秋はセンチメンタルに・・2019/10/16 20:40

秋はセンチメンタルに・・
大型台風が過ぎ去った翌日はからっとした晴天でしたが、その後が続きません。
陽射しを隠す雲がかかりがちなすっきりしない空模様が続いています。
そんな空の下、それなりの鮮やかさで目に迫ってきたのは、モミジバフウの紅葉。
まだ、染まり始めですが、ピーク時の鮮やかさを予告する感じの色合いでした。
ついこの間終わったと思っていた酷暑の夏ですが、季節は着実に次のフェーズへ・・
ササクレヒトヨタケ
樹下の地表では、秋到来を告げる、こんな物もにょっきり顔見世をしていました。
秋はキノコの季節。その一翼を担う、ちょっぴりとんがり頭の白いやつ。
ササクレヒトヨタケ。今は白さが目立ちますが、やがて黒変してどろどろに・・
そう言う点からは、鑑賞期間限定のキノコと言えそうです。
羽化未達成のセミの抜け殻
キノコが告げる秋の訪れ。しかし、夏の名残が完全に消え去った訳ではありません。
キノコが生えていた場所の近くにはこんな物も・・
ツヤツヤの光沢感を持つセミの脱げ殻でした・・と言うのは早計で良く観察すると・・
この殻、背中に、脱皮時に付ける裂け目が見当たりません。
どうやら、地中から這い出す迄は順調だったけど、羽化に失敗した殻らしい。
長い年月暗い地中で過ごして来たのに、最終的な目的を果たせずに、夏が終わり・・
こう言う物を目にすると、ちょっぴり感傷的に気分になりますね。
秋はやはりセンチメンタルな季節だなぁと・・

※10/16に都内で撮影

季節の落し物2019/10/09 20:16

季節の落し物
枯れ葉が多く敷き詰められた樹下の地表で目にした、過ぎ去った季節の落し物。
真夏の暑さを盛り上げる感じの合唱音を響かせたアブラゼミの亡骸でした。
何者の仕業かは判りませんが、胴体や頭部には大きな欠損が生じていました。
あとは、ただ土に還る日を待つだけ。
季節の変わり目に感じる寂しさ。夏から秋への場合が特に強い様に思えます。
完熟したドングリ
こちらは、見つけると、ちょっと嬉しい落し物。
様々な形のドングリが地表に落ちる時期に入りました。
今年は、台風の影響もあり、未熟なまま落ちる物も多かったのですが、これは完熟。
枯れ葉の下の地面に根を下ろし、やがて幼木の誕生へ・・
明日につながる落し物ゆえに、人の心に”ほっと感”を与えてくれるんでしょうね。
完璧に枯れたオンブバッタ
同じ環境下で、ちょくちょく見かけるこれには思わず声援を贈りたくなります。
周囲の枯れ色に完璧な迄に同化した体色を持つオンブバッタのオス。
この渋い体色で巧妙に姿を隠しながら、秋の遅くまで生き続けてゆく筈。
ただ気になるのは、オンブする或いはされる相手に、まだ巡り合えていないと言う事。
カモフラージュがあまりに巧妙すぎて、メスの目にとまらないんじゃないの?・・

※10/9に都内で撮影

ひと休みしたら・・2019/09/30 19:50

ひと休みしたら・・
毎年、今の時期には、空を見上げる機会が多くなります。
その理由はこれ。枝先に止まるアキアカネの観察です。
秋の風物詩とも言えるこの姿。暑い夏を乗り越えた人の心にもしっくり。
疲れてひと休みのアキアカネ
でも、中にはこんなポーズで枝にしがみつく個体もいます。
小昆虫を捕獲する為の飛翔に多忙な日々。その疲れが溜まり始める頃かも・・
でも、平地におけるアキアカネの季節はまだ始まったばかり。
ひと休みしたら、見違える程に元気な飛翔を再開するんでしょうね。
終末期のツクツクボウシ
いっぽうこちらは、残されたパワーはほぼゼロに近い感じ
サクラの太枝に止まるツクツクボウシです。
セミの季節のしんがりを勤めた鳴き声も、か細いものに変わってしまいました。
その声が途絶えた時、夏の名残が全て消え去る事になります。
猛暑続きの夏でうんざりだったけど、やはり言いようのない寂しさに襲われます。

※9/30に都内で撮影

残暑厳しき折・・2019/09/02 21:17

残暑厳しき折・・
アブラゼミの翅もこうして見ると結構キレイだね。そんな事を言いたくなる様な光景。
地面すれすれで目にしました。
しかし、どうしたらこうなるの?って言う摩訶不思議な状況なんですが・・
アリの巣穴入り口に放置されたセミの翅
上から見下ろしてみたら、こうなっていました。
画像右側・黒い部分は地面にぽっかり開いた穴。アリが掘った巣穴ですね。
セミの季節も最終盤。絶命して地表に転がる死骸を頻繁に目にします。
それらはアリ達にとっては格好の食料。力をふり絞って巣穴迄、わっせわっせ・・
しかし、翅がデカ過ぎて穴に入らないやって言う事で、このまま放置となったみたい。
でも、このままだと、宿敵の目からは、そこに巣がある事が一目瞭然。
何とか始末をつけないといけないんじゃないの?・・
イモムシを運ぶアリ
こちらは、炎天下、熱々になったアスファルト路面で目にした光景。
自分の体の何倍もあるイモムシを口にくわえて運搬中のアリでした。
進行速度は超ノロノロでしたが、ひと時も休まずに、巣穴を目指してズルズル。
大物を見つけてウハウハなんでしょうが、おいおい大丈夫か?って言う気持ちに・・
残暑厳しき折、働きアリ達の勤勉さには、ほんと、頭がさがる思いでした。

※9/2(セミの翅)と9/1(イモムシ+アリ)に、いずれも都内で撮影

夏の終わりの気配が・・2019/08/23 21:14

夏の終わりの気配が・・
雷鳴のとどろきが耳に届いた午後。しかし時折降る雨は至って物静かな雰囲気でした。
太陽の恵みを受け旺盛に繁った夏草。
その葉に残る水滴は、うんざりする様な暑さを鎮める特効薬の様にも感じられました。
木立の奥に残るセミの抜け殻
セミ達の合唱音も、かなりトーンダウンをした感じ。
そんな中、夏の終わりを告げるツクツクボウシの声が存在感を増していました。
長かったセミの季節も終焉間近?・・
木立の奥に残された抜け殻も、どこか寂しげな雰囲気を漂わせていました。
秋色に染まったオンブバッタ
そんな木立の中、地表すれすれに目を落とすと、秋への準備完了の者の姿が・・
落ち葉の一枚に止まっていたオンブバッタ。正に完璧な枯葉色でした。
”緑が色濃い真夏には不似合いだったけど、これからは僕の季節さ!”
そう言いたげな表情の様にも・・
オンブする或いはオンブされるお似合いの褐色個体に、早く出会えるといいね・・

※8/23と8/22(バッタ)に、いずれも都内で撮影