眺めるぶんには・・2022/06/16 15:13

眺めるぶんには・・
すかっとした晴れと言う訳には行きませんが、雨の心配をせずに歩けました。
草の葉の間に張られた蜘蛛の網には、雨の名残の水滴がたくさん。
宝石みたいな輝きを放っていて、眺める分には、それなりに趣きあり。
でも、施工主の蜘蛛にとっては、網の存在がバレバレで最悪だよ!でしょうね。
変な模様付きのアジサイの葉
道端のアジサイの繁みで、おかしな模様付きの葉を目にしました。
葉の外縁に沿う形で薄紅色の筋模様がくっきり。
もちろん自然にこうなる筈はなく、これには、当然犯人(?)がいる筈です。
そいつが這い回った軌跡が、くっきり残されたんでしょうね。カタツムリ?・・
葉っぱにとってはとんだ災難。葉色も冴えない緑に変わっていました。
クサカゲロウの幼虫
今年もいよいよデビューしたねって言う思いで見つめたのがこれ。
クサカゲロウの幼虫です。成虫とは似ても似つかない異様な姿が目を惹きます。
左側が頭部。はさみみたいな触覚も確認出来ます。
注目点は背中。鋭く尖った部位は、草の実を寄せ集めてのカムフラージュです。
却って目立つ様にも思えるのですが、代々受け継がれてきた護身術なんでしょうね。
無事を祈るって言う気持ちで一枚!。

※6/16に都内で撮影
※PENTAX K-3III / SMC PENTAX-DA 1:2.8 35mm Macro Limited.

ハナムグリ達はいま・・2022/06/15 16:05

ハナムグリ達はいま・・
今草むらで元気に咲いている花と言えば、ヒメジョオンがまず挙げられます。
その花で多く見かけるのが、ハナムグリの仲間達。
大きさ的なバランスとして最もしっくり感じられるのが、このヒメトラハナムグリ。
体毛がびっしり生えているので、花粉媒介役としても、とても有能でしょうね。
花としては、ゆっくりしていってねと言う気持ちかな。
シロテンハナムグリ
一回り大きなシロテンハナムグリもこの花の常連客。
ご覧のとおり、花を抱きかかえる体勢での食事になってしまいます。
このケースでは大丈夫の様ですが、虫の体重で花がうなだれてしまう事も・・
仮にそうなっても、花粉を沢山媒介してくれればOKなんでしょうが・・
リュウキュウツヤハナムグリ
一回り以上大きなリュウキュウツヤハナムグリは、小さな花での採餌はムリ。
と言う事で、大きな葉に止まって一休み。
さて、どこへ行ったらいいものか、思案中の一コマでしょうか。
小回りが効くと言う機動性では、小柄なハナムグリには到底かないませんね。

※6/13に都内で撮影

頑張ってるね!2022/06/13 14:36

頑張ってるね!
梅雨の真っ只中にいる事を忘れさせてくれる様な空が拡がりました。
絶妙なカーブを描く雲も、陽射しを邪魔する程には厚みを増さず。
空梅雨は困りますが、この先もこんな空の日が適度に挟まればいいなぁと・・
ガクアジサイの葉に影がくっきり
旬の花・アジサイにとって、今日みたいな日はどうなんでしょう。
葉上にくっきり描かれた影が、ちょっと異質な雰囲気を漂わせていました。
似合うか、似合わないかと問われれば、答えは明らかにノーでしょうね。
(ガクアジサイ)
ハラビロカマキリ幼虫の影がくっきり!
ハードな性格の昆虫には、ハードなシャドーがお似合い。
葉上で獲物の到来を待っていたハラビロカマキリ幼虫を見て、そう感じました。
実体よりシャドーの方が遥かに迫力があって、このチビの性格を表している感じ。
”暑い中、頑張ってるね!” と声を掛けたくなりました。

※6/13に都内で撮影

しびれますねぇ・・2022/06/12 14:07

しびれますねぇ・・
典型的な梅雨の晴れ間と言う感じ。明るい陽射しが草地に降り注いでいました。
雨の日には、なりを潜めていた昆虫達もパワー復活!。
草の上でファイティングポーズをバッチリ決めていたのは、ハラビロカマキリの幼虫。
体はまだまだ小さいけれど、気の強さは既に成虫並みですね。
にらみを効かせるハラビロカマキリ幼虫
レンズを睨みつける視線のきつさもこの通り。
喧嘩なら喜んで買ってやるぜ!って言う迫力を感じました。
いつもの事ながら、しびれますねぇ・・
産卵中のホオズキカメムシ
並外れた繁殖パワーを見せていたのは、ホオズキカメムシのメス。
草の葉裏に産みつけた卵の数の多さたるや!・・
この時点でも産卵ポーズを崩していませんでしたので、まだまだいけそう・・
晴れ間が拡がっているうちにパワー全開で・・と言う事の様ですね。
ただただ、凄いなぁと・・

※6/12に都内で撮影

こんな日もあるさ・・2022/06/11 16:41

こんな日もあるさ・・
昨日と同様、すっきりしない曇り空に覆われ続けた日中。
草地で待機中の蜘蛛幼体も、収穫全く無しで、腹減ったなぁの様子でした。
梅雨時だから、こんな日もあるさって、諦めるしかないのかも・・
堂々としたツマジロエダシャク(蛾)
お目当ての昆虫達、良く目を凝らせば、いることはいるんです。
例えばこれは、大きな葉っぱの上で一休み中だった大きな蛾。
シャクガの仲間・ツマジロエダシャクです。
翅を大きく拡げたこの姿は、実に堂々として、向かうところ敵なしの感じ。
小さな蜘蛛では、とうてい歯が立たない相手でしょうね。
ヒメトラハナムグリは元気いっぱい!
天気が悪くても、食欲はダウンせず、モリモリ!。
そんな感じでヒメジョオンの花に止まっていたのは、ヒメトラハナムグリでした。
他のハナムグリに先駆けて目にする機会が増えてきた種。
はやくもアクセル全開って言う感じでしょうか。
後脚をピンと跳ね上げたこのポーズからも、その元気さがうかがい知れます。

※6/11に都内で撮影