梅雨晴れも今日迄?2017/06/20 20:27

梅雨晴れも今日迄?
梅雨晴れの陽射しを受け、翅休め中のベニシジミの影が葉っぱの上にくっきり。
しかし、こんな光景も目に出来るのも今日の内。
梅雨前線の移動で、東京でも明日にはそれなりの雨が降り出すらしい。
ガクアジサイにいたハラビロカマキリ幼虫
ガクアジサイの花では、ハラビロカマキリの幼虫がスタンバイ中でした。
こちらも、今日の内にそれなりの獲物をゲットしておかないと・・
雨が降り出したら、まったく仕事にならんからね・・
ハラビロカマキリ幼虫の睨み
フォーカス合わないなぁって、まごついていたら、きつく睨まれてしまいました。
”ハンティングの邪魔するな!あっち行けっ!” って言う感じ。
体はまだヒョロヒョロで頼りないけれど、気の強さだけは既に一人前(?)。
毎度の事ながら、この視線、ほんと、たまらんなぁ・・
怒られてるんだけど、ちょっと嬉しい気持ち・・
逆光で見る蜘蛛
このハンターも、雨は願い下げの筈。
今日の内に千客万来を願いたい気持ちでしょうか。
でも、見るところ、網にかかる獲物はさっぱり。
そろそろ焦れ始めてる頃かもね・・

※6/20に都内で撮影

今の内だけ/ずーっと・・2017/06/17 19:27

今の内だけ/ずーっと・・
とぼとぼ歩きの私の後を追って来た感じ。目の前の草の葉に止まったアキアカネです。
真新しい体色、どこにも傷みの見られない翅が、生まれたてである事の証明。
”おっ、ピカピカのおニューだね” って言う感じの嬉しい出会いでした。
しかし、この若々しい姿を目にできるのも今のうちだけ。
この種の習性として、やがて、集団で高原に向け避暑旅行に旅立ってしまいます。
そして再び出会えるのは、暑い夏にも終わりの気配が漂い始める頃となります。
アキアカネ
”君の顔はバッチリ憶えておくよ。またここに戻ってね” って顔面迫写も一枚。
でも、それは全く詮ない望みなんでしょうね。
まぁ、ピンポイントでなくてもいいから、東京のどこかには戻って来て欲しいなと・・
コバネイナゴの幼虫
アキアカネとの遭遇機会は、この先しばらくの間、途絶えてしまいます。
一方こちらについては、この先この地で、ずーっとコンティニュアス。
草の葉に止まるアバタづらのリトルベィビー・コバネイナゴの幼虫です。
やがて背中に翅が生え、体格もがっしりとした逞しいものに・・
そんな成長の過程にレンズの目を向けるのも、この先の楽しみとなります。
”カメラサービスよろしくね” って言いたい気持ち。

※6/17に都内で撮影

未熟な飛行家2017/06/16 20:11

未熟な飛行家
樹下の草地で目にした、今まさに飛び上がろうとしている昆虫。
見慣れないその姿に、はて、これは何者ぞ?・・
体の大きさ(特にお腹の太っちょぶり)に対して、余りにも貧弱な翅だなぁと・・
飛び上がれず、ちょいブザマ
見た目の危なっかしさに見合う感じで、飛び上がろうとはしたけれど、ヨロヨロ・・
このまま下にころげ落ちてしまいました。
どうやら、飛ぶ事には、まだあまり慣れていない感じ。
さて、この未熟な飛行家の正体は?・・背中の白黒模様で大体察しは付きますが・・
ヨコヅナサシガメの終齢幼虫
これは、4/15に近くの木立で目にしたヨコヅナサシガメの終齢幼虫です。
背中の模様から判断して、これの成長した姿が、今日のアレで間違いなし。
約2ヶ月の間で、背中にも翅が生え、空を飛べる成虫に変身完了と言う訳。
あとは、飛翔テクニックが上達さえすれば、コンプリート!。
他の昆虫を襲う肉食性のカメムシです。さーっと飛んできて、鋭い口吻をブスッと・・
襲われる立場の昆虫たちにとっては、何とも恐ろしい強敵がまた一つ誕生です。

※6/16に都内で撮影(参照画像は、4/15に撮影し、同日当ブログにも掲載済み)

やはり願い下げだなぁ2017/06/11 20:22

やはり願い下げだなぁ
時ならぬ枯れ景色。自然観察者にとっては目を覆いたくなる様な惨状です。
伸び盛りの草原に入ったエンジン除草機による徹底作業の結果と言う訳。
いずれ緑が蘇るとは思うけど、ここ迄刈られると、当分の間はダメだなぁ・・
しかし、それでも目を凝らしてなんとかと言うのが、自然観察者のしつこい所で・・
オンブバッタの赤ちゃん
根性を込めて探してみれば、居るもんです。動くやつ。
これはカラスノエンドウの豆のさやに止まっていたオンブバッタの幼虫。
除草機のカッターの攻撃を逃れて、僕はバッチリ元気だよ・・
秋が深まる頃まで生き続ける息の長い種。
こんな事に負けてたまるかって言う事の様です。
イナゴの赤ちゃん
しおれた草の葉にも鮮やかな緑色のチビが一匹・・
誕生後間もないと思われるイナゴの幼虫でした。
この小ささから見て、除草作業が終わった後、生まれ出たのかも・・
緑の草の旺盛な繁りが、ベビーフードになる筈だったのに、全くの当て外れ。
とりあえず、僅かに残る緑繁る場所への移住を検討しないといけないかも・・
ショウジョウトンボの雌
飛び跳ね族のチビたちにとって、かなり困った状況。
でも、ショウジョウトンボ・雌は、こんなにいい場所って他にないじゃん・・
地味な体色の為、枯れ草にうまく紛れ込めるし、倒れた枯れ草は止まりやすいし・・
しつこいオスのアプローチを避ける上では、最適な場所と思っているみたい。
徹底した除草作業結果への受け取り方は様々。
しかし、自然観察者としては、時期外れの枯れ景色は、やはり願い下げだなぁ・・

※6/11に都内で撮影

待ち受け場所は?・・2017/06/09 20:15

待ち受け場所は?・・
同じ卵鞘から孵化し、思い思いの場所に散っていったハラビロカマキリ幼虫。
今日は、ドクダミの花に止まっている一匹を目撃しました。
まさに今の時期の旬の花とのコラボシーンと言う訳。
さて、お決まりのファイティングポーズを決めて待ち受ける獲物とは?・・
ドクダミの花とアリ
まだ超小形なベビー体形なので大物は無理。さしあたり狙いはこれ辺りでしょうか。
特異な形の花なので、訪れる昆虫は割と限られますが、アリは常連とも言える存在。
ブラシ状に連なった黄色の小花から沁みだす蜜を狙ってと言う事らしい。
でも、蜜に夢中になり過ぎて油断をすると・・小さいながら恐るべき鎌が・・
アジサイに止まるハラビロカマキリ幼虫
この幼虫は、旬の花の代表とも言えるアジサイに止まってスタンバイ中。
でも、何となく手持ち無沙汰な感じに見えたのですが・・
アジサイに止まるシラホシハナムグリ
アジサイの花って、咲いている数が多い割に、訪れる昆虫はそれ程多くない感じ。
葉や花に毒があると言う話もありますので、その辺が関係しているのかも・・
ハラビロカマキリ幼虫にとっては、それほど旨味のない待ち受け場所かも・・
でも、たまにはこんな手応え十分の奴がやって来る事もあります。
シラホシハナムグリ。でもデカいし硬いし、さすがにこれには手が出せませんね。
ハラビロ君、やっぱりドクダミあたりに場所替えした方がいいと思うよ・・

※6/9に都内で撮影