目的は様々・・2021/04/13 15:01

目的は様々・・
春の草むらを彩る花のひとつと言えるのが、このシロツメクサ。
昆虫達にとっては、人気抜群の存在です。
しかし、それぞれの種によって、訪花の目的は様々みたい。
例えばこのクマバチの場合は、吸蜜の為の来訪ですね。
”花の数が多いのでウハウハだよ” って言う感じで、吸蜜に夢中でした。
こっちの花もイケそうだね!
まさに選び放題!。
”おっ!こっちの花も結構いけそうだな!” って、ご機嫌な表情(?)でした。
シロツメクサの花に止まるヤブキリ幼虫
花の色に酷似している体色で見分けが付き難いのですが、この花にも訪問客が・・
今の時期は、もっぱら春の花喰いに徹しているヤブキリ幼虫です。(10時の方向)
この種の食事法は、柔らかい花びらをムシャムシャ食べる事。
花にとっては、全く歓迎出来ない訪問客と言えるでしょうね。
シロツメクサに散乱するツバメシジミ
ツバメシジミも、シロツメクサがお好みの様でした。
・・とは言っても、その理由が他とはかなり違うみたい。
この画像でも記録出来ていますが、お尻の様子にご注目を・・
くいっと曲げて、花の中に差し込んでいました。言うまでもなく産卵行動ですね。
この種の幼虫の食草は、シロツメクサやカラスノエンドウ等のマメ科植物らしい。
やがて生まれてくる新しい生命の為に、最良の場所を選んで産卵する。
そんな母心を感じる光景でした。

※4/12と4/11に都内で撮影
※Nikon Z50 / NIKKOR Z DX 50-250mm f4.5-6.3 VR &
Micro NIKKOR 40mm 1:2.8G with FTZ Mount Adapter

水ぬるむを感じた日2021/04/11 15:32

水ぬるむを感じた日
いかにも春らしい穏やかな天候に恵まれた日。
池の水面では、カルガモカップルの仲睦まじい姿を目にしました。
時々この様に羽根をバタバタさせての身繕いに余念なし。
まさに、水ぬるむを感じさせる光景でした。
アジアイトトンボの未成熟なメス
岸辺の草地では、早々にデビューしているアジアイトトンボの姿を今日も・・
この種のメスは羽化後暫くは、この様に派手目な紅色を身にまといます。
やがて、割と地味目な緑色系に・・
若草色との対比が鮮やかなこの色合いを楽しむのも、今のうち。
アジアイトトンボと今季初遭遇!
■参考画像■
これは4月4日に同じ場所で撮影し、当日の記事に掲載したアジアイトトンボのオス。
メスと違い、生涯この色合いは変わりません。
大食漢のナナフシモドキ幼虫
サクラの木の若葉で、今日も出会えたナナフシモドキの幼虫。
昨日と殆ど同じポーズで固まっていました。
注目点は止まっている葉っぱの後端部。かなりの規模で欠損しています。
当然の事ながら、欠けた部分は、このヤセッポチのお腹の中に・・でしょうね。
サクラの木にとっては、つくづく迷惑なやつに取り憑かれたもんだなぁと。
でも、一向に場所替えする気配が見られないところがなんとも・・

※4/11に都内で撮影(参考画像は4/4に撮影)

たまったもんじゃない!2021/04/09 15:54

たまったもんじゃない!
春の野に咲く花の代表種のひとつ、ハルジオンが順調に開花を進めています。
花を食する昆虫たちにとっては、人気抜群の存在。
様々な種類が訪れてモリモリ食べまくる光景を、頻繁に目にします。
これはコアオハナムグリ。小粒ながら、いかにも甲虫らしいガッシリとした体形。
花びらにかじりつく食事法なので、花がみるみる破壊されて行きます。
花にとっては、とんだ災難!。
蕾をかじるモモブトカミキリモドキ
まだ開かぬつぼみにも、訪問客の姿が・・
一見カミキリムシ。でもカミキリじゃないので、名前がモモブトカミキリモドキ。
今の時期、花の種類を問わず、ムシャムシャ食べまくる姿を頻繁に目にします。
咲いていようが、つぼみであろうが、腹に入っちゃえば同じさって言う事?。
そりゃ、判るけどね・・
葉っぱもイケるよのヤブキリ幼虫
花もいいけど、葉っぱもね・・って、猛食ぶりを見せていたのは、ヤブキリの幼虫。
穴だらけになった葉っぱを頻繁に目にしますが、こいつの仕業だったんだ!・・
春の野草にとっては、ほんと、たまったもんじゃないですね。

※4/9に都内で撮影
※Nikon Z50 / Micro NIKKOR 40mm 1:2.8G with FTZ Mount Adapter

活発な動きを・・2021/04/08 15:21

活発な動きを・・
穏やかな晴天に恵まれましたが、気温はそれに見合った程には上がらずでした。
しかし明るい陽射しは、蝶達にとっての、何よりの活力源。
私にとって今季初遭遇のアオスジアゲハも、活発な動きを見せていました。
これは、地面スレスレに咲いたタンポポの花での吸蜜。
この先、順に咲き揃って行く春の花での吸蜜に多忙な日々となりそうです。
ベニシジミの繁殖行動
こちらは、しばらく前から出会いが実現していたベニシジミ。
今日は、こんな熱いアクションを目にする事が出来ました。
お気に入りの相手に巡り合っての繁殖行動です。
よく見ると、向こう側の個体の翅後端がボロボロに欠けていました。
最愛の相手を見つける為の探索飛翔に熱を入れた結果でしょうか。
まずは、メデタシ・メデタシ!・・

※4/8に都内で撮影
※Nikon Z50/NIKKOR Z DX50-250mm, f4.5-6.3 VR

善玉と悪玉が・・2021/04/07 16:00

善玉と悪玉が・・
若緑色が目に眩しく映る草の葉上に鮮やかな紅色の物体が・・
多様な斑紋を持つナミテントウの1バリエーション・紅型・赤無地タイプでした。
野草にとっての大敵アブラムシ退治の為に、頼れる善玉・勇躍参上の図と言う訳。
ナミテントウのチャーミングな顔
ミニトマトを連想させる背中の色も面白いけど、顔つきの方もなかなか・・
まんまるな黒目をぱっちり開いて、どんなに小さなアブラムシも見逃さないぞ!・・
生まれたての春の野草達にとっては、何とも頼もしい助っ人の登場と言えそうです。
春の野の花を破壊するヤブキリ幼虫
いっぽうこちらは、野草にとっては迷惑極まりない悪玉的存在。
花びらを、かたっぱしから食い漁るので、オニノゲシの花もこんな哀れな姿に・・
今まさに犯行中だったのは、キリギリスの仲間・ヤブキリの幼虫でした。
登場当時よりも、一段階成長した感じのガッシリ体形に・・
その分、食欲の方も一層レベルアップしている様です。
それにしても、少しは手加減と言うものがあっていいと思うけどねぇ・・

※4/7に都内で撮影