賛同したいのは・・2017/08/06 20:52

賛同したいのは・・
夏の象徴・入道雲が湧き上がり中って言う風景だけど、一寸余計なおまけ付きです。
入道さんが、太い腕を横に伸ばした様な・・
いずれにしても、今日の暑さは、ここ数日の中では最高レベルだったかも・・
日向では、噴き出す汗で、首筋に巻いたタオルがあっと言う間にびっしょり。
こんな日の賢い過ごし方は、日陰となる場所への避難と言う事なんですが・・
荒地にいたイボバッタ
そんなのとは全く正反対の生き方に徹する昆虫もいます。
このイボバッタもそのひとつ。
緑の少ない乾燥した荒地を生息場所とするワイルド感溢れるバッタです。
生息環境に合わせる様に、体表面はガサガサで、色も完璧な荒地仕様。
”今日の暑さは最高、空気も乾いてるし、文句なしだね” って、涼しい顔?・・
レンズを向ける観察者は、地べたの熱も加わって、更に汗びっしょり。
イボバッタ君の意見には賛同しかねる状況でした。
日陰にいたアオバハゴロモ
いっぽう、このシーンには激しく賛同したい気持ちに・・
日陰になる草地で茎に止まり汁を吸っていたのは、名前も涼やかなアオバハゴロモ。
セミの遠い親戚だけど、全く声を出さない物静かな昆虫です。
目にするのはいつもこんな日陰になる場所。正にクール&ビューティって言う感じ。

※8/6に都内で撮影

物凄い顔2017/07/22 20:16

物凄い顔
夏草が生い茂る草むらで出会った物凄い顔。
今にも襲いかかろうと言う迫力さえ感じられます。
相手が小さな昆虫だからいいけれど、もしこれが大きかったらビビりそう。
さて、このきつい目つきで睨む昆虫の正体は?・・
オサヨコバイ
上からみるとこんな具合です。
このアングルでも、ちょっと怖いかな・・
セミの遠い親戚・ヨコバイの仲間のオサヨコバイでした。
体長約10ミリ程。草むらに住みついて、草の汁を吸う日々をおくっています。
夏の気満ちる今は、まさに ”我が時来たる” って言う感じ。
元気にピンピンと飛び跳ねる姿を頻繁に目にしました。
オオヨコバイ
同じ食性を持つヨコバイの仲間は、バリエーション豊富。
今の時期、草むらで目を凝らすと、いろいろな種類を観察できます。
これはその中でも最大級と言えるオオヨコバイ。
割とあっさり目の体色なんですが、でかいだけに見ごたえあり。
この種も、前にまわってみると、かなり凄い顔つきを目にする事が出来ます。
今日は叶いませんでしたが、近いうちにきっと・・

※7/22と7/21に都内で撮影

泣きたいよ2017/07/20 21:10

泣きたいよ
今の時期、草むらで旺盛な繁茂ぶりを見せるクズのつる。
そこで良く目にするのがこんな光景。
中の汁を吸う為につるに張りつく怪しい物陰、ヨコバイの仲間ベッコウハゴロモです。
左が成虫。この様にモジャモジャの毛束付きの幼虫とセットになっている事が多い。
この画像ではアウトフォーカスになっていますが、幼虫だけに焦点を合わせると・・
ベッコウハゴロモの幼虫
こんな感じです。
成虫時には三角形の翅を持ちますが、それ迄はこの毛束がパラシュートの役目を・・
葉っぱから転げ落ちても、この毛束のお陰で軟着陸に成功って言う訳ね。
それにしても、へんてこりんな姿だなぁ・・
ベッコウハゴロモ成虫の目
へんてこりんな風貌は、成虫時になっても変わりません。
その一例がこの目。これはその点に注目したクローズアップ画像です。
幼虫時にもありましたが、目の表面に数本の筋模様が走っています。
私はこれを見る度に、”困ったなぁ、泣きたいよ” って言うセリフを思い浮かべます。
困っているのは、成虫と幼虫のセットで汁を吸われるクズの方でしょうけどね。

※本日撮影の画像ではありません(7/19と7/17に都内で撮影)

親戚筋2017/07/15 21:19

親戚筋
ニイニイゼミで幕をあけたセミの季節も、他種の参画でいよいよ本格化の気配が・・
木の幹を見上げる目的は、勿論セミの目撃なんですが、それ以外にも見所はあり。
私にとってそのひとつがこれ。清々しい色合いを持つアオバハゴロの観察です。
形は大分違いますがセミの親戚筋。セミ同様に木の幹等から液を吸い出します。
アオバハゴロモ成虫
アオバハゴロモ(青葉羽衣)。昆虫の名前の中でも一二を争う美しい響きだなぁと・・
その誕生風景も中々エレガント。ふわふわの真綿の中からひっそりと誕生します。
これはクズのつるで見た誕生の痕跡です。
つるに残っている白いフワフワの物が、幼虫時代をここで過ごした痕跡です。
無事誕生した2匹ですが、さっそくクズのつるから液を吸い出し始めた模様。
少し安易過ぎるなぁ・・子育してあげたのに、恩知らずだなぁって言う気も・・
クズのつるが衰弱しないことを祈るばかり。

※本日撮影の画像ではありません(7/14と7/13に都内で撮影)

カエルじゃないよ2017/07/12 21:55

カエルじゃないよ
草の葉の上で踏ん張るアマガエル・・って言う風にも見えるこれの正体は?・・
オサヨコバイ
上から見るとこんな形です。
頭部は鮮やかな緑色、後部は渋い色のツートンカラーを持つオサヨコバイです。
このアングルでは、カエルとはかなり異なる形ですが、動作に関してはほぼ同じ。
草から草へ、勢い良く飛び跳ねて移動を繰り返します。
ヨコバイの一種の幼虫
植物の液汁を吸うのがヨコバイたちの食事法です。つまりセミの親戚と言うわけ。
緑の繁茂が勢いを増すこれからが、活躍の時と言う事で、いま続々と誕生中。
これは別の日に出会ったヨコバイの一種の幼虫です。
雰囲気的には、今日目撃したオサヨコバイの幼虫の様に思えるのですが・・
今日、成虫に出会った場所のすぐ近くでの目撃でしたしね・・

※7/12に都内で撮影(幼虫は7/10に撮影)