日陰に逃げ込む2018/07/21 20:24

日陰に逃げ込む
強すぎる陽射しは、真夏を生きる昆虫達にとっても過酷な仕打ちとなっている様です。
普段は活発に飛び回る蝶も、日陰に逃げ込んでひっそりの光景を多く目にしました。
樹下のほの暗い草地で翅休め中だったのはアオスジアゲハ 。
周囲の暗さに紛れ込みそうでしたが、この蝶ならでは青緑色の斑紋だけがくっきり。
ひときわ鮮明に感じられました。
ルリシジミの翅休め
同じ様な環境下で目にしたのは、シジミチョウの一種・ルリシジミでした。
こちらもクールタッチな白い翅色が、暗い環境下で際立っていました。
この蝶の翅の美しさは、こんな場所でこそ鮮明に感じられるのかも知れません。
しかし蝶にとっては ”ここでじっとしていたんじゃお腹が空いちゃうのよ” かも・・
炎天下のクマバチ
強い陽射しもなんのその!・・炎天下の草地を忙しく飛び回っていたのがこれ。
いかにも暑苦しい体色のクマバチ(キムネクマバチ)でした。
ややしおれ気味のアカツメクサの花であろうとお構いなし。
独特のしがみつきポーズで吸蜜を繰り返していました。
凄いバイタリティ!・・日陰でひっそりの蝶達も少しは見習ったらどうかと・・
でも無理は禁物ですよね。今日も熱中症関連の報道が続々でした。

※7/21に都内で撮影

夏の思い出につながる・・2018/07/17 20:06

夏の思い出につながる・・
水草の葉に垂直に止まっていたデカブツ。正に真夏到来を実感させられる光景です。
日本に生息するバッタの中での最大種・ショウリョウバッタのメス。
このバッタは、私にとって、幼い頃の原っぱ遊びの思い出につながる昆虫と言えます。
キチキチ音を響かせて飛ぶ姿が、巨大な入道雲とオーバーラップして浮かぶ様な・・
但しキチキチ音をたてるのはオス限定。メスに対するアピール効果狙いなのかも・・
バッタの世界もいろいろ大変そうです。
オンブバッタの幼虫集団
ショウリョウバッタは夏の終わり頃には、次第に数を減らして行きます。
一方、ちょっと似のオンブバッタは、秋の終わり頃まで生き続ける先の長い種。
従って、成長度合いにもかなり差異が生じる事になります。
これがオンブバッタの現状。草の葉の大きさと比べて、いかに小さいかが判ります。
この日目にした幼虫集団は、同じ親から生まれた子供たちの様に思えます。
今はこうして仲良く群れているけれど、やがて散り散りに・・
全員が健やかに成長する事を祈るばかり。

※本日撮影の画像ではありません。
(ショウリョウバッタは7/15に、オンブバッタは7/16に、共に都内で撮影)

離れすぎ2018/07/02 20:09

離れすぎ
昆虫の数の増加にあわせ、それを捕食するクモ達の活動も活発になっています。
網を張るもの、葉っぱの上で待ち伏せをするもの、それぞれのスタイルで奮闘中。
これは網を張るタイプの一つ・コガネグモのメス。
何しろデカイし、色合いも派手なので、目立ち度は抜群。
こんなのに騙される昆虫っているの?って思えますが、自信たっぷりの態度。
この怪しげな模様は、昆虫達を惹きつける魔術の様な力を持っているんでしょうか・・
コガネグモのオス
これは、同じ網に止まっていたオスです。
メスと比べて、体が一回りもふた回りも小さいし、色合いも凄く地味。
体格差は昆虫の世界ではよくある事なんですが、クモでも同じ法則が成り立つ様です。
さらに興味を惹かれたのは、両者の位置関係。その様子を下の画像で示します。
コガネグモのメスとオスの位置関係
すこし離れた場所から撮影した、同じクモの画像です。
生い茂った草に紛れて見難い為、色付き矢印でメスとオスの位置関係を示しました。
ピンクの矢印の先にいるのがメス。黄色の矢印の先がオスです。
同じ網に止まってるのに、これだけ離れているなんて、かなり異常。
これで本当に夫婦なの?って疑いたくなる位の疎遠ぶりでした。
ベストポジションを占めるのはメス。遠慮して離れた場所にオスと言う図式の様です。
もしかすると、あまり近づき過ぎると、メスに食われる危険があるからなのかも・・
何事も起こらない事を祈りながら、この場所を後にしました。

※本日撮影の画像ではありません(7/1に都内で撮影)

真夏モードに・・2018/07/01 21:10

真夏モードに・・
背丈を競う様に突きあがる夏草。草の繁みの奥からはキリギリスの声も響いて・・
梅雨明けの発表と共に、草むらの風景が一気に真夏モードに突入した感じです。
ヤブガラシで吸蜜するアオスジアゲハ
旺盛な繁茂力を見せるヤブガラシの花に来て吸蜜していたのは、アオスジアゲハ。
青緑色の斑紋が、夏の陽を浴びて一層の輝きを見せていました。
元気な花に、元気な蝶。この組み合わせも真夏を象徴する風景と言えそうです。
アイノカツオゾウムシ(推定)
元気いっぱいと言えるかどうか・・微妙だったのが、この鼻長昆虫でした。
ゾウムシの仲間・アイノカツオゾウムシと思われます。
細い草の茎を、ヨタヨタと、危なっかしい足取りで行ったり来たり・・
ぎこちない足取りだなぁと、ハラハラして見ていたら、案の定、ポロリと落下!・・
その瞬間、翅が開いてふわりと・・但し、大した飛翔距離じゃありませんでしたね。
こんなドジな奴に出会えるのも、昆虫の数が増えてきた事の恩恵です。
暑さ負けしない様に注意しながら観察を続けたいと思います。

※7/1に都内で撮影

雨の日は・・2018/06/23 19:53

雨の日は・・
沖縄地方が梅雨明けしたとの報道があった日。
東京は、梅雨真っ只中を感じさせる様な雨模様の一日になりました。
強まったり弱まったり、しつこく降り続く雨に、草むらもしーんと静まり返って・・
クズの葉上にいたオオカマキリ幼虫も、完全に戦意喪失と言った感じ。
顔に溜まった水滴を振り払おうともせず、じーっと固まっていました。
ジョロウグモ幼体の緻密な網
超小型のジョロウグモ幼体も、獲物が掛からない網の中央で、今日は暇だなぁ。
所でこの網、思わず見とれてしまう程、緻密な張り方ですね。特に中心部なんて・・
折角の苦心作も、あいにくの天気に邪魔されて・・と言う結果に終わった様です。
明日以降に期待と言う事でしょうね。
カタツムリはVマーク
カマキリもクモも、一日でも早い梅雨明けを希望と言ったところでしょうか。
一方、こちらは、”梅雨明けは出来るだけ先の方がいいよ” かも・・
雨が降れば俄然活気付くカタツムリ。V字にひろげたツノがその元気さの証明です。
野に生きる物達の雨に対する気持ちは様々。観察者としては、やはり雨は苦手かな。

※6/23に都内で撮影