危険がいっぱい!2018/04/23 21:03

危険がいっぱい!
ジョロウグモやコガネグモ等大形の蜘蛛はまだですが、小型のは続々と登場中。
それぞれの持ち場で、工夫を凝らした方法で、昆虫の捕獲を狙っています。
そんなやつらを見つけるのも今の時期の楽しみと言う事で、目を凝らしたら・・
タンポポの綿毛に紅色の怪しい物影が・・超ミニサイズの蜘蛛でした。
色、形からみて、クサグモの一種の幼体と判断しました。
この種は細かい網を張って獲物を捕らえる、いわば正統派の蜘蛛の筈。
でもこれは面倒な網張り作業を省きタンポポの綿毛で代用しようと言う算段か・・
確かに頭がいいけれど、それに引っかかるうっかり者がいるかどうか?・・
ここは手抜きをせずに、地道に網張りをする努力をした方がいいと思うけどね。
クサイチゴの花にいたササグモ
こちらはクサイチゴの花弁に止まるササグモ。網を張らない待機型の蜘蛛です。
所で、撮影後に気づいたのですが、上方に小さな甲虫が止まっていました。
でも、この蜘蛛はそれに全く関心を示さず。硬くて歯がたたないって言う事?。
どうやら狙っているのは、花芯に吸蜜に来る小型のアブやハチあたりらしい。
ハエトリグモの一種
これは木の幹に止まっていたハエトリグモの一種。これも網を張らない待機型です。
クサグモもササグモも目立つ事に割と無頓着と思えますが、この蜘蛛は違います。
この角度だとそれなりに目立ちますが、実際は幹のゴツゴツに紛れて判別が難しい。
その点をしっかり認識して、この場所で待ち伏せをしている様です。
捕らえるのは、餌あさりに疲れて幹で一休みのハエやアブでしょうか。
始動直後の昆虫社会。まだ場慣れしない昆虫達には、そこいら中危険が一杯です。

※4/23、4/22、4/20に、いずれも都内で撮影

やられ強い花?2018/04/22 20:40

やられ強い花?
今の時期の草むらで目立つ花と言えば、ハルジオンが筆頭格に挙げられるでしょうか。
とにかく凄い勢いの群生ぶりで、白あるいは薄紅色の彩りを披露しています。
その彩りに惹かれてやって来る昆虫の数も極めて多し。
今日はアオスジアゲハの吸蜜風景を目にする事が出来ました。
誕生後間もないと思われるのですが、既に翅には欠損部が生じていました。
花の数が多いので、飛び回るのに大忙し・・その結果と言う事の様です。
花芯をかじるコアオハナムグリ
こちらも大忙し。黄色い花芯に取り付いて猛食中のコアオハナムグリです。
この種の甲虫の食事法は、この様に花芯部分をガリガリかじる事。
正に花をぶっ壊すと言った感じです。花にとっては全然嬉しくない訪問客かもね・・
イモムシも愛好者?
甘いケーキみたいな花芯の愛好者は、甲虫だけにとどまりません。
こんなへんてこりんなのもご執心の様子。種類は不明ですが小さなイモムシでした。
これが孵化して誕生する成虫も、きっとハルジオンの花が大好きな筈。
果たしてそれが花にとって歓迎出来る訪問客なのかは判りませんが・・
徹底的にやられたハルジオンの花
とにかく春の昆虫たちにとってのアイドル的存在と言えそうです。
結果として、こんな惨状を呈する花も数多く見受けられる事になります。
全く手加減と言うものがありませんね。
それでも毎年春になると花盛りとなるハルジオン・・まさにやられ強い花なのかも。

※4/22に都内で撮影

タイミングが中々・・2018/04/14 19:31

タイミングが中々・・
若草の緑が目に眩しく感じられる今の時期の草むら。
その中では、そこを住処とする昆虫たちの脱皮が密かに行われています。
目にする度に感動を覚える神聖な生命の営み。でも立ち会うタイミングが中々・・
これはヨコバイの一種の脱皮。しかし時既に遅し、殻から完全に抜けきっていました。
脱ぎ捨てた殻とは違う方向を向いて、新しい人生・否・虫生へ第一歩・・
じゃぁなくて、ピンと勢いよく飛び跳ねですね。
ヤブキリ幼虫、脱皮完了
これも完全にタイミング遅れの脱皮目撃です。
細長い草の葉の上で行われていたヤブキリ幼虫の脱皮。
こちらも古い殻から無事抜け出せて、ほっと一息をついている状態でした。
驚くのは、本当にその殻から生まれたの?って思える位の大きさのギャップです。
良くそんなに小さい所に収まっていたもんだなぁと・・窮屈だったろうね。
ヤブキリの幼虫
そしていよいよ、殻を離れて独り立ち。
今の時期の食料である、春の花を求めての旅立ちです。
でも、長い後脚のジャンプ能力を試すにはもう少し時間が必要かもね。
そう、体が完全に固まりきってからの方がいいよ。何しろこの先長いからね。

※4/14に都内で撮影

春ですね2018/04/10 20:18

春ですね
穏やかに晴れ渡った空、浮かぶ雲も春らしい優しげな雰囲気を漂わせていました。
そんな空に少しでも近づこうとしているのでしょうか。
ヘラオオバコも背伸びをしてユラユラ・・
眺めていると何か眠気を誘われる様な・・すっかり春ですね。
カタバミに止まるヤマトシジミ
こんな日は草むらの住人(?)たちもご機嫌。
ヤマトシジミはお気に入りの花・カタバミに来て吸蜜をしていました。
カタバミは、この蝶の産卵、誕生、生育を手助けした野草です。
”やっぱり生まれ故郷はいいね” って言う事みたい。
幼虫に葉をバリバリ食われるカタバミの気持ちは?・・かなり微妙かなぁ・・
ホソヒメヒラタアブ
花に来るアブたちも今日は大忙し。
吸蜜の合間には、草の葉に止まって一休み 兼 日光浴を楽しんでいました。
これはホソヒメヒラタアブ。休憩中は、吸蜜作業で汚れた体の清掃にも余念なし。
これは、前脚を使って、大きな複眼の清掃を済ませた瞬間のショットです。
前脚を擦り合わせるのが最終工程って言う訳。
前脚は車の場合のワイパーにあたる大切な部位。いつも綺麗にしておかないと・・

※4/10に都内で撮影

ほんと悪だよなぁ・・2018/04/08 20:02

ほんと悪だよなぁ・・
春の野の花と昆虫の関係について観察しました。これはジシバリの花で目にした光景。
花びらに止まっている緑色の小さいやつはキリギリスの仲間・ヤブキリ幼虫です。
今の時期は、花に止まって、それをバリバリ食べるのが日課となっています。
この花の花びらにも食い跡と思われる欠損が数カ所確認出来ます。
しかし、この程度じゃ満足出来ていない筈。更にムシャムシャが進む事間違いなし。
その具体例は下の画像で・・
ひどく食われたハルジオンの花
これは同じく野に咲く春の花・ハルジオンの様子です。
画像左上に例示したのが花本来の姿。中央のは昆虫の食害にあった姿です。
花びらも正常比・小さ過ぎますし、花芯部分にもほじくられた形跡がありあり。
かなりの猛食家の食害にあった事は間違いありません。
ヤブキリ幼虫辺りが有力容疑者と言えそうです。それにしてもひどい事するなぁ・・
タンポポに止まるモモブトカミキリモドキ
これは今の時期、タンポポの花で良く目にするモモブトカミキリモドキです。
私見、いかにも悪そうな風体で、花に対してひどい事をしそうな感じなんですが・・
花粉を食べるモモブトカキミリモドキ
接近して詳細を確認したらこの通り。
花のシベに取り付いて、花粉だけを器用に食べていました。
”見かけによらず繊細な事をやるじゃん” って言うのが率直な感想。
”虫はみかけによらない事もあり” と実感させられました。
それにしても、あのキリギリス属の幼虫達、ほんと悪だよなぁ・・

※4/8に都内で撮影