水滴を楽しむ2017/08/14 20:35

水滴を楽しむ
梅雨の再来を思わせる様な細い雨が降ったり止んだり・・
こういう雨の日には、野草に宿る水滴のバリエーションを楽しむ事が出来ます。
まずは圧倒的多数の面白さ。
秋本番を間近にして、数を増して来たエノコログサにつく水滴です。
個々には小さな水滴だけど、これだけまとまれば、それなりの重さになるはず。
穂のうなだれ具合が、晴れた日のそれとは明らかに違いました。
葉っぱの上に宙玉?・・
細長い草の葉の先端では、最近話題になっている宙玉レンズを連想させる光景が・・
大粒の水滴の中に、向こう側の景色が写り込んでいました。
茶色は地面の色、緑色はそこに生えた野草の葉。魚眼効果でかなり歪んでますね。
私はこれを見た瞬間、昔、駄菓子屋で買ったあんこ玉を思い浮かべてしまいました。
五円玉だったか、十円玉だったかを握りしめて、”頂戴な” って・・
ハムシ、水滴に戸惑う?・・
濃紺色の小さなハムシが細長い葉っぱの上でひっそり。動くに動けずって言う感じ。
自分よりも大きな水滴も散乱するこの場所の雰囲気に戸惑っていたのかも・・
秋晴れって言うイメージが先行する秋ですが、実際は降る雨の量もそれなりに多い。
いまからこんな調子じゃ、秋の日々を元気に過ごすのはきびしいかもよ・・
(トゲアシクビボソハムシと推定)

※8/14に都内で撮影

顔見て笑えない2017/08/11 20:24

顔見て笑えない
雨上がりの草むら、アカツメクサに止まっていた、ある昆虫の顔面接写です。
睨みつける様な鋭い目つきが印象的。
私はこれを見た瞬間、以前この場所で目にしたある顔がフラッシュバックしました。
この顔に見覚えありって言う訳。その根拠となる画像を下に掲載します。
顔見て笑うな!
7/30に、この草むらで見たおかしな顔の幼虫。同日の当ブログに掲載した画像です。
その際の記事タイトルは「顔見て笑うな」。
”鼻毛を伸ばした間抜けなおっさん” なんて言うひどい印象コメントまで付けました。
キリギリスの仲間・サトクダマキモドキの終齢幼虫。
これを見る限り、冒頭に載せた画像との類似性は疑いようもありません。
外敵に襲われる事もなく、無事最終脱皮を終えて、成虫になれたんですね。
で、笑いたくなる様だったおかしな顔は、一体どう変化したのか・・
少なくとも鼻毛みたいだった触角は、ぴーんと前に伸びて、凛々しくなったかな・・
サトクダマキモドキ成虫・メス
少し離れてみるとこの通り。お尻には成熟の証・立派な産卵管も確認出来ます。
この角度から見ると、目つきも、かなりきつめで威圧的。
とても顔見て笑える様な雰囲気ではありませんね。
成虫化を祝したい気持ちの反面、ちょっと寂しいなぁとも・・

※8/11に都内で撮影(参照画像は7/30に同じ場所で撮影)
※共通データ:SONY α7II / FE 90mm F2.8 Macro

間に合うの?2017/08/08 20:18

間に合うの?
ノロノロ台風の影響が薄れ始めた午後。
青空に向かって背高ノッポの夏草が突き上がっていました。
あれ位の風なんてへっちゃらさって言いたげな雰囲気も・・
ヒメクダマキモドキの幼虫
吹けば飛ぶようなミニミニ幼虫も、葉っぱの上で涼しい顔。
キリギリスの仲間・ヒメクダマキモドキの幼虫です。
自慢の長い後ろ脚で踏ん張れるから、強い風が吹いたって平気なのさ・・
それにしても、今の時期に、依然この小ささ!。
やがて訪れる秋の昆虫ラッシュタイムに間に合うの?って余計な心配を・・
アカボシゴマダラの産卵
エノキの幼木では、アカボシゴマダラが産卵を繰り返していました。
虫食いだらけの葉は避けて、出来るだけ新鮮な葉に向けてお尻をくいっと・・
はやいもので、暦の上では、既に立秋(2017年は8月7日)を過ぎました。
次世代に命をつなぐ蝶たちの産卵行動にも、一層拍車がかかりそうです。

※8/8に都内で撮影

旬の花に来て・・2017/07/29 20:29

旬の花に来て・・
夏を彩る花と言えば、まずヒマワリが思い浮かびますが、それだけでは・・
雰囲気はかなり違いますが、水辺に咲くミソハギも抜かす事が出来ません。
盆花として用いられる事からも判るとおり、宗教的な意味合いが強い花。
色自体は華やかだけど、小粒な花が醸し出す雰囲気は、意外な程に物静か。
亡き人を想う気持ちに静かに寄り添う優しささえ感じられます。
ミソハギの花とベニシジミ
小粒な花には小柄な蝶が似合う。今日はベニシジミが来て吸蜜を繰り返していました。
まさにジャストフィットな組み合わせ。
きつい真夏の陽射しの下でも、ここだけは、優しい雰囲気が漂っていました。
ヤブガラシの花にて
目立たないけれど、ヤブガラシの花のオレンジ色も真夏を象徴する彩りです。
こちらにも可愛らしいシジミチョウがと言いたい所ですが、今日は全く別キャラが・・
窮屈な格好で花に止まり、蜜をむさぼっていたのは、かなり無骨なデカブツ。
シロテンハナムグリでしょうか。
木の幹から出る樹液に群がる姿が今の時期の通例ですが、今季はどうも不作みたい。
仕方なく、野の花の蜜あさりに作戦変更した様です。
私的には、全然似合ってない組み合わせだなぁと・・

※7/29に都内で撮影

蝶達は今・・2017/07/24 20:44

蝶達は今・・
夏の野で出会う蝶たちはみんな個性豊か。その色合いの違いを楽しむのも一興です。
赤く色づいたギシギシで翅休め中だったのは、同系色のベニシジミ。
ここなら目立たないから安心って言う事かも・・でも結構目立っていましたね。
ウラギンシジミ
カラフルなベニシジミに対して、ウラギンシジミはシンプルイズベスト。
翅を閉じると、この様に銀白色のモノトーンでまとまります。
翅を開くとまた違う趣の褐色系の色合いが楽しめるのですが、今季はまだ未体験。
この日も暫く待ったのですが、さーっと飛び立って木立の中へ・・
アオスジアゲハ
その木立の中で思わぬ被写体に遭遇しました。
草むらに咲くヒメジョオンの花で吸蜜する姿ばかりだったアオスジアゲハ。
なぜか、陽の当たらない林間の地表でひっそり。
飛び疲れた時の休憩地として、あえて薄暗い場所を選んでいるのでしょうか。
完璧にリラックス。お陰で斑紋のシンメトリーな美を堪能する事が出来ました。
暫く撮影した後、場所を離れて振り返って見たら、依然この状態のまま・・
よほど疲れきっていたのかも・・

※7/24、7/23、7/22にいずれも都内で撮影