冬の雨を受け・・2018/12/06 21:40

冬の雨を受け・・
冬のしとしと雨を受け、サクラに根付いたコケが鮮やかな若緑色に染まっていました。
コケ類に共通するのは、夏は苦手で、冬に強い性質とか。
サクラは葉を散らし尽くして冬の眠りに・・その木に寄生するコケは逆に活気づく。
自然の多様性を実感させられる光景と感じました。
サクラの木の太枝で・・
そんなサクラの木の太枝で、ふと目に止まったのがこれ。
目にした瞬間は、木肌が部分的にはがれたキズの様にも思えたのですが・・
何となく違和感をおぼえて・・
フユエダシャクの一種(推定)
枝の真下に回って確認したらこの通り。ひっそり翅休め中の蛾でした。
真冬にも活動をやめないフユエダシャクの仲間でしょうか。
枝の下面は雨の直撃を避けられる格好の場所、雪が降ってもたぶん大丈夫。
再び陽射しが戻ったら、たぶん枝の上面に移動するんでしょうね。
冬の厳しい気象に耐えて生きる昆虫には、そんな臨機応変さが求められる様です。

※12/6に都内で撮影

冬の入り口なのに・・2018/11/21 21:32

冬の入り口なのに・・
明日の予報にはまた傘マークが登場。空模様の安定が中々実現しません。
しかし今日のところはひとまず安定、すっきりとした青空がひろがりました。
陽射しを邪魔しない雲が浮かぶ空に向かって突き上がっていたのはイチョウの木。
ついこの間までは枝に沢山の黄葉を付けていたのですが、いまやそれも残り少な。
完璧な冬姿への変身が間近に迫った様です。
ナナホシテントウ
この時期になると、昆虫との出会いが極端に減ってしまうのが例年の流れ。
そんな中、逆に目撃する機会が増えてくるタフな昆虫がいます。
それがこのナナホシテントウ。植物の敵・アブラムシ退治のエキスパートです。
今日目にしたこれも、いかにもアブラムシが湧きそうな葉の繁みの上でした。
この先長い冬の寒さに耐えてゆく植物にとっては、頼もしい援軍が登場と言う訳。
陽射しが豊かな日限定ですが、ちょこまかちょこまかした活動が続いて行く筈です。
ホトケノザの花
冬の入り口なのに、もう春の花?・・そんな気持ちを抱かせるのがこれ。
思い思いの方向を指差している様な面白い形をしたホトケノザの花です。
まだ数は少ないのですが、草むらの所々で、こんな指差しポーズを見せ始めました。
でも、それらは早とちりで咲いてしまった慌て者と言う訳ではありません。
毎年今の時期に咲き始めて、本当の春が来る迄咲き続けるのがこの花の常。
真っ先に咲いて、春よおいでおいで・・そんなセリフがふと浮かんだりして・・

※11/21に都内で撮影

イヤな奴ばかり・・2018/11/13 20:48

イヤな奴ばかり・・
気象情報で、”今日の最低気温は” と言う言葉が頻繁に使われ始めたこの頃。
観察散歩で出会う昆虫の数も日を追って減り続けています。
一年の内で最も退屈な時期の始まりなんですが、それでも目を凝らせば・・
例えばこれ。樹木の肉厚な葉に、ふと違和感を感じて一枚。
カイガラムシの一種
拡大してみるとこの通り。
植物の葉に付いて葉肉から汁を吸い出す害虫・カイガラムシの一種でした。
なりは小さいけれど、やる事はかなり悪辣。
場所を決めたら、冬の間もびくとも動かず、植物を弱らせる悪事を働き続けます。
葉っぱをバリバリ食う昆虫等と違って目立ちませんが、やる事は陰湿で悪辣。
この先、被写体探しで出会える昆虫と言えば、こんなイヤな奴ばかり・・
それを考えると、かなり憂鬱な気分になります。

※本日撮影の画像ではありません(11/10に都内で撮影)

ちょっと心配な・・2018/08/30 22:37

ちょっと心配な・・
肉厚の葉っぱに産卵する習性を持つハチ・ルリチュウレンジ。
この日も、お尻を葉っぱの端部にくっつけて卵を産み付けていました。
しかし、本当にそこでいいのかなぁ・・
この葉っぱ、端が枯れて切れかかったりして、あまりいい状態じゃありません。
やがて孵化する幼虫(イモムシ)はこの葉っぱを食べて成長します。
”その時まで、この葉っぱ、持ちこたえられる?”・・ちょっと心配な光景でした。
不似合いなオンブバッタ
”その葉っぱは、絶対、君向きじゃないよ” と声を掛けたくなった一コマがこれ。
褐色タイプのオンブバッタ、葉の色との対比で存在がかなり目立っていました。
草木の葉が、色づき枯れ始めるのは、もう少し先の事。
そんな環境を先取りしたこのバッタには要注意の日々が続きそうです。

※本日撮影の画像ではありません(8/29に都内で撮影)

日本発の猛食家2018/07/19 20:25

日本発の猛食家
連日の猛暑に食欲も減退気味ですが、それとは真逆の猛食ぶりを示す痕跡も・・
正に穴だらけ。葉脈を避けて柔らかい部位だけをムシャムシャって言う食べ方ですね。
さて、この特徴的な食べ方をする昆虫の正体は?・・
葉っぱを食害中のマメコガネ
近くの葉っぱで、犯行場面をキャッチする事が出来ました。
穴あけ職人は、小型のコガネムシ・マメコガネでした。
今の時期、様々な植物の葉や花に群れて猛烈な食欲を披露している農業害虫です。
その罪状は渡来先の米国でも、つとに有名。果樹園などに甚大な被害を与えたらしい。
渡来元が日本である事から、ジャパニーズ・ビートルと呼ばれて恐れられたのだとか。
そう言う事で有名になるのは、決して誇れる事ではないような・・
でも、当人(?)は反省の色も見せず、この夏も猛烈な勢いで食いまくっています。

※7/19に都内で撮影