とてもじゃないけど・・2023/08/12 12:59

とてもじゃないけど・・
陽射しをさえぎる様な雲は全く掛からず、猛烈な暑さが今日も継続しました。
その空をバックに、元気いっぱいの姿を見せていたのは、葛󠄀(クズ)のつる。
暑けりゃ暑い程、元気が出るのよ!って言う事でしょうか。
とてもじゃないけど、見習えません。
日陰側で鳴いていたセミ
いっぽう、セミは、木の幹の日陰側に身を移して、ひっそりと吸汁中。
今日の暑さには参ったなぁと言う事かも・・
暑さに強い昆虫と言うイメージですが、さすがに許容限度がある様ですね。
日陰に避難中のアカボシゴマダラ
旬の蝶・アカボシゴマダラも、木立の中でひっそり翅休め中でした。
しかし、お腹がペコペコなので、いつまでもこうしている訳にいかないし・・
日陰に咲く花を探しに、飛び立たないとと言ったところでしょうか。
その決断をいつするかでしょうね。

※8/12に都内で撮影

ジリジリと・・2023/07/23 15:04

ジリジリと・・
ジリジリと照りつける真夏の陽射し。路面に落ちた野草の影がくっきり!。
”強い陽射し何するものぞ”って言う雰囲気を漂わせていました。 さすがですね。
セミも日陰に避難中
いっぽう真夏を生きる昆虫達は?と言えば・・
まだ暑さに慣れないいま、今日の暑さは身にこたえていた様ですね。
日向を避けて木陰に逃げ込む姿を多く目にしました。
夏の昆虫社会の主役とも言えるセミ達ですが、声はすれども、その姿はさっぱり。
良く目を凝らしたら、こんな光景が・・
木立の中、直射日光を避けられる場所に逃げ込んでいました。当然かなぁと・・
(クマゼミ)
日陰に逃げ込んでいたアカボシゴマダラ
元気者のアカボシゴマダラも同様。
今日の吸蜜は、陽射しが少し弱まってからにしようと決めたみたい。
猛烈な暑さの日は食欲もイマイチって言う事でしょうか。
でも、そろそろ思い切って!・・と言う雰囲気も感じられたのですが・・

※7/23に都内で撮影

この空を見れば・・2023/07/22 14:12

この空を見れば・・
関東甲信・東北も、一気に梅雨明けしました。
この空を見れば、疑いようもないですね。
勇ましいポーズのハラビロカマキリ幼虫
樹木の葉裏で、ハラビロカマキリの幼虫が勇ましいポーズをとっていました。
秋遅くまで目にする事が出来る息の長い種。
夏の陽射しを目一杯浴びて、成長スピードが一気に加速しそうですね。
そこいらじゅうにセミの抜け殻
セミの合唱音も、一気にボリュームアップ!。
葉に残された抜け殻の数の多さから見て、誕生ラッシュ中なのは間違いありません。
日が暮れてからも鳴き続けるパワフルさ、今年は例年以上かも知れません。
長い間、地中で眠っていたんだもの、思いっきり鳴けよ!って声援を・・

※7/22に都内で撮影

ホットですね!。2023/07/21 14:01

ホットですね!。
木立から耳に届くセミ達の合唱音が、ますますボリュームアップしています。
”我らが時来たる” を声高に宣言している感じ。
そのアピール効果が功を奏して、ホットな光景を繰り広げるカップルも・・
これは、樹下のカラカラに乾いた地面で目にしたシーン。
愛があれば、場所うんぬんは二の次なんでしょうね。ホットですね。
※ミンミンゼミ
吸蜜に夢中だったナミアゲハ
ナミアゲハの食欲は、暑ければ暑い程アップと言う事みたい。
花壇のランタナの花に来て、吸蜜を繰り返していました。
小粒だけど、花の数が多いので、まさにウハウハ気分!。
花から花へ・・長時間の滞在でした。
ハマボウの花開く
夏に咲く花は、情熱的な雰囲気を漂わすものが多い。
そんな中、ソフトタッチな花びらが特徴のハマボウは異色の存在と言えるかも・・
夏衣装の女性の髪に一輪。そんな光景を思い浮かべてしまいました。
あくまでも、想像の上ですけどね。

※7/21に都内で撮影

控えめにデビュー2023/07/18 13:37

控えめにデビュー
陽射しの強さは既に真夏並み。例年より季節の進行が早まっているんでしょうか。
それにつれて木立からは、やかましい程にセミ達の合唱が・・と迄はいかない様です。
現状耳にするのは、ニイニイゼミの声。
最盛期のミンミンゼミやアブラゼミのそれに比べて、遥かに控えめな音量です。
木の幹に残された泥だらけの抜け殻も、小柄で、何となく可愛らしい。
前座のプレイヤーは、控えめに登場と言うことですね。
樹液に集まる昆虫達
同じ木立での目撃ですが、全然控えめじゃない光景に出くわしました。
幹から滲み出る樹液に群がる昆虫達。
甲虫がメインなんですが、かなり毛色(?)の変わったヤツも・・
派手な斑紋を持つアカボシゴマダラでした。この蝶も樹液が大好物。
いい場所をゲットしようと試みますが、甲虫に阻まれて、これ以上接近出来ず。
まさに、多勢に無勢を絵に描いた様な光景でした。
樹液を吸い終えてお昼寝中
樹液をいっぱい吸ってお腹がいっぱい。お昼寝中の甲虫も目にしました。
一寝入りし終わったら、再び、あの木の幹に直行でしょうか。
樹液を好む昆虫たちにとっては、まさにウハウハの時期に入った様ですね。

※7/18に都内で撮影(陽射しの直撃を避けられる木立の中で撮影しました)