気分がスカッと!・・2023/11/04 13:11

気分がスカッと!・・
気持ちのいい青空が拡がった正午前。
紅葉の始まりを告げている様な、黄色く色づいた木の葉を目にしました。
気分がスカッとする眺め。しばし見惚れてしまいました。
水草に止まるアキアカネ・オス
途中で折れ曲がった水草の茎に止まっていたアキアカネのオス。
高みの見物と言う点では、最良のポイントと言えそうですね。
これは!と言うメスが現れれば、即、求愛行動に入るものと思われます。
数はだいぶ減ったけど、アキアカネの季節はまだ終わっていませんね。
待機中だけど、目ぼしい獲物なしの蜘蛛
陽射し燦燦の今日は、絶好のハンティング日和!。
そうもくろんで網を張った蜘蛛。網の中央で獲物の到来を待ち受けていました。
でも、見るところ、掛かっているのは、腹の足しにはならない小物ばかり。
当てが外れたなぁと、舌打ちしたい気持ちだったかも・・
陽射しが強過ぎると網が光って隠蔽効果が弱まってしまうのかも・・
ハンティングの成否を左右する条件は、かなり微妙な様ですね。

※11/4に都内で撮影

なる筈がありません!2023/10/28 13:18

なる筈がありません!
穏やかな晴れ空に浮かぶ雲は、超軽め。
秋の自然を楽しむには絶好の日和になりました。
紅葉に染まり始めた木を眺められれば最高なんですが、初夏を思わせる緑色。
この風景は、木にまとわり付いたクズの葉がつくり出したもの。
つくづく邪魔な奴だなぁと言う思いは、まとわり付かれた木も同様でしょうね。
ウラナミシジミの交尾シーン
クズの葉で目にしたウラナミシジミの交尾シーンです。
綺麗なさざ波模様のダブル効果は見応えがあるなぁと・・
この観察地に於けるシジミチョウの多数派はこの種。
どうやら来季も不変の様ですね。
網を修繕中の蜘蛛
陽射しを浴びて、ジョロウグモの網がキラキラ輝いていました。
なんとも緻密な構造だなぁと感心することしきり。
でも、施工主にとって、イマイチ完璧な出来ではないらしい。
隙間の空いた箇所を一生懸命修繕中でした。
完璧なつくりになった時には、網に掛かる昆虫が千客万来でウハウハ。
そうなる事を祈りたい気持ちに・・昆虫ファンとしては、なる筈がありません!。

※10/28に都内で撮影

あきれ果てるばかり・・2023/10/27 13:27

あきれ果てるばかり・・
小さな雲が浮かぶ秋空。紅葉が進む樹木とのマッチングがズバリ決まっていました。
予報を見ても、この先しばらくは、傘マークの登場は無し。
ゆったり気分で、秋の自然を楽しむには最適な状況と言えそうです。
ひまそうにしていた蜘蛛
見事なまでに緻密な網を張って待機中の小さな蜘蛛。
しかし、獲物はさっぱりな様子でした。
今日のところは、ゆったり日当ぼっこを楽しむ日になりそうな気配も・・
蜘蛛にとっては、冗談じゃないよ!でしょうが・・
クズクビボソハムシ、猛食中!
秋は食欲倍増の季節。それを立証する光景がこれ。
クズの葉にたかるクズクビボソハムシの群れです。
これが本当にクズの葉だったの?って疑いたくなる様な完食ぶりでした。
ここまで徹底して食べなくてもなぁと・・
食べ始めたら、もう止まらない!・・そう言う事の様ですね。
ただただ、あきれ果てるばかり。

※10/27に都内で撮影

爽やかな秋空の下・・2023/10/07 14:04

爽やかな秋空の下・・
真綿状の雲が掛かることがありましたが、陽射しを大きく遮るほどではなく。
爽やかな秋空を楽しめる正午前になりました。
チャンス到来とばかりに、網を張って待機中の蜘蛛。
でも掛かっていたのはゴミばかり。
見通しが良過ぎて、網の存在がバレバレなんでしょうか。
アキアカネの鮮やかな紅色
草地ではアキアカネの姿を多く目にしました。
これは、飛び疲れたのか、草の穂先に止まって一休みのシーン。
お陰で、成熟したオスの証・鮮やかな紅色をじっくり楽しむ事が出来ました。
ウラギンシジミ
鮮やかな色合いで目を楽しませてくれるアキアカネ。
いっぽう、ウラギンシジミはシックな色合いで見る者を惹きつけます。
名前の由来は、白く輝くこの翅色ですね。
チラッと見える表翅の褐色系の色合いも中々。
しかし、それを披露してくれる機会は中々・・
今日も、ここ迄が限度でした。”近いうちにぜひ” と願っているのですが・・

※10/7に都内で撮影

しずしずと後退・・2023/10/01 12:27

しずしずと後退・・
まずまずの晴天に恵まれた日曜日。
空に浮かぶ雲も、優しい雰囲気を漂わせる綿雲でした。
その空をゆったりと横切っていた大形の水鳥。カワウでしょうか。
目指しているのは、近くを流れる川の水面。
魚達にとっては、警戒警報発令ですね。
ジョロウグモ、この後、ひと悶着か・・
こちらは、空を飛ぶ昆虫達への警戒警報発令シーン。
ほとんが確認不可能な巧妙な網を張るジョロウグモです。
中央のデカいのがメス。それを取り囲む様に3匹のオスが止まっていました。
まさにモテモテのメスっていう感じですね。
この後、ひと騒動ありそうな雰囲気でした。
スズメバチ、顔からして威圧的!
秋の昆虫達の顔見せが続いて、見所が増えつつある草むら。
いい時期に入ったなぁなんて、嬉しい思いで、油断をすると大変!。
恐るべきヤツらの顔見せも進んでいます。
見るからに獰猛そうな顔つきのこれは、スズメバチ。
今日は一匹だけでしたが、このさき、数を増やして遭遇機会が多くなる筈。
出会ったら、しずしずと後退が得策の様ですね。

※10/1に都内で撮影