風薫る頃への期待が・・