猛暑の昼下がりに・・2018/07/20 19:58

猛暑の昼下がりに・・
じりじりと照りつける陽射し、容赦のない暑さが今日も継続しました。
これは昼下がりの駐車場で目にした光景。車の下の日陰に逃げこんでいたカラス。
くちばしが開いていますが、やかましくカーカーと鳴いている訳ではありません。
息も絶え絶えの体調を象徴していたみたい。
色が黒いから、陽射しをもろに浴びると体温が急上昇してしまうのかも。
真夏は大変だね・・
アブラゼミ
暑ければ暑いほど元気づくのが、今の時期の昆虫界の主役・セミの仲間達です。
今日の暑さを受け、合唱音のボリュームが一段とアップしていました。
そんな合唱団の一員として重要な位置を占めるのが、このアブラゼミ。
終盤に差し掛かると、翅が傷んだ個体も多く見かけますが、今は完璧におニュー。
鳴き声に張りがあるのも当然ですね。
アオバハゴロモ成虫
アブラゼミはちょっと暑苦しい体色。一方こちらは目に心地良く映るクールタッチ。
セミの親戚・カメムシ目ヨコバイ亜目に属するアオバハゴロモです。
木の幹に止まるポーズは本家セミ達と同様。但しこちらはいっさい鳴きません。
草木の茎や幹に止まり、汁を吸う日々を静かにおくっています。
鳴くエネルギーを使わないだけ、楽な生き方かも。
実情は判りませんが・・

※7/20に都内で撮影

激しく反省・・?2018/06/14 19:58

激しく反省・・?
今の時期、エノキの若葉の上で度々目にするのがこの姿。
アカボシゴマダラ(蝶)幼虫のうなだれポーズです。
何やら、「激しく反省!」って言う風にも見えるのですが・・
こんなポーズをとりながらながら、合間合間にやっている事は、葉っぱの猛食。
いわば、食後の腹ごなしって言う事なんでしょうか。全然反省していませんね。
オオカマキリ幼虫もうなだれて・・
オオカマキリの幼虫も、葉っぱの上で、うなだれの反省ポーズ?・・
更に、両手を合わせて何かに詫びている様にも見えるのですが・・
問題は、その手の間にちょっぴり確認出来る小さな黒い物体。
アリでした。首尾よく捕獲、さてどこから食べようかって思案中の一コマと言う訳。
真夏に向けて、成長を加速する各種幼虫達。食欲も旺盛です。
偽の反省ポーズをとりながら、食いまくりの日々がこの先も続いて行きます。

※本日撮影の画像ではありません(6/12に都内で撮影)

人気があるのは・・2018/05/17 21:17

人気があるのは・・
見栄えは異様だけど食べてみれば甘くて美味しい。そんなクワの実が実り始めました。
赤いのはまだ未熟な段階で、食べ頃なのは一番下に付いた黒い実なんだとか・・
そう言われてもねぇ・・って言う感じですけどね。
クワの木で吸汁するヨコバイ
甘い実は、昆虫たちにも人気抜群の様に思えますが、今日のところはさっぱり。
その代わり、茎の方は、千客万来って言う感じでした。
これはそんな事を示す一例。クワキヨコバイが寄り集まって吸汁に熱中していました。
良く見ると、吸っては、即、お尻からピュッと排泄するの繰り返し。
そんな早業で、樹液の栄養分をしっかり摂取出来ているのかな?と余計な心配を・・

※5/17に都内で撮影

頼りない姿だけど・・2018/05/04 20:38

頼りない姿だけど・・
爽やかな五月の風、それに煽られる様に地表すれすれを飛ぶイトトンボの仲間達。
中・大形トンボ程の存在感はありませんが、それでもトンボ世界の重要な一員です。
今年も、主要キャストが顔を揃え始めて、我が時来たるを告げています。
画像は草の葉で翅休めするクロイトトンボ。今日の陽射しを堪能していたみたい。
アジアイトトンボ・オスの顔面
小さくて、細くて・・いかにも頼りなさそうな印象を受けますが、実態は真逆。
食性は肉食。小昆虫を捕食するいわば草むらの猛禽類と言った所。
これはアジアイトトンボ・オスの顔面迫写です。
口をもぐもぐ動かしていました。今しがた捕らえた獲物を噛み砕いていたみたい。
アジアイトトンボのメス・食事中
こちらは同じアジアイトトンボのメス。獰猛な性格をずばり表したショットです。
獲物はヨコバイの仲間でしょうか。丁度手頃な大きさの獲物をゲットしてやったね!。
今の時期の草むらは、繁茂し始めた草の汁を吸うヨコバイ達の数が多数。
人の気配には敏感に反応して跳び去りますが、この狩猟者の手にかかれば・・
音もなく繰り広げられる殺略戦。草むらもいよいよ本気モードに突入した様です。

※5/4に都内で撮影

意図的に動かない2018/04/27 21:04

意図的に動かない
緑溢れる場所を歩くと、こちらの気配を察知してピンピンと飛び跳ねるものあり。
もう少し経つとバッタの仲間がそれに該当しますが、今の時期は、ズバリこれ。
若緑色の環境に巧みに紛れる体色のヨコバイの仲間たちです。
なりは小さくても跳躍力はかなりのもの。接近しての撮影を中々許してくれません。
ヨコバイの顔面
でも、たまには、ぼーっとしているのに出会う事も・・
これ幸いと、顔面クローズアップを一枚。なるほど、こんな顔だったのかぁ・・
つぶらな瞳の可愛い子かどうかは微妙ですが、小さいなりにそれなりの迫力あり。
それにしても、なんで、ぼーっとしてたんでしょうね。
植物の汁を吸いすぎて満腹、思うように動けなかったのかも・・
シャクガの幼虫伸びきる
こちらは、意図的に動かないものの一例です。
エノキの幼木の若葉に止まっていたシャクガの仲間の幼虫・シャクトリムシ。
ぴーんと伸びきって、我は小枝の切れ端なりって言うアピールらしい。
でも良く見るとお尻から出した白い糸で体を固定していますので、素性がバレバレ。
体をぴーんと伸ばすのは得意でも、やはりこうしないとフラフラ安定しない様です。
さて、こうして一休みした後は、葉っぱのムシャムシャ食いを再開でしょうか。
葉っぱにとっては、ほんと、嫌な奴に取り憑かれたもんですね。

※4/27に都内で撮影