肌にひんやり・・2021/12/31 14:48

肌にひんやり・・
疫病の終息には至らず。そんな残念な雰囲気の中で暮れてゆく2021年。
来年こそはと言う願いが強いのですが、どう言う展開になるやら・・
一方、目にする自然はと言うと、季節なりの推移がほぼ順調に進んでいます。
葉を落とし尽くした木の上にひろがる冬空。
雲は、陽射しを遮る程に厚くないのですが、肌に触れる空気はひんやり。
正月期間に入ると、この寒気はさらに強まって行くんでしょうね。
ドウダンツツジの紅葉
クールな風景を目にした後にこの色を目にすると、そのギャップに強い違和感を・・
道端の低木・ドウダンツツジの紅葉です。
ずいぶん長い間、この色合いを保って目を楽しませてくれています。
しかし、そろそろ限界に近づいているのでしょうか。
固く閉じていたボケの蕾
こちらは、花開く時を待つ、小さな赤いつぼみ・ボケの枝に沢山付いていました。
当分は厳しい寒さに耐える日々となるでしょうが、その時が来れば一斉に・・
大いに期待を抱かせる光景でした。
アキアカネの日向ぼっこ
当ブログのメインテーマである昆虫について、今年はどんな年だった?・・
通い慣れた観察地には、種々の事情で思う様な立ち入りが出来ずに、困惑しました。
そんな中でも嬉しかったのは、里帰りを果たしたアキアカネに頻繁に出会えたこと。
これは12月2日に最終目撃した個体です。
少数ながら、こんなに遅い時期まで生き延びた生命力を称賛したい気持ちに・・
この観察地の池には、来季の誕生を待つ新しい生命が沢山眠っている筈です。
それらは羽化して、避暑地の高原に旅立つ筈。その頃の様子も目にしたいなと・・

※12/31と12/30に都内で撮影。
※アキアカネは、12/2に撮影し、同日の記事に掲載した画像の転載です。

この一年、当ブログをご覧いただきありがとうございました。
来年も出来るだけ頻繁に更新を続けてゆく予定です。よろしくお願い致します。
皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

無事を祈りたい・・2021/12/28 13:40

無事を祈りたい・・
夏から秋へ・・トンボたちが活発に飛び交った池の水面は、今この通り。
正午近くなのに、さざなみ状の薄氷が張ったまま静まり返っていました。
遅くまで確認出来たアキアカネの姿も既に無し。
しかし、この水面下では来季に誕生する各種トンボ達の幼い命が眠っている筈。
それらの無事を祈りたい気持ちで撮影しました。
ロウバイの花が開き始めていた!
いよいよ寒さへの本格的な対応を迫られる時期ですが、こんな光景も・・
寒さに負けない花・ロウバイの蕾が開き始めていました。
今日のところはまだ少数。甘い香りを漂わせるところ迄には至っていませんでした。
日向ぼっこ中のヒラタアブ
その香りに惹かれてやってくる筈のハチやアブ達も、まだ開花に気づいていない様子。
このヒラタアブは、陽射しが豊かに降り注ぐ葉上で日向ぼっこ中でした。
”ロウバイの花が咲いているよ” って 教えてあげたい気持ちに・・
そんな余計なお節介をしなくても、じきに気づくでしょうけどね。

※12/28と12/27に都内で撮影

陽射しよ、陰るなよ!2021/12/02 15:30

陽射しよ、陰るなよ!
昨日に続き、綺麗に晴れ渡った青空に恵まれました。
その空の下、鮮やかな黄色に染まっていたのは、エノキの葉。
一時より、かなり数は減りましたが、それでも、依然、枝にたわわ。
眺めているだけで、気分がスカッとする爽やかな色の競演でした。
オオカマキリのメス、健在!
こちらは、ほっと一息つける魅惑のエメラルドグリーンの瞳。
以前から観察を続けているオオカマキリのメスです。
私にとっての秘密の出会い場所で、今日も日向ぼっこ中でした。
一体いつまでこのお見合いが続くのやら・・
目力の強さから察すると、まだ当分大丈夫よ!と言ってる様に思えたのですが・・
アキアカネの日向ぼっこ
水辺の枯れ草に覆われた草地も、私にとってのもうひとつのデートスポット。
今日もお目当ての相手に出会う事が出来ました。
枯れ草の上で日向ぼっこ中のアキアカネ。
但し今日出会えたのはこの個体だけ。何ともさみしい状況になってきました。
暖かい陽射しよ、陰るなよ!。そんな想いを込めてレリーズON!。

※12/2に都内で撮影

懸念を払拭する眺め2021/12/01 14:39

懸念を払拭する眺め
夜明け前、雨音の凄さに目が覚めて、外の様子をうかがったら、この通り。
街路灯の明かりに浮かび上がったのは、密度の高い猛烈な雨でした。
北上中の寒冷前線がもたらした強雨。まさに予報通りの展開でした。
荒天の後の澄んだ青空に映える・・
そしてこれは、正午前に目にした風景。
極端すぎる感じの澄んだ青空に、イチョウの黄葉が美しく映えていました。
強い雨に打たれて散ってしまったんじゃないの?って言う懸念を払拭する眺め。
ほっと一息つきながら見つめました。
キタキチョウの吸蜜
こちらも、ほっと一息の光景。
花壇の花に来て、忙しく吸蜜を繰り返していたキタキチョウです。
翅にも全く傷みが見られないし、適切な雨宿り場所で雨を凌いだんでしょうね。
アキアカネの日向ぼっこ
こちらも同じく。サクラの落ち葉の上で日向ボッコをしていたアキアカネです。
野に生きるもの達は、そんなにヤワじゃないなと改めて実感させられた光景でした。
この分なら、まだまだイケるね。

※12/1に都内で撮影
※PENTAX K-70/SMC PENTAX 18-135mm ED AL

昼の月が・・2021/11/28 14:03

昼の月が・・
色づいた葉をつける木の上に広がっていたのは、雲一つない青空。
澄み切った空気を物語る様に、昼の月が浮かんでいました。
前景が枝剥き出しの木なら、正に冬の風景なんですが、一歩踏み留まっている感じ。
しかし、そんな眺めを目にする日も間近に迫っているんでしょうね。
中途半端な開き方のタンポポの花
地べたスレスレで目にしたタンポポの花。
陽射しの明るさに誘われて花開いたものの、吹く風がヒンヤリ。
”こんな筈じゃぁ” って言うことで、中途半端な開き方のままじーっと・・
ほんと罪作りな青空だよねって、同情の気持ちを込めて一枚!。
日向ぼっこをするアキアカネ
アキアカネ達は、地面スレスレでの日向ぼっこに専念中。
それなりの数を確認出来ましたが、揃ってこんな状態で固まっていました。
寒さが厳しさを増す時期の過ごし方は、これで決まり!と言う事なんでしょうね。
たとえどんな姿であれ、こうして出会いが続くのは、嬉しい限り。
冷たい雨だけは降るなよ!って言う想いで見つめました。

※11/28に都内で撮影