猛暑の昼下がりに・・2018/07/20 19:58

猛暑の昼下がりに・・
じりじりと照りつける陽射し、容赦のない暑さが今日も継続しました。
これは昼下がりの駐車場で目にした光景。車の下の日陰に逃げこんでいたカラス。
くちばしが開いていますが、やかましくカーカーと鳴いている訳ではありません。
息も絶え絶えの体調を象徴していたみたい。
色が黒いから、陽射しをもろに浴びると体温が急上昇してしまうのかも。
真夏は大変だね・・
アブラゼミ
暑ければ暑いほど元気づくのが、今の時期の昆虫界の主役・セミの仲間達です。
今日の暑さを受け、合唱音のボリュームが一段とアップしていました。
そんな合唱団の一員として重要な位置を占めるのが、このアブラゼミ。
終盤に差し掛かると、翅が傷んだ個体も多く見かけますが、今は完璧におニュー。
鳴き声に張りがあるのも当然ですね。
アオバハゴロモ成虫
アブラゼミはちょっと暑苦しい体色。一方こちらは目に心地良く映るクールタッチ。
セミの親戚・カメムシ目ヨコバイ亜目に属するアオバハゴロモです。
木の幹に止まるポーズは本家セミ達と同様。但しこちらはいっさい鳴きません。
草木の茎や幹に止まり、汁を吸う日々を静かにおくっています。
鳴くエネルギーを使わないだけ、楽な生き方かも。
実情は判りませんが・・

※7/20に都内で撮影

真夏の木にて・・2018/07/16 20:40

真夏の木にて・・
昨日(7/15)、多種の甲虫が樹液を求めて殺到していたクヌギの木を再訪しました。
結果は甲虫の数が減少、種類もハナムグリに限定と言う様変わりぶりでした。
理由は、樹液の噴出量が減少した為と思ったのですが、そうではないみたい。
この通り、発酵して白く泡立った樹液も確認出来ますので、決して少なくはない筈。
あたりには、お酒を思わせる強い香りもプーンと漂っていました。
他の甲虫達は、昨日飲みすぎて、今日は二日酔い状態?・・
いずれにしても、呑んべいNo.1は、この種で決まりと考えてよさそうです。
(シラホシハナムグリと推定)
緑色のチビが、ロッククライミング中
美酒に酔いしれる者もいれば、早く成虫になる為の身体鍛錬に余念なき者もあり。
その一例がこれ。木肌を岩場に例えると正にロッククライミング中と言う趣でした。
慎重に一歩一歩、絶壁を登って行ったこのチビの正体とは?・・
ハラビロカマキリの幼虫
ハラビロカマキリ幼虫でした。この種の成虫は草むらから樹上に居所を移します。
まだ幼虫体形のこのチビも本能に目覚めて練習中と言う事だったみたい。
草むらを徘徊していた時とは勝手が違う筈ですが、このチャレンジ精神さえあれば・・
樹上に住む昆虫達にとって、脅威となる存在が登場間近である事は間違いありません。

※7/16に都内で撮影(クヌギの木での樹液摂取シーンは7/15の記事にも掲載中です)

腹ばい錐の余地もなし2018/07/15 21:37

腹ばい錐の余地もなし
クヌギやコナラ等の幹から沁みだす樹液に群がる昆虫達。
そんな光景を目にするのも、今の時期の昆虫観察の楽しみです。
今日見たこれは今季最大級のラッシュ状態。噴出ポイントに群がる甲虫たちです。
色とりどりのカナブンやハナムグリ達が、ごく限られた噴出ポイントに殺到中でした。
正に立錐(りっすい)の余地もなし・・って言うか、腹ばい錐の余地もなしの状態。
幹上方に止まっているのは、これ又、樹液に目がない蝶・アカボシゴマダラでした。
甲虫達の迫力に気後れして、近づくのをためらっている様子。
樹液を求めるアカボシゴマダラ
しかし、いつまでもためらっていたら、樹液を吸い尽くされてしまいそう。
・・と言う事で、意を決して、甲虫集団の上にふわりと着地しました。
早速、黄色いストロー(口吻)を伸ばして、樹液吸いのチャレンジを開始。
でも予想以上に甲虫達のガードが固かったみたい。いくら探れどポイントヒットせず。
暫くチャレンジしていましたが、諦めて近くの草の葉に引き揚げてしまいました。
なお樹液大好き昆虫としては、あの乱暴者・スズメバチも筆頭格に挙げられます。
今日は姿を見かけなかったのですが、もしあいつがこの場に現れていたら?・・
少し違う展開になっていたかも知れません。その修羅場は次回に期待と言う事で・・

※7/15に都内で撮影

ひっそりと・・2018/07/08 20:46

ひっそりと・・
今の時期、樹下の草地で良く目にするのがこれ。泥だらけのニイニイゼミ抜け殻です。
これから登場するアブラゼミやミンミンゼミのそれには見られないこの種だけの特徴。
なぜ泥だらけなのかには諸説ある様ですが、その一つで有力なのがオシッコ活用説。
地中から出る際、自分のオシッコを接着剤にして周囲の泥を体に塗りたくると言う訳。
なんでそんなややこしい事をするの?ですが、恐らく身を護る為でしょうね。
”私は単なる泥の塊で、決して生き物じゃないよ” って言うアピール?・・
その効果の程は?ですが、いずれにしても、この種の用心深さを象徴している感じ。
木肌に紛れるニイニイゼミ
幼虫の用心深さは、成虫にもそのまま受け継がれている様です。
樹木の木肌に紛れる体色や模様を持っている為、観察者や宿敵の目にとまりにくい。
じーっと目を凝らしてやっとと言う発見過程を経る事になります。
今日そんな過程を経て見つけたのがこれ。頭の緑色がやや目立っている程度ですね。
でも個体、何だか様子が変!と言う事で凝視してみたら、実は2匹の結合体でした。
交尾中のニイニイゼミ
観察アングルを変えてみたらこの通り。
お尻とお尻をくっ付けあって、今まさに交尾中のカップルでした。
熱いシーンの筈なのに、何ともクールの雰囲気。
ひっそりと誕生し、ひっそりと愛を成就させて、他のセミ達に主役の座を明け渡す。
いかにもこのセミらしい生き方だなぁと・・
そう言えば、今日初めてミンミンゼミの声を耳にしました。
セミの世界もいよいよ次のステージに足が掛かった様です。

※7/8に都内で撮影

気の長い話2018/07/07 21:30

気の長い話
夏の風物詩・セミの声が一段とボリュームアップして来ました。
ただし今耳に届くのは、真っ先にデビューしたニイニイゼミの声が殆ど。
この後登場するアブラゼミやミンミンゼミの声に比べると、遥かに控えめです。
姿の方も控えめ。木の幹に同化する色合いで、目撃はそう簡単ではありません。
まして幹の高所に止まるので尚更。これはようやく見つけての望遠ショットです。
オンブバッタ幼虫
セミ達が地上で過ごす時間は、地中生活のそれに比べて、極めて短い。
一方、今の草むらでは、秋の終盤まで生き続ける息の長い種も多数生息しています。
オンブバッタもその一つ。但し今は超ミニサイズなので、良く目を凝らさないと・・
今日目撃した個体のひとつがこれ。
緑色タイプの幼虫の下に見えている白いのは、さっき脱ぎ捨てたばかりの脱皮殻です。
その詳細は下の画像で・・
オンブバッタの脱皮殻
脱皮殻の詳細です。一段階成長した幼虫と相似形ですが、サイズは遥かに小さい。
こんな窮屈そうな入れ物に収まっていたんですね。
無事脱皮出来て、伸び・伸〜びって言う感じでしょうか。
しかし、成虫になる為には、今回の脱皮だけでは足りずに、更に・・が必要。
セミ達の短い地上生活に比べると、随分気の長い話ですね。

※7/7に都内で撮影