秋はセンチメンタルに・・2019/10/16 20:40

秋はセンチメンタルに・・
大型台風が過ぎ去った翌日はからっとした晴天でしたが、その後が続きません。
陽射しを隠す雲がかかりがちなすっきりしない空模様が続いています。
そんな空の下、それなりの鮮やかさで目に迫ってきたのは、モミジバフウの紅葉。
まだ、染まり始めですが、ピーク時の鮮やかさを予告する感じの色合いでした。
ついこの間終わったと思っていた酷暑の夏ですが、季節は着実に次のフェーズへ・・
ササクレヒトヨタケ
樹下の地表では、秋到来を告げる、こんな物もにょっきり顔見世をしていました。
秋はキノコの季節。その一翼を担う、ちょっぴりとんがり頭の白いやつ。
ササクレヒトヨタケ。今は白さが目立ちますが、やがて黒変してどろどろに・・
そう言う点からは、鑑賞期間限定のキノコと言えそうです。
羽化未達成のセミの抜け殻
キノコが告げる秋の訪れ。しかし、夏の名残が完全に消え去った訳ではありません。
キノコが生えていた場所の近くにはこんな物も・・
ツヤツヤの光沢感を持つセミの脱げ殻でした・・と言うのは早計で良く観察すると・・
この殻、背中に、脱皮時に付ける裂け目が見当たりません。
どうやら、地中から這い出す迄は順調だったけど、羽化に失敗した殻らしい。
長い年月暗い地中で過ごして来たのに、最終的な目的を果たせずに、夏が終わり・・
こう言う物を目にすると、ちょっぴり感傷的に気分になりますね。
秋はやはりセンチメンタルな季節だなぁと・・

※10/16に都内で撮影

大食いの甲斐あって・・2019/10/14 18:38

大食いの甲斐あって・・
台風一過の晴天が拡がった昨日、秋の草も豊かな陽射しを浴びてキラキラ。
その草の繁みの奥からは、秋に鳴く虫達の声が耳に届きました。
夏の象徴・セミ達の声に比べてあまりにも小音量。静かな秋到来を実感しました。
ツチイナゴの成虫
秋の気配が漂う草むらで出会った無骨者!。雰囲気違いもいいとこだなぁと・・
イナゴの仲間の中では唯一の越冬種・ツチイナゴの成虫でした。
いかにも頑丈そうなこの体形は、厳しい寒さの冬を乗り越える上での必須要件。
まだだいぶ先の事ですが、その為の準備はバッチリ完了済みと言う事ですね。
ツチイナゴの幼虫
この種は、初夏に卵から孵化し、暫く幼虫時代を過ごした後に成虫化します。
と言う流れを証明する画像がこれ。同じ草むらで7月15日に見かけた幼虫です。
細長い草にしがみつく様子は何とも頼りなさげ。それが変じて今のあの風貌に・・
実はこれ、しがみついているのでなくて、葉をムシャムシャ食べている光景でした。
その大食いの甲斐あって、いまのあの姿ありと言う事ですね。
成虫になった今は更に食欲増進中?・・厳しい冬を越さないといけないからね・・

※ニュース報道を見るにつけ、台風19号の爪痕の甚大さに驚愕しています。
被災された方々に、心からお見舞いを申し上げます。
ご安全と、一日も早い復興をお祈り致します。

※本日撮影の画像ではありません。
※草地の風景とイナゴ成虫は10/13に、幼虫は7/15に、いずれも都内で撮影。

オンブ時代に突入!2019/09/20 21:30

オンブ時代に突入!
そろそろかなと思っていたこの光景。ようやく目にする事が出来ました。
その名の通り、小さなオスが大きなメスにおんぶするオンブバッタのカップルです。
ご覧の通り色の違いは関係なし。お互いに気が合えば、熱々な関係が成立と言う訳。
但し、”チビなオスに、でかいメス” と言う法則は、しっかり守られている様です。
秋遅くまでずーっとこのまま
他のバッタでも、この様なオンブ態勢は見られますが、それは交尾の時限定。
でもこの種は、それ以外でも余程の事がない限り、オンブ態勢を崩さない様です。
生存期間は秋の遅くまで・・オンブしたオスは楽チンだけど、メスはねぇ・・
オンブバッタ幼虫のペアー
参考にオンブ態勢に入っていない幼虫時代の画像を掲載します。
撮影は7月15日。夏草の葉に多数のチビが群れていました。食い跡も盛大!。
それから、約二ヶ月を経て、成熟のオンブ時代に入った訳ですね。
そして晩秋まで・・短寿命のものも多い昆虫の世界では、際立つ長寿種かも・・

※本日撮影の画像ではありません。成虫は9/19に、幼虫は7/15に、都内で撮影。
※最下段の幼虫は、7/15の当ブログ記事に掲載した画像の引用掲載です。

恐怖の日々が・・2019/09/19 20:18

恐怖の日々が・・
エノキの木の繁殖力はかなりのもの。木立の下では何本もの幼木を確認できます。
それらを伝い飛びして、しきりに何かをやっていたのが、このアカボシゴマダラ。
この様に逆さまなりながらも、羽ばたきを止めません。
何ともせわしないアクションでした。
アカボシゴマダラのメス
ようやく目標の物を見つけたみたい。葉っぱの一枚に止まり羽ばたきをやめました。
そして次にとった行動がこれ。お尻の先端を葉っぱの表面に接しさせています。
次の展開は予想通り・・
アカボシゴマダラの産卵
これでした。
お尻の先端から緑色の丸い球体が葉っぱの上にポトンと・・産卵ですね。
せわしなく探し回っていたのは、やがて誕生する幼虫の餌として最適な葉っぱ。
合格点を付けられた葉っぱにとっては、とんだ災難!。
産卵は一回だけにとどまりませんので、食い跡だらけの葉っぱがこの先多数!。
エノキの幼木にとっては、恐怖の日々がいよいよ始まった様です。
食欲の秋来たる!・・
参考に、9月5日に撮影したアカボシゴマダラの幼虫画像を掲載します。
食い荒らしたエノキの葉上で一休み中の一コマです。

※9/19に都内で撮影
※最下段の幼虫は9/5に撮影し、同日ブログに掲載した画像の引用掲載です。

秋の草が大好き!2019/09/06 20:34

秋の草が大好き!
風に揺れるエノコログサの穂先で目にした、ちょっと違和感を感じさせる物体。
風に飛ばされて来て、刺毛に引っかかった枯れ草の断片の様にも見えたのですが・・
エノコログサに止まるヒゲナガカメムシ幼虫
詳細を確認するとこの通り。淡褐色の体色を持つ小さな昆虫でした。
画像上側が頭。小さ過ぎてはっきりしませんが、2本の触覚も確認出来ます。
さて、こいつの正体は?って言う事なんですが、その答えは意外と簡単!。
エノコログサ 昆虫 と言う言葉で検索すると、上位にヒットする昆虫の幼虫でした。
その名はヒゲナガカメムシ。秋の草が大好きな吸汁性のカメムシです。
幼虫も成虫も食性は同じ。秋の草が繁り始める時期に合わせての誕生ですね。
参考に、イヌタデに止まる成虫の画像を下に掲載します。
イヌタデにいたヒゲナガカメムシ
去年の10/10に撮影し、同日ブログ記事に載せた画像です。
イヌタデ(アカマンマ)に止まって吸汁をする成虫です。
この種の好みは、イヌタデやエノコログサなど粒々の実をつける秋の草。
この先、目撃頻度がさらに増えていきそうです。

※9/6に都内で撮影
※成虫画像は去年の10/10に撮影し、同日の記事に載せた画像の引用掲載です。