まずはミニから・・2020/02/19 20:21

まずはミニから・・
春霞?・・そんな薄ぼんやりとした空に筋状の優しげな雲が浮かんでいました。
澄み切った冬の青空ともお別れ。そんな事を思わせる穏やかな風景でした。
キカタバミの花開く
地表に目を落としたら、やや遠慮気味ながら、小さな春の彩りが一輪だけ・・
敷き詰められた枯れ落ち葉の隙間から顔を覗かせたキカタバミの花。
穏やかな陽射しに誘われて、眠たい目をこすりながらお目覚めの様子でした。
この花は、ヤマトシジミ(蝶)にとってホスト的な存在です。
蜜を吸う事は勿論、葉に産卵し、やがて誕生する幼虫の食草としても活用されます。
今日のところはその姿はありませんでしたが、花が開いたとなれば、遅からず・・
クロミャクイチモンジヨコバイ
ヤマトシジミとの初遭遇はお預け。その代りにこの元気者との出会いが実現しました。
こちらの接近に気付いて、ピンと飛び跳ね、近くの落ち葉に着地!・・
セミの親戚筋にあたるヨコバイの一種・クロミャクイチモンジヨコバイでした。
こうして見るとかなり存在感がありますが、実際は目に止まらない程の小ささです。
大物の登場はもう少し先。春の昆虫ステージは、まずこの手のミニから幕開けですね。

※2/19に都内で撮影

鬱陶しい雨も・・2020/02/16 19:40

鬱陶しい雨も・・
晩秋に全ての葉を落とし尽くせなかったカエデ。その枝にびっしりと付く水滴。
降ったり止んだりを繰り返した雨が創り出した光景です。
人にとっては鬱陶しい雨でしたが、春本番に向けて動き始めた自然にとっては・・
枯葉を押しのけてデビューした若草
枯れ落ち葉を押しのける勢いで顔を覗かせた若い草。
今日の雨は、絶好の活力源として、これらの草の成長を更に促す物になった筈。
一雨ごとに本当の春が近づく。そんな受けとり方をすれば、鬱陶しい雨も・・
ヒメツルソバの花開く
本当の春が来れば、こんなチャーミングな花を楽しむ事も出来ますしね。
(早くも咲き始めたヒメツルソバの花)

※雨の風景は2/16に、他は2/14に、いずれも都内で撮影

春を呼ぶ黄色が・・2020/02/15 20:53

春を呼ぶ黄色が・・
春を呼ぶ黄色が眠い目をこすりながらお目覚め・・そんな風に感じたのがこの光景。
たった一株だけでしたが、ナノハナの開花を確認出来ました。
蜜を求める昆虫達を呼び寄せるにはアピール度がまだ足りない様ですが、それでも・・
周りには、早く開きたくてウズウズと言う感じの蕾がたくさん。
蝶やハチ達が忙しく飛び交う日もそう先の事ではない筈です。
タンポポの花が三つ・・
草地でも、春を呼ぶ黄色がお目覚めです。
これ迄は一輪だけぽつんと言う感じで試し咲きをしていたタンポポも、今日はここ迄。
今一つシャキッとしない開き方だけど、3つの蕾の意思が一致して、さぁ開くぞと・・
そんな頑張りが感じられて、愛おしい気持ちになりました。
ユキヤナギの枝にあるハラビロカマキリ卵のう
ハラビロカマキリの卵のうが陣取るユキヤナギの枝。
その枝にびっしりと整列する葉芽も、早く開きたくてウズウズと言うフェーズに・・
それらの葉が一斉に開けば、今は目立ち過ぎているこのハラビロカマキリ卵のうも・・

※2/15に都内で撮影

極端すぎるよ!2020/02/13 19:56

極端すぎるよ!
いくらなんでも、気温の変化が極端すぎるよ!。
そんな言葉を発したくなる様な暖気に包まれた一日。
既に開花を始めていたカワヅザクラも、一層本気度を増した姿を見せていました。
オニノゲシの花開く
オニノゲシの花も、今日の暖かさに即反応した様子。
これまでのちょっと寝ぼけ気味の開き方から、ばっちりお目覚めの姿に・・
ここに蜜を求める昆虫の姿があれば、春本番なんですが、さすがにそこ迄は・・
大物を運搬中のアリ
寒い時期にも活動を休止する事がなかったアリ達。
今日の暖かさは、更なる元気の起爆剤となった様です。
巣に持ち帰る餌運びに大忙し。こんな大物も軽々とと言う感じでワッセワッセ・・
残る問題は、このまま巣穴にすんなり入るかなぁ?と言う事だけでしょうね。

※2/13に都内で撮影

絶対安泰とは・・2020/02/12 19:47

絶対安泰とは・・
去年の秋、様々な場所に産み付けられたカマキリの卵のう。
それぞれの運命のゆくえが明らかになる時期に入りました。
例えばこれは、低木の小枝で目にしたオオカマキリの卵のう。
一見すると、無事越冬を終え、あとは孵化を待つだけの様に見えますが・・
破壊されたオオカマキリ卵のう
向こう側に回ってみるとこの通り。
無残にほじくられた形跡がありあり!・・小枝に止まった野鳥の仕業でしょうね。
野鳥達にとっては、カマキリの卵のうは絶好のタンパク源となります。
小枝の丁度いい場所に産み付けられていたので、しめしめと言う事でガシガシ・・
中に潜んで春を待っていた幼体の運命は、言わずもかな。
この枝がいいとした母虫の場所選択が、最悪の結果を招いてしまった様です。
水草の茎に産み付けられたオオカマキリ卵のう
いっぽうこちらは水草の細茎に産み付けられた同種オオカマキリの卵のうです。
どこにも損傷が生じていない完璧な形状を保っていました。
一見頼りなさそうなヨシなどの細茎ですが、枯れて乾燥すると意外な程に腰が強い。
ほぼ垂直に立ち上がっている事もあり、野鳥がとまって食事するには無理が伴いそう。
そんな事を見抜いての産卵だとすれば、すごい先見の明だなぁと・・
とは言え、今の時期の野鳥は、餌が少なく、揃ってお腹をすかしている状態の筈。
この先も絶対安泰とは言えないでしょうが・・

※本日撮影の画像ではありません(2/11に都内で撮影)