愛おしいものに・・2020/02/11 19:29

愛おしいものに・・
自然観察散歩の際に、必ず立ち寄る事にしているユキヤナギの繁み。
季節の進展を物語る様に、細枝に点々と付いた葉芽も大きく膨らみ始めていました。
私の注目点はもうひとつ。画像ほぼ中央に、何やら違和感を漂わす物が・・
ジョロウグモの卵嚢
近づいて詳細を確認してみるとこの通り。
枯葉と枝を巻き込むように取り付けられた、綿状の繊維でくるまれた物体。
形から判断して、ジョロウグモの雌が産み落とした卵嚢(らんのう)と思われます。
これだけしっかりと枝にくくりつけられていれば、風が吹こうが、雪が降ろうが・・
多数の新しい生命がここから誕生する事は、既に保証済みだろうなと感じました。
さて、この見事な産卵を成し遂げた雌とは?・・実は、私には思いつく事があります。
それについては、下に掲げた画像で・・
ジョウロウグモ雌との最後の遭遇
これは同じユキヤナギの繁みで、今年の1月19日に目にしたジョロウグモの雌です。
壊れた網に力無く止まっていましたが、それでも息がある事は確かでした。
随分長寿命な個体だなぁと感心したのですが、この日が最終の目撃となりました。
確定は出来ませんが、位置関係から見て、この卵嚢はあの雌の産物だろうなと・・
寒さに耐え、母蜘蛛としての責務を果たし終え、力尽きて息絶えた・・
そんな事を思うと、今日目にしたあの卵嚢が、より愛おしいものに感じられました。
中から生まれてくるのは、昆虫達の恐るべき宿敵なんですけどね・・

※2/11に都内で撮影
※最下段の画像は、1/19に撮影し、1/25の記事に載せた画像の引用掲載です。

観察地で今日・・2020/01/25 19:59

観察地で今日・・
いつもの観察地で、以前から注目し続けて来た物の、今日の様子を掲載します。
まずは、ハラビロカマキリの卵のうから。
観察地を取り囲むフェンスに植えられた低木の小枝に産み付けられています。
私の注目点はその小枝の様子。卵のうギリギリの箇所でバッサリ。
この植え込みは伸び過ぎを防ぐ為、定期的な手入れ(刈り込み)が行われています。
推測ですが、作業した人が卵のうの存在に気づいて、ここ迄でやめとこうと・・
そんな気遣いを感じたのですが・・もしその通りなら、ほっこりするなぁと・・
あとは、卵のう収集家の目に止まって、持ち去られる事がない様に祈るばかり。
イラガの繭
こちらは、ハンノキの枝に鎮座するイラガ(蛾)のまゆ。
見事だなぁと感心する位のしっかり感で枝に張り付いています。
これなら、もしかするとと言われている雪が降っても、大丈夫かも・・
ボロボロに壊れた蜘蛛の網
最後はユキヤナギの枝に注目。その対象はボロボロに壊れた蜘蛛の網です。
でも、蜘蛛の季節もとうに終わった今では、なんて言う事もない眺めの様ですが・・
実はこれ、つい最近その役目を終えた網なんです。その事を下の画像で説明します。
ジョウロウグモ雌との最後の遭遇
これは1/19に同じ網で目にした光景。ジョロウグモのメスが止まっています。
ジョロウグモの活動期はとっくに終わっていた筈。恐るべき長寿ぶりだなぁと・・
しかし、これが私にとっての、この蜘蛛との最後の出会いとなりました。
この一週間のどこで息絶えたのか判りませんが、空っぽの網を見れば一目瞭然。
どちらかと言えば憎まれ役の蜘蛛。でも経過を知っているだけに寂しい気持ちに・・

※最下段の画像は1/19に、他は本日1/25に、いずれも都内で撮影

うわべだけの・・2020/01/19 21:08

うわべだけの・・
穏やかな晴天が戻って来た日。枯葉の上で獲物を待つハエトリグモを目にしました。
その名の通り、主な獲物はハエやアブ等。
この様に待ち伏せをして、目の前に止まった獲物を速攻捕獲しようと言う算段です。
かなり忍耐を要する作戦と思えますが、成功率はそれなりに高いみたい。
でも、活動する昆虫の数が激減している今の時期は、さすがに厳しいだろうなと・・
ヒラタアブの日光浴
しかし、格好の獲物、いる事はいるんです。
冬の間もしぶとく生き続けるアブやハエ達がその一例。
これは別の葉に止まっていたヒラタアブの一種です。
体力維持の為の日光浴に専念中でした。この姿勢のまま微動だにせず。
もしここにハエトリグモが待機していたら、絶好のカモになっていた可能性が大。
冬も生存可能な昆虫は、我が物顔でやりたい放題と言う安易な図式ではない様です。
チョウセンカマキリの卵のう
冬の間も生き続ける昆虫にとって幸いなのは、凄腕の狩猟者が冬眠に入っている事。
凄腕の持ち主・カマキリの場合は、卵のうの中に幼体の姿でこもる越冬形態です。
これは、ユキヤナギの枝に産み付けられていたチョウセンカマキリの卵のう。
いかにも頑丈そうな構造で、北風が吹こうが、雪が降ろうが、大丈夫な感じ。
しかしこれとて、絶対安泰と言う訳ではありません。
冬鳥のくちばしでガシガシほじくられた卵のうを目にする事も度々です。
しーんと静まり返った冬の野。しかしそれはうわべだけの印象なのかも知れません。

※1/19に都内で撮影

豊かな陽射しを浴びて・・2020/01/13 21:38

豊かな陽射しを浴びて・・
ほっと一息つける感じの豊かな陽射しに恵まれた一日。
曇り空の下では陰鬱な雰囲気が漂う草地にも、穏やかな雰囲気が漂っていました。
一年の内で、陽射しの有り難さを最も感じる時期が、正に今なのかも知れません。
陽射しが降り注ぐ常緑樹の葉上に・・
陽射しの有難さは、成虫のまま越冬する昆虫達にとっては、もちろん絶大な筈。
陽射しが豊かな場所に注目すると、日光浴に専念する姿を目にする事が出来ます。
その定番の場所と言えば、冬の間も葉を落とさない常緑樹が筆頭に挙げられます。
そんな流れで目を凝らしたら、いました!。南向きに開いた葉っぱの上。
ナミテントウ成虫の日向ぼっこ
折角の陽射しを遮らないように注意しながら、接近してみたらこれでした。
様々な斑紋のバリエーションを持つナミテントウ。
これは黒地に、オレンジ色の斑紋がくっきりの二紋型ですね。
オレンジ色の中に黒い点々が・・何となく目の様に見えなくもないなと・・
陽射しがたっぷりで、ご機嫌の表情の様に見えたのですが・・
蜘蛛の幼体が潜む網
常緑樹の葉は幼体で冬を越す蜘蛛達にも、絶好のロケーションとなっている様です。
これはその一例。
強制的に折り曲げられた状態の葉に、細かい網がびっしりと張られていました。
おそらくこの中には、春になっての誕生を待つ卵が潜んでいる筈。
方角は正しく南向き。これを産み付けた母蜘蛛の知恵が活かされているんですね。
陽射しの恩恵をたっぷり受けた幼体が、春の陽を浴びて、うじゃうじゃ・・
あまり目にしたくない光景だけど、そうなることは既定路線の様です。

※1/13に都内で撮影

真逆な空の下・・2020/01/12 19:27

真逆な空の下・・
すっきり晴れ渡ればそれなりに軽快な雰囲気を漂わせる冬の空。でも、今日のは真逆。
重苦しく掛かる雲間に、薄ぼんやりと太陽が顔を覗かせる様な、陰鬱な雰囲気でした。
当然の事ながら気温もかなり低めで、観察地もしーんと静まり返っていました。
野鳥の羽根が落ちていた
そんな空の下、枯れ草の上でこんな物を目にしました。
種類は判りませんが、野鳥の羽根ですね。
今の時期は冬鳥達の活動が活発。野鳥同士の争いも頻繁に起きている筈です。
これは、そんな激しい争いの痕跡なのかも知れません。
中々趣のある色合いだなぁなんて、楽しんでしまってはいけないのかも・・
ユキヤナギの枝にあるオオカマキリ卵のう
野鳥はさておき、昆虫達の動きは?・・
動くものの姿はさっぱりで、手持ち無沙汰もいいとこと言うのが実情でした。
黙して動かずの冬越し態勢にあるものの観察が主体とならざるを得ません。
そのメインターゲットのひとつが、各種カマキリが産み落とした卵のうの観察です。
これはユキヤナギの小枝に産み付けられたオオカマキリの卵のう。
以前にも当ブログでも取り上げましたが、今日は新しい発見が・・
卵のうの周囲の枝に注目。薄緑色の葉芽がぷっくりと膨らみ始めていました。
これらがパカっと割れて、幼い葉が顔を覗かせる春への準備が進行中なんですね。
気がかりは卵のうとの関係。もしかすると卵のうの陰に数個の芽が潜んでいるかも・・
でーんと居座った卵のうに邪魔されて、所期の目的を達成出来ずなのかも知れません。
芽の数が多いので、木全体から見れば、さしたる影響なしかもですが・・
依然生き続けているジョロウグモ
私の注目点はもう一つ。別のユキヤナギにいるジョロウグモ・雌の安否確認です。
この時期になれば、当然無理だろうなと思ったのですが、この通り。
網はボロボロに壊れていますが、現役時代のポーズのまま生き続けていました。
私の記憶では、この時期まで生存し続けた個体は初めて。
ここまで頑張ったんだから、来季も現役で・・は無理でしょうね。

※1/12に都内で撮影