細長の・・2018/03/25 20:26

超細長の・・
草の葉の向こう側に潜む怪しい物影。
ひょろっと伸びた超細長のパーツから、隠れている物の正体はほぼ想像出来ますが・・
ヤブキリ幼虫の超細長の触覚
答えはこの通り。
超細長いパーツは、続々誕生中のキリギリスの仲間・ヤブキリ幼虫の触覚でした。
体長に比べ、いかに長いかは、この側面ショットで明白ですね。
触覚は、危険を察知する上でも重要な部位ですが、なぜこれ程に長いのか?・・
ササグモの一種
春まだ浅い時期とは言え、はやくも草むらには危険がいっぱいです。
続々誕生中のミニサイズ昆虫に見合った、小さな殺戮者も続々と登場中。
その一例がこれ。「獲物よいつでもいらっしゃい」態勢のササグモです。
獲物は小昆虫。ハエ等が主の様ですが、まだ小さなヤブキリ幼虫も油断出来ない筈。
ヤブキリは、秋の始まり頃まで生息が確認できる長寿命のキリギリスです。
その為にも、生まれたばかりの今の時期から、常に警戒怠らずが肝要らしい。
春まだ浅い草むらですが、厳しい生存競争が既に始まっている事を実感しました。

※3/25に都内で撮影

春はデンジャラス!2018/03/17 21:16

春はデンジャラス!
戻って来た穏やかな春の陽射し。草地ではアリたちの動きが活発でした。
これ迄は巣作りの為の材料運びが殆どでしたが、今日は違う行動を見せるものも・・
カラスノエンドウの繁みでうろちょろしていたこれがその一例です。
この草は、花外蜜腺という器官から蜜を沁み出させてアリを誘う習性を持ちます。
草にとっての害虫を、アリに退治させようと言う作戦なんですね。
このアリはその誘惑スポットを探索中だったみたい。
”ここら辺にありそうかなぁ?” って言う感じ?・・
ササグモ、アリを捕らえる!
蜜源探しに夢中になり過ぎると、思わぬ災難に見舞われる危険性も・・
その一例がこれ。カラスノエンドウの繁みの近くの別の葉上で目撃しました。
ササグモが、前脚でガッチリキャッチしているのは、小さなアリ。
待ち伏せ型のこのクモにとって、ウロチョロ動き回るアリは格好の獲物だった様です。
今日はアリたちの動きも活発だし、ほんと、いいお日和だなぁ・・
アオオビハエトリ(蜘蛛)
アリたちにとっての脅威の存在はササグモ一種だけではありません。
アリの巣の近くで待機中だったこれも恐るべき強敵に違いありません。
アリの姿に擬態する蜘蛛の一種・アオオビハエトリです。
”仲間がいるぞ” って油断させておいて、近づいた瞬間、前脚でガッチリ!。
私が見ている間、そんな残虐シーンは起きませんでしたが、その内きっと・・
草地にはのどかな春の雰囲気が・・でも実はかなりデンジャラス!を実感しました。

※3/17に都内で撮影

今日のところは・・2018/03/10 19:58

今日のところは・・
愚図つき気味の天気もようやく一段落、穏やかな陽射しが戻って来ました。
そんな光を浴びながら、ミカンの葉の上で、まん丸目をギラつかせる者あり。
小さな昆虫達にとっての恐るべきハンター・ハエトリグモの一種でした。
昆虫達の本格始動に先駆けて、早くも実戦モードに入ったみたい。
しかし収穫の方がねぇって言う感じ。あっちむいてこっち向いての繰り返しでした。
とりあえず、今日のところは、日向ぼっこ優先と言った感じでしょうか。
ナナホシテントウの日向ぼっこ
こちらは、草地をあちこち徘徊しながら獲物を貪欲に捕獲するナナホシテントウ。
でも、今日目にしたのは、こんな姿がほとんど。
若草の繁みから這い出して、陽当たりのいい場所での長時間のんびり休憩です。
久しぶりに戻って来た陽射しの暖かさを目一杯享受しようと言う考えだったみたい。
ハエトリグモ同様、本気モードのハンティングはとりあえず脇に置いといて・・
でもどちらも、いざ、本性をむき出しにすれば・・
捕獲される立場の昆虫達にとっては、いよいよ黄信号点灯の時期に入った様です。

※3/10に都内で撮影