ジメジメムシムシ2017/08/18 21:54

ジメジメムシムシ
今年の夏を象徴する様な空が今日も・・
遥かに青空を望む事は出来るのですが、それが頭上に大きく拡がる事はありません。
この空の様子からは、暑さも程々って言う気もしますが、実際はジメジメムシムシ。
嫌な汗がじとーっと・・そこのところが何ともって言う感じの八月ですね。
アオモンイトトンボの雄
ジメジメムシムシの空気の中で目にした一服の清涼剤とも言えるのが、これ。
涼やかな色合いのアオモンイトトンボ・オスでした。
この観察地では普通種のイトトンボだっだんですが、ここの所レアな存在に・・
環境的な変化や他種との競合によるものなんでしょうか。
普通種はいつまでも普通種であり続けて欲しい。そんな気持ちで見つめました。
ショウジョウトンボの雌
水草の繁みの目を移したら、ショウジョウトンボのメスの姿が・・
繁みの中に隠れる様な、ひっそりとした止まり方でした。
真っ赤なオスの執拗なラブアタックをうるさがって、こうしてる様にも・・
”モテ過ぎるのも考えものなのよ” って言うところでしょうか。

※8/18に都内で撮影

どのトンボより・・2017/08/09 21:22

どのトンボより・・
子供の頃の夏休みの思い出の筆頭格は、沢山存在した原っぱでのトンボ獲りかも・・
最も狙いたくなるのはギンヤンマ。でも、とても太刀打ち出来る相手ではありません。
そんな中、割と簡単に捕獲出来たのが、このシオカラトンボでした。
数が多いせいもあるけれど、すぐに手が届きそうな所に止まるんですよね。
沢山捕まえておいて、殆ど有り難味は感じず・・随分失礼な事をしたなぁと・・
そんな昔の罪滅ぼしの気持ちを込めて、今や優しく観察画像を撮るだけ。
青緑色の複眼が、どのトンボよりきれいだねって・・
対象物の実態確認中
真正面から接近する私は、シオカラ君にとって何とも怪しい不審物に違いない。
何だろね?って言う事で、こうなります。
顔をくるっと回転させて、相手の素性をはっきり確認しようとしています。
人や多くの動物の様に、眼球を動かす事が出来ない為の必然的な動作なんですね。
罪滅ぼしのつもりが、余計な動作をさせてしまって、ごめん・・
さて、この青緑色の目に、顔面汗だらけのオヤジは一体どう映ったんでしょうか。
シオカラトンボ
当たり前過ぎるって失礼な感想を持っていたけれど、こうしてみると実に格好いい。
きりっとひきしまった体が印象的。一点の無駄もなしって言う感じ。
これからも、すぐに手が届く身近な存在であり続けてね。

※8/9に都内で撮影

敢えて紅色2017/08/05 20:45

敢えて紅色
擬態色で身を護る種が多い中、敢えて周囲の緑に映える紅色をまとう昆虫もいます。
今日交尾シーンに出くわしたベニイトトンボもそのひとつ。
ハートマークの上方・オスの体色がまさにそれ。
下方・メスはくすんだオレンジ系で、オスの派手さとは比べようもありません。
多くの昆虫に見られる傾向・派手なオス、地味なメスがすばり当てはまっています。
ベニイトトンボのオス・顔面
オスの顔を正面から見るとこの通り。
熟れたミニトマトを連想させる様な真ん丸な眼。
この眼で、ベストパートナーとなるメスを品定めしていたんでしょうね。
メスに気に入られる様な目立つ衣装で水辺をフラフラ・・
目に付きやすいその姿。捕食者の目に留まらぬ事を祈るばかり。
アカマダラメイガ
割と地味なのが多い蛾の世界にも、紅色をまとう洒落者がいます。
それがこのアカマダラメイガ。
長いガウンをまとった貴婦人と言う雰囲気さえ感じられるその姿。
さて、この派手目な衣装の狙いとは?・・

※8/5に都内で撮影

真夏を象徴する・・2017/07/31 21:28

真夏を象徴する・・
盛大にもくもくとではありませんが、真夏を象徴する雲が湧き上がりました。
明日からは八月。それでなくても十分暑いのに、このまま行ったらどうなる事やら・・
そんな心配をしてしまいますが、暑けりゃ暑い程いいのよって言いたげな者達も・・
そんな面々のスナップを数枚。
ショウリョウバッタ成虫
まずは、最終脱皮を終えたショウリョウバッタから・・
草むらのあちこちで、堂々たる姿を目撃出来る時期に入りました。
名前にある精霊は、お盆にゆかりの精霊流しの舟にその形が似ているからとも・・
確かにそんな気もですが、これは水面を滑る様にではなく、勢い良く飛び跳ね。
アクション的には全然違うけどねぇ・・
シオカラトンボの雌・ムギワラトンボ
ショウリョウバッタは真夏を象徴するバッタ。
そしてこれは真夏を象徴するトンボでしょうか。
ちょっとややこしいですが、シオカラトンボの雌・ムギワラトンボ(俗名)です。
私の観察地では、その年によって生息数に差異がありますが、今年は少ない傾向。
こうして、近接ショットをゲット出来たのは、今季初体験です。
ごく普通種のトンボ。環境的に、いつまでも普通種であり続けて欲しいなぁと・・
アブラゼミ
真夏を象徴する昆虫として、私を忘れていませんか?って言いそうなのがこれ。
現在鳴き声で木立を制圧中のアブラゼミ。ミンミンゼミと双璧をなす代表種です。
たくさん居過ぎて、写欲が・・って言う感じですが、最盛期の記録として一枚。
世界のセミの中でも、この様な不透明な翅を持つ種は珍しいらしい。
決して、見飽きたなんて言っちゃいけない様です。

※7/31に都内で撮影

パッションの差?2017/07/17 18:58

パッションの差?
夏本番の雰囲気が濃く漂う中、トンボ達の熱いシーンが繰り広げられていました。
ただ、それぞれの温度差はかなりのもの。
いわば、パッションの差って言う事でしょうか。
これは、陽の当らぬ木立の中で目にした、パッション感溢れる熱々なシーン。
交尾状態にあるアオヤンマのカップル。愛のハートマークを形成していました。
この後、水辺に移動して、産卵行動に移る筈です。
ベニイトトンボのカップル
一方陽射しが降り注ぐ草地では、パッションを感じられない愛のシーンが・・
細い草の葉にぶら下がったベニイトトンボのカップルです。
オスがメスの首根っこを掴むポーズはアオヤンマと同様ですが、妙によそよそしい。
私が目にした時、たまたまこうだったと言う事であればいいのですが・・

※7/17に都内で撮影