未来・過去・近未来2018/01/28 20:52

未来・過去・近未来
一面の枯れ色。見所は殆ど無しって言う感じですが、目を凝らせばそれなりに・・
多く目につくのが、息を潜めて春を待つ昆虫たちの越冬態です。
中でもカマキリの仲間のそれは、割と容易に発見が可能。
然るべき所にしっかり産み付けられた卵嚢を目にする事が出来ます。
これは、枯れたセイタカアワダチソウの茎で見たオオカマキリの卵嚢。
まるで、枯れ草の一部と見紛う程のはまり具合で周囲の環境にとけこんでいました。
アブラゼミの亡骸
カマキリの卵嚢は、やがて訪れる春に中から多数の幼虫が誕生する未来志向の物体。
一方、これは、とうに過ぎ去った日々の記憶をいまに伝える遺物です。
枯れ草に引っかかっていたアブラゼミの亡骸。
夏の陽を浴びて盛大な鳴き声をあげていた頃の姿そのままと言う所が、何とも悲しい。
ユキヤナギの冬芽が割れて・・
そんな物を目にした後、これを見つけた時は、ほっとしました。
枝にびっしり並んだユキヤナギの冬芽。幾つかは早くもこんな姿を見せていました。
固く閉じていた芽が割れて、フレッシュなグリーンがお目見えです。
カマキリの卵嚢に比べれば、こちらは、遥かに近い未来を予告するもの。
今はとても寒いけど、ほっと一息つける日もそう先の事ではないよと伝えている感じ。
縮こまってばかりはいられないなと元気付けられました。

※1/28に都内で撮影

冬木立をとぼとぼと・・2018/01/15 20:21

冬木立をとぼとぼと・・
西に傾いた冬の陽が、路面に長い木の影を描く林間の道。
カサカサと音を立てながら、降り積もった落ち葉を踏みしめてトボトボ・・
そんな真冬の自然散歩は、ただ寂しさばかりかと言うと・・
落ち葉の中からひょっこり
ほっと出来る場面がまったく無いわけではありません。
例えばこれ。落ち葉の下から顔を覗かせた、樹木の幼い双葉です。
昨秋に地上に落ちたドングリが割れて生まれた赤ちゃんかも・・
これがすくすく育って、大きな木に育つ迄には、気が遠くなる程の長い時間が必要。
それは分かっているけれど、まず、その一歩を踏み出した事は間違いありません。
深い眠りの最中と思いがちな冬木立。決してそんな事はないと実感しました。
ニイニイゼミの抜け殻
樹上に目を移したら、こんな光景も・・
幹にしがみついたセミの抜け殻が、斜光を浴びて輝いていました。
表面が泥だらけである特徴から、ニイニイゼミの抜け殻と判断しました。
この種の孵化時期は、去年の梅雨明け頃だった筈。
それから半年以上が経った今も、抜け殻は当時の姿そのまま。
その事に、逆に過ぎ行く時の無情さを感じてしまいました。
しかし、この付近の地中には、やがて誕生する幼い命が眠っている筈です。
ニイニイと言う鳴き声が響くのは、まだ大分先の事。
しかし、その時期になったら再びここへ・・そんな気持ちを抱いて立ち去りました。

※本日撮影の画像ではありません(1/14に都内で撮影)

季節の忘れ物2017/12/17 19:31

季節の忘れ物
雑木林に立つ木の冬支度にも、かなり時間差がある様です。
多くの落葉樹が葉を散らし尽くして丸裸状態の中、この木だけは存在感抜群。
黄褐色に紅葉した葉が枝にびっしり。澄んだ冬空とのコントラストが鮮やかでした。
しかし、ここまで来れば、もう時間の問題。冬景色の完成はもはや目前です。
(コナラ)
ツクツクボウシの抜け殻
そんな中、過ぎ去った夏の名残をそのまま留めている物を目にしました。
幹に張り付いたツクツクボウシの抜け殻。斜光を浴びてシルエットがくっきり。
既に用済みとは言え、その存在感はかなりのものでした。
この抜け殻にはクモの糸が絡まっていました。網を張る上で好都合だったのかも・・
しかし、そのクモの姿も既に無し。
いま目にする物のほとんどは、既に過ぎ去った季節の忘れ物。
自然観察散歩も、いよいよ寂しい時期に入って来ました。

※12/17に都内で撮影

季節の落し物が・・2017/10/05 21:36

季節の落し物が・・
高空に掛かるのは、陽射しを邪魔しない軽快な雲。
空の表情が一段と秋らしくなってきました。
地表に落ちたセミの抜け殻
そんな今、地表に目を落とすと、季節の進展を示す物がいっぱい。
いわば過ぎ去った季節の落し物発見!と言えるでしょうか。
これはその一例。妙に艶かしい光沢を放っていた、小さなセミの抜け殻です。
この殻から誕生したセミ成虫の姿は、既にこの木立にはなし。
後は、周囲の枯葉や枯れ枝と共に、土に還る日を待つだけ。
地表に落ちたアシナガバチの巣
近くには、アシナガバチの巣も落ちていました。
同種ハチは、古い巣の使い回しはせず、順次新調の巣での子育てをしていくらしい。
いわば、これは、用済みのお古と言う訳ですね。
この様に、今の地表は過ぎ去った季節の落し物ばかりの寂しい状況と思えますが・・
それを否定する物がこの画像にも・・巣の直下に緑色の若芽が写っていました。
幼木の前段階の赤ちゃんみたい。周りの枯葉等を養分として、この先スクスクと・・
そんな逞しい展開を想像したくなる、ちょっぴり嬉しい発見でした。
アカボシゴマダラ幼虫
もっと具体的な、次の季節につながる感じの逞しい物にも出会いました。
エノキの幼木に止まっていたアカボシゴマダラ(蝶)の幼虫です。
当ブログでも何度かとり上げていますが、今日のこれの巨体ぶりは明らかに桁違い。
こんな立ち上がりポーズをとっている事から見て、サナギ化する寸前と思われます。
そのまま冬木立ちの中に潜み、冬を越す事になるのか・・
この後の展開は分かりませんが、その決断の時は目前に迫っている様です。

※10/5に都内で撮影

お別れの予告?・・2017/09/12 21:02

お別れの予告?・・
独特の抑揚を付けて林間に響くツクツクボウシの声。
東京では、夏の終わりを告げる寂しげな音の風物詩と言っていい様です。
これ迄は、幹の高い場所に止まる姿ばかり。見上げても一体どこに?って言う感じ。
それが観察者の眼前、ほぼ水平の位置にまで降りて来ました。
これは、アブラゼミやミンミンゼミにも共通する傾向。
そのセミの季節の終わりが近い事を告げている様に思えます。
ようやくお近づきになれたのに、それが、お別れの予告とは・・
ツクツクボウシを眼前観察
眼前観察のメリットは、ディテールまでじっくり確認できる事。
私の印象に強く残ったのはこの眼。黒く光るつぶらな瞳が何ともチャーミング。
別れを思い、涙で潤んでいる様に見えたのは、私の思い過ごし?・・

※本日撮影の画像ではありません(9/11に都内で撮影)