そろそろ正常化?・・2018/09/22 21:09

そろそろ正常化?・・
夕方5時半過ぎに見た西の空。淡い紅色に染まった雲に確かな秋の訪れを感じました。
色々異変のあった最近の天候ですが、そろそろ正常化に軌道修正と言う事でしょうか。
コセンダングサの花に来た小さなアブ
草むらでも、秋の訪れを感じさせる野の花のデビューが続々と・・
ヒメヒラタアブが吸蜜に訪れていたのはコセンダングサの花でした。
小粒な可愛らしい花ですが、やがて生来の荒々しい素性を剥き出しに・・
鋭いトゲを持つ果実・いわゆるひっつき虫を実らせます。
自然観察散歩では、衣服にしつこくくっついてチクチクと肌を痛撃する迷惑者。
迷惑者、野にはばかるの光景を目にするのも、そう先の事ではない筈です。
オオカマキリ成虫
これも、秋本番のスタートを実感させられる光景です。
最終脱皮を終えて堂々とした姿に変身したオオカマキリ成虫。
この先の野では、絶対的な強者として、他の昆虫に恐れられる存在となります。
でも今日のところはまだ暇そう。しかしハンティングに多忙を極める日も間近な筈。
この姿からも、季節の時計の針が、正常に回り始めた事は間違いありません。

※9/22に都内で撮影

見納め?2018/09/09 21:14

見納め?
全国的には傘マークがずらり。しかし東京はまずまずの晴天に恵まれました。
これは所用の合間に見上げた空。雰囲気的にはだいぶ秋めいて来たなぁと・・
肌で感じる相変わらずの暑さと、目で見る風景のギャップに、戸惑いを覚えました。
終末期のアブラゼミ、しーんと・・
昆虫の世界は季節の進展に敏感です。それを物語るのがアブラゼミのこの姿。
幹の、木洩れ陽がスポット状に当たる場所に止まっていました。
しかし黙して語らずではなくて鳴かず。最盛期の勢いは完全に消え失せていました。
こうして幹に止まっているのもやっとと言う状態だったのかも知れません。
おそらく今期の見納めだろうなと言う気持ちで、静かにシャッターを押しました。

※空は9/9に、セミは9/8に、いずれも都内で撮影

暑さが戻って・・2018/08/21 19:38

暑さが戻って・・
じりじり焼け付く様な真夏の暑さが戻って来ました。
木立の中を通る道には、強い木漏れ日を受けた木の枝の影がゆらゆら。
こんな光景を目にする限り、猛暑の夏の終焉はもう少し先になりそうですね。
カエデの葉で翅休め
そんな熱気の中、ゆるやかなはばたきで、滑空する様に飛ぶ蝶の姿が・・
しばらく目で追いましたが、中々翅休めをしてくれず、実体がつかめません。
こちらの存在に気づいて警戒していたのかも・・
で、やっと止まったのは、まだ緑色の葉を付けているカエデの木でした。
この観察地では見慣れない蝶。もっとはっきり確認したいなぁと思ったら・・
コミスジ
願いが通じた訳ではないでしょうが、きまぐれな感じで目の前にふわりと・・
ミスジチョウの一種・コミスジでした。
鮮やかな色合いの斑紋もいいけれど、モノトーンのこれも中々だなぁと・・
でも、じっくりと観察させてはくれず、再び、はばたいて木立の奥へ消え去りました。
この場所での観察体験からすると、今季はこれが最初で最後の遭遇だったかも・・

※8/21に都内で撮影

お盆の頃に・・2018/08/19 19:47

お盆の頃に・・
毎年、お盆(旧盆)の頃になると、見事に成熟した姿を見せるショウリョウバッタ。
今年もその通りの展開になりました。
ショウリョウバッタを漢字で表すと「精霊蝗虫」。
お盆の頃に、草むらで俄然存在感を発揮する事から、そう名付けられた様です。
形状が、精霊流しの精霊船に似ているからとも言われています。
そう言う点からは、おごそかな気持ちで見つめなければいけないのかも・・
でも、雄だけですが、飛翔時にキチキチと言う音をたてるひょうきんな一面も・・
夏から秋への衣替えを進める草むらに於ける、何とも憎めないキャラクターです。
ミソハギの花
盆花としても知られるミソハギ。今年もタイムリーな開花状況を見せています。
紅色の結構派手目な花色なんですが、小粒なので、どぎつさは全く感じません。
むしろ優しい雰囲気さえ。供養花として仏前に供えられるのもむべなるかなですね。
実り始めたドングリ
お盆明けには、季節が急に秋めいてと言う流れになるのが通例です。
うだるような暑さが連続する夏でしたが、今年もそんな展開になるのでしょうか。
そんな気持ちで目を凝らしたら、これが・・秋の実り・ドングリの赤ちゃんです。
まさに、小さな秋見つけたって言う感じで、嬉しくなりました。

※8/19に都内で撮影

風は北から2018/08/17 20:35

風は北から
風向きが、北からに変わった事を実感できた日。
陽射しは強いものの、肌に当たる風は若干の冷気を含んでいました。
見上げる空の様子も、ちょっぴり秋を感じさせるものに・・
ミンミンゼミ
夏の終焉の近づきは、木立から湧き上がるセミの声からも実感出来ます。
これ迄は夜になっても賑やかに継続していた合唱音が、日没と共にばったり。
いささか見飽きた感じのこんな情景も、じきに思い出の彼方に去ってしまいそう。
(ミンミンゼミ)
アオバハゴロモ成虫
セミの季節の終焉は間近。いっぽう親戚筋に当たるこちらはこれからが旬。
セミと同様に、木の幹や枝から吸汁する食性を持つアオバハゴロモです。
幹に止まる姿はセミと同様ですが、鳴き声はいっさい立てずにひっそり。
薄い青緑の体色も、爽やかな秋の空気にぴったりマッチしている様に感じます。

※8/17に都内で撮影