厳しいですね。2022/01/28 14:50

厳しいですね。
気温の低下を助長する感じの薄雲。今の時期を象徴する風景と言えそうです。
こんな空の下での自然観察では、手応えを期待する方が無理と言うもので・・
たぶん腹ぺこ状態のフタホシヒラタアブ
寒さに閉口して短時間での観察になりましたが、手応えはそれ相応どまりでした。
動く昆虫として確認出来たのは、僅かにこのフタホシヒラタアブだけ。
オオイヌノフグリの花を巡っての飛翔を続けていました。
しかし、どの花も、陽射しの弱さを受けて蜜の出がかんばしくない様子。
今日はダメだなぁと言う事で、枯れ草に止まって一休みの繰り返しでした。
今日はこのまま、腹ペコ状態で暮れてしまうかも・・
野鳥に食い荒らされたカマキリの卵のう
樹木の枝の付け根で目にしたハラビロカマキリの卵のうです。
角度によって状況が変わりますが、この方向からだと、ほじくり跡がはっきり。
冬越しをするカマキリの幼虫にとって最大の脅威・野鳥による攻撃の痕跡です。
安定感抜群の箇所に産み付けられていたのですが、逆にそれが仇になったみたい。
厳しいですね。

※1/28に都内で撮影

今の時期らしい・・2022/01/24 13:25

今の時期らしい・・
雨は上がりましたが、天気の快復が非常にスローテンポでした。
薄雲越しにぼんやり顔を覗かせた太陽。これでは空気を温める力は期待出来ません。
今の時期らしいと言えばその通りなんですが、自然観察をする立場からはねぇ・・
タンポポも半開き
草地のタンポポも、半開きの状態で固まっていました。
これでは、蜜を求める昆虫たちへのアピールは期待できそうにありません。
事実、訪れるものの気配は無し。
時節柄、仕方ないと言えばそうなんだけど、気の毒だねと言う想いで見つめました。
カワウのハンティング風景
こちらは、すっきりしない空の下でも、食欲を満たす事についてはフルパワーで・・
入江の水面で目にしたカワウのカップルです。
向こう側のは、いままさに潜水態勢へ突入中!。
のんびり波に漂っている様に見えて、水中の動きには監視怠りなしなんですね。
大変だねと思いますが、そんな事言ってたら水鳥やってられないよなんでしょうね。

※1/24に都内で撮影

寒気の強まりに・・2022/01/17 13:15

寒気の強まりに・・
細かいうろこ状の雲が掛かる空。
陽射しを大きくさえぎるものではありませんが、寒気の強まりに影響している感じ。
この先は、当分の間、こんな空模様の日が増えていくんでしょうね。
タンポポも今日はここまで
目を足元の草地に向けてみるとこんな光景が・・
なんとか開こうとしたけれど、ここ迄で精一杯と言う感じだったタンポポの蕾。
もうひと頑張り!と声援をおくりたい気持ちになりましたが、こればかりは・・
地面ほじくり中のスズメ集団
いっぽう活気づいていたのが、スズメたちの集団。
くちばしを地面に突き刺しての、ほじくり作業に夢中でした。
地中に潜む食糧を漁っていたんですね。
その標的は?・・草の種やミミズ等小動物が考えられますが、もしかして昆虫も?・・
こんな集団をいくつか目にしましたので、お手柔らかにって言う気持ちに・・
チョウセンカマキリの卵のう・今のところ無事。
さて例のあれは無事かな?って言う想いで、冬姿のユキヤナギに目を向けてみました。
細枝に産み付けられているチョウセンカマキリの卵のうの安否確認です。
結果はこの通り。野鳥のくちばしにほじくられた形跡は全く無し。
しかし、とても目につきやすい場所にあるので、この先の展開が心配!。
危険と隣り合わせの日々が、当分の間、続きそうです。

※1/17に都内で撮影

やがて力尽きて・・2022/01/15 14:31

やがて力尽きて・・
背高な草の穂をかすめて、トンボ達が激しく飛び交った日々も、はるか遠くに・・
いまや枯れ色と穂先の白さが目立つ、いわば、終末期の様相を呈しています。
これらもやがて力尽きて倒れ去るさだめ。そんなに先の事ではないでしょうね。
枯れてしまったサザンカの花
花が少ない時期に長く目を楽しませてくれたサザンカの花も、もはや終末期か?・・
散ることもできず、こんな悲惨な姿を見せる花が多くなってきました。
できれば目にしたくない光景だけど、これが時の流れに沿った姿なんでしょうね。
春の花が咲き始める迄の寂しい日々に入った事を実感させられました。
破壊されたオオカマキリの卵のう
春を迎える前に、悲劇的な運命をたどる幼い命もあります。
これは、以前から観察を続けてきたオオカマキリの卵のうの今日の様子です。
ユキヤナギの枝に産み付けられていたのですが、野鳥の目に止まったらしい。
見るも無残に大きな穴があいていました。鋭いくちばしでガシガシやられた模様。
中に眠っていた幼い命のゆくえは、あえて説明するまでもなく・・
自然界の厳しい掟に沿ったものとは言え、こんな惨状は目にしたくないなぁと・・
このユキヤナギには、他にもいくつかの卵のうが産み付けられています。
被害が、これ以上ひろがらない事を祈るばかり。

※1/15に都内で撮影

無事を祈る・・2022/01/12 13:30

無事を祈る・・
冷たい雨があがり、穏やかな陽射しが戻ってきました。
しかし、気温の方がそれに見合って上がらないのが辛いところ。
草地で目を凝らしても、まぁまぁの姿を見せていた花はこの一輪だけ。
早起きをする野の花の代表格・オオイヌノフグリもまだ本気モードには程遠いかな。
食糧探しに苦戦中(?)のメジロ
食糧探しに一所懸命なメジロにとっても、いまが一番つらい時期かも・・
冴えない状態の低木にとまって、さて、どうしたものかと思案中の様子でした。
視力が優れていそうなこの目を以てしても、中々ねぇと言う事らしい。
丸見え状態のチョウセンカマキリの卵のう
お腹を空かした野鳥が多い中、見つからなければいいけどなぁと思ったのがこれ。
ユキヤナギの枝に産み付けられたチョウセンカマキリの卵のうです。
産卵時には、葉っぱが枝にはいっぱい付いていた筈ですが、今や見通し極めて良好!。
まさに、幸不幸の分かれ目に差し掛かった様です。
昆虫ファンとしては、無事を祈るって言う想いですね。

※1/12に都内で撮影