夏の思い出につながる・・2018/07/17 20:06

夏の思い出につながる・・
水草の葉に垂直に止まっていたデカブツ。正に真夏到来を実感させられる光景です。
日本に生息するバッタの中での最大種・ショウリョウバッタのメス。
このバッタは、私にとって、幼い頃の原っぱ遊びの思い出につながる昆虫と言えます。
キチキチ音を響かせて飛ぶ姿が、巨大な入道雲とオーバーラップして浮かぶ様な・・
但しキチキチ音をたてるのはオス限定。メスに対するアピール効果狙いなのかも・・
バッタの世界もいろいろ大変そうです。
オンブバッタの幼虫集団
ショウリョウバッタは夏の終わり頃には、次第に数を減らして行きます。
一方、ちょっと似のオンブバッタは、秋の終わり頃まで生き続ける先の長い種。
従って、成長度合いにもかなり差異が生じる事になります。
これがオンブバッタの現状。草の葉の大きさと比べて、いかに小さいかが判ります。
この日目にした幼虫集団は、同じ親から生まれた子供たちの様に思えます。
今はこうして仲良く群れているけれど、やがて散り散りに・・
全員が健やかに成長する事を祈るばかり。

※本日撮影の画像ではありません。
(ショウリョウバッタは7/15に、オンブバッタは7/16に、共に都内で撮影)

真夏の木にて・・2018/07/16 20:40

真夏の木にて・・
昨日(7/15)、多種の甲虫が樹液を求めて殺到していたクヌギの木を再訪しました。
結果は甲虫の数が減少、種類もハナムグリに限定と言う様変わりぶりでした。
理由は、樹液の噴出量が減少した為と思ったのですが、そうではないみたい。
この通り、発酵して白く泡立った樹液も確認出来ますので、決して少なくはない筈。
あたりには、お酒を思わせる強い香りもプーンと漂っていました。
他の甲虫達は、昨日飲みすぎて、今日は二日酔い状態?・・
いずれにしても、呑んべいNo.1は、この種で決まりと考えてよさそうです。
(シラホシハナムグリと推定)
緑色のチビが、ロッククライミング中
美酒に酔いしれる者もいれば、早く成虫になる為の身体鍛錬に余念なき者もあり。
その一例がこれ。木肌を岩場に例えると正にロッククライミング中と言う趣でした。
慎重に一歩一歩、絶壁を登って行ったこのチビの正体とは?・・
ハラビロカマキリの幼虫
ハラビロカマキリ幼虫でした。この種の成虫は草むらから樹上に居所を移します。
まだ幼虫体形のこのチビも本能に目覚めて練習中と言う事だったみたい。
草むらを徘徊していた時とは勝手が違う筈ですが、このチャレンジ精神さえあれば・・
樹上に住む昆虫達にとって、脅威となる存在が登場間近である事は間違いありません。

※7/16に都内で撮影(クヌギの木での樹液摂取シーンは7/15の記事にも掲載中です)

子育て・誕生・休憩2018/07/14 18:42

子育て・誕生・休憩
葉っぱの表面にくっきりと描かれたナスカの地上絵。
そんな趣を感じさせるこの白い線状パターンは、ある幼虫の仕業です。
ハモグリバエと言うハエの幼虫が、葉肉の中に潜んで順繰りに食い進んだ軌跡らしい。
勝手に子育てをさせられる葉にとっては、何とも迷惑極まりない話。
眺めているだけで、こちらの体もむず痒くなってしまいます。
葉っぱで見たニイニイゼミの抜け殻
葉っぱにとって実害はないけれど、少し鬱陶しいなぁと感じているかもの光景がこれ。
無事脱皮を完了させたニイニイゼミの抜け殻です。
木の幹等のしっかりした所で脱皮する事もありますが、この様な場所を選ぶ事も多い。
不安定な場所だけに、脱皮過程で外敵に襲われる危険が少ない利点があるのかも・・
葉っぱで休憩するムラサキウスアメバチ
こちらは、葉っぱを絶好の休息場所として利用している一例。
スズメガの幼虫を捕食するハチ・ムラサキウスアメバチの成虫です。
ご覧の通り、葉の端に脚を引っ掛けたかなり不安定なポーズで身繕いをしていました。
そんな危なっかしい場所で何故?って思いますが、このハチにはここがベスト?・・
真夏に入り、旺盛な繁り具合を見せる緑の葉、その具体的利用法3例でした。

※本日撮影の画像ではありません(7/13と7/11に都内で撮影)

綿が歩いた!2018/07/11 20:10

綿が歩いた!
今の時期、草木の茎上で良く目にする光景がこれ。
茎にびっしり張り付く白い綿の塊です。
植物が病気にかかって生成した物の様にも見えますが、否。
張り付いているのはある昆虫の幼虫です。集団で張り付いて中の汁をチューチュー。
結果、植物が衰弱して病気に・・全然嬉しくない状況である事は間違いなし。
さて、この綿まがいの幼虫の実態とは?・・
アオバハゴロモの幼虫
綿が別の場所に移動し始めたので、追跡して一枚ゲット!。
頭部にはポチンとした丸い目。すたこら歩く脚も確認出来ました。
アオバハゴロモの幼虫
”この茎が良さそうかな” って言う事で、葉から茎へヒョイっと乗り移り開始!。
見かけによらず運動能力は高そうですね。元気な赤ちゃんって言う感じ。
さて、このへんてこりんな幼虫が成長し、成虫になると、どんな姿に?・・
残念乍ら今期はまだ遭遇していませんので、去年撮影した画像を下に掲載します。
アオバハゴロモの成虫
白い綿が長じて、清々しい青緑色の成虫になる。
セミの親戚、ハゴロモ科のアオバハゴロモの成虫です。
幼虫時代と変わらず、草木の茎や幹に張り付いて、汁を吸う生活をおくります。
いずれにしても、汁を吸われる植物にとっては、歓迎出来かねる存在の筈。
この手のやからが登場と言う事は、植物の繁茂が旺盛な時期に入った事の証ですね。

※幼虫は7/11に、成虫は2017/7/8に、いずれも都内で撮影。
なお、成虫画像は、2017/7/9の当ブログ記事に掲載済みの物の引用掲載です。

ラッキーな体験2018/07/10 21:39

ラッキーな体験
真夏の陽射しが照りつける草地で出会った物凄いやつ。
レンズを睨みつける視線、今にも襲いかからんとしている感じの挑戦的なポーズ。
こんな威圧感たっぷりの風貌を持つ昆虫とは?・・
キリギリスの雌・成虫
側面図で正体は明らかに・・逞しく成長したキリギリスの雌・成虫でした。
お尻には鋭い産卵管が生えています。これを見る限り、繁殖能力も万全と思われます。
この日はたまたま枯れ草が積もった場所での出会いでしたので、観察的にはラッキー。
通常は夏草の繁みの中に潜んでしまう為、オスの鳴き声でその存在を知るのみ。
例の、チョン、ギースですね。
さて、こうして、立派な成虫の姿を見るにつけ、思い出すのは、5月のあの日・・
キリギリスの若齢幼虫
・・って言う事で、5月の草むら散策で出会った幼虫画像を一枚。
現状と比較にならない位に小さいし、背中にはまだ翅も生えていません。
後脚だけが頼りって言う感じで、草むらをピンピンと飛び跳ねていました。
これが約2ヶ月の時を経て、上に掲載した通りの見違える様な姿に・・
成長のパワフルさをつくづく思い知らされました。
ただ気になるのは成虫の数。幼虫時はそこら中に沢山でしたが、今はごくたまーに・・
脱皮を繰り返す成長の過程で、外敵に襲われる等の試練に見舞われたのでしょうね。
そう言った意味で、あのきつい視線に睨まれるのは、凄くラッキーな体験かなと・・

※本日撮影の画像ではありません。
成虫は7/8に、幼虫は5/5に、いずれも都内で撮影。
なお、幼虫画像は、5/5の当ブログ記事に掲載した物の引用掲載です。