猛暑の夏の・・2020/09/04 23:34

猛暑の夏の・・
夏の終わりの寂しさを感じさせるツクツクボウシの声だけが響く木立。
例年ならそう言う流れの筈なんですが、今年はやや趣が異なります。
アブラゼミやミンミンゼミの声を依然耳にすることが出来ます。
猛暑の夏の後遺症なんでしょうか。
幹に止まる2匹のアブラゼミ
太幹に止まる2匹のアブラゼミ。
この様子から察するに、次世代に生をつなぐ繁殖行動を企んでいた様にも・・
地上に這い出てきた目的は、この営みを成就させる事。
無事完遂する事を祈りたい気持ちで見つめました。

※9/4に都内で撮影

時の移ろいの・・2020/09/02 19:41

時の移ろいの・・
ごく限られた時間の中でしたが、通い慣れた観察地を歩きました。
そこにはセミの季節の終焉を告げる光景が随所に・・
思わず目を背けたくなったのがこのシーン。
オオカマキリ成虫によるアブラゼミの捕食でした。
まさに昆虫世界の主役交代を象徴する光景と言えそうです。
夏草に残されたセミの抜け殻
勢いを失い始めた夏草の葉には、セミの抜け殻がぽつんと・・
ピカピカの艶を保ったその姿が、時の移ろいの虚しさを象徴している様にも・・

※こちらも久しぶりの出番。ワイド単焦点コンパクト RICOH GR D IIでの撮影です。

※9/2に都内で撮影

猛暑の日に木立で・・2020/08/12 21:09

猛暑の日に木立で・・
酷暑と表現したくなるような暑さが今日も継続しました。
これは午後に見た西の空。遠くから雷鳴が耳に届き、只事ならぬ雰囲気が・・
暑さを鎮める効果を望んで一雨ざーっとを期待したのですが、それは叶わずでした。
羽化間近なミンミンゼミ
連日の猛暑はセミ達の活動に一層のパワーを与えている様です。
後に続く新顔達も続々と地上デビューを準備中。これもその一つ。
透けて見える青緑の体色から判断してミンミンゼミの幼虫と思われます。
殻の背中がパカッと割れて、賑やかな合唱団の一員としてのデビューを果たす。
既に秒読み段階に入った様です。今日の日暮れ後でしょうね。
木の幹にドリルであけた様な穴が!・・
蝉時雨が降り注ぐ木立で目にした、かなり気がかりな光景がこれ。
幹の根元に近い箇所に、ドリルであけた様な丸い穴がいくつも空いていました。
近くには白っぽい木屑がびっしり。
この手の狼藉を働く者としては、カミキリムシの幼虫が筆頭格に挙げられるらしい。
その被害は甚大で、この悪者に取り憑かれた樹木は衰弱の一途を辿るしかないとか。
蝉時雨は夏の雰囲気を盛り上げる効果音なんて、呑気に構えてはいられないかも・・

※8/12に都内で撮影

目利きの名手も・・2020/08/08 21:49

目利きの名手も・・
葉上に止まり、こちらに向けて威圧的な視線を投げかける恐ろしい顔。
今にも襲いかかられそうな恐怖心を感じながらシャッターオン!。
アオメアブの全体像
全体像はこの通り。
何と表現していいのわかりませんが、只者ではないなぁと言う雰囲気が漂っています。
アオメアブ。昆虫を捕らえ、その体に口吻を突き刺して体液を吸う食性の持ち主。
全方角を見渡せそうな大きな複眼は、その荒技行使の為の必須の装備なんですね。
セミの抜け殻に止まったスズメバチ
荒技行使の代表種を挙げるとすれば、スズメバチの仲間も抜かす事は出来ません。
その恐ろしい行状については、度々、夏場のニュースネタになる事でも承知の通り。
人への攻撃はまだしも、他の昆虫を襲うなんて言うのは、朝飯前のちょろい行為。
でも、たまにはドジをしでかす事もあるみたい。今日目にしたこれはその一例ですね。
葉上に残されたセミの抜け殻に飛びつき、口器を接しさせてガシガシ・・
でも、すぐに、こりゃ餌にならんわと気づいたらしく、すごすごと退散しました。
目利きの名手もたまにはねって言う事で、ちょっとほっとさせられる光景でした。

※8/8に都内で撮影

エメラルドグリーンの瞳2020/08/06 21:41

エメラルドグリーンの瞳
エメラルドグリーンの瞳に見つめられて、真夏を実感。
すぐそこの木立でお見合いをしたこの生き物とは・・
涼やかな姿のミンミンゼミ
東京ではごくごく普通種と言えるセミ・ミンミンゼミでした。
透き通った翅、青緑基調の体色を持つ涼やかなセミですが、その鳴き声はかなり熱い。
アブラゼミにやや遅れをとりましたが、木立におけるメインボーカルの座を確保中!。

※8/6に都内で撮影