南風が吹いた日に・・2018/12/04 21:44

南風が吹いた日に・・
本来は11月に吹く筈の木枯らし1号ですが、今年はその気配もなく12月に・・
今日遅ればせながら吹いた強風も、なぜかその風向は南から・・
季節感を大いに狂わせる生暖かい南風でしたが、木の葉を散らす力は木枯らし並み。
画像右下に写っている桜並木の紅葉も、かなりの勢いで地上に舞い落ちていました。
サクラの葉の絨毯が・・
樹下の眺めはこの通り。まさにサクラの葉の絨毯が敷き詰められた感じでした。
木枯らし1号がまごまごしているので、南風がその代役を務めたと言う事でしょうか。
サクラの幹に止まるヒメクダマキモドキ
激しい落葉を見せる桜並木で目にした、異質な雰囲気を漂わす緑色。
サクラの木の太幹に止まるキシギリスの仲間・ヒメクダマキモドキ・雄でした。
この種は基本的に樹上性。ここにいて不思議はないけれど、問題はその状態。
じーっと固まって微動だにしません。良く見ると右の後脚が欠損していました。
生存期間は11月迄とか。最早そのリミットを越えたヨレヨレの状態だったのかも・・
遠ざかりゆくヒメクダマキモドキ
それでもカメラの接近に気づいて、上方を目指して移動を始めました。
片脚が欠けている為に思う様に進めない感じ。その動きは極めてスローでした。
ゆっくりとフェードアウトする映像を見ている気分に・・
この木でこのオスに出会える機会は、今日が最後だったのかも知れません。
今の時期の昆虫との出会いは、何がしかの寂しさを伴う物なんですね。

※12/4に都内で撮影

いよいよ冬本番2018/12/02 20:37

いよいよ冬本番
基本的には晴天なんですが、陽射しを遮る雲が掛かりがちな一日でした。
葉を落とし尽くした木の枝に止まっていたのは、二羽の野鳥。
その甲高いさえずりに、いよいよ冬本番だなぁを強く実感しました。
サザンカの花に来たホソヒラタアブ
暗い風景の中でも場違いな程の鮮やかさを見せていたのは、サザンカの花。
寒さがつのり始める今の時期を敢えて選んで開花する貴重な彩りです。
人はその彩りに心を癒されますが、花芯に接近中のこれは、あくまでも食欲優先。
翅を高速で震わせて空中停止し、蜜源を確認中のホソヒラタアブでした。
冬の間も活動を継続する寒さに強いアブ。勿論この花とはじっこんの仲です。
クズのつるで見たオオカマキリの卵のう
秋には盛んな産卵行動を見せたカマキリ達ですが、既に作業を完了した模様。
母虫の姿はさっぱりだけど、それぞれの苦心作を多く目にする時期に入りました。
これはヒョロヒョロと伸びたクズのつるに産み付けられたオオカマキリの卵のうです。
頼りない感じのする箇所ですが、卵のうを狙う野鳥対策としてはベストな選択かも。
冬の強い風にゆらゆら揺られながら春を待つ。中に眠る幼い命の無事を祈るばかり。

※12/2に都内で撮影

木枯らしはまだ・・2018/11/30 20:21

木枯らしはまだ・・
この冬は暖冬傾向なんでしょうか。東京では木枯らし一号が吹かないまま師走へ・・
そんな型破りな11月最終日。公園の樹々の葉が澄んだ青空に映えていました。
鮮やかな黄色はイチョウの葉。まだこれだけの葉を樹上に残していました。
イチョウの落葉
これは、少し離れた場所に立つイチョウの樹下。
路面をほぼ覆い尽くす程の多量な落葉を見せていました。
本来は風に吹かれてハラハラとでしょうが、これは多分時期が来たので止むを得ず。
何とかつじつまが合った11月の風景と言えそうです。
ツワブキの花にいたハチ
木枯らしはまだ吹かないけれど、昆虫世界の静寂化はほぼ例年通りに進んでいます。
そんな中、僅かに咲く花を頼りに活動を続ける昆虫を目にするとほっとします。
今の時期の一番人気と言えば、鮮やかな黄色の花を咲かせるツワブキでしょうか。
花粉だらけになりながら吸蜜に夢中なハチやアブの姿を多く目にします。
さて、こんな光景をいつ頃まで?・・さすがにこの先も長くは無理でしょうね。

※11/30に都内で撮影

陽射しはあれど・・2018/11/29 21:37

陽射しはあれど・・
陽射しはあれど空気を温めるパワーは殆ど感じられず。
師走も間近に迫った日の晴天は、やはりこんなものなんでしょうね。
そんな青空をバックに、モミジバフウの実が沢山吊り下がっていました。
表面に鋭いトゲが密集しており、頭の上に落ちてきたらいかにも痛そう。
今はまだ樹上にありますが、もうすぐ地上への落下を一斉に始める筈。
この木の下を歩く時には要注意かも・・
ホソヒメヒラタアブ
晴天が戻ればそれなりの賑わいが・・今の昆虫世界にそれを求めるのは無理みたい。
今日の出会いは僅かにこれだけ。花壇の花で吸蜜中のホソヒメヒラタアブでした。
とにかく小さくて細い。それが幸いして、気温低下の影響をそれ程受けない様です。
今の時期には、この種小型昆虫にとっての宿敵・蜘蛛の姿を殆ど見かけなくなります。
そう言った点では、最も活動しやすい時期なのかも。でも肝心の花の方がね・・

※11/29に都内で撮影

冬の入り口なのに・・2018/11/21 21:32

冬の入り口なのに・・
明日の予報にはまた傘マークが登場。空模様の安定が中々実現しません。
しかし今日のところはひとまず安定、すっきりとした青空がひろがりました。
陽射しを邪魔しない雲が浮かぶ空に向かって突き上がっていたのはイチョウの木。
ついこの間までは枝に沢山の黄葉を付けていたのですが、いまやそれも残り少な。
完璧な冬姿への変身が間近に迫った様です。
ナナホシテントウ
この時期になると、昆虫との出会いが極端に減ってしまうのが例年の流れ。
そんな中、逆に目撃する機会が増えてくるタフな昆虫がいます。
それがこのナナホシテントウ。植物の敵・アブラムシ退治のエキスパートです。
今日目にしたこれも、いかにもアブラムシが湧きそうな葉の繁みの上でした。
この先長い冬の寒さに耐えてゆく植物にとっては、頼もしい援軍が登場と言う訳。
陽射しが豊かな日限定ですが、ちょこまかちょこまかした活動が続いて行く筈です。
ホトケノザの花
冬の入り口なのに、もう春の花?・・そんな気持ちを抱かせるのがこれ。
思い思いの方向を指差している様な面白い形をしたホトケノザの花です。
まだ数は少ないのですが、草むらの所々で、こんな指差しポーズを見せ始めました。
でも、それらは早とちりで咲いてしまった慌て者と言う訳ではありません。
毎年今の時期に咲き始めて、本当の春が来る迄咲き続けるのがこの花の常。
真っ先に咲いて、春よおいでおいで・・そんなセリフがふと浮かんだりして・・

※11/21に都内で撮影