親戚筋は健在2018/10/17 21:41

親戚筋は健在
夏の暑さを盛り上げたセミの声が途絶えて久しい今ですが、その親戚筋は健在です。
それは、同じカメムシ目ヨコバイ亜目に属するヨコバイの仲間たち。
イネ科の植物が隆盛を極める今、それからの吸汁に大忙しの日々をおくっています。
これは典型的なヨコバイ体型をもつクロミャクイチモンジヨコバイ。
翅上に走る筋模様や、頭部の形に、セミとの類似性が感じられます。
野草の茎にも・・
野草の茎に付いた黒いゴミって言う感じのこれも、実はヨコバイの仲間。
クロヒラタヨコバイ
詳細を確認してみるとこの通り。
らしくない、ぼってり体型ですが、体の構成要素的にはヨコバイの特徴そのもの。
以上2例だけを見てもわかる通り、ヨコバイのバリエーションは極めて多様。
秋の草が繁る今の草むらでは、意外と多くの種に出会う事ができます。
ただ、あまりにも小さいので、発見が中々と言うのが難点ですが・・

※本日撮影の画像ではありません(10/15と10/14に都内で撮影)

風は北から2018/08/17 20:35

風は北から
風向きが、北からに変わった事を実感できた日。
陽射しは強いものの、肌に当たる風は若干の冷気を含んでいました。
見上げる空の様子も、ちょっぴり秋を感じさせるものに・・
ミンミンゼミ
夏の終焉の近づきは、木立から湧き上がるセミの声からも実感出来ます。
これ迄は夜になっても賑やかに継続していた合唱音が、日没と共にばったり。
いささか見飽きた感じのこんな情景も、じきに思い出の彼方に去ってしまいそう。
(ミンミンゼミ)
アオバハゴロモ成虫
セミの季節の終焉は間近。いっぽう親戚筋に当たるこちらはこれからが旬。
セミと同様に、木の幹や枝から吸汁する食性を持つアオバハゴロモです。
幹に止まる姿はセミと同様ですが、鳴き声はいっさい立てずにひっそり。
薄い青緑の体色も、爽やかな秋の空気にぴったりマッチしている様に感じます。

※8/17に都内で撮影

暑さ大歓迎?・・2018/07/25 19:51

暑さ大歓迎?・・
昨日に比べ、少し下がったとは言え、うだる様な暑さは相変わらずでした。
タフなイメージのカラスも、日陰に逃げ込んでこんな表情に・・
”冬はいいけど、夏はこの黒装束がつくづく邪魔なんだよ” と言いたげ?・・
とりあえず、どこかの水溜りで水浴びするのが得策かも知れませんね。
日向にいたオサヨコバイ
昆虫達も揃って日陰に避難と思えますが、中には全然涼しい顔(?)の奴も・・
これは、直射日光を苦にもせず、葉っぱの上で踏ん張っていたオサヨコバイです。
セミの遠い親戚で、夏の間、植物の汁を吸う生活を送っています。
注目はこの種の生息域。本州(関東以南),四国,九州,沖縄とか。
乱暴に言えば南方系のヨコバイって言う事でしょうか。
桁違いな暑さのここ数日を、我が時来たると歓迎しているのかも・・

※7/25に都内で撮影

猛暑の昼下がりに・・2018/07/20 19:58

猛暑の昼下がりに・・
じりじりと照りつける陽射し、容赦のない暑さが今日も継続しました。
これは昼下がりの駐車場で目にした光景。車の下の日陰に逃げこんでいたカラス。
くちばしが開いていますが、やかましくカーカーと鳴いている訳ではありません。
息も絶え絶えの体調を象徴していたみたい。
色が黒いから、陽射しをもろに浴びると体温が急上昇してしまうのかも。
真夏は大変だね・・
アブラゼミ
暑ければ暑いほど元気づくのが、今の時期の昆虫界の主役・セミの仲間達です。
今日の暑さを受け、合唱音のボリュームが一段とアップしていました。
そんな合唱団の一員として重要な位置を占めるのが、このアブラゼミ。
終盤に差し掛かると、翅が傷んだ個体も多く見かけますが、今は完璧におニュー。
鳴き声に張りがあるのも当然ですね。
アオバハゴロモ成虫
アブラゼミはちょっと暑苦しい体色。一方こちらは目に心地良く映るクールタッチ。
セミの親戚・カメムシ目ヨコバイ亜目に属するアオバハゴロモです。
木の幹に止まるポーズは本家セミ達と同様。但しこちらはいっさい鳴きません。
草木の茎や幹に止まり、汁を吸う日々を静かにおくっています。
鳴くエネルギーを使わないだけ、楽な生き方かも。
実情は判りませんが・・

※7/20に都内で撮影

激しく反省・・?2018/06/14 19:58

激しく反省・・?
今の時期、エノキの若葉の上で度々目にするのがこの姿。
アカボシゴマダラ(蝶)幼虫のうなだれポーズです。
何やら、「激しく反省!」って言う風にも見えるのですが・・
こんなポーズをとりながらながら、合間合間にやっている事は、葉っぱの猛食。
いわば、食後の腹ごなしって言う事なんでしょうか。全然反省していませんね。
オオカマキリ幼虫もうなだれて・・
オオカマキリの幼虫も、葉っぱの上で、うなだれの反省ポーズ?・・
更に、両手を合わせて何かに詫びている様にも見えるのですが・・
問題は、その手の間にちょっぴり確認出来る小さな黒い物体。
アリでした。首尾よく捕獲、さてどこから食べようかって思案中の一コマと言う訳。
真夏に向けて、成長を加速する各種幼虫達。食欲も旺盛です。
偽の反省ポーズをとりながら、食いまくりの日々がこの先も続いて行きます。

※本日撮影の画像ではありません(6/12に都内で撮影)